キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

ファブリーズ

レンズを削った時に異臭が発生するというのは、何度となくお話をしました。

店の入り口と裏口を開けて、換気をすればよいのですが、夏場は暑くなりますし、蚊が入ってきたりもします。
冬場は寒いです。
換気の替わりに、削り始めと同時に加工機の付近に消臭剤をまき散らすことで多少マシになるような気がします。

「消臭力」と比較した結果、私は「ファブリーズ」を使っています。

ixy_20150830_08.jpg

ホワイトシャボンの香りが無難に感じていたのですが、使い切ったので香りを変えてみました。

ixy_20150830_09.jpg

どちらが好きかは、人によって好みが分かれるところかと思います。


  1. 2015/08/31(月) 23:24:43|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学校の授業で重要な入力系・・・調節

今回は「調節」についてです。

「調節」というのは、「ピント合わせ機能」のことだとご理解いただければよいと思います。

当店のHPに、まとめていますので理屈的なことは割愛しますが、「正視眼」もしくは「適切な屈折異常の矯正が成された状態」であれば、遠方を見ているときは調節は限りなくゼロであり、見るものが近くにあればあるほど、調節が必要ということになります。
調節をしなければ、近くのものはぼやけてしまうわけです。

したがって、黒板を見ているときは調節機能は働かず、机の上のノートや教科書を見ているときは調節機能が働いている、というのが基本的なシステムです。
(遠視や近視の未矯正状態であれば、このかぎりではありません。)


さて、授業中に問題になってくるのは、調節機能がうまく働かない状態、であります。

すなわち、
①調節をすることができない、もしくは時間がかかる
②調節をした状態から調節をしていない状態にすることができない、もしくは時間がかかる
といったような事態が生じてしまっている場合です。

①の場合であれば、ノートや教科書がぼやけてしまいます。
いわゆる「老眼」の状態です。
老眼になっているかたであれば、老眼鏡なしで本を読んだり、文字を書くことを想像してみてください。
当然、読みにくいですし、書きにくいですよね。

②の状態であれば、逆に黒板が見にくくなります。
いわゆる「近視」の状態をイメージしていただければよろしいかと。

①と②が合わさっている場合もあります。
たとえば、じーっと見ているとノートが見える、じーっと見ていると黒板の文字が見えてくる、といった感じです。

いずれのパターンであっても、黒板に書かれたものをノートに写そうとするには、極めて非効率です。
本人は一生懸命でも、「見たいものが見えない」のでは、どうにもなりません。

②の場合は、視力検査で引っ掛かる可能性がありますが、①の場合は、一般的な遠見視力検査での発見は難しいです。
結果、子供自身は近くがよく見えていなくても、見えいるという前提で授業が進んでしまうこともあるでしょう。

調節機能に問題が生じる原因としては、眼疾患を除けば
・屈折異常(特に遠視・乱視)の未矯正
・両眼視機能(輻湊・開散)の低下・・・参考「調節と輻湊・開散の相互関係」が、ツートップでしょう。

調節機能の不具合を調べるには、もちろん検査をするのが一番ですが、近見視力のチェックをするだけでも、かなり違うのではないかと思います。

ixy_20150830_11.jpg
002.jpg


次回は「両眼視」についてです。





  1. 2015/08/30(日) 23:19:07|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大人なガリガリ君

セブンイレブンさんに、新製品が入荷していたので、迷わず購入しました。

ixy_20150827_34.jpg
ixy_20150827_36.jpg

グレープフルーツ味にマズイものなし。
3本、4本と食べ続けたくなりますが、通常品より、ちょっとお高いです。

当たった場合は、

1508291.jpg

何がもらえるのでしょうか?


  1. 2015/08/29(土) 23:36:24|
  2. ガリガリ君
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気をつけること

眼鏡学校の「視科学Ⅲ」の講義で、津本O.D. がおっしゃっていたこと。

「オプトメトリストとして、前の検査担当者の批判をしてはならない」

6501508281.jpg

たとえば、他店で(度数測定をして)作ったメガネの具合が悪いということで相談に来られた人の度数を測定してみたら、測定値がかなり違っていたとします。
理論的に考えて、自店測定(決定)度数のほうが良いだろうと思っても、お客様に対して(もしくは、お客様に聞こえるように)「なんで、こんな度数にしたんだろう」「何やってるんだ、この店は」といったことを言うのは慎みなさい、ということです。

では、どう言えばいいのか。

仮に「ここがこうなっているのが原因かもしれません。こうすればよくなるのではと思います」という言いかたをしたとして、それは突き詰めれば批判にならないのかと問われたら、グレーなところもあるかとは思います。
ただ、少なくとも、侮辱的な言いかたにはなっていないでしょう。

ここでお客様に「前の人が下手だったっていうこと?」と聞かれたら、「その時の状況がわかりませんので、何とも・・・」といった返答になると思います。

難しいところですけれど、一歩間違えれば、自分が批判される立場になることもあるわけです。

当ブログで、批判的な意見を述べたこともありますので、偉そうなことは言えませんが、こういった場合では、少なくともお客様の目の前での言葉選びは慎重にするように心がけています。

