キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

駄作

セブンイレブンさんに入荷しました。

ixy_20140430_01.jpg

「アイスコーヒー」とな。

何か勘違いしていませんかね。

ガリガリ君は、フルーツ主体のフレーバーがファンをひき付けているのだと思っています。

「サクマ式ドロップス」で「次は何味が出てくるかな」と楽しみにしていたら、コーヒー味が出てきてしまったみたいなもので、私に言わせれば「大ハズレ」です。

また、「コーヒー」はラクトアイスであればいいと思いますが、氷菓としては・・・・
真夏の海の家で、花火大会の屋台で、コーヒー味のかき氷が飛ぶように売れているところが想像できますか?

まぁ、食べずに批判するのも失礼なので、一本だけ買ってみました。


外観は、コーラ味を彷彿とさせる褐色ですが、

ixy_20140430_02.jpg

お味は、水っぽいコーヒーです。

これが好きな人も、中にはいらっしゃると思うので、気分を害したら申し訳ないですが、私は二度と買うことはないでしょう。

変わり種は、ガリガリ君リッチでやってください。
お願いします。






  1. 2014/04/30(水) 23:59:30|
  2. ガリガリ君
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

住所修正

座間市相武台の住居表示が実施されて半年。

お客様からお知らせをいただいたり、ご注文をいただくときにおうかがいしたりしながら、少しずつ顧客リストを新住所に修正していましたが、大多数は旧住所のままです。

いつまでも、旧住所でDMをお届けするのも失礼ということで、一軒ずつ新住所を調べて修正することに。

ixy_20140429_01.jpg

とりいそぎDM対象となるお客様だけですが、数百人いらっしゃるので、それなりに時間がかかります。


  1. 2014/04/29(火) 23:25:25|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

葛藤

これは普通自動車運転免許の取得・更新に必要な視力の条件です。

1404281.jpg

この条件をクリアできるかできないか、ボーダーライン上のかたが「何とかなりませんか」と相談にみえるのは、どこの眼鏡店でも見られる光景でしょう。

適切な矯正でクリアできそうなのであれば別にどうということはないのですが、どんなに頑張って調べてみてもボーダーライン上、あるいは「ちょっと無理かもしれないですよ」というときが問題です。

度を強くすれば見えるようになるというわけではないことは以前に申し上げましたが、お客様にしてみれば「とにかく見えるようになれば」という一心で、少しでも見やすく感じる度数を求めてこられます。

運転ができないと仕事や生活に支障を来たすかたであれば、切実なことであるのはとてもよくわかります。

「更新できる保証はないですが・・・」ということで、お作りいただいたメガネで、「更新できました」と御礼を言われたときは、ホッと胸をなでおろします。
問題が解決できるかどうかわからないものをお売りしているわけですから、当然です。


ただ、同時に別の感情が湧いてきます。

「更新できる保証はない」と伝えたということは、所定の視力に満たない場合もあり得るということです。
要するに、本当に「見えていて」クリアしたのか、「勘があたって」クリアしたのかは、わからないわけです。

「勘が当たって」クリアしたのであれば、本来は運転するのに必要な視力が得られていないということになります。
すなわち、必要な視力を得られていない人(運転してはいけない人)に運転をさせているのです。

それは職業倫理上(と言っていいかはわかりませんが)正しいのだろうか。
もしその人が事故を起こしたら、自分にも責任の一端はあるのではないか。
(事故の原因が視力に由来するものかを判定することは困難と思いますが)
そんなことを考えるのです。


だからといって、ボーダーライン上の人に対して、しかも生活がかかっている人に対して、「もう運転は危ないからやめましょうよ」と言えるか、「この状態であれば、当店としては安全運転の観点からメガネをお作りすることはできません」と言えるか、というと・・・・


先日来店されたかたは、前回ギリギリで更新をされました。
勘でクリアしただけかもしれません。

眼科受診を何度かお勧めしましたが行かれておらず、「今回も何とか」ということでしたが、どうにもなりませんでした。
「無理です」と言うのは簡単ですが、ご本人に納得していただくために眼科受診をお願いしました。

結果、「眼科的にもどうにもならないから更新は諦めなさい」と言われたとのこと。
とてもショックを受けておられましたが、「事故を起こして、取り返しのつかないことになるよりも、よかったと思いましょう」そんな話をしました。

ということは、現時点で必要な視力はないわけですが、更新期限までは運転できるということになります。
余計なことかもしれませんが「あとしばらく、運転できる権利はあるわけですけれど、もうおやめになったほうがよいのでは」そうも付け加えました。


こうした葛藤は、この仕事を続けるかぎり続きます。


「危ない」「無理だ」と思ったら、運転はやめてくださいね。



  1. 2014/04/28(月) 22:58:42|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

いつからキベベ?

