キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

本日はお休みします

まだルーチンの業務が終わらず、加工も手付かずなので、更新はお休みいたします。

なお今月決算のため、明日からしばらくは棚卸等の業務がありますので、更新が手抜きかお休みになることが多くなると思います。
ご容赦くださいませ。



  1. 2015/05/31(日) 23:36:44|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CARD

「CARD(包括的領域別読み能力検査)」が届きました。

IMG_6901.jpg


読むことにつまづきのある子供たちの特性を、客観的に評価するために開発されたものです。

両眼視が正常でさえあれば、眼球運動が正確でさえあれば、読むことに関するつまづきはすべて解消されるのかといえば、決してそうではありません。
「読み」のプロセスを理解し、どこにつまづきの原因があるかを探った上で、適切な支援の方向付けをしていくことが必要です。

正直、私の守備範囲を超えていますので、他の専門職のかたと連携を取っていかなければ、とても対処しきれるものではありませんが、まずは自分なりに内容を消化しておきたいと思います。




  1. 2015/05/30(土) 23:44:37|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

排石

先週の水曜から苦労していた尿管結石が、先ほど排石完了しました。

かれこれ17年におよぶ結石人生の中で自然排石したもののうちでは一番大きなサイズでした。

1505291.jpg

昨日処方していただいた薬が功を奏したのかは不明ですが、これで一息つけました。

まだ、腎臓に石があるのは承知しているので、大事な時(講演前とかお盆休みとか箱根駅伝とか)に発作が起きないことを願うばかりです。

やっと一仕事終えたので、これから加工を仕上げて帰ります。


  1. 2015/05/29(金) 21:30:54|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

販促資材

コンタクトレンズや補聴器のメーカーから、ときどきキャンペーンやらなんやらで販促資材が送られてきます。

ixy_20150527_08.jpg

パンフレット・パンフレットを陳列するペーパーボックス・ポスターなどなど。

せっかく送っていただいても、当店にはスペースがありませんので、ほとんどが無駄になります。
カタログやパンフレットは収納しておけば済むのですが、その他は使う場所がない以上、廃棄処分です。
もったいないなと、毎回思います。

「○○○のキャンペーンを行なうので、以下の販促資材があります。
必要なお店は、必要なものをお知らせください。」

とでも、してくれたほうが、こちらとしてはありがたいです。

もっとも、メーカー側としては、必要数を聞いてから発注するわけにもいかないでしょうし、結局残れば廃棄なわけですから、最初から全部まとめて送ったほうが諸々の手間がかからず、経費が少なくて済むのかもしれません。

が、もう少し、何とかならないものかなぁ、と思います。





  1. 2015/05/27(水) 23:15:13|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ご遠方からのお客様

当店に来店されるお客様は、平日が地元のかた中心で、日曜が遠方のかたです。

今日は、世田谷区のお客様をはじめ、

1505261.jpg

多摩・大和・相模原市中央区(2名様)などといった感じで、徒歩や自転車で来るには根性のいる地域のお客様ばかりでした。

当店に来るまでの道中に、何軒のメガネ店を通り過ぎてこられたのかわかりませんが、ありがとうございます。
(逆に言うと、地元の皆様はどうされたの?という話でもあるのですが・・・)

ご期待に応えられるよう、日々精進しなければと、改めて身が引き締まります。


  1. 2015/05/26(火) 23:33:04|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだ石が落ちません

尿管結石の発作痛からは、石が膀胱内に落ちるまで解放されません。
今日で6日目、いつもより手こずっています。
石がちょっと大きいのだと思います。
おととしの今頃、10日かかったのが最長記録です。

痛いので、さっさと帰りたいですが、まだ本日ご来店のお客様のデータ入力が残っています。

20150525221245519.jpg

加工と、この作業は翌日に残さないと決めているので、終わったら帰ります。


  1. 2015/05/25(月) 22:20:56|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本日の更新はお休みします