当たり前のことといえば、当たり前のことなんですけれどもね。


  1. 2015/08/28(金) 23:21:23|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

座間神社

座間神社へご祈祷に行きました。

神社会館からの眺め。
大山と圏央道。

2015082717004446a.jpg

30日に例大祭があるようで、準備をされていました。

201508271700529f4.jpg
20150827170055ebd.jpg

当店は、二張り献灯しています。



  1. 2015/08/27(木) 17:00:00|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

万歩計

昨日、引き出しの中から、万歩計を見つけた息子。

振ると数字が増えるのが面白いらしく、運動会の練習とばかりにランニングを始めました。

ixy_20150826_06.jpg
ixy_20150826_03.jpg

数をチェックしています。

1508261.jpg

昨日は6000歩近くまで。
今日は(昨日からの累計で)10000歩を目指すらしいです。

ixy_20150826_05.jpg

運動靴に履き替えて、スタートのポーズ。

1508264.jpg

ストイックに走り続けます。

1508262.jpg
1508263.jpg

体の小さい= 歩幅が狭い息子は、レレレのおじさん並みに足を動かして歩数を稼がないと、かけっこでは勝てません。
800メートルくらい距離があったら、持久力も絡んできますから、勝機があるかもしれませんが・・・

途中、8が4つ並びました。

ixy_20150826_15.jpg

あと少しです。

1508266.jpg
1508265.jpg

満足したらしい。

1508267.jpg

100000歩を目指すと言っていましたが、「99999」の次は「000000」ですから。


  1. 2015/08/26(水) 23:13:31|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

定期購読

発達障害や特別支援教育関連の月刊誌がいろいろありますが、恥ずかしながらあまり目を通したことがありません。

このたび、こちらを定期購読してみることにしました。

ixy_20150825_03.jpg

理論的なことを学ぶのも大事ですが、さしあたって、教育の現場でどのような配慮がされているかを知ることで、具体的にどういうことが苦手な子供さんが多いのかということに気づければと思っています。

トレーニングに応用できるテクニックなども載っていますので、いろいろと参考にしていきたいです。






  1. 2015/08/25(火) 23:15:03|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤いジャージ

朝・晩に、秋の気配を感じ始めた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

秋といえば、スポーツ。
スポーツといえば、ジャージです。

元来がジャージ好きのワタクシ、気がつけば、赤いジャージがいろいろ揃いました。
(上下セットではなく、下のみです)

これは夏用の短パン。

ixy_20150723_01.jpg

ナイキはアメリカで買いましたが、ポケットがないのが不便です。
アシックスは、新宿のキベベ御用達ショップで買いました。


春・秋用のトレーニングパンツとクロスパンツ。

ixy_20150723_02.jpg

ミズノは、部屋着としても使えればと思ったのですが、尻・腿周りがちょっと窮屈です。
アシックスは重宝しています。


冬用のウォーマーパンツ。

ixy_20150723_03.jpg

去年の箱根駅伝から着用しています。
それ以前は、パシフィック大のロゴ入りのものをはいていましたが、最近はミズノばかりで出番がありません。


これだけ持っているのだから、何か運動をすればよいと思うのですがね。


  1. 2015/08/24(月) 23:07:54|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

掛けてみないとわかりません

当店で揃えている「ウスカルフレーム」をご希望でご来店されるお客様の中には、あらかじめHPでフレームを見て、目星をつけておられるかたが少なくありません。

リピートのお客様は、勝手がわかってらっしゃるので問題はないのですが、初めてウスカルフレームを試されるかたの場合、たまに残念なことが起こります。

ウスカルフレームは、ご自身のPD(瞳孔間距離)と、

PD.jpg

FPD(玉型サイズと鼻幅の合計)との関係が重要になります。
サイズ表示が40□20となっていれば、玉型サイズが40で、鼻幅が20なので、FPDは60となります。

ご自身のPDが66だとして、FPD60のフレームを装用すると、こうなります。

short.jpg

ご自身のPDが66だとして、FPD74のフレームを装用すると、こうなります。

long.jpg

強度数になればなるほど、PD=FPDが厚みの点ではベストになりますが、
ご自身のPDが66であれば、FPD66~70までのフレームをお勧めすることが多いです。

best.jpg

このあたりのことは、HPに記載してはいるのですが、なかなかそこまで目を通すのは難しいのでしょうか、ご自身のPDには適合しないFPDのフレームにご興味を持って来店されてしまうことがあるわけです。
もっとも、ご自身のPDを把握していなければ、仕方のないことなのではありますけれども。

ご希望のフレームのFPD>PD

の場合は、フレームによっては対応ができることもありますが、

ご希望のフレームのFPD<PD

の場合は難しいです。

実際に掛けていただければ、言わんとすることはわかっていただけるのですが、まぁ、お勧めはしません。
ガッカリされてしまうこともありますけれど、プロとしての立場からして、お勧めはできません。
最終的には、お客様のご判断ではありますが、納品してから「やっぱり、ちょっと・・・」となるのは困るわけで。