「ワタナベ」さんだったら「ナベちゃん」、「ハマザキ」さんだったら「ハマちゃん」、「キノシタ」さんなら「きのっぴぃ」ってな具合に、苗字によって普遍的なニックネームというか呼称があるものですが、私のように苗字が2文字の場合は、苗字に「ちゃん」をつけて呼ばれることが多いような気がします。

実際、私自身「キベちゃん」と呼ばれることが多かったのですが、今は「キベベ」として知られています。
ちなみに「キベベ」はカタカナ表記が本物で、「きべべ」と書くとパチもんになるので注意が必要です。


2008年にこのブログを始めるにあたり、「キベベ」で検索をかけてみたところ、サッカー選手と、南米かどこかの料理が主にヒットしまして、個人のニックネームとしての汎用度が極めて低かったため、堂々と「キベベワールド」を名乗ることにしました。

では、いつから「キベベ」かと申しますと・・・

始まりは大学2年の秋(1990年)、名付け親は所属していたサークルの女子先輩(3年生)でした。


サークルでは、この年から、年に一度、春に「メンバーズリスト」を発行していました。
20項目くらいの質問に各自答える形式のもので、90年版のメンバーズリストでは、

ixy_20140424_07.jpg
1404268.jpg

まだ命名前でしたので、ニックネームは「キベちゃん」と回答していました。


翌91年春、

1404263.jpg

長年親しんだ「キベちゃん」に多少の未練を残しつつ、「キベベ」への切り替えを図っています。


92年春、

1404262.jpg

完全に、キベベになりました。


ワタクシ、このメンバーズリストには、卒業後も毎年登場し、最後の登場が98年でした。
「ぜひとも、ご協力を」と、記入用紙を送ってきてくれていたので、律儀に返信していたのです。
このころには、面識のある後輩は4年生しかいませんでした。
この4年生というのは「私が社会人1年目のときの1年生が、3年生になった時の1年生」です。

1404267.jpg

眼鏡学校では、学生からは基本的に「キベさん」と呼ばれていたので、死語扱いにしていますが。


さて、ニックネームというのは、周りから呼ばれて初めてニックネームになるわけで、自分で「キベベ、キベベ」と言っているだけでは仕方ありません。

そのあたりも証明しておく必要がありますので・・・


これは91年に頂いた年賀状。
差出人は名付け親の先輩。
サークルの幹事学年になる私に向けてのメッセージです。

14042613.jpg


うちのサークルは、年に6回、折々の行事に参加した会員の感想などを載せる機関誌を発行していまして、これは91年4月発行分。
新入生歓迎企画の「多摩動物園見学ツアー」に関する話題の中で、

ixy_20140425_11.jpg
14042610aa.jpg
1404269.jpg

『「某キベベに至っては「誰も気付いてくれないから、とうとう自分から言ったか」と言う始末』と使われています。


同じく91年10月発行分では、同学年たちで行った夏休みの旅行に関する記事の中で、

ixy_20140425_12.jpg
14042611b.jpg
14042612.jpg

『しかし期待のキベベは「コーンスープをかき回しただけです・・・」と小さい声で申しておりました』と登場しています。


めんどくさいのでこのくらいにしておきますが、これらの資料から、91年には第三者からも使われていた呼称であることがお分かりいただけるかと思います。

「キベベ」の始まりは90年、普及は91年から、と覚えておくとよいですね。


いつにもまして下らないネタで、どうもすみませんでした。




  1. 2014/04/27(日) 23:15:38|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

予備のメガネ

ふだんメガネを使用されているかたにお尋ねします。

「予備のメガネ」ってお持ちですか?

ここでいう「予備」というのは、必ずしも同度数である必要はないのですが、少なくともご自身が不自由を感じないレベルの見え具合が得られるレベルのことです。

「古いメガネはあるけれど、それでは車の運転はできない」というのであれば、「予備」としてはちょっと心もとないわけです。

人生、いつ何時、何が起こるか分かりません。

もし、何かのアクシデントでメガネが壊れて使用不可能になったとしたら、メガネ屋さんに行くとは思うのですが、あなたのメガネはすぐに仕上げてもらえる度数でしょうか?

これは、単焦点レンズの製作範囲一覧表です。

1404261a.jpg

色の濃いところが、メーカーに常時在庫がある度数です。
注文すれば、翌日・翌々日には店に届きます。
お店によっては、店頭在庫をしていることもあります。

色の薄いところは、オーダーをしてから製作にかかるレンズです。
店に届くには4~5日あるいは1週間前後を要します。
(遠近両用レンズは、基本的にはこのパターンです)


で、この常時在庫にあてはまらない度数の人が、予備のメガネを持っていないケースが、結構多いように思います。
そういう度数の人は、レンズの厚みを減らすために高額のレンズを選ぶことになりがちで、予算的な面からついつい後手に回ってしまうのかもしれません。

が、たとえば、安いレンズ&使っていないフレームを使って、緊急用に一本用意しておくような配慮があったほうが良いようには思います。
いざというとき、何日も見えにくい状態に耐えられるか、ということですね。
明日から海外旅行に行くのに、メガネがない、なんてことになったらどうしましょう。


コンタクトレンズをメインにしておられる人の中にも強者がいらっしゃいます。

コンタクトレンズの装用ができなくなったということで先日来店されたかたは、30年近くメガネを掛けたことがないとおっしゃっていました。
寝る間際まで、コンタクトレンズをつけたままだったそうです。

そのほかにも、最後にメガネを作ったのが15年前とか20年前なんていう人も、おられます。

角膜に炎症が起きたら装用中止になってしまうのですから、その時にあわてないよう、使えるメガネはあったほうが良いと思います。


  1. 2014/04/26(土) 23:59:55|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サザエでございます

今朝、頂戴しました。

ixy_20140425_20.jpg

お店で頼むと、結構いいお値段がしてしまいますから、なかなか食べられません。

今夜は、壺焼きにするのだ。


私は、ワタは食べないので、全体の30%くらい?を捨てることになります。
これがもったいないのですが、苦くて無理なので、どうにもならないのが辛いところです。




  1. 2014/04/25(金) 23:11:30|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

節句


人形に兜、鯉のぼりの設置開始。
  1. 2014/04/24(木) 13:14:43|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

納豆

私は、「大粒」派なので、「ひきわり」は好みではないのですが、

ixy_20140422_01 (1)