尿管結石の発作中および、作業山積のため、失礼させていただきます。


  1. 2015/05/24(日) 21:46:34|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

急に見えなくなったら

だいぶ前のことですが。

眼科処方箋でメガネをお作りいただいたお客様が、その数か月後に再来店されました。

「ここ数日で、全然見えなくなった。レンズが不良品なのではないか。」とご立腹です。

レンズに傷があるわけでも、フレームが大きく歪んでいるわけでもありません。
矯正視力も、かなり悪いです。
強めの度数や弱めの度数をあてがっても、大きな違いをお感じになられません。

こうなってくると、レンズ云々ではなく、

眼球の、

ixy_20150520_02.jpg

内部に、

ixy_20150520_03.jpg

問題が起きている可能性が高いです。

眼科へ行っていただくようにお願いしました。
結果、網膜疾患があったとのこと。


お求めいただいたメガネに不具合を感じたら、まずはご相談いただきたいのですが、「急に見えなくなった」「急に眼がものすごく痛くなった」「急に一つのものが二つに見えるようになった」などのように、突然明らかにおかしい状態になったら、先に眼科へ行っていただくことをおすすめします。
「一つのものが二つに見える」場合は、脳外科でもよいと思います。

一刻を争うこともありますので、お気を付けください。






  1. 2015/05/23(土) 23:13:43|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2本目

「元気ドリンク味」で当たりが出ました。

1505221.jpg

これで、ようやく今年2本目です。


これから夏が終わるまでの時期は、例年、当たりが出にくくなります。
次の当たりが出るのは、秋かも。


  1. 2015/05/22(金) 23:39:59|
  2. ガリガリ君
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメリカの薬

アメリカ留学の前に、こんな本をもらいました。

ixy_20150115_07.jpg

アメリカは、日本のように、ちょっと体調が悪いくらいでは、近所のクリニックに行くようなことはありません。
そもそも、個人医院自体が、大きく看板を掲げているわけではないので、どこにあるのかわからないような状態ですし、原則予約制で気軽に行ける場所ではありません。
なので、基本的にはドラッグストアで市販薬を購入して対処するというのが、ファーストステップです。
医師の診察・処方を受けるというのは、症状がかなり悪化してからという感じです。

ということで、この本は結構参考になりました。

市販薬の効き目は日本のものより強いようですし、結果として医師の処方薬の効き目も日本より強くなります。
日本なら入院しないと出せないレベルのものが処方されます。
お値段も、かなり高いですがね。

今日は、今年初めて、ちょっと強めの尿管結石痛がありましたので、座薬を挿入しましたが、例によって効果がイマイチで、「あ~、もっと強い鎮痛剤がほしい」と、当時を懐かしく思い出しました。







  1. 2015/05/20(水) 23:10:20|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最低限の知識

当ブログにアップしている、ビジョントレーニング関連の本や記事は、発達に遅れというか凸凹のあるお子さんを対象にしたものが多いです。

これらの記事を読まれている眼鏡店のスタッフさんの中には、「自分たちには関係ない話だ」と思っておられるかたも多いかと思います。

が、このような子供さんは、視機能全般に弱さを持たれていることが少なくないために、皆さんのお店にご相談に来られるケースが絶対にないとは言えないと思います。
ここでいう「相談」というのは、メガネの購入を含めてのことです。

何も、いきなり「トレーニングを勉強すべき」と言っているわけではありません。
まずは、「発達の凸凹とはどういうことか」という理解をしておく必要があるのではないかと思うわけです。

仮に「うちの子は、自閉症スペクトラムと言われていて」という話を保護者のかたから聞かされた時に「何、それ?」と慌てることがないように、あるいは、特性の強い子供さんに対してどういうふうな応対・心構えをするのがよいのか(たとえば検査をするときに心得ておくべきことであるとか、感覚過敏があれば眼鏡装用を嫌がるかもしれない可能性があることとか)、といったことは、なるべく把握しておいたほうがよいのではないかということです。

幸い、十年前と比べて、今はたくさんの情報を入手することが可能です。
専門書のような難しい本を読む必要はないと思います。
保護者のかた向けに易しく書かれた本も、いろいろありますので、

ixy_20150516_02.jpg

最低限の知識は得ておかれたほうが、専門店としては好ましいのではないかと考えます。



  1. 2015/05/19(火) 23:27:15|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「発達の気になる子のビジョントレーニング」 