「大きいメガネ」の場合も、似たようなことがあります。

目星をつけていたフレームが、ご自身には大きすぎた・小さすぎた、という場合です。
こちらは、PDの問題よりも、骨格の問題に起因します。
HPにはフレームの横幅を記載していますが、掛けてみないとわからない部分もあります。

骨格に合わない場合、基本的にはお断りします。
無理して販売しても、掛け具合にご満足いただけなければ、お互いに嫌な気持ちになりますので。


事前にHPをご覧いただいて検討されるのは、とてもありがたいことではありますが、写真だけで「これ」と決めてしまうのではなく、最終的には店頭で「掛けてみて」決めるのだという、心の余裕をお持ちいただけると嬉しいです。









  1. 2015/08/23(日) 23:15:08|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コオロギ

洗って、当店に置いておいた息子の長靴の中に、

ixy_20150819_03.jpg

いつの間に忍び込んだのか、コオロギがいました。

ペットボトルの中に入ってもらって、

ixy_20150819_01.jpg

息子とご対面。

ixy_20150819_02.jpg

最近は、虫に触れない子供が少なくないらしいですが、息子もそのクチです。
ちなみに私は、魚類全般・蛇・ミミズなど、足のないものはNGです。

ひとしきり観察したあと、コオロギは草場に逃がしてあげました。

ixy_20150819_01 (2)

もう、秋ですね。




  1. 2015/08/22(土) 23:00:53|
  2. 動物・昆虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

81回

昨日は、妻のお友達の家に、妻子が遊びに行くという、毎年恒例の日でした。

3年前・4年前は、車で連れていきましたが、渋滞に巻き込まれたりして不毛な時間を過ごしましたので、去年は電車でお付き合い。
息子も大きくなりましたし、今年はついていかなくてもいいんでないかいとも思いましたが、深く考えないことにします。

とはいえ、私自身は道中に付き添うだけですから、何か楽しみがなければやっていられません。
私は「乗り鉄」ではありませんが、松戸まで、どのルートを取るか考えた末、乗る機会もないだろうと思っていた「上野東京ライン」を利用することにしました。

東京駅の7番線。

ixy_20150820_05.jpg

8番線には常磐線の特急「ときわ」、そのとなりには伊豆急下田行きの特急「踊り子」。
半年前には見られなかった組み合わせです。
私は「撮り鉄」ではありませんが、一応撮ってみました。

ixy_20150820_04.jpg

土浦行きの列車到着。

ixy_20150820_06.jpg

息子の希望で、先頭車両に乗ります。
東京駅を出て、じきに上り坂に。
初めて見る景色です。

ixy_20150820_07.jpg

秋葉原通過。
右手に新幹線が。

ixy_20150820_08.jpg

御徒町通過。

ixy_20150820_09.jpg

上野に到着。

ixy_20150820_10.jpg

日暮里からは、去年見た景色と同じです。

ixy_20150820_12.jpg

松戸で妻子はタクシーに乗ってお友達の家へ。
私は別行動です。

向かう先は、当然ながら、松戸献血ルーム。
1年ぶりです。

ixy_20150820_13.jpg

ところが、ワタクシ、うっかり月曜日にロキソニンを服用してしまいまして、服用後72時間±2時間経過といったところのため、今回は血小板ではなくて、血漿の採取となりました。

そのせいか、いつもより時間が早く済み、12時半前には終了。
そのまま駅前のサウナに直行します。

献血のあとにサウナというのは褒められた行動ではありませんが、血漿を提供したあとは決勝を見なくてはいけません。

館内のエレベーターには告知ポスターが貼ってありましたが、

ixy_20150820_15.jpg

どうせなら、表の入り口の前とかに貼ればいいのに。
もっとも、レストランに行くためには入館料を払って、館内着に着替える必要がありますから、宣伝効果は?ですが。

入浴もそこそこに、まずはテレビ付きのリクライニングソファーで横になりながら観戦。
たいていの人は、仙台育英を応援するのではと思いますが、東海大相模は当店の隣りの駅が最寄りですし、私は相模原市民ですし、どちらを応援するのかはっきりしろと言われたら、東海大相模です。

1508211.jpg
(パンフレットより)

4対0になったところで、レストランへ移動し、タンメンをいただきながら観戦。

6対3となり、いよいよこれから、というところで残念ながら退却です。
15時に北総線の北国分駅で待ち合わせなので、やむを得ません。
ラジオを忘れたので、試合の経過はiPadで追いかけることにします。

去年は松戸駅から柴又経由で向かいましたが、今年はバスで行きます。

ixy_20150820_17.jpg

妻子と再会し、今度はJR総武線の小岩に向かいます。
まずは北総線で新柴又へ移動ですが、北国分駅のホームでスカイライナーを見ることができました。

ixy_20150820_18.jpg

新柴又からはバスに乗ります。

ixy_20150820_20.jpg

座れるときは先頭座席に座る性分。

ixy_20150820_21.jpg

15時半ごろ、小岩駅に到着し、妻子はお友達の家に。
私は、1時間ほど適当に時間を潰します。

ixy_20150820_22.jpg

こんなことなら、最初から小岩駅で16時半の待ち合わせにすれば、最後まで決勝を見られたと思うのですが、深く考えないことにします。

お帰りはVSEで。

ixy_20150820_25.jpg

81回目、無事終了です。

1508212.jpg



  1. 2015/08/21(金) 23:11:29|
  2. 献血
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ただいま新宿