息子が「ひきわり」派のようで、私にも冷蔵庫内在庫の「ひきわり」が回ってきます。

もちろん、納豆は納豆なので、食べますけどね。


納豆といえば、ダイエーに入社して、店舗での仮配属先(売り場)が決まる前、一週間くらい食品フロアでの売り場研修があったのですが、私は「デイリー」売り場に回されました。

豆腐とか、うどんとか、牛乳とか、そういう類の商品群を扱う売り場です。
当然、納豆もあったわけです。

当初、「神戸(関西)の人が納豆なんて食べるんかいな?」と思ったのですが、なんか普通に売れてました。
関東に比べれば、消費量は少ないのかもしれませんが、みんながみんな納豆NGちゃうねんな、と思ったものです。





  1. 2014/04/23(水) 23:48:12|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

調整しにくいフレーム

様々なデザインのフレームが出回っている中で、フィッティングのしにくいモデルというのも少なからず存在します。

たとえば、鼻パッドを支えるクリングスと呼ばれる部分がこのような形状の場合、

1404222.jpg

お客様の鼻の幅に合わせて、左右のパッドの間隔を狭くしたり広くしたりといったことは、ある程度できるにしても、フレーム前面が上に上がるようにしたい場合や、眼とレンズの距離を遠ざけたい場合などには、結構難儀します。

こうした時に、鼻パッドの種類を変えることで、多少は対応が可能になることもあります。

フレーム前面を上げたい時に有効なパッド

1404223.jpg


目とレンズの距離を離したい時に有効なパッド

1404224.jpg


ところがですね、たとえこうしたパッドがあったとしても、こんな形状のクリングスやパッドがついていた場合は・・・

1404221.jpg

クリングスの形状が特定方向以外には変えにくく、パッドも特殊形状で上記のタイプは使えませんので、どうにもならないことがあります。


無論、こうしたフレームは骨格的に合う人にしかお勧めできないので、合わない人にはお売りしなければよいのです。

ところが、他店で購入されて、当店でレンズ交換を依頼されるようなケースで、こうした事態に遭遇することが、たまにあります。
要するに、フィッティングを考慮して販売をされていないということですね。


場合によっては「このフレームでのレンズ交換は・・・」ということでお断りすることはありますが、諸々の事情で引き受けざるを得ないこともあります。

レンズ交換を承ってしまえば、当初は他店で購入したフレームであっても、「当店で購入したメガネ」という意識がお客様に芽生えます。
ですから、「このフレーム、鼻のところが痛いんですよ」「すぐ、メガネが下がってくるんです」などと言われたら、それについては改善させておかないと、今度はこちらの責任になりかねません。

かといって、無理にいじって破損したら元も子もないわけで、少しでもマシになるようにフィッティングしたくても、できないのです。

これはもちろん、販売時にフィッティングをきちんとしていない販売店の責任が大きいとは思うのですが、メーカーさん・デザイナーさんは、そういった現状も踏まえつつ、新製品の開発をしていただきたいなと願っています。



  1. 2014/04/22(火) 23:28:16|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ランキング

当ブログは「FC2」を利用しているわけですが、そのサービスの一つに「ランキング」というのがあって、好きなジャンルに登録できるようになっています。

で、「ブログ」というジャンルの中の「店長ブログ」というサブジャンルに登録をしています。
登録したジャンルの中で、閲覧数の多いブログ順に、順位付けがされるのだと理解しています。

私自身は、順位自体には特別頓着はありませんで、日々の順位の変化に一喜一憂することもないのですが、ちょっと前までは、「店長ブログ」の中では、10位近辺で行ったり来たりしている感じでした。
近年の箱根駅伝にたとえれば、シード権争いの常連校みたいなものです。

これが2月あたりから下降し始め、先月は更新できない日が多かったこともあり、最近は20位近辺に低迷。
箱根駅伝にたとえれば、本戦出場を争うレベルに落ち込んだといえましょう。


そんな中、今日は久しぶりに14位に浮上していました。

1404211.jpg

まぁ、明日以降、また撃沈しそうですけどね。


ところで、私がチェックしているのは、ランキングそのものよりも、他に登録されているブログのタイトルだったりするわけでございまして、こうしてみてみますと・・・

1404212.jpg

何ていうお店のブログなのか、とか、何を扱っているお店のブログなのか、というのがうかがい知れるタイトルばかりでありまして、当ブログだけが

1404213.jpg

浮いていたりします。

「一体、何屋やねん」って感じです。


ちなみに、登録されているブログの中で、私が一番インパクトを感じたタイトルは、「燗の美穂」でした。
大阪の日本酒専門店さんのブログですが、お店の名前がそのままブログのタイトルになっているようです。

私はお酒飲めませんけれど、フラッと暖簾をくぐってしまいそうですね。

さすが大阪。






  1. 2014/04/21(月) 23:43:37|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自販機のポイントカード

店の向かいにある当たりくじ付きの自販機、昨年末から当たりを連発させていたのですが、関東に大雪の降るちょっと前、新しい機種に切り替わりました。

ixy_20140212_04.jpg
ixy_20140212_05.jpg

パスモとかスイカのようなカードでも購入できるようになったんだなと思っていたのですが、よく見ると・・・

1404203.jpg

ポイントカードが使える、ということのようです。


まず自販機のボタンを押してポイントカードをゲットしまして、

1404204.jpg

次からは、自販機にポイントカードを挿入してからお金を入れて商品を買うことで、1ポイントずつ付与されるという仕組みです。

ixy_20140307_20.jpg


たまったポイントに応じて景品がもらえるらしいのですが、50ポイントの景品は「コインケース」です。

1404202.jpg

別に欲しいとも思いません。

500ポイントでヘリコプターのラジコンみたいなのがもらえるようですが、1本120円の商品を500本買ったら6万円です。
そこまでつぎ込む価値があるのかどうか。


もっとも、4月からは景品が切り替わるようなので、コツコツポイントを貯めることにしました。
毎朝、「あったまレモン」を買っているので、4月になれば50ポイントには到達する見込みです。