北出勝也O.D.監修の新刊です。

ixy_20150518_01.jpg

「発達の気になる子のビジョントレーニング」 ナツメ社

学校の授業や運動などに苦手さを感じているような子供さんが、楽しくトレーニングできるようなメニューを紹介されています。


さて、基本的に、こういった子供さんへのトレーニングというのは、専門家のアドバイスをもらいながら進めていったほうがベターだとは思います。
ですが、その対応ができる施設が極めて少ない現状において(当店も、かれこれ6年近く、環境要因のために新規のかたの受け入れを中止したままですし)、こういった手引書を用いて、独学的に各ご家庭で取り組んでいかざるを得ないというのが、実際のところかと思います。

そうしますと、たとえばネットで本を買ってみたはいいけれど、「中身を見たら自分の子供には難しすぎた」「日々、どういう風に取り組んでいったらよいか、何をどれだけやったらよいかがわからない」といった問題点に直面する可能性は、十分にあると思います。

そもそも発達の程度というのは個人差があって当然で、本に書かれていることすべてが当てはまるわけでもなければ、すべてが指示通りにできるというものでもありません。
ですから、お子さんに応じて、随時アレンジしていくことが必要になります。
でも、それを保護者のかたに、いきなり求めるのは酷でしょう。

本書では、課題が難しい場合に、ハードルを下げて取り組めるようなアイディアであったり、こんなふうにメニューを組んでみてはどうでしょうという一例が示されていたりします。

ただ、それは、あくまでもヒントですので、その通りにやってもうまくいかないこともあるかと思います。
ヒントを参考にしながら、お子さんに合ったやりかたを模索していくことは、大変かと思いますが、やはり保護者のかたの作業になります。

難しいですが、難しく考えすぎず、「どうすれば、この子が上手に取り組めるか」を試行錯誤していくと、お子さんが苦手なことや、得意なことが、より具体的にわかってきますし、こうすればやりやすくなるという「気づき」もあると思います。
それを学校に伝えたり、ご家庭での生活に取り入れてみたりすることが、お子さんへのよりよい支援につながるのではないかと思います。



  1. 2015/05/18(月) 20:49:52|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お客様からの情報

本日、深視力の相談に来られたお客様からの情報です。

神奈川県の免許試験場には、こんな感じの覗き込み式の深視力測定器と

kowa.jpg

当店にあるような、2.5m前方に設置するもの

dendou.jpg

の2種類が用意されています。


最初に、覗き込み式でやってみて、ダメな人が後者の機械にまわされるという流れです。

ところが、お客様が本日免許試験場に行ったところ、後者の機械が壊れてしまって作動せず、覗き込み式しか使えなかったとのことでした。
結果として、覗き込み式のものでは合格できなかったと。

このお客様は、後者の機械だと良い精度が出るかたなのですが、こういうタイプのかたたは結構多いです。
なぜそういうことが起こるのかの考察は、以前記した気がするので割愛しますけれども、覗き込み式しかないというのは、非常に困ります。

当店には、覗き込み式の深視力計はありませんので、当店で調製した度数で覗き込み式にパスできるかどうかの検証が
できません。
いつもなら、「2回目の機械なら合格できる可能性が高い」ということがわかれば、最終的には免許試験場へ行っていただくようにお願いすることで、注文をいただきやすいのですが、その手が使えません。


壊れた機械を修理するなり、代替えを用意するなりせず、覗き込み式だけでこれからは済ませるということは、恐らくしないと思いますが、明日以降に(後者の機械をアテにして)免許試験場で深視力試験を受ける予定のかたは、事前に試験場に問い合わせをされてから出かけられたほうがよいかもしれません。

もちろん、当店も、試験場に確認はしますがね。


※追加情報※
本日(5/18)、免許試験場に確認しましたところ、別フロアーに、壊れたものと同様の機械があるので、そちらで対応可とのことでした。
昨日のお客様が、そのフロアーに案内していただけなかった理由はわかりませんが。
(日曜でクローズだったのかもしれません)





  1. 2015/05/17(日) 23:23:41|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タッチタイピング