中央線で東京駅へ向かいます。




  1. 2015/08/20(木) 10:10:04|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学校の授業で重要な入力系・・・視野・色覚

前回の「視力」に続いて、今回は「視野」と「色覚」についてです。

「視野」というのは、ある一点を見ているときの視界の広さ、とでもご理解ください。

視野検査のときは、片眼ずつ行ないます。
右眼の視野は鼻に遮られて左側が狭くなりますし、左眼はその逆です。
両眼視しているときは、その遮られている部分の情報も入ってきますので、約200度くらいが人間の両眼視下での視野と考えられます。
(右眼と左眼の両方で見えている範囲は120度くらいになります。)

ところが、主に眼疾患に伴って、視野の一部が欠損してしまうことがあります。

通常なら、こんな感じの視界があるとして、

ivis_20150709_10.jpg

左側の一部が欠けてしまうと、

ivis_20150709_10z.jpg

駅員さんにぶつかってしまう可能性がありますし、右側が大きく欠けてしまえば、ホームから落っこちる可能性も出てきます。


ですので、たとえば、左の視野が欠けている子供が、教室の右端の列に座るとしたら、黒板の見にくさを感じるかもしれません。
他の子供が視界に入っている物に気づかないということがありますので、ぶつかったり転んだりということが多くなるかもしれません。

学校生活において、そのあたりの配慮は必要でしょう。


「色覚」というのは、色の違いをとらえる能力です。

石原式の色覚検査表が、検査ツールとしてはポピュラーですね。

isihara.jpg

私自身、色覚に問題があることは何度となく触れてきましたが、色覚に問題があるということは、色がわからない、もしくは色の受け止め方が違う、ということです。

正常な人が、左端から順に似た色を並べたときの配列が↓だとしても、

d15pass.jpg

私の見えかただと↓のようになります。

d15duo.jpg

「違うやろ」と指摘されても、私には納得できません。

ですから、色を扱う授業のときは注意が必要になりますし、黒板に使うチョークの色も配慮してもらわないと見にくくなります。
学校の場合、カラーのプリントというのは少ないかもしれませんが、グラフの色を赤とか緑で書かれてしまうと混乱します。

色覚検査は今の時代は義務ではないようなので、先生も子供自身も気がつかないまま、ということがあるかもしれません。
ふだんから、「色の違いが分かりにくい子がいるかもしれない」という視点で授業を組み立てていかれれば、良いのかなと思います。


視野や色覚に関しては、問題があったとしても、その矯正が難しいです。
(色覚補正レンズというのはありますが、個人的には、それがあれば万事解決とは考えていません)

本人の努力ではどうにもならないところがあるということを、ご理解いただきたいと思います。


次回は「調節」についてです。



  1. 2015/08/19(水) 23:10:04|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の甲子園

今年の夏の高校野球も、いよいよ佳境に入ってきましたね。

中学生のころ、高校野球を夢中になって見ていたという話を以前にしました。
高校生になって以降も、高校野球好きであることに変わりはなかったのですが、わざわざ夏休みに神奈川から甲子園へ行くほどの思い入れがあったかというと、そこまでではなかったような気もします。
それなりにお金がかかりますしね。

ですが、社会人になって、神戸市民になって、事情が違ってきました。
行く気になれば、往復1000円ちょっとで行けるわけです。
ところが、行く余裕がなかなかありません。

1年目は、おもちゃ売り場にいたので、夏休みは忙しかったのですが、それでも何とか行ってきました。
75回大会の2回戦へ。

朝起きられなかったので、第二試合からの観戦。
とりあえず、三塁側内野席に行ってみました。

地元兵庫の育英vs北北海道の旭川大戦。
結果は育英の勝利でしたが(最終的に優勝しました)、

ixy_20140911_53.jpg

自分の中で、今一つ盛り上がるものがありません。

感情移入していないからだと思い、どちらかの高校を応援したほうが盛り上がるのではということで、切符を買い直して、アルプススタンドに行くことにしました。

一塁側と三塁側のどちらへ行くかを考え、第4試合の宇和島東(愛媛)が陣取る一塁側に行くことにしました。
この試合は、宇和島東が勝つと思ったので。

第3試合は小林西(宮崎)vs長崎日大。
勝ったのは小林西ですが、一塁側がどちらの高校だったのかの記憶がありません。
勝って喜んだ気がするので、小林西だったと思うのですが。