ところがですね、5ポイントくらい貯まったところで、カードを無くしてしまうんですね。
自販機から排出されたのを取り忘れてしまうのかもしれないのですが、そのたびに新しいカードを入手して1から出直すという、非常にもったいないことを何回か繰り返す羽目になりました。

それでも、20ポイントくらい貯まったころ、今度は「あったまレモン」が品ぞろえからカットされました。
ついでに、気温も上がってきたことで、毎朝温かい飲み物を買う必要もなくなってしまいまして、利用頻度が減ることに。

しかも、景品が切り替わったのはよいものの、50ポイントの景品は・・・

1404201.jpg

「ポケット付きカードケース」です。

別に欲しいとも思いません。


まぁ、今後もポツポツ利用しながら、貯めていこうとは思っています。

しかし、このポイントカードを利用している人が何人いるのかと考えると、いささか疑問です。

会社の食堂みたいに、決まった人が毎日利用するような場所に設置しているのならまだしも、一見さんの利用が多い場所ではどうなんでしょうね。


ちなみに、この自販機に変わってから、当たらなくなりました。
チッ。





  1. 2014/04/20(日) 23:10:35|
  2. ダイドー自販機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眼科へ紹介するということ

遠くが見えにくい、本が読みにくい、その他諸々の理由でメガネを作りたいという場合、

・眼科へ行って処方箋を書いてもらう
・メガネ店へ行って、度数を測ってもらう

という2パターンに大別されます。


裸眼視力、もしくは現状の矯正視力がよくない場合、その原因は

・屈折異常の未矯正もしくは変化によるもの
・眼疾患に伴うもの
・上記2つのコンビネーション

といったことが考えられると思います。

眼科へ行けば、眼疾患の有無のチェックは行われますが、メガネ店ではそれはありません、というかできません。
そこは大きな違いです。

度数を測ってもらうために、眼科へ行くのが良いのか、メガネ店へ行くのがよいのか、といった議論はここでは避けますが、眼疾患の有無が気になるのなら、まず眼科へ行って診察を受けてください。


で、眼科へ行かずに、直接メガネ店に来られた場合の話です。

とにもかくにも、度数を測るわけですが、測定していく過程で「ちょっとおかしいぞ」と思うことが往々にしてあるわけです。

度数を変化させても矯正視力の向上が得られない、得られにくい場合、というのが代表例でしょう。
付随して、視標が上下に微妙にダブって見えるとか、歪んで見える、などといったお答えをされることもあります。

そういうときには、オートレフの信頼係数とか、レチノスコピーでの光の入り具合とか、ピンホールで視力が向上するかとか、アムズラーグリッド(↓これね)の見えかたはどうかとか、

IMG_0193aa.jpg

その他、いろいろなことを確認するわけです。

血糖値はどうですか、血圧は高くないですか、そのような込み入ったご質問をすることもあるでしょう。

結論として、「眼科で診察を受けたらどうですか」「一度、眼科へ行ってみてくださいませんか」というセリフを言うのですが、すでに受診済みの場合は別として、お客様の反応は

・素直に従う
・メガネ作製を希望する

のどちらかになります。


問題は後者です。

たとえば、メガネを壊してしまって、とにかく早く新しいものがないと困る、というような事情があればまだしも、「眼科へ行ったところで、見えるようになるわけじゃないでしょ。今より少しでもマシになれば、それでいいよ」などとおっしゃられることもあるわけです。

確かに、眼疾患がからんでいる場合、眼科へ行ったところで、矯正視力が向上することはないかもしれません。
ただ、大切なのは、なぜ視力の向上が得られないのか、その原因を明確にすることなのです。
治療の必要があれば、治療をすることで、疾患の進行を抑えることができる可能性もあります。


私たちメガネ店の立場としては、眼疾患を発見することは義務ではないですが、眼疾患があるかもしれないという手がかりをつかんでおきながら、そのままやり過ごすということは避けたいのです。

「これこれこういう理由で、矯正視力が出にくいのですよ」ということが、わかっていれば、メガネ店としてもある意味安心して対応ができます。


メガネ店で、眼科の受診を打診されたら、メガネはそのまま作ろうが作るまいが、受診はされておくのがいいと思いますよ。




  1. 2014/04/19(土) 22:59:43|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんじゃ、こりゃ?