以前似たような内容でネタにした気もしますが、このご時世にもかかわらず、私は「タッチタイピング」ができません。

「かな入力」で、片手打ちです。

右手で基本的な入力をして、

ixy_20150516_03 (1)

句読点や、カギカッコ、拗音などの入力のために、左手の人差し指を、シフトキーの上に載せています。

ixy_20150516_04 (1)

「それで本当にアメリカ留学していたのか?」と言われることもありますが、レポートの類は必死に片手で打っていました。

「テープ起こし」のアルバイトをしていた時に、左手でテープレコーダーを操作する関係で、右手のみでワープロ打ちをしていたのが片手打ちの発端ですが、キーボードの配列は一応把握しているので、下手な人のタッチタイピングよりは早いと思います。

眼鏡学校時代、タッチタイピング練習ソフトを買ってマスターしようと思ったことがあったのですが、「ローマ字入力」に移行するのが億劫で、結局まじめに取り組まず、今日まできています。

顧客データ入力用のパソコンは「ローマ字入力」にしていまして、それはそれで対応はできていますから、数日、根を詰めて取り組めばマスターできそうな気はするのですが、その気になれません。
お客様の前でキーボードを打つ時は、ちょっと恥ずかしかったりしますがね。


  1. 2015/05/16(土) 23:15:56|
  2. 家電・パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大きいメガネ新作

大きいメガネ研究会のオリジナルフレームに新作が出ました。

当店ホームページへのアップより先に、こちらでご紹介します。

「リバプール」 玉型サイズ63 鼻幅16 天地36

Liverpool340.jpg

天地がそこそこ深いので、累進レンズにも十分対応できます。
ただし、玉型サイズが大きいため、顔幅に比して瞳孔間距離(PD)が狭いお客様の場合には、レンズ生地径の関係で対応できない可能性もゼロではありません。

クラシックなウエリントンスタイルを現代風のデザインに置き換えております。

当店には、黒系2色と

LiverpoolM59551.jpg
LiverpoolTN0202.jpg

茶系2色の在庫がございます。(本日現在)

LiverpoolL8400.jpg
LiverpoolH12083.jpg


  1. 2015/05/15(金) 23:15:31|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マンゴー

「元気ドリンク味」と同時期にセブンイレブンさんに並び始めた「マンゴー」。

ixy_20150430_04.jpg
ixy_20150430_05.jpg

個人的嗜好ですが、元気ドリンク味の勝ちです。

なので、まだ2本しか食べていません。

セブンイレブンさんの売り場におけるフェイスの取りかた(陳列量)を鑑みても、売れ行きは元気ドリンク味のほうがよいように感じます。

逆に言うと、マンゴーのほうが、当たりが出やすいかもしれませんが~。


  1. 2015/05/13(水) 23:08:40|
  2. ガリガリ君
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フレームとレンズの隙間

こちらのメガネ、当店で納品したものですが

1505122.jpg

フレームとレンズの間に、大きな隙間が空いています。

1505121.jpg

これは、レンズ加工を失敗したわけではなく、レンズのコバ厚を減少させるために講じた策です。

今後、よそのメガネ屋さんでレンズ交換を依頼されることがあったとして、そこで「こんなに隙間が空いて、随分下手な加工をする店ですね」などと言われても、購入されたお客様は事情をご理解されていますので、当店に対して不信感を抱かれることはないと思います。


さて、これは、当店でレンズ交換を承った、他店加工のメガネです。

耳側上部と、鼻側下部に、わずかとはいえ明らかにわかる隙間が空いています。

1505123.jpg
1505124.jpg

この隙間のためにレンズがフレームから容易に外れるのであれば問題ですが、そんなことはありません。

では、これは、加工ミスなのでしょうか?
それとも、そういうレンズデザインなのでしょうか?

これくらい大胆に空いていれば、デザインかとも思うのですが、そうでもありません。

1505127.jpg

加工ミスなら、もう片方は隙間なく仕上がっていそうなものですが、反対側も同じように隙間があります。

1505125.jpg
1505126.jpg

ということは、そういうデザイン?