で、勝つと思った第4試合の桐生一(群馬)との試合。

1508182.jpg
1508181.jpg

2対7で負けました。


2年目は、時間がなくて無理でしたが、3年目に、ちょうど神奈川代表(日大藤沢)の試合と休みの日がぶつかりました。
3回戦の相手は、宿敵PL学園。
勝てる気はしませんが、行ってみます。

ここは当然、日大藤沢側に陣取ります。

1508185.jpg

PLの人文字を見たり、応援テーマを聞いたりしているうちに、65回大会で池田高校が敗れたときの悔しさがよみがえってきます。

1508187.jpg
1508184.jpg

何とか頑張ってほしかったのですが、5対10で負けました。
PLの校歌を「悔しいが、いい歌だ」と思いながら聞きました。

この年、PLで活躍していたのが、福留孝介選手。

1508186.jpg

ライトフェンス直撃の二塁打か何かを打った気がするのですが、打球の速さが尋常でなかったのを覚えています。


翌年は、転勤で担当の売り場が変わりましたが、まともに休みが取れなくて行けずじまい。
結局、夏の甲子園に足を運べたのは、この2回だけでした。

もう少し、足を運んでみたかったなと思います。



  1. 2015/08/18(火) 23:07:35|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エプシス

強度数対応の「ウスカルフレーム」に新作ができました。

「エプシス」です。

ersis340.jpg

フレームPDは60ですので、推奨PDとしては56~60となります。
サイズ的には女性向きかと思いますが、骨格に合えば男性でも大丈夫です。

従来のウスカルフレームに比べて、丸みの強い仕上がりになっております。

玉型サイズが36ですので、ウスカル効果は抜群です。

当店では、

ピンク

epsis1.jpg

レッド

epsis2.jpg

ダークカーキ

epsis4.jpg

の3色をご用意いたしております。


  1. 2015/08/17(月) 23:21:37|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日焼けしました

肩口に袖が触れると痛いです。
明日に備えて冷やしています。



右肩も同様です。

  1. 2015/08/16(日) 18:30:20|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

15分足らずで終わりましたが

連休のお知らせ

当店は、明日13日から16日まで、連休とさせていただきます。

1508121.jpg

連休中の当ブログの更新は未定ですが、更新したとしても、1~2行の淡泊なものになりますので、ご了承くださいませ。


  1. 2015/08/12(水) 20:56:22|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学校の授業で重要な入力系・・・視力

「見る」ことが苦手なために、学校での勉強につまづいてしまう子供さんが少なからずおられます。

先日、「見る」ために必要な能力を「入力系」「視覚情報処理系」「出力系」と区分けした場合
「入力系」に含まれる要素は眼鏡店でチェックできるものが多いという話をしたのですが、
改めて、「入力系」に含まれる要素について考えてみましょう。

「入力系」というのは、適切な視覚情報を脳に送るために必要となるもので、その視覚情報はもちろん眼から得らるわけです。
具体的にどんな要素があるのかといえば・・・

・視力
・視野
・色覚
・調節
・両眼視
・眼球運動

といったものが挙げられるかと思います。

本日は、まず「視力」についてです。

一口に視力といっても、いろいろありまして、「動体視力」とか「深視力」などといった言葉を耳にされたかたは多いと思います。

学校の視力測定で調べられるのが、最も一般的に「視力」と言われている「静止視力」です。

ランドルト環と呼ばれる、環の切れている方向を答えるのが標準的です。

down.jpg

この「静止視力」、これまで、ほとんどの学校では「遠見視力」のみに着目されていました。
5メートル離れたところから視力表を見て、切れ目を答える、というものです。

これは、教室で椅子に座って、黒板に書かれた文字や絵を(はっきりと)見ることができるかどうかをチェックする上では有効です。

けれども、黒板の文字が見えるからといって、椅子に座って机の上のノートや教科書に書かれた文字を見たときに、同じように(はっきりと)見える保証はありません。

そのため、「近見視力」にも注目され始めています。
(近見視力については、以前に解説していますので、ここでは割愛します。)

007.jpg

言うまでもなく、視力が悪ければ、きれいな像を脳に送ることができません。
脳にきれいな像が送られなければ、送られた情報が何であるかを正確に把握することは困難です。

この視力を低下させる原因となり得る大きな要因が「眼疾患」と「屈折異常(近視・遠視・乱視)」です。
学校の視力測定で芳しくない結果が出たら、まず一度は眼科へ行かれることをお勧めします。
眼鏡店では、眼疾患の有無を診断することはできませんし、「視力低下を引き起こす眼疾患がある・ない」ということを明確にしておくのは、以降の支援をしていく上でもとても大切です。
また、小児の遠視系の場合は、点眼薬を併用しての屈折検査が有効なことがあり、これも眼鏡店ではできません。

入力系に含まれる両眼視や眼球運動といった要素を語る上では、適切な視力が得られていること(必要な屈折異常の矯正がされていること)が大前提となります。
逆に言うと、視力をおざなりにしたまま、両眼視や眼球運動のケアをするのは効率的ではないのです。

「視力がすべてではありません」と再三再四申し上げてはおりますが、視力が「見る力」の中で、根幹をなす要素であることは間違いありません。
「よく見えていないものを正しく写せ・覚えろ」と言われても、それは難しいですから。