自宅の椅子にこんなものが置いてありました。

1404181.jpg

裏返すと、説明書きがありまして、こんな風に使うらしいです。

1404182.jpg

なるほど、絵を見るだけで、何のために使うものなのかが、想像つきますね。

試しに使ってみようかと思いましたが、私の顔には小さすぎるようですし、お義母さんへののプレゼントだったら申し訳ないので、そのまま見なかったことにしました。




  1. 2014/04/18(金) 23:15:57|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は、展示会


まずは、渋谷のヒカリエから。
  1. 2014/04/17(木) 11:15:07|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プリズムを付加しないという選択

※関係者向けネタ※

なお、今日の話は、ハーゼ理論にもとづくポラテストを可能な限り忠実に実践している場合は別とします。


両眼視を考慮したメガネ作り、という話になると、必ずついて回るのが「プリズム」です。
両眼視といえばプリズム、そんなふうに思われているかたもおられるかと。

07039.jpg


そうすると、自店で処方した度数の何%にプリズムを入れている、といったプリズム処方の頻度とか、何プリズムの処方をしたことがある、といったプリズム量の大きさ、などといった部分に注目されてしまいがちになるような気がします。

「こんだけプリズム処方やってる俺って、すごいじゃん」みたいなね。

で、そういう風潮が広まりすぎると、プリズム処方初心者の検者にとっては、とにかくプリズム処方をしなきゃっていう意識が働いてしまうんじゃないかなと。

たとえば「近見の融像除去眼位が12プリズムの外斜位になった。さて何プリズムの処方をしようか」、そう短絡的に考えてしまうこともあり得るのではないかと。


これは、検者がどのような考えかたを持っているかによっても変わってくるので、私の考えが絶対に正しいとは思っていませんけれども、個人的には、大事なのはプリズム処方の頻度とか量ではなくて、「この人にプリズムが必要なのかどうか」を判断する力だと考えています。

「はじめからプリズムありき」ではなく、きちんとした屈折異常の測定をした上で、それに基づく視機能の分析ができるかどうかということ。

分析といっても、別に、グラフ書いたり計算したりといった体系的なものを言っているわけではなく、ユーザーの主訴や得られたデータから、総合的にどのような判断をするかということです。


今はユーザーがネットでさまざまな情報を入手できます。

何か思い当たる節があって「自分にはプリズムが必要だ」と思っているユーザーが、プリズム処方希望で来店されたとして、一通りの検査をした結果、適切な度数の選択だけで不具合が解決できるのではと判断すれば、私はプリズムはおすすめしません。
でもユーザーはプリズムを入れてみたいわけです。
プリズムを勧めないのであれば、それを翻意させるだけの理論武装も必要になってきます。


当ブログでは、何度となくプリズムに関する話をしてきましたので、「プリズム処方の重要性」を説いているように感じられたかたも多くいらっしゃるような気がします。

確かに重要だとは思いますが、私はプリズム第一主義ではありませんので、ときとして、「プリズムを入れない」という選択があってもよいと考えています。







  1. 2014/04/16(水) 23:55:56|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キベベ傑作選 1 (後編)

昨日の続き。

「キベベ傑作選 1」の収録曲は、こちらです。

140415a.jpg



順にご紹介していきましょう。


まずA面。

1・・・「二人は大人」 松本英彦&Family Business

詳細は昨日の通り。


2・・・「Monkey Masic」 ゴダイゴ

私が初めて買ったCD「ゴダイゴ ザ ベストコレクション」より

ixy_20130123_04.jpg

ドラマ「西遊記」「西遊記 パートⅡ」の主題歌でした。
ちなみに、ここでいう西遊記というのは、言うまでもなく、堺正章さんが孫悟空、夏目雅子さんが三蔵法師を演じておられたときのものです。


3・・・「前略、道の上より」 一世風靡セピア

1404146.jpg

柳場敏郎さんや哀川翔さんがメンバーだったことで知られるグループの代表曲です。


4・・・「ウエディング・ベル」 シュガー

1404144.jpg

女性3人組グループの代表曲。
他にもアニメの主題歌を歌ったりもしていましたが、この曲しか知らない人が多いかと。


5・・・「神田川」 かぐや姫

14041411.jpg

今の時代では全くイメージが湧かなそうな歌詞ですが。


6・・・「ルビーの指環」 寺尾聰

1404145.jpg

1981年のレコード大賞受賞曲。
「指輪」ではないところがミソ。


7・・・「君のひとみは10000ボルト」 堀内孝雄

特に思い入れも思い出もないのですが、入れてみました。


8・・・チャコの海岸物語

14041412.jpg

サザンは特別夢中になって聞いたわけではないのですが、まぁサザンといえば、という感じで。


9・・・「泳げたいやきくん」 子門真人

「ひらけ!ポンキッキ」で放送された、日本で一番売れたシングル。


10・・・「上を向いて歩こう」 坂本九

14041410.jpg

海外では「SUKIYAKI」という曲名で有名。


11・・・「DESIRE1」 中森明菜

彼女の曲の中では、一番好きです。


12・・・「ヤマトナデシコ七変化」 小泉今日子

明菜さんが出てきたら、キョンキョンかな、ということで。



続いてB面。


1・・・「ダンシング・ヒーロー (Modern Version)」 荻野目洋子

1404142a.jpg

一応ファンクラブ会員だった私としてみれば、本来ならA面の1曲目にすべきでしたが。
アルバム「NON STOPPER」に収録されていたバージョンにて。


2・・・「天国にいちばん近い島」 原田知世

14041413.jpg

薬師丸ひろ子さんと比較されることが多かったように思いますが、私は知世派でした。


3・・・「ハイスクールララバイ」 イモ欽トリオ

1404148.jpg

月曜9時に放送されていた欽ちゃんの番組で話題になりました。


4・・・「色つきの女でいてくれよ」 ザ・タイガース

1404149.jpg

ジュリーがザ・タイガースのメンバーだったというのを、この曲で初めて知りました。


5・・・「ダンシングオールナイト」 もんた&ブラザーズ

1404147.jpg

風邪をひいて声が枯れているときに歌いたい一曲。


6・・・「銀河鉄道999」 ゴダイゴ

映画版の主題歌。
ささきいさおさんの歌うアニメ版の歌より、こちらのほうが好きです。


7・・・「恋に落ちて」 小林明子

ドラマ「金曜日の妻たちへⅢ」の主題歌でした。


8・・・「ふられ気分でROCK'N ROLL」 トム・キャット

1404141.jpg

高1の体育祭で、6つの軍に分かれて行う応援合戦で自軍が踊ったのが、この曲でした。
この時の私の所属した軍の応援団長が、高校の応援団部の団長で、やたらと怖かったのを覚えています。