もし、加工ミスなら、何が起きたかというと、フレームシェイプをトレースするときに、

ixy_20150510_08.jpg

フレームの固定が不十分だったとか、トレースする機械の作動中に振動を与えてしまって、トレースが狂ってしまった、などの原因が考えられます。
また、経験上ですが、細長いフレームは、トレース時にフレームにわずかな歪みが生じることで誤差が発生しやすいようにも感じています。(危なそうなときは、デモレンズをトレースするのが無難な場合もあります)

フレームシェイプは両眼をトレースするのが一般的ですが、加工機は右眼のトレースデータを反転させて左眼の加工をするというのが初期設定となっていることが多く、その設定だと、右眼のトレースデータに狂いがあれば、左眼にも同じように狂いが生じるということになります。

で、結局、私がどうしたかと言いますと、同じように隙間を開けて作ることはできるのですが、他店さんに持ち込まれた時に「加工ミス」と思われるのも不本意なので、お客様に「現状は隙間が空いていますが、埋めて仕上げてもいいですか」と了承を得た上で、隙間を空けずに仕上げました。


憶測でものを言ってはいけませんが、これが加工ミスだったのであれば、ちょっと許容範囲を超えている(作り直すべき)隙間に感じますので、検品不十分ということになるでしょうし、もし隙間が空いているのを承知で納品していたとしたら、同業者として残念に思います。



フレームとレンズの隙間
  1. 2015/05/12(火) 23:15:21|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箱根

先週、箱根駅伝往路ゴール地点そばの「箱根駅伝栄光の碑」に立ち寄りました。

ixy_20150506_01.jpg

通常ですと、往路終了後に中大が「往路の力走を讃える会」を行なうところです。

DSCF3353.jpg
(2008年)

IMG_1735.jpg
(2012年)

立ち寄った目的は、中大の予選会突破と、来春の必勝祈願ですので、箱根駅伝観戦公式ユニフォーム「赤い男(Early Summer Version)」にて。

ファイル 2015-05-11 18 49 31

到着したのが18時近くで、既に箱根駅伝ミュージアムや箱根関所資料館なども閉館時間を過ぎており、付近はとてつもなく閑散としておりました。
時間が時間だけに当たり前かとは思いますが、ちょうど、大涌谷付近に火口周辺警報が発令された日でしたので、その影響も少なからずあったのかもしれません。

箱根といえば、登山鉄道・ケーブルカー・ロープウェー・遊覧船といった、いわゆるゴールデンルートを思い浮かべるかたが多いかとは思いますが、その中でも大涌谷の人気というか知名度が高いことは疑う余地はないでしょう。


でも、箱根は大涌谷だけではありません。
今朝の産経新聞一面に取り上げられていたように、元箱根に近い「山のホテル」では、「つつじ・しゃくなげフェア」が開催中です。

ixy_20150511_01.jpg

畑宿から旧道を元箱根・杉並木方面へと歩いてみるのも、新緑の時期にはよいかと思います。

ロープウェーが止まってしまっているのは残念ですが、バスをうまく使えば、見どころはたくさんあります。

現在警報が出ているのは、大涌谷を中心とした、ごくごく狭いエリアです。
もちろん、だからといって、絶対に安全・安心ということは、言えないとは思いますが。

このまま、大事に至ることなく、来春に中大の雄姿が、この場所で拝めることを切に祈っております。


  1. 2015/05/11(月) 23:15:08|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015 母の日&マミーの日

今年もカーネーションです。

ixy_20150510_16.jpg

変わり映えしませんが、毎年こうやって渡せることに感謝です。


こちらは、息子が(私の)妻にあげるもの。

ixy_20150510_14.jpg

来年あたりは、自分で買って渡せますかね?