次回は、視野と色覚について触れてみます。


  1. 2015/08/11(火) 23:12:10|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2階の眼科さんは連休中です

当店の2階には、眼科さんがあります。

「病院」ではない「診療所」の場合、お盆や年末年始は1週間~10日間くらいの連休を取られるところが少なくないと思いますが、2階の眼科さんも連休に入りました。

ixy_20150809_01.jpg

で、当店ではこの時期、毎年同じようなシーンが繰り返されます。
「診療していると思って来たのに、休診だった」というかたへのフォロー(?)です。

貼り紙をご覧になって休診であることに気がつき、お帰りになる前に、当店にひとこと言いたくなってしまうのでしょうね。

「診てもらうから、先生の自宅(あるいは自宅の電話番号)を教えてくれ」とおっしゃられても、ごめんなさい、それは無理です。
あっさり突っぱねるのも気の毒なので、診察を希望されるのであれば、座間市・相模原市に電話をして、診療している眼科を紹介しています。

一番多いのは「目薬が切れてしまったのでもらいに来た」というパターンでしょうか。
だいたい1か月毎くらいに来院されるかたが多いようで、先月来られた時には次回の来院日のことまで気にされていなかったのでしょう。

かといって「薬をもらいに来たんだけど」と当店に相談されても、どうすることもできません。
眼科さんと当店と経営者が同じ、あるいは同一施設と思われているかたも少なくないようで、「カルテ見ればわかるでしょ」と言われたりもしますが、常識的に考えても、それは無理ですから。

そもそも、眼科さんとは経営者は別ですし、眼科の先生とは親戚でもありませんし、完全に別組織なので、「連休の前にはお知らせのハガキを送るくらいしろよ」などと意見を言われても、「いやぁ、患者さんの数も多いし、そんなことは普通しないでしょう」みたいな、第3者的立場からの反応しか返せません。

お暑い中、出かけてこられて、お気持ちはわかるのですけれどね。
当店としては、どうにもして差し上げられないので、ご容赦くださいませ。



  1. 2015/08/10(月) 23:29:08|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

筆談

度数測定をするとき、知的な問題で意思の疎通が難しければ、他覚的検査(静的レチノスコピー)を重要視することになりますが、意思の疎通ができるのであれば、自覚的検査を重要視するのは、どこの施設でも同じかと思います。

しかし、知的な問題がなくても、口頭によるこちらの指示がうまく伝わらないことがあります。

耳の遠い、もしくは聞こえないかたへの検査です。

伝音性難聴で、補聴器非装用であれば、デッドストックになってしまったポケット補聴器を使ってもらうことで

ixy_20150809_08.jpg

対処できたりもするのですが、それでも無理な場合、指示を紙に書いてお伝えすることになります。

1508092.jpg
1508091.jpg

いちいち書くのも時間がかかりますし、検査の手順はある程度決まっていますから、あらかじめ定型文を用意しておくのもいいかなと思ったりもしています。

ただ、当店に来られるということは、見えにくいから来られるわけで、書いた指示が読めないという可能性もなくはありません。

今まで、「指示が読めない」というケースは一度もありませんが、そのレベルの視力であれば、おそらく「ロービジョン」的な対応になると思いますので、書いた指示等を見てもらうため&デモ機としての意味合いも兼ねて、ハンディタイプの高画質拡大読書器を一台用意しておいたほうがいいのかなと、考えたりもしています。

img11383133261.jpg

「わくわく用具ショップ」より転載
http://yougu.nittento.or.jp/product1368_131.html




  1. 2015/08/09(日) 23:03:28|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

字幕

私は映画館へ映画を見に行ったことは数回しかありません。
テレビのロードショーの類も、滅多に見ません。

ですが、留学していたころ、まだ修士課程が始まる前ですが、少しでも早く耳を慣らそうという目的で、映画を見ることが多くありました。
10ドル未満でビデオソフト(まだDVDが主流になる前でした)が売っていたので、のべにすると結構な本数を買いました。

ほとんど実家に置いてありますが、何本かは自宅に置いてあります。

15722_20150807_04.jpg

アメリカで見ていたときは、聴覚障害者用の字幕がテレビ画面に出るように設定できたので、それを付けながら、聞き取れない部分を補っていたものです。


昨日、テレビでジュラシックパークをやっておりまして、私はこのシリーズは大好きで、2作目・3作目はアメリカでテープを買いました。

↓これは2作目。

15722_20150807_03.jpg

それで、昨日は音声を英語にして見ていたのですが、完璧に近い聞き取りができるわけではありません。
テレビのリモコンに「字幕」というボタンがありまして、英語の時に「字幕」ボタンを押したら、字幕も英語で出るのかと思ったら・・・

15722_20150807_02.jpg

思いっきり日本語でした。

そりゃそうだわね。

2か国語放送の時の字幕は、両方の言語に対応できるようにすると、いいんでないかい、と思いました。





  1. 2015/08/08(土) 23:45:57|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8000形