9・・・「Oneway Generation」 本田美奈子

本田美奈子さんといえば「マリリン」ですが、そこをあえて外すところがキベベ。


10・・・「スーダラ伝説」 植木等

同名のアルバムに収録されていた曲。
いわゆる「植木等メドレー」。


以上


少しずつ買い集めた中古レコードからの選曲がメインで、2作目以降もこの傾向を続けようと思ったものの、所有物件に限りがあるためネタ切れになり、選曲に苦しむことになります。

それはまた、来月あたりに、ということで。




  1. 2014/04/15(火) 23:31:46|
  2. キベベ傑作選
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キベベ傑作選 1 (前編)

というわけでどういうわけかわからないかたは、こちらを、若かりし頃にカーステレオ用に編集した「キベベ傑作選」をご紹介してみたいと思います。

まず1作目。

1404141a.jpg

90分テープですので、片面45分なわけですが、選曲にストーリー性をもたせたわけでもなく、単純にあるものを詰め込んでいっただけです。

唯一の基本コンセプトは、聞いた人が「うわっ、懐かしい」「よく持ってるな、こんな曲」と思わず言ってしまうようなものであること。
1作目の作製は、1991年の初夏。

栄えある第1曲目(A面のトップ)は・・・

「二人は大人」 松本英彦&Family Business

ixy_20140213_06.jpg

って、いきなり知らんわ、という声が聞こえてきそうですが、無理もないかもしれません。


1990年の学祭の2日目(確か)、私たちの屋台の隣りに出店していた、学生とは思えぬ一連が、レオタードを着用して曲に合わせて延々と踊っていました。

1404131.jpg
1404142.jpg

その時にかかっていた曲です。

早い話が、この曲のプロモーションキャンペーンだったわけで、「よろしくね」ということで、この曲のカセットテープをいただいたのでした。

歌詞カードには、ご丁寧に振り付けまで記載されています。

1404132.jpg


冒頭のように、傑作選の基本コンセプトは「うわっ、懐かしい」ですし、これを車内で聞かされるのは基本的に同じサークルの連中ですから、彼らに「よく持ってるな」と言ってもらえそうなパンチのある曲を最初に持ってきたわけです。


で、「傑作選1」のサークルデビューは91年の夏合宿(私が3年生のとき)でのドライブ企画でした。
私たちの車(レンタカー)は、一つ年上の後輩(2年)・同い年の後輩(2年)・2つ年下の後輩(1年)の4人グループ。

満を持して流した1曲目、流れるは「二人は大人」。
しかし反応が全くありません。
「おかしい、こんなはずじゃないのに」
1年生が知らないのは仕方ないとして、2年生に聞いてみました。
「この曲、知らない?」

返事は端的に
「知りません」
でした。

「おまえら、去年の学祭、なにしとったんや」と思ったのですが、キャンペーンの日に出席していなかったのかもしれません。
気を取り直して2曲目・3曲目・・・

一向に盛り上がる気配がありません。
耐えがたい失望感に襲われつつ、車は初秋のビーナスラインを松本に向かって走っていくのでした。


その後、同期の連中がこのテープを聞いたときには大層喜んでいただけまして、「やはり持つべきものは同期だ」と思ったものです。


ちなみに、この「二人は大人」の作曲者である松本英彦氏(故人)は、ジャズの世界では非常に有名なかたです。


長くなってしまったので、2曲目以降は後編にて。






  1. 2014/04/14(月) 23:21:43|
  2. キベベ傑作選
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご同伴

当店は、均一価格での販売はしておりませんので、メガネ一式なりレンズ交換なりをご注文いただく場合には、ご予算に応じてフレームやレンズをご選択いただくことになります。

最終的に、
「ではこの金額で承ります」
「お願いします」
といったやり取りが、当店とお客様との間であれば、「合意に達した」と考えるのが普通でしょう。


しかし、この合意が第三者によって破棄されるケースがあります。

ご高齢のかたが単独で来店しメガネを注文された場合、というのがその一例です。

何歳を以って高齢とするのかが不明瞭ですが、ここでは90歳前後という想定にしましょうか。

たとえば、お客様との間では、上記のような合意があっても、あとになってご家族のかたから「私の親がメガネを注文したようですが・・・」と連絡がくる、なんてことは他店さんでも一度や二度はあるのではないのでしょうか。

パターンA・・・不要だからキャンセルしたい
パターンB・・・もっと安いものは、ないのか

このどちらかになることが多いように思います。
いずれにしても「年寄りに高いものを売りつけて」といったニュアンスがプンプンするのですが、当店に関して申し上げれば、そのように思われるのは誠に不本意です。

ご自分で立って歩いて自由にフレームを選ぶのが困難な場合、こちらでいくつか見繕ってお席までお持ちしますが、お安いものもきちんとご用意してお見せしています。
「いいものが欲しい」と思って、ご来店されているお客様もいらっしゃいますから、お安い物ばかりお見せするのも失礼になりかねませんが、少なくとも高い物しかお勧めしないということはありません。