  1. 2015/05/10(日) 21:18:46|
  2. 記念日・○○の日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今回のアーレン

先日、フレームへの組み込み依頼をされたお客様のアーレンレンズは、結構薄めの色でした。

1505091.jpg
ixy_20150502_05.jpg
ixy_20150502_02.jpg

これにより、白い紙に書かれた文字が見やすくなるとのことです。


当店には、ブログやホームページをご覧になった眼鏡店のかたから、アーレンレンズの概要やフレームへの組み込みについての注意事項などの質問が、たま~に寄せられます。

言い換えると、アーレンレンズを購入されるユーザーが徐々に増えてきている、ということなのでしょう。

あくまでも、これまでの経験上からの私見ですが、アーレンユーザーの多くは、視機能的にも不安定な要素を持たれているように感じます。

加工を引き受ける眼鏡店は、眼位・眼球運動・調節機能等のチェック・トレーニング指導などにも対応できるようにしていかれると、よりよいサポートにつながるのではないかと思います。





  1. 2015/05/09(土) 23:10:09|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

更新お休みのお知らせ

当店は、5日から7日まで、連休を頂戴いたします。

ixy_20150503_01.jpg

なお、連休中のブログの更新は、お休みさせていただきます。

また、金曜日には、加工すべきレンズがまとめて入荷しますが、金曜日中にすべて仕上げるのが困難な数になっております。
営業時間終了後は加工に集中するため、金曜日の更新もお休みさせていただきます。

9日以降、引き続きよろしくお願い申し上げます。




  1. 2015/05/04(月) 20:34:45|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前庭機能と視覚機能

過日、ブランコで体を揺らしながら、目と手の協調トレーニングをする話をアップしました。
前庭機能(バランスを司る部分)に刺激を与えつつ、目や体を動かすということです。

この前庭機能ですが、眼とは密接な関係があります。

1505021.jpg
(スライド出典: 「原始反射が視覚システムに与える影響」 木部俊宏 2013)

前庭機能は胎児のうちから作動しているシステムであり、これが働くことで、出生後に視覚システムを構築していくにあたって非常に重要となる「前庭性眼球運動反射」を可能にします。

前庭性眼球運動反射というのは、頭を回転した時に眼球が反対方向へ回転する現象のことです。
たとえば、ある一点を見つめながら、頭を右に回転していっても、私たちはその一点を見続けることができます。
これは、頭と反対方向に眼球が回転しているからできることです。
これができないと、頭の動きに眼が連動してしまうために「固視」(一点を見続けること)を維持することは困難です。

また、視覚システムの発達に影響を与えるざまざまな原始反射の中には、前庭機能への刺激が反射の誘発材料となるものもあります。
細かいことは割愛しますが、前庭機能なくして眼球運動を制御する「姿勢反射」を確立させることは不可能です。

「眼」「前庭」「脳」がしっかりとネットワークを作り上げていくことが、正常なシステムの発達に不可欠となります。

ですから、視機能・視覚トレーニングを行なう際に、前庭機能ともリンクさせるというのは、とてもよいアイディアだと思います。


  1. 2015/05/03(日) 23:47:25|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

法に触れる気がしますが

先日の当ブログへの検索キーワードで、ひときわ目を引いたものがありました。

1505031.jpg

「おいおい、そんなの検索するなよ」っていう感じです。

というか、そんな方法を当ブログで紹介したことがないのに、なんでヒットしたのかと思ったら、
ダイドー自販機関連の記事中の各単語に引っかかったみたいです。

1505032.jpg

1010164.jpg

自販機は、きちんとお金を入れて、正しく使いましょう。


  1. 2015/05/02(土) 23:33:14|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大人のビジョントレーニング

北出勝也O.D.の『大人のビジョントレーニング』PHP研究所 のご紹介です。

ixy_20150429_02.jpg

以前ご紹介した、講談社の『大人のビジョントレーニング』は「1日5分」でしたが、

IMG_0822zz.jpg

今回は「1日7分」になっております。


「1日5分」のほうは、理論的な部分の説明にもページを割かれていますが、こちらはトレーニングメニューの紹介が中心です。

特別難しいものではなく、簡単に取り組めるものがいろいろご紹介されていますので、お気軽にチャレンジされてみたらよろしいのではと思います。

なお、表紙でうたわれているとおり、あくまでも「予防」「今持っている能力を高める」ということであって、老眼や老化が「治る」ということではありませんので、そこのあたりの誤解がないよう、ご注意ください。




  1. 2015/05/01(金) 23:13:03|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0