昨日、小田急の通勤車両の中では、8000形が私は好きだという投稿をしました。

私が子供のころの小田急といえば、5000形に代表される、

photo_01_10.jpg
http://www.odakyu.jp/lastrunning/#!/ より転載

こういった正面スタイルが定番でした。

ちょっと個性があったのが、9000形です。

1508071.jpg

そんな中、登場した8000形の斬新なスタイルは、

ixy_20140227_28.jpg

小学6年の私にとってはインパクトのあるものでした。

就役記念乗車券を思わず買ってしまったことからも、それはうかがい知れます。

IMG_3187.jpg

私にとっての小田急カラーといえば、「ケープアイボリーのボディーにロイヤルブルーの帯」なのですが、この8000形を最後に、小田急の通勤車両のボディーは帯以外は無塗装になってしまい、残念に感じています。

子供のころの印象というのは、尾を引きますね。




  1. 2015/08/07(金) 23:04:53|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4000と8000

小田急の通勤車両。

今時の子供(息子)は4000形がお気に入りのようですが、

2015080619561548c.jpg

昔の子供(私)は、8000形が好きです。

201508061956211bb.jpg





  1. 2015/08/06(木) 19:57:51|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オクルア

以前ご紹介したオクルージョンレンズ、東海光学の「オクルア」を組み込んだメガネを納品しました。

オクルージョンレンズというのは、こんなふうに曇りガラス風になっているものです。

1209085.jpg
1209082.jpg

これにより、片眼を見えない状態にします。


当初は、左眼の像が回旋&斜め上にズレて見えるということで、メガネでの両眼単一視を希望されてのご来店でした。
既に医療機関にかかっておられたものの、具体的な解決策を提示されなかったということでした。

回旋偏位は厳しいと思いつつ、私なりに可能性を模索したものの解決策を見いだせず、「最終的な手段として、片眼遮蔽しか思いつきません」とお伝え。
セカンドオピニオンとして別の眼科を紹介して、そのときはお帰りになられました。

その後、再来店いただき、紹介された眼科でも有効策が得られなかったということで、屋外でサングラス的に使えるように濃いめの色をつけたオクルアでお作りしました。

無色よりも、色が付いたほうが、多少ですが見た目の違和感は減るようです。

1508052.jpg
1508051.jpg
(ご許可をいただいての掲載です)

当店は「快適な両眼視(厳密には両眼単一明視)を踏まえたメガネ作り」を標榜しておりますので、
このように「両眼視を放棄」させることは、「短絡的な逃げの一手」と考えられるかもしれません。

また、遮蔽することで視性刺激を遮断してしまうことについては議論の余地があると思います。

かといって、両眼視があるがゆえに非常に煩わしい、あるいは危ない環境下での生活を強いられているのであれば、それはそれで理想的な状態とは言えないでしょう。

成人のかたが、必要に応じてこのような「片眼遮蔽メガネ」を利用されることは、
生活の質を向上させていくという観点からは、私は「あり」だと考えております。

  1. 2015/08/05(水) 23:10:52|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

掃除機

毎朝、開店前に掃除機をかけているのですが、モーターがイカれてしまったみたいで、動かなくなりました。

私が当店で働き始めたときには、すでに年季が入っていたので、間違いなく20世紀の品です。

ixy_20150803_04.jpg
ixy_20150803_05.jpg

この品番で検索かけても、この掃除機はヒットしません。

残念ながら、これでお別れです。
20年前後使ってもらえれば本望でしょう。
一応、業務用の範疇に入るので、余計な機能はなくても、その分耐久性があったのかもしれません。

で、新しい掃除機が必要になるわけですが、まだ両親が「宝飾・時計の一心堂」として斜め向かいの店舗で営業をしていたときに使っていた掃除機が、倉庫に眠っておりましたので、ほぼ10年ぶりに引っ張り出してきました。

ixy_20150803_06.jpg
ixy_20150803_07.jpg

一回り小型です。

まだまだ使えそうなので、これからはこちらを、朽ち果てるまで使うことにします。


  1. 2015/08/04(火) 23:09:26|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アップグレード

店では、2台のパソコンを使っています。
どちらもWindows7です。

1台は、プライベートでも使うもの。
必要なソフトの類をすべて入れていて、退店時には自宅に持って帰っています。

もう1台は、顧客管理とレンズ発注をメインにしていますが、プライベート用が壊れたときの予備としての役割も果たしています。
ソフトはマイクロソフトオフィスをはじめ、仕事に支障のない、最低限度のものを入れています。
こちらは、常時店に置きっぱなしです。


で、話題のWindows10へのアップグレードなんですが、アップグレードして困るのが、使っているソフトが起動しなくなるかもしれないこと。
たとえば、ビデオカメラのデータを取り込むソフトが使えなくなると、ビデオカメラを買い替える羽目になって具合が悪いわけです。
また、OSを再インストールするような事態になっら、Win7からやり直さないといけなくなるのも面倒だなと感じます。

プライベートでも使っているほうは、最初から調子がイマイチなので、これはアップグレードせずに残しておいて、タイミングを見計らって、最初からWin10が入っているパソコンに買い替えたいと思っています。
そうすれば、万一使えないソフトが出てきても、安心です。

店に置いてあるほうなんですが、レンズ発注のシステムも

1508032.jpg

顧客管理システムも

1508033.jpg

Win10での動作検証がまだですので、アップグレードをする気になれません。

しかも、補聴器のフィッティングソフト(これは、どちらのパソコンにも入れています)に至っては、

1508031.jpg

来春まで待てとな?