レンズに関しても、高額なものはお勧めしません。
というか、正当な理由があっても、そもそもお勧めしにくいです。
あとで、ご家族から何か言われるのも嫌ですので。

逆に、お客様のほうから、「これ、素敵ね」なんて感じで18金のフレームにご興味をもたれたような場合、

1404131a.jpg
1404132a.jpg

私としては、お客様ときちんと意思の疎通ができるのなら、お客様の希望を尊重したいのですが、そうした観点から「お勧めして、本当にいいのかな」と、心配になってしまいます。

ただ、あまりにも気にしすぎると、何も売れなくなってしまいますし、終局的には「安く買えるお店がありますから、そちらへ行かれたらどうですか」と、最初からよそのお店を紹介したほうが親切なのではないか、という話になりかねません。


ですので、ご家族のかたがご一緒にご来店されていると、こちらとしては非常に対応がしやすいのです。
稀に、いいものを選ばれた場合に、ご家族から「もったいない、安いのにしとけよ」てな横やりが入って喧嘩になり、こちらとしても困ってしまう、といったこともあるわけですが。

あるいは、ご同伴はできなくても「のちほど親がうかがいますので、いいものを選んであげてください」といったお電話をいただけたりすると、これもまた非常に安心なわけです。


これとは別に、ご同伴者がいる場合のメリットとして、金銭や物品のやり取りがあります。

「お釣りをもらっていない」「いや、お渡ししましたよ」
「○○を返してもらっていない」「いや、お返ししましたよ」

などといったトラブルが生じた場合に、ご同伴のかたが現場を見ていてくれると話が早いのです。
まぁ、現場を見ていなければ意味がないのですが。


いずれにしても、さらなる高齢化社会を迎えるにあたって、ご高齢のお客様への応対の仕方というのは、今まで以上に注意が必要であると感じております。






  1. 2014/04/13(日) 23:32:05|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カーネーションクロス

これは、メガネ拭きで作ったカーネーションです。

1404122.jpg

花びらを、約20センチ四方のメガネ拭きで形作っています。

1404121.jpg

先月の展示会で、そそのかされて仕入れてはみたものの、何らかの仕掛けをしない限り、このまま売れることなくディスプレイとして残りそうな気もします。


ちなみに、こちらは、いただきものの薔薇の花です。

ixy_20140412_64.jpg

どうせ買うならこっちのほうがよいかもしれませぬが、売り物ではございませんので。

  1. 2014/04/12(土) 23:10:31|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3本目

パイン味で当たりました。

ようやく今年3本目です。

1404111.jpg

当てて驕らず、外れて僻まず。

何とか月1本のペースに持っていきたいところです。

  1. 2014/04/11(金) 23:54:54|
  2. ガリガリ君
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何年ぶりかで



久しぶりに買ってみました。
私が大学に入ったのは平成元年。
気が付けば、随分昔の話になっていました。
  1. 2014/04/10(木) 22:20:12|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

基礎両眼視学

眼鏡学校講義シリーズ、本日は「基礎両眼視学」です。

4年制コースでは3年の後期に、専攻生は1年目の後期に履修します。

キクチ眼鏡専門学校の特徴は、視科学系の科目が充実していることであると何度か述べてきましたが、この講義は両眼視理論を体系的に学ぶために、核となるものです。
「アメリカで勉強してみたいな」という気持ちが芽生えたのは、この講義の影響でした。

テキストは、関真司O.D.著の「基礎両眼視」。
今は増補改訂版が出ていますが、これは初版です。

ixy_20140409_03.jpg

後年、アメリカへ行った際にも、この本は日本語で復習をするのに大いに役立ちました。


講義は関O.D.の担当でして、この本を要約したOHPスライドを使いながら進んでいきました。
私はとにかく必死になってそのスライドを書き写し、あとで本を見ながらまとめ直したものです。

ixy_20140409_06.jpg
ixy_20140409_07.jpg
ixy_20140409_08.jpg


試験問題は選択問題がメイン。

1404091.jpg
1404094.jpg
1404095.jpg

ペナルティ付きの正誤判定問題や、

1404098.jpg
1404096.jpg
1404097.jpg

記述式のボーナス問題もありました。

1404092.jpg
1404093.jpg


眼鏡店の従業員として両眼視を語る上で、欠かすことのできない知識を得られた講義でした。




  1. 2014/04/09(水) 23:15:57|
  2. 眼鏡専門学校のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お薬カレンダー その後

かれこれ半年前から使い始めた「お薬カレンダー」。

ixy_20130923_01.jpg

その後、ちゃんと機能しているかというと・・・

ixy_20140408_01.jpg

結構、使えています。

一日一回、三週間分の薬を差しているのですが(右端の列は別)、以前よりも飲み忘れる回数が減りました。
基本的には朝に店で飲む薬なので、開店と同時にお客様が見えたときは、たまに忘れることもありますが、
それでも忘れたことが明確にわかりますので、何日も続けて忘れることがなくなりました。

そもそもは自己管理・健康管理ができていないのが発端なわけで、薬なんて飲まずに済めば一番いいのはわかっていますが、今となってはそうも言っていられませんので、せめて薬の管理だけはしっかりしたいと思います。

  1. 2014/04/08(火) 23:25:22|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誤報

毎年受講している、ある継続的研修の申し込みが来月にあるので、その通達ハガキが届きました。

そこに記載されている申込期間が・・・

1404072.jpg

3日間とは、いつもより短いなと思いつつ、よく見てみると、最終日の日付と曜日が一致しません。
14日は水曜日です。

日付か曜日のどちらかを間違えちゃったんだろうな、あとから訂正のハガキが来るんだろうな、なんてことを思いつつ、どのみち私は受付開始日に申し込むので影響はないのですが。