つまり、結局のところ、フィッティングソフトが対応するまで、どうにも動けないということです。

まぁ、さっさとアップグレードしたいと思っているわけでもないので、のんびり待つことにします。
来春には、Service Pack1みたいなものが出てきて、Win10自体も安定してくるのではないかと思ったりもしますし。






  1. 2015/08/03(月) 23:15:18|
  2. 家電・パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズが傷んでくると

すべてのレンズがそうなるわけではないですが、結構長期間にわたって使用されていたレンズの場合、こんな感じにコーティングが傷んでいる場合があります。

ixy_20150802_01.jpg

↑中央の白っぽいライン(蛍光灯の反射光です)のあたり、レンズ面が滑らかでないのがわかりますよね。

このレンズを通して見てみると、レンズ面のダメージのために、

EOS_04159a.jpg

ところどころぼやけて見えるようになります。
(画像クリックで拡大します)


このような状態では、本来ならレンズメーターできれいに見えるマークが

1508022.jpg

滲んで見えてしまいますし、

1508021.jpg

デジタル式のレンズメーターで、このレンズを調べてみますと、本来は-3.00Dのはずなのですが、

1508023.jpg

弱い乱視度数が入った状態で測定されます。


以前、「このメガネと同じ度数で作ってください」と言われて渡されたメガネのレンズがこんな状態になっていたことがありました。
そのメガネは、だいぶ前に眼科処方箋で作られたもので、最近、同じ眼科で度数を測ってもらったところ、その度でいいと言われたとのこと。
ただ、処方箋をもらってこなかったので、レンズの度数を調べてくれればわかるでしょう、というわけです。

レンズメーターで測ると、上記のような弱い乱視が出るのですが、お客様は「乱視は入っていない」とおっしゃいます。
レンズがこの状態では、正確に度数が測れないので、当店での検眼をさせてほしい旨お伝えしたのですが、「眼科で度は同じでいいと言われているので」ということで、当店での検眼に前向きではありません。
結局、後日に、眼科のカルテに控えてある度数を確認してもらって、その度でお作りすることになりました。

納品時、度は同じなのに「すごくよく見える」とおっしゃられまして。

それだけレンズの痛みで見えにくくなっていたということなのですが、徐々に傷んできていたので、ご本人は気づかなかったのでしょう。


「何となく見えにくくなってきた」という場合、度数が変化していたり、目に病気があったり、といった理由以外に、こんなケースもありますよ、という話でした。












  1. 2015/08/02(日) 23:11:55|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャンプ座間花火 2015

今日は、キャンプ座間の盆踊り&花火の日です。

ixy_20150715_01.jpg

8時過ぎに正門の前を通りかかると、すでにキャンプ内に向かう人々が。

ixy_20150801_02.jpg

入れるのは10時半からのはずなので、ゲート前で待機しているのかと思ったのですが、姿が見えません。

ixy_20150801_03.jpg

中で露店を出す人たちだったのかもしれません。
暑い中、大変だと思いますが。

よせばいいのに、車で来て、止める場所がなくて右往左往する人が毎年いらっしゃるようですが、近隣の市立体育館の駐車場入り口にはこんな看板が出ています。

ixy_20150801_04.jpg

マナーは守りましょう。


例年、20時半ごろから打ち上げ開始、ものの20分で終わるのですが、店を閉めて、最低限の業務をしてから出発しても間に合うので、花火好きの妻の意向もあって毎年駆り出されております。

しかしながら今年、妻は息子と母と一緒に厚木の花火に出かけました。
厚木は19時開始なので、私がルーティンの業務を終えて現地に到着するころには終わっています。

というわけで、花火大会に対して、箱根駅伝ほどの思い入れのない私は、キャンプ座間に1人で行く気もしませんので、店で作業をすることにしました。

とはいうものの、ここまでで今日のネタを終わらせるのも忍びないので、相武台前駅のコンコースでブログネタ用に数枚写真を撮ってきました。

ixy_20150801_20.jpg
ixy_20150801_15.jpg
ixy_20150801_09.jpg

2分で撤退。


店に戻る途中、キャンプ座間から帰ってくる人たちとすれ違うのですが、「この人たちはわざわざ何をしにここまで来たのだろう」と
思ったりします。
せっかく来たのだから、花火見てから帰ればいいのに、と。

まぁ、混む前に帰りたいとか、いろいろ事情はあるのでしょう。

夕方から雨、という情報もあったようですが、天気ももったようで、よかったですね。



  1. 2015/08/01(土) 23:02:01|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0