で、やっぱり訂正のハガキが送られてきました。

1404071.jpg


訂正ハガキの印刷代や送料やらで、それなりの金額がかかります。
受講者数で考えれば、毎回、結構いいお値段の受講費を取られていますので、運営費にはその程度の余裕はあるのかもしれませんが、最終校正をした人は相当責められるんだろうなと思うと、お気の毒としか言いようがありません。







  1. 2014/04/07(月) 23:57:45|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中間度数

何度となく申し上げておりますが、メガネの度数単位は「Diopter」。
眼科的には「ジオプトリー」と呼び、「D」で表します。

ちなみに、度数ではなく、プリズムの単位は「プリズムジオプトリー」です。
なので、「-4Dの近視」とは言いますが、「4Dのプリズム」という表現は、いかなる屁理屈があろうとも誤りですので注意が必要です。


さて、このジオプトリーですが、メガネの度数を測定したり、レンズを注文するときには「0.25D」刻みが普通です。

一段階の近視であれば「-0.25D」ですし、度が二段階変化したということであれば「0.50D」の変化があったと捉えるわけです。


では、たとえば「-4.00D」のレンズをオーダーしたとして、届くレンズは真に「-4.00D」かといえば、決してそうではありません。
レンズメーターにて0.01D刻みでチェックをすると「-4.02D」だったり「-3.95D」だったりすることもあります。
これはJIS規格で認められているレベルの微小な誤差であり、珍しいことではありません。


また、私たちの眼の度数自体も、0.25D刻みで増減しているわけではありません。
ですから「-3.00Dでは弱くて、-3.25Dでは強いので、その中間くらいがよさそう」ということも検査をしていればよくあります。
つまり、あいだを取れば「-3.12D」ということです。

一般に「中間度数」というと、この「0.12D」刻みでの度数を差すことが多いようです。
「+4.37D」とか「-2.62D」などといった具合に。

テストレンズも用意されています。

プラス球面レンズとマイナス球面レンズの0.12D

ixy_20140406_01.jpg

こちらはプラス円柱レンズとマイナス円柱レンズ(乱視用)

1404062.jpg


レンズメーカーによっては、中間度数でのオーダーができることもあります。

先日は、片眼の度数を「+0.25D」で作りたいのだけれど、それだと見やすいのだが違和感が少々あると言われたお客様がいました。
かといって、度なし、つまり「0.00D」では何かしっくりこないと。

結局「+0.12D」という中間度数でオーダーしました。
(他眼の度数との兼ね合いで、屈折率は1.60にしています。私は左右眼で屈折率を変えることは滅多にしないので。)

ixy_20140327_07.jpg

これなら、お客様のご意向に添えそうで、着地点としては具合がよいのです。


実際のところ、このような中間度数というのは、特に強度球面度数になればなるほど、フィッティング時の「眼とレンズとの距離(頂間距離)」の調整で対処できてしまうこともありますので、注文することは稀かとは思いますが、ご参考までに。




  1. 2014/04/06(日) 23:19:37|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜まつり

朝10時すぎ、駅前の通りが賑わっています。

ixy_20140405_01a.jpg
ixy_20140405_01.jpg
ixy_20140405_02.jpg

今日は、キャンプ座間の開放日でした。

開門が10時半だったらしく、ゲートから相武台前駅まで、延々と列が続いていたのです。

ixy_20140405_08.jpg
ixy_20140405_06.jpg

道路は渋滞で、運送屋さんが困っていました。


11時ごろ、雨でも降りそうな曇り空。

ixy_20140405_11.jpg

じきに雨が降ってきました。

ixy_20140405_12.jpg

皆さん、キャンプ内のどこで雨宿りをされたのでしょうか。


18時に開放終了だったようですが、夕方からは帰る人たちの波で、交通整理が大変そうでした。

ixy_20140405_17.jpg


駅の反対側の、かにが沢公園でも今日はお祭りがあったのですが、どっちも顔を出せませんでしたので、様子はまったくわかりませぬ。


  1. 2014/04/05(土) 23:10:22|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すぐ太る


なんだかんだで2月末より5kgくらい痩せたのですが、米飯をちょっと多めに食べただけで、2kg増えました。
  1. 2014/04/04(金) 23:46:27|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まずは加工から



3月中に終えるべき作業が、いまだに片付いていないので、できるところまで今日中に仕上げます。
が、まずは今朝届いたレンズの加工から。
定休日は、作業に集中できるのがメリットです。
  1. 2014/04/03(木) 10:20:11|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

座間温泉



受け付けが零時半、営業が1時までなので、作業を早めに切り上げて、久しぶりに足を運んでみました。
  1. 2014/04/02(水) 23:58:25|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おニュー

ご就職・ご入学をされる皆様、おめでとうございます。

消費税が上がり、息子は保育園で進級した本日、これまで使っていたレジに替わり、

ixy_20140330_10.jpg

新しいレジが稼働を始めました。

ixy_20140401_12.jpg

これまでのレジと同じメーカーで、キーボードの配置等がほぼ同じものを取り寄せました。

返品不可ということで、製品詳細を念入りにチェックしたはずなのですが、ドロアーの紙幣収納スペースが、これまでのものより一列少なかったことに、納品されてから気がつきました。

ixy_20140331_11.jpg

どのみち左端のトレーは使いませんし、まぁ何とかなりますので、いいのですが、ちょっとガックリ。


レシートに店名ロゴを入れるためのチップを注文中ですので、しばらくは店名の代わりに「御計算書」と印字されますが、ご了承ください。


  1. 2014/04/01(火) 23:42:55|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad