キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

右下?左下?

私は「逆流性食道炎」の傾向がありますので、それに関連して。

基本的に、寝るときは仰向けなのですが、寝つきの悪いときなどに横向きの姿勢を取ることがあります。
この際、私は右半身を下(右耳が枕、右肩が布団につく)にして寝るのが苦手です。

頭位眩暈症が完全に治っていないのか、眩暈とまではいかないまでも、嫌な感じが頭の中を支配します。
それから、内臓に負担がかかっている感じもします。

では、なぜ内臓に負担がかかるように感じるのかを考えてみますと、

胃がこの状態から

1401291.jpg
(『からだの地図帳』 高橋長雄監修・解説 より)

右下寝になると、こうなります。
1401292.jpg

左下寝なら、こうです。

1401293.jpg


私の場合は、胃の内容物が食道に逆流するような感覚を不快と感じているのではないかと考えているので、右下だと逆流するのを助長するのではないでしょうかね。

巷では、右下で寝れば消化がよい、という意見があるようですが、これは消化が良いというよりも、消化した物を腸に送りやすいということでしょう。
私は、腸に送りやすいよりも、食道に逆流しにくいほうがいいですね。

肝臓の重さが胃にかかってこないとか、心臓が左にあるからとか、いろいろな理由で右下寝が良いという意見が多いようですが、どうなんでしょう?

結局は、本人が楽だと感じる姿勢で寝るのが一番ではないかと思いますが、そういうものではないのでしょうかね?
どのみち、私は右下寝は無理ですが。



  1. 2014/01/31(金) 22:40:44|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

修理完了



調子の悪かった店のプリンターの修理が終わりました。
最近のプリンターは複合機ばかりで、インクの本数も多くて不経済なので、まだまだこのプリンターに頑張ってもらわないといけません。
  1. 2014/01/30(木) 16:25:05|
  2. 家電・パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

既製老眼鏡

既製老眼鏡(出来合いの老眼鏡)というのがあります。

+1.00とか+3.00みたいに、あらかじめ決まった度数がフレームに組み込まれた状態で売られているものです。

1401294.jpg
1401295.jpg

メガネ店でなくても、いろいろなところで、セルフ販売で売られています。

郵便局とか役所とかの窓口に、貸し出し用として置いてあったりもしますよね。
「弱度」「強度」などと書かれたメガネスタンドに入れられていたりして。

ところが、これがだれにでも合うかというと、当然そんなわけはありません。
「弱度」はおろか「強度」のものでもはっきり見えない人もいれば、老眼鏡のはずなのに遠くの景色が裸眼より良く見えてしまう人もいたりします。

ここでいう「弱度」とか「強度」というのは、あくまでも遠くを見るときに度の必要ない、いわゆる「正視眼」が基準になっています。
ざっくり言えば「正視眼」の人が、40代半ばくらいから使いそうなものが「弱度」、60代を過ぎて使うのが「強度」といった感じです。

+1.00とか+3.00といった「+」の度数は、遠視の人が装用するメガネと同じですので、遠視の度数によっては既製老眼鏡で遠くが良く見えることになりますし、近くを見るためにはさらに強い度数が必要ですから、既製品の度数では間に合わないこともあり得ます。

逆に「近視眼」の人であれば、近視の度によっては裸眼で近くは見えますから不要な場合もありますし、4~6段階くらいの弱い近視の70代の人であれば「弱度」のもので十分足りるかもしれません。
「弱度」で見えるから若い、ということではないのです。


また、既製老眼鏡は、左右の度数は同じでできています。
ですから、左右の度数が大きく違う人であれば、どちらかの眼に合わせることしかできません。

乱視の度数も入っていませんから、ある程度の乱視がある人だと、どうしてもハッキリとは見えないこともあります。

レンズの光学中心間距離もあらかじめ決まっていますから、装用する人の瞳孔間距離(PD)や両眼視機能(寄せ運動能力)の兼ね合いによっては、短時間で眼精疲労を誘発する可能性もあります。

100円で売られているようなものは、レンズの品質も推して知るべしですし、セルフで売られているものであれば、フィツテイングは無視です。

無論、問題なく使えている人が大勢いるからこそ、商品として成り立っているわけですし、当店でも諸々の事情で既製品をお勧め・お売りすることもあります。

ただ、繰り返しますが、合わない人には合わないものですから、使ってみたけどどうにも具合が悪いという人は、きちんと度数や視機能を調べてもらった上で、自分に合う老眼鏡をお求めになることをお勧めいたします。

  1. 2014/01/29(水) 23:37:49|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食紅

息子の遊具を作る際に、色水を用意する必要があり、食紅を使うとよいとのことで、用意しました。

ixy_20131219_06.jpg

初めて目にしたのですが、パッケージにはいろいろと記載が。

1401281.jpg
1401283.jpg
1401282.jpg

ふだん、特に気にせずに口に入れている添加物ではありますが、現物を見てしまうと、体に悪そうな気がするのは私だけでしょうか。

  1. 2014/01/28(火) 22:20:29|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

封筒

当店が頼んだ商品が届きました。

商品は封筒に入って送られてきたのですが、その封筒にこんな印字が。

1401271.jpg

さらに封筒を開くと、

1401272.jpg

その他、細かくチェックすると、予備校の名前やらなんやらがわかったので、大学入試模試の問題冊子を送るための封筒であることは察しがついたのですが、「予備校に送ったはずの封筒が、出回っているということは、結局予備校には送らなかったのか?」「なぜ、問題冊子を送らなければならないのか?」等々、疑問が湧いてきました。

私が受験生だったときは、問題冊子には「各自持ち帰り研究すること」みたいなことが書かれていて、回収するものではなかったのですが。

謎です。




  1. 2014/01/27(月) 23:00:25|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

固視点

当店検査室の棚に置いてあるペンスタンドに鎮座している御仁。
製薬会社さんのくださったボールペンにくっついていたものです。

1401263.jpg

これを何に使うかと申しますと・・・

と、その前に。


斜視や斜位の有無・程度をチェックするための手法として「カバーテスト」という検査法があります。

眼鏡店では、「カバー・アンカバーテスト」「交代カバーテスト」の2つの手法が、よく使われていると思います。

カバーテストの具体的な説明は省きますが、お客様の眼を遮蔽するためのものと、

1401267.jpg

どこか一点を見ていてもらうための目標(固視点)が必要です。

遠見であれば、視力表に含まれている視表を固視点として用いるケースが多いでしょうし、

ixy_20140126_08.jpg

近見なら、何らかのグッズをお客様の眼前に提示することになります。
(下図でいえば、左手に持っている棒についている黄色い玉が固視点になります)

1401268.jpg

「カバー・アンカバーテスト」「交代カバーテスト」であれば、これで普通は事足ります。


別の手法として「プリズムカバーテスト」というものがあり、これを行なうときにはプリズム量を測定するために「プリズムバー」を使うのが簡単です。

1401264.jpg

片手に遮蔽版、片手にプリズムバーを持って、カバーテストを行なうのですが、

1401269.jpg

遠見では問題なくても、近見で問題が生じます。
固視点を持つために、手が一本足りないのです。

別のスタッフに、固視点を持ってもらえばよいかもしれませんが、1人しかいなければ自力で何とかするしかありません。

ペンスタンドに固視点のついた棒を立てる方法とか、

14122610.jpg


こんな類のシールを

ixy_20140126_12.jpg

メガネのブリッジ部分や

1401265.jpg

メガネがなければ、額に貼り付けて

1401266.jpg

そこを見ていてもらうといった方法もあります。


カバーテストの固視点は、なるべく小さいほうが良いとは思うのですが、検査する相手が子供さんの場合、注意を引きやすくするために、大きめのものや、音が出たり動いたりするようなものを用いることもあります。

近見用各種

ixy_20140126_02 a

遠見用は、他の人に手伝ってもらってパペットを使ったりします。

ただ、こうしたグッズはプリズムカバーテストでは手が足りないので使えません。

冒頭のフィギュアは、少しでも目立つものをという観点から、メガネフレームに取り付けて、

1401262.jpg

プリズムカバーテスト時の固視点として使えるようにしているのでした。

1401261.jpg


「おちょくっとんのか?」と言われると身も蓋もないのですが、こちらは大真面目です。

今の時代の子供さんにとって、この御仁が有名であるかは疑問ですし、気味悪いだけのような気もしますが、検査者は「よりベターな方法はないか」と、常に試行錯誤を繰り返しているのだと、お察しいただければ幸いです。


  1. 2014/01/26(日) 22:41:25|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上野が丘に 花めぐる

子供のころから応援していた、徳島の池田高校が、春の甲子園(センバツ)への出場を決めました。

ixy_20140125_12.jpg

昨秋の四国大会で準優勝でしたので、出場は当確と言われていましたが、正式に決まるとやはりうれしいものです。

箕島やPLといったところが選ばれていないのが残念ですが、まずは一勝して校歌を歌ってほしいと願っています。


  1. 2014/01/25(土) 23:57:45|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

免許試験場

昨日は、運転免許更新のため、免許試験場へ行ってきました。

神奈川は人口が多いにもかかわらず、免許試験場が一つしかありません。
小田原のような県西部の人は大変だなぁと思うのですが、人口の分布で考えると仕方ないのかもしれません。

駐車場も少ないですし、間違いなく、車で行くより電車のほうが早いので、駅から10分ほど歩きます。

ixy_20140123_01.jpg
ixy_20140123_02.jpg

献血ルームがあるのですが、ここでは成分献血はやっていないのでスルーします。

ixy_20140123_03.jpg

館内は、かなり空いていました。
日曜は、すごく混むのだろうなと思います。


警察署へ行かず、わざわざこちらへ来たのは、前回の更新時に確認できなかった、「据え置き型の深視力計」がどんなものなのかを再度確認してみようと思ったからです。

各窓口の処理は手早く、極めて事務的に進み、視力検査です。

「コンタクトは、していませんか」という口頭のみでの確認。
前回同様、各眼・両眼とも一方向のみ、計3回のランドルト環提示で終了。
チェックが甘いなという印象は否めず。

懸案の深視力計は?と、退室しながらキョロキョロ見回してたら、見つけました。
あ、これね、ということで。


前回の更新と同じ服(当然、赤)で写真撮影。
目の下にクマができているような気がします。
5年間で、それなりに衰えたようです。


  1. 2014/01/24(金) 22:35:44|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

指令



外出中の私に妻からメール。帰りに乗り換え駅で下車してケーキを買ってこいとのこと。
チラシにフェアをやっている、と書いてあったらしい。
この指令は絶対であり、違うルートで帰る予定だったなんて、言えやしない、言えやしないよ。
  1. 2014/01/23(木) 15:02:07|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白熱電球

店のトイレで使用している白熱電球が切れてしまいました。

ixy_20140122_02.jpg

当店の開店前、8時過ぎくらいのことでしたので、セブンイレブンさんに買いに行きましたが、このご時世、LEDタイプか蛍光灯タイプしか置いてありません。

LEDにそのまま差し替えてもよい器具なのかどうかが未確認でしたので、ひとまず蛍光灯タイプを買ってきました。

ixy_20140122_03.jpg

蛍光灯タイプの電球は、点灯後すぐには明るくなりません。
少しずつ明るさが増していくわけですが、トイレで使用する場合は、いささか問題が。

男性の小用の場合、十分明るくなる前に、用が済んでしまいます。
薄暗い中で、用を足さないといけないので、身内で使うだけならまだしも、店には不向きです。

のちほど、白熱電球を買いに行きました。

いずれにしても、この器具のままでLEDが使えるのか、近々に確認を取っておこうと思います。


  1. 2014/01/22(水) 22:51:56|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポラテストを謳うのなら

今日は、業界関係者向けのネタです。


「そちらではポラテストは、できますか?」と聞かれたときに、当店がどのようにお答えするかについては、以前アップしました。

内容が重複しますが、大事なことなのでもう一度。

「ポラテスト」と言われたら、ドイツのハーゼ教授が提唱した理論に基づく検査法・並びにそのために必要な偏光視表(装置)を指すというのが、業界での一般的な認識です。
また、「ドイツ式両眼視機能検査」というのも「ポラテスト」と同義で使われているものと、私は認識しております。


眼鏡店のHPやブログを拝見していると、「ポラテストをやっています」「ドイツ式両眼視機能検査を取り入れています」などとうたって、その説明をしたり、テストに用いている視表(装置本体も含めて)を紹介されているページが散見されます。

しかし、中には、どう考えても「それはポラテスト(ドイツ式)と言えないだろう」と思われるものがチラホラと。

たとえば・・・

「この装置でポラテストを行ないます」と紹介しているその装置には、ポラテストに必要な視表のすべては含まれていないはずなのになぁ

といったパターンとか、

「ポラテストのための視表です」と紹介しているのが、この二つだけだったりとか。

ixy_20121218_01.jpg
ixy_20121218_02.jpg

上記の十字視表やコの字視表は確かに「ポラテスト」に含まれるものですが、その二つの視表を使って調べているのは"Associated phoria"であり、そのテストのみでは「ポラテスト」とは言えません。
他にも「時計テスト」や「立体視テスト」を紹介している例もありますが、それらの視表を単に使えばOKというのものではないのです。

つまり、ハーゼ理論に準拠せず、単純に「偏光視表を使ったテスト = ポラテスト」と、呼んでしまっているのではないかと思わざるを得ないケースが少なくないわけです。
その辺のことは、記載事項を読めば、どことなく伝わってくるものですから。

もちろん、実際にお店に出向いて聞き取り調査をしたわけではありません。
装置を改造してポラテストに必要な視表をすべて組み込んであったり、便宜上2つの視標を紹介しただけで、すべての視表が揃っている可能性もありますので、一瞥しただけで断定・批判することはできないかもしれませんが・・・


あるいは、スペースセービングチャート(たとえば眼前1メートルの距離に装置があるのに、あたかも5メートル先のものを見ているような環境を作り出す)を使っているのに「ポラテスト」と名乗られているパターンもみられます。
この類の装置は、ハーゼ理論では認められていませんから「ポラテスト」とは言えません。

もっとも、そういうことを言いだしたら、「ポラテスト」というのは、ツァイス社が商標を取っているものですので、他社製のそれに似た視表を組み込んだ装置を使っているのに「ポラテスト」と称するのも、厳密には正しくないのでしょう。
「ドイツ式両眼視機能検査」としておくのが無難なのかもしれません。

また、ハーゼ理論は、検査環境を含めて、非常に細かな条件が定義されていますので、それらをすべて忠実に再現・実践するのは難しい面もあると思います。

ですから、多くのかたは「限りなくポラテストに求められている条件に近い状態」で、検査をされてらっしゃるのだと思います。
ハード面においては、このような形にならざるを得ないのは仕方ないでしょう。


ただ、ソフト面、つまり、「ポラテスト(あるいはドイツ式)をやっている」と掲げるのであれば、少なくともハーゼ理論については、一通りの理解をしておく必要があるでしょう。

ハーゼ理論をまともに学んでもいない(もしくは、学んでいるとは思えない)のに、「ポラテストを実践しています」とか、「ドイツ式両眼視機能検査を行なっています」とアピールするのは、真に実践されている人たちに対して失礼です。
そして何よりもポラテストを希望しているユーザーを混乱させてしまうことになりかねません。

宣伝は店舗経営上の重要なファクターですが、誤解をもたれない記述をしていくことが、非常に大切であると感じています。

なお、冒頭の質問に対する当店の返答は「各種偏光視表を用いての測定は可能ですが、ポラテスト(ドイツ式両眼視機能検査)は行なっておりません」になりますので、ご承知おきください。




  1. 2014/01/21(火) 22:40:00|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白桃サワー

去年1年のガリガリ君の当たり本数は13本でした。

「今年は前年クリアするのが大変だなぁ」と、どこかのお店の雇われ店長みたいな思いを胸に、

ixy_20140115_01 (1)
ixy_20140116_02.jpg

白桃サワーで、新しい1年のスタートを切っております。

前作の「ぶどうサワー」では、結局一本も当たりが出ませんでした。
前々作の「ゆず」では5本当たっていたのに。

今のところ、「白桃サワー」での爆発的な当たり量産の期待が持てませんが、コツコツと当てていきたいと思います。


  1. 2014/01/20(月) 22:21:39|
  2. ガリガリ君
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガラポン

座間市相武台商店会主催の年末・年始大売出しガラポン抽選会が本日ありました。

抽選会の日が数日あれば、もっと多くの人が来られると思うのですが、各商店の人たちが運営するものなので人員確保の点での限界があり、今日一日だけ、10時から16時までの開催でした。

私は店から出られませんので、当店からは父と母が交代でお手伝いに行きました。
雪が降るような予報も出ていた寒い1日でしたが、大勢の人たちが足を運んでくださったそうです。

会場は、城南信用金庫さんの駐車場。
城南さんのご厚意で、場所をお借りしています。

妻は何枚か抽選券を持っていたのですが、自店でお客様の応対をしていたため、息子を連れて抽選に行けたのが15時過ぎでした。
来客のピークは既に過ぎていましたので、それほど待たずにできたようです。

ixy_20140119_05.jpg

最近の、この手の抽選会は、タブレット端末を使って行なうタイプのものも多いようですが、やっぱりこういうアナログタイプのほうが楽しいのではないかと、個人的には思います。

ixy_20140119_07.jpg

寒い中での運営、お疲れ様でした。


  1. 2014/01/19(日) 22:20:05|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

予備のメガネ

型崩れが著しいフレームの修正を依頼されたとき、あるいは店頭での修理が困難で業者に送らなければならなかったり、パーツを取り寄せなければならないとき、

「修正中に破損する可能性があります。破損した場合に弁償はできませんがよろしいですか?」
「店頭では即対処ができませんので、お預かりできますか」

等々のお伺いをお客様にすることがあるのですが、「いや、それは困ります」とおっしゃられることがあります。

その理由の1つが「それしかメガネがない」というもの。


弱度だったら、わからなくもないのですが、それなりの度数でも、そういうかたがおられます。
おそらく、他のメガネはあるけれども、今の自分に合う度数ではないというケースもあるとは思いますが、メガネがなければ生活に支障をきたすレベルの人が、予備のメガネをお持ちでないのは、いささかハイリスクです。

強度数であったり、プリズムが入っていたり、遠近両用だったりした場合は、新しくメガネを作ろうにも一週間程度の時間を要することもありますから、「なくしてしまった」ということであれば、しばらくはメガネなしの生活になってしまいます。

金銭的な問題もあったりするでしょうけれど、メガネがないとどうしようもないという人は、予備のメガネを用意しておかれることをお勧めします。
最悪、昔の度数のメガネでも、昔の度数のほうが弱いのならば、捨てずに残しておいたほうがよいと思います。


旅行に行くときも、予備のメガネは持参されたほうが安心です。
海外旅行に行かれたお客様が、成田で出国前にメガネを盗まれてしまい、道中ほとんどまともに見えなかったというお話を伺ったこともありますので。


かくいう私はといいますと、裸眼で十分な視力は得られるものの、プリズムなしで運転すると車酔いしてしまうこともあり、車で遠出するときは、常用しているメガネと同度数の、単焦点偏光レンズ仕様のものを持っていきます。
常用メガネのフレームと色違いです。

1401181.jpg

ナイロールタイプなので、万一に備えて交換用のテグスをケースに同梱しています。

1401183.jpg

予備のネジやパッドも一緒にしてありますし、フレームが再起不能に陥った場合は、同じフレームなのでレンズを入れ替えて使うこともできます。
まさに予備。

あと、携行はしていませんが、メーカーによる違いを体感するために、同度数でレンズメーカーを変えて作ったものを一本用意していますので、都合、使えるメガネは3本です。
(他の古いメガネも残していますが、度が強いので使用に耐えません。)

1401182.jpg





  1. 2014/01/18(土) 22:35:08|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手に入らなかったもの

19年前の1月17日のことは、以前アップしました。

当時ダイエー社員だった私は、地震の数時間後から店で仕事をしていましたが、当初、水や食料品、乾電池、カセットボンベなどだった売れ筋商品が、時間の経過とともにゴミ袋や布粘着テープなどの修繕・片付け用具やゲームボーイソフト(避難所で子供が退屈するので)などに変わっていきました。

私のマンションは、電気こそ地震後わずかの時間で復旧したものの、水が出るまで1週間、ガスが使えるまで40日かかりました。

そんな生活の中で、私が欲しくても自店で手に入らなかったものが、

1401171.jpg

「水のいらないシャンプー」でした。

最初の段階で品切れして、その後入荷が滞っていたのです。
休みなく店に出ていましたので、どこか売っているところを探しに行く時間もありませんでした。
まぁ、どこにもなかったでしょうが。


大変な思いで地震後の日々を過ごされているかたたちには、取るに足らないものですが、小売店の従業員として働いている人間にとっては、身だしなみを整えるのも大切でした。

水が出るまではもちろん、水が出てからも、お湯が沸かないので満足に頭が洗えない(シャンプーの泡がたたない、水が冷たすぎて頭が痛い)状況の中で、これがあったら少しはスッキリしたかなぁ、と思います。

結局、これを手にしたのは1か月近く経ってからです。
実家からの荷物の中に入れてもらいました。


あのとき、私はいろいろな意味で運が良かったわけで、私の体験などは神戸市民としては「大変」と言えるものではありません。
それでも私なりに、私の中で風化させないように、今日一本買ってきました。



  1. 2014/01/17(金) 22:42:46|
  2. 記念日・○○の日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お礼参り


前厄・本厄・後厄と、無事に過ごすことができましたので、お礼参りと引き続きのご加護をお願いに座間神社にてお祓いを。
  1. 2014/01/16(木) 14:26:16|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネジロック

過日、レンズ止めネジに接着剤を使われた(らしい)ことにより、ネジを緩めるのに難儀したネタをあげました。

かといって、単純にネジを締めるだけでは、ネジの緩みが容易に生じる可能性がありますので、ネジロック剤を併用するお店が多いと思います。

当店では、二種類を使い分けています。

1401152.jpg

通常は左側のほうを使っています。
粘度が低いです。

1401151.jpg

右側は透明で粘度が高く、こちらはふちなしフレームの場合に使っています。

1401153.jpg

いずれも、完全に固着させてしまうわけではなく、ドライバーである程度の力を加えればネジを緩めることは可能です。

あらかじめロック剤が塗布されたネジもありますが、

1401154.jpg

当店では、鼻パッド用のネジに、このタイプを使っています。

1401155.jpg

前述のロック剤ですと、パッドの動きが固くなってしまうことがありますので。


どのロック剤をどのように使うかは、絶対的な正解があるものではないので、お店によって異なると思います。




  1. 2014/01/15(水) 22:25:49|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また1つ、歳をとりました

気がつけば、43歳になりました。
早いものです。

私が生まれた昭和46年は・・・

箱根駅伝の総合優勝が日体大
夏の甲子園優勝が桐蔭学園(神奈川)
日本レコード大賞最優秀新人賞が小柳ルミ子さん

そんな時代でした。
もちろん、私の記憶にはありません。


精神年齢は25歳のまま変わっていない気がしますが、体は正直なようで。
今までは、ヘアムースで髪を固めていればわかりにくかった白髪が、最近は固めても目立つようになってきました。

ixy_20140113_05.jpg
ixy_20140113_04.jpg

黒く染めようか検討中です。


妻がローヤルゼリーをくれました。

ixy_20140114_01.jpg

今年は医療費が少なくなるよう、体調管理をより気をつけたいと思います。


このブログの右側に、タニタの体重計による「体年齢」を記載していますが、

1401142.jpg

少しは若返っただろうかと、調べてみましたところ・・・

1401141.jpg

何を言う~

  1. 2014/01/14(火) 23:07:43|
  2. 記念日・○○の日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イクラとごはんの黄金比

私はイクラが好きなのですが、イクラだけをつまんで悦に浸るわけではありません。
ご飯と一緒に食べるのが好き、ということです。

ダイエー時代、休みの日の定番メニューは、「牛もやし炒め」か「王将の学割セット」でしたが、数か月に一回「イクラの日」がありました。
ダイエーで小瓶に入ったイクラ(600~800円くらい)を買ってきて、ご飯は2合半炊いて、ご飯と一緒にひたすら食べるのです。

ポイントは、ご飯を丼によそうのではなく、茶碗によそうこと。
何回もおかわりをするのが醍醐味。
もう一つのポイントが、ご飯に載せるイクラの量。

よく「イクラ丼」の写真を見ると、イクラでご飯が見えなくなっていますが、ああいうのは好みません。
ご飯にさりげなく混じり合うイクラの風味、これがよいのです。
したがって、イクラの軍艦巻きも、あまり好みではありません。
イクラが強すぎてしまいます。


過日、イクラをいただきましたので、再現してみますと、こんな具合です。

ixy_20140112_02.jpg

実は、賞味期限の関係もあって、ちょっと多めにイクラを乗せてしまいまして、本来はこの半分から3分の2くらいで十分です。
このイクラの量だと、ご飯もう一杯食べられますが、ご飯を食べ過ぎると一発で体重が増えてしまうので、この一杯で我慢しました。

キムチよりもタラコよりも、食べるご飯の量が増えてしまいかねないのが、イクラの魔力です。




  1. 2014/01/13(月) 22:36:57|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電車とバスの博物館

過日、「電車とバスの博物館」へ行ってきました。

ixy_20140109_36.jpg

東急田園都市線、宮崎台駅からすぐです。

入場料は高校生以上100円、小中学生50円、小学生未満無料。

ixy_20140109_32.jpg
1401121.jpg
ixy_20140109_33.jpg


東急の運営のようなので、展示されているのは東急関係です。

私は走っているのを見たことがありませんが、「玉電」であったり、

ixy_20140109_06.jpg
ixy_20140109_10.jpg

東急バスであったり。

ixy_20140109_12.jpg


運転シミュレーターもあります。
8090系と

ixy_20140109_15.jpg
ixy_20140109_18.jpg

モハ510形

ixy_20140109_19.jpg


デハ3450形は、シミュレーター機能はありませんが、

ixy_20140109_05.jpg

パンタグラフを上下したり、

ixy_20140109_24.jpg

ドアを開け閉めしたり、

ixy_20140109_27.jpg
ixy_20140109_28.jpg

運転席の操作で、前方に展示されている車輪を動かしたり、

ixy_20140109_22.jpg

車内アナウンスができたりします。

ixy_20140109_26.jpg


ジオラマは2種類。
安全運転に関する解説をするものと、

ixy_20140109_31.jpg

東急車両の解説をするもの。

ixy_20140109_01.jpg
ixy_20140109_02.jpg
ixy_20140109_04.jpg

別館(イベント館)には、YS11型飛行機のシミュレーターがあるようですが、そちらにはいかず撤退。

ixy_20140109_34.jpg

休日は、そこそこ混むのかもしれません。


小田急にもこういう施設があるといいのですが。


  1. 2014/01/12(日) 23:06:29|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やはり厄介でした

今使っているフレームを生かしてレンズを交換したい、というご要望は普通にあるものですが、このときフレームからレンズが外せないと、どうにもなりません。

たとえば、レンズを外すためにフレームのレンズ止めネジを緩めたいのに、錆びついてしまって回らないとか、ネジの頭の溝がつぶれてしまってドライバーが利かないとか、ネジが折れちゃった、などというケースも、たまにあります。

そういった場合には、最終的にはレンズ止めネジの反対側からドリルで穴を開け貫通させて、ネジ山を切りなおすことで対処ができるものですが、

1401113.jpg

こういう作りをされてしまうと、その技が使えません。

1401111.jpg


今回、他店購入のこの手の枠を生かしてレンズ入れ替えを承ったのですが、ネジが全く回りません。
さび落としを垂らそうが、温めようが、ビクともせず、無理をするとネジの溝を潰してしまいそうです。
下手をしてネジが折れてしまうと、非常に厄介なことになります。

今回は、苦心した末、無事に外れました。

ixy_20140111_38.jpg


なぜ、ビクともしなかったのか。
ネジが錆びているのかなと思ったのですが、そういうわけでもなさそうです。

1401112.jpg

どうやら一般的なレンズロック剤ではなく、接着剤を使っていたような感じがします。
確かにネジが抜けることはないでしょうが、こういうときに困ります。

アフターのことを考えた加工、あるいはフレームづくりも、重要であると痛感しました。







  1. 2014/01/11(土) 22:55:42|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペットボトル


息子の遊具を作るのに1.5リットルのペットボトルが必要ということで飲んでいるものの、二日目になると気が抜けてしまって、おいしくありません。
炭酸でないものにすれば済む話ですが、炭酸入りでないと一気に飲んでしまうので、体重管理の上で好ましくありません。
サイダーが好きだというのが、飲んでいる一番の理由なのですけど。
ちなみに、2本必要なので、飲み終わったらまた買ってこないといけません。
  1. 2014/01/10(金) 23:15:31|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ごはんの前に

視科学Ⅲ

眼鏡学校講義シリーズ、今回は視科学Ⅲです。

四年制コースでは3年次に、専攻生は1年目に履修します。

輻輳近点や調節近点をはじめとする、いわゆる予備検査と呼ばれるものの解説から始まり、スリットランプや眼圧計、眼底鏡を用いての検査法、視野や色覚の検査など、屈折検査以外にオプトメトリストが行なうさまざまな検査を学びます。

当然実習もあるのですが、病院での研修と違い、実験台となるのが学生なので、「異常」のあることがほとんどないのが理解を深める上での問題点といえば問題点かもしれません。
逆に、正常な状態を何例も見ておくことで、異常に気がつきやすいということもあるかもしれませんが。

1401082.jpg
1401083.jpg
1401084.jpg
1401085.jpg
1401086.jpg
1401081.jpg

1年後に米軍横須賀基地内のクリニックで研修をしたとき、初めて一般の人を検査する機会を得たのですが、学生相手との実習とは緊張感が大違いだったのを覚えています。

  1. 2014/01/08(水) 23:40:22|
  2. 眼鏡専門学校のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

息子と小犬

子供のころ、私は犬が苦手でした。
吠えるので。
というか、よく吠えられるので。

小型犬なら何とかなりましたが、中型犬以上の犬には近寄れませんでした。

今でも、ドーベルマンみたいな犬は苦手です。


過日、義妹の家へ年始のあいさつに行きました。
そこには、ダックスがおりまして、息子がどんな反応をするかが見ものでした。

前回お邪魔した時にも、すでにダックスはいたのですが、そのときはケージに入っていることが多く、息子と戯れることがほとんどなかったのです。


で、今回はといいますと・・・

やはり、ある程度の恐怖感はあるらしく、

ixy_20140104_01.jpg

でも、多少の興味もあるらしく、

ixy_20140104_25.jpg

近づいては、追いかけられ

ixy_20140104_09.jpg


ちょっかいを出しては

ixy_20140104_12.jpg

反撃され、

ixy_20140104_10.jpg
ixy_20140104_11.jpg
ixy_20140104_30.jpg
ixy_20140104_31.jpg
ixy_20140104_33.jpg

でも、怖いけれど嬉しそうな感じでした。

家の中でも、姿が見えなくなると「ワンちゃんは?」と聞いてきたりしていました。

ixy_20140104_38.jpg
ixy_20140104_39.jpg
ixy_20140104_40.jpg
ixy_20140104_36.jpg

犬にしてみれば、自分より下位の者が来たってんで、いい遊び相手だったのかもしれません。

  1. 2014/01/07(火) 23:21:14|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3.3mm

屈折率1.89 度数S-13.50のガラスレンズです。

ixy_20140105_01.jpg

一般的なフレームにこのレンズを組み込むと、それなりの厚みと重さになります。
これをいわゆる「ウスカルフレーム」の中でも、特にその効果が発揮できる玉型36mmのものに入れてみますと・・・

1401061.jpg
1401062.jpg

最大コバ厚は3.3mmにて仕上がりました。

正確に言えば
玉型サイズ 36mm
鼻幅 30mm
のフレームに、

光学中心間距離 66mmで組み込んだ時の状態です。

私の掛けているフレームは
玉型サイズ58mm
鼻幅16mm
ですので、

これくらいの大きさの違いがあります。

1401063.jpg

私のメガネの重量は、プラスチックレンズ込みで27.7g
上記のウスカルフレームとレンズを合わせた重量は、20.5g

ガラスレンズを使っているのに、軽くなっています。


このように「小さい玉型」「長い鼻幅」のフレームを、瞳孔間距離を考慮して選択すると、それなりの強度数でもレンズの厚みを抑えることができますし、ガラスレンズを使っても重量を減らすことが可能です。

ウスカルフレームについて

この種のフレームを選ばれる際の最大のネックは「小さすぎる玉型」です。
「もっと大きな玉型で薄く・軽くしたい」と言われますが、そこにはどうしても限界があります。

仕上がりの厚み予測値の比較をしながら、妥協できるサイズの玉型を選ばれるお客様が当店では多いです。



  1. 2014/01/06(月) 23:09:04|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日より営業開始です

当店は、本日より新年の営業を始めました。

年末に頼んだレンズがまとめて届きました。

ixy_20140105_53.jpg

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。


  1. 2014/01/05(日) 22:29:03|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014 箱根駅伝 6区

毎年、1月2日・3日は、ふだんの仕事の日よりも早起きをします。
ゆっくり休むはずの正月休みに何をやっているんだと思わなくもありませんが、それがさだめというものです。

往路5区の様子はこちら

奇跡のシード権確保に一縷の望みを託して、復路6区は函嶺洞門へ向かいます。
交通規制で車が止まることもあり、反対車線のほうが撮影しやすいので、予定の場所に陣取ります。

EOS_03482.jpg

遠隔カメラが俯瞰で写す場面で、しっかり「赤い男」をアピールすることも計算済みです。

1401041.jpg

今年の6区は、妻が息子を母に託して観戦に来たので、ビデオの撮影を任せます。
ビデオとデジカメの二刀流は大変なので助かるのです。

見知らぬ人にはシャッターを押してもらうのを頼みにくいのでこれまで実現しなかった、現地での記念写真を1枚。

EOS_03485.jpg


昨日同様、それほど寒くなく、いつもは必須の手袋がなくても大丈夫なくらいでした。
暑過ぎてもよくないと思いますが、この気温が選手にどのように影響するか?

私が待つのは、白いユニフォーム。
目の前を何校か通過していった後、白いユニフォームが見えてきました。

EOS_03500.jpg

代田選手、区間新ペースでの爆走かと大興奮しかけたのですが、

EOS_03502.jpg

拓大の選手でした。


一斉スタート組の法政大が通過したので、次は来るだろうと祈りつつ、

EOS_03511.jpg

代田選手、通過です。

EOS_03512.jpg
EOS_03513.jpg
EOS_03514.jpg
EOS_03515.jpg
EOS_03516.jpg
EOS_03517.jpg
EOS_03519.jpg
EOS_03521.jpg

ちょっと疲れてしまったか、3回目そして最後の山下りは本人としても不本意だったかもしれません。

6区代田選手 動画


選手が通過し終わると、「あぁ、正月も終わりだな」という気がするとともに「来年、また来よう」と思うのですが・・・

総合順位は15位。

IMG_3535.jpg

復路は11位でした。
区間順位一桁が2人では・・・


予選会の順位を当てはめれば22位が妥当な順位だったのですから、それに比べれば健闘したのかもしれません。
でも、中大は、このような順位に甘んじていられる立場ではないでしょう。
中央大学組織としての、箱根駅伝の位置づけというものはあると思いますが、たくさんの卒業生が見ているのですし、積極的なバックアップをしてあげてほしいと願わずにはいられません。


予選会の戦いかたは、去年経験したので学べたと思います。
ぜひ、上位での通過をお願いしたいものです。

そうでないと、来年は「赤い男」の出番がありません。


ちなみに、テレビの映りは予想通りでした。
さりげなくカメラ目線なのはご愛嬌、ということで。

ixy_20140103_07.jpg
ixy_20140103_09.jpg
ixy_20140103_11.jpg
ixy_20140103_12.jpg


選手の皆さん、お疲れ様でした。
来年も箱根でお会いしましょう。
会わせてください。

頑張れ、中大!!







  1. 2014/01/04(土) 09:55:27|
  2. 箱根駅伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014 箱根駅伝 5区

昨年の途中棄権の悔しさを晴らす日が訪れました。

再三申し上げてきたとおり、今年はシード権争いに食い込めれば・・・というレベルの期待しか持てはしませんが、それでも「赤い男」は芦ノ湖へ行きます。

去年の大会は体調不良で辛かったので、今年は万全の体調でと思ったものの、年末に体力的にバテてしまい、大丈夫かなと不安を抱えての年越しとなりました。

今年の元日は、妻のご両親と、妻の姉家族とで、修善寺に一泊することになっていましたので、早めに寝て2日に備える手はずでした。

2日の朝は、妻子を残して6時前には出発予定です。
5時半にアラームをセットして、22時過ぎには床に入ったのですが、ちょっとウトウトして目が覚めてから寝られなくなりました。

「寝なきゃ寝なきゃ」と焦れば焦るほど寝られなくなり、このサイクルにはまって寝られたためしがありませんから、あきらめて眼だけ閉じていました。

私は「寝ていない」という事実で具合が悪くなってしまうタイプなので、最悪の状態で予定通り出陣です。

IMG_3520as.jpg


道路の凍結が心配でしたが、無事ゴール近辺に到着。
先に場所取りだけしちゃおうかと思いましたが、車を駐車させることを優先しました。

ところが、いつもの場所に行ってみると雪が残っていて危険な状態でした。
諦めてプランBの地点に一旦停めたのですが、プランCの場所が空いていたのでそっちに停めることにしました。
観戦場所を確保したら、車に戻って車内で仮眠をしようと考えたため、そのほうが具合がよかったのです。

8時ちょっと前に、観戦候補地点に到着。

IMG_3526af.jpg
IMG_3525at.jpg

狙っていた場所は、残念ながら先客がいたので、少しゴール寄りにずらしました。
左側がふさがっているほうが、左隣の人を気にせず撮影ができるので好都合です。
さっそくシートを赤い粘着テープで固定したのですが・・・

IMG_3521ax.jpg

テープが全然路面にくっつきません。
かさ張るからという理由で、100円ショップで少量のものを買ってきたのが悪かったかもしれません。

重しにできるはずの三脚や折りたたみ椅子は、仮眠を終えてから持ってくるつもりでしたので車内に残したままです。
このままでは、仮眠している間に、シートが風で飛ばされてしまいます。

近くで場所取りをしていた人に訳を話して、テープを分けてもらいましたが、やはりちゃんとくっつきません。

IMG_3522aw.jpg

それでも、マシにはなったので、とにかく三脚と椅子を取ってくることにしました。
場所取りが不確実では仮眠もなにもありません。
駐車場所まで戻ります。


ところで、「赤い男」はどんな靴を履いているのかというと・・・
実は赤い靴は持っていないので、白地に赤のラインの入ったものをここ数年履いてきていました。

IMG_3532aj.jpg

でも、今年は別の靴にしました。
白地に赤は同じですが、より中大ユニフォームに近い雰囲気です。

IMG_3530ak.jpg

留学時代に、ポートランドのナイキアウトレットで買ったものなので、12年以上履いています。

で、この靴がですね、駐車場所まで戻る途中で壊れました。

IMG_3523aq.jpg

ブログネタとしては、おいしいことこの上ないのですが、不吉極まりありません。
三脚と椅子を用意して、重しにしてから

IMG_3524ae.jpg

赤いテープで補強しました。

IMG_3527at.jpg


時刻は9時ちょっと前。
1区で早稲田が遅れ始めたという場面が、大型特設テレビで放映されていました。

EOS_03403.jpg

トップ集団に中大が映っていないことで、嫌な予感がし始めます。
ロケットスタートはどうなったのか?


例によって、ゴール付近はいろいろなものをゲットしようという人たちで、長蛇の列ができていましたが、

EOS_03404.jpg

私は仮眠に戻ります。
車内でラジオを聞くこともできましたが、それでは仮眠になりません。

もっとも、寝られるわけもないので、眼を閉じていただけですが、少し楽になり、11時ちょっと前に観戦場所へ向かいました。

途中で「中大スポーツ」をゲット。

IMG_3528au.jpg

駅伝グッズを買うのに並ぶ気もしなかったので、今回ゲットした「お土産」は、これだけです。


観戦場所に付くと、応援団がアップを始めたところでした。

EOS_03405.jpg
EOS_03408.jpg

応援開始はゴール到着予定の1時間前から。

真正面からは見られませんので、真後ろに回って開始を待ちます。

団旗が上がって、応援開始。

EOS_03411.jpg
EOS_03413.jpg

最初の「中大応援歌」が終わった時点で、沿道の混雑がかなりのものになって来たので、戻れなくなる前に撤退しました。
残念ですが、真後ろから見ていても面白くないし、仕方ありません。

あとは、ジッと選手の到着を待ちます。

EOS_03417.jpg


小田原で17位だったという情報は入っていましたが、何とか順位を上げてきてほしいと願いつつ・・・

小谷選手、通過です。

EOS_03458.jpg
EOS_03459.jpg
EOS_03460.jpg
EOS_03461.jpg
EOS_03462.jpg

このとき、三脚を利用して撮っていたビデオに、お隣のおばちゃんが被ってしまっていました。
当初隣にいた人が途中で退席したので、そこに入ってきたのですが、左にビデオカメラがあることくらいわかるのだから、気を遣ってほしかったです。
こっちは6時間待っていたのですから。

5区 小谷選手 動画


結果は往路17位。
ゴール後に配られる速報を見ても、区間順位が全員2桁ではどうにもなりません。

EOS_03538.jpg

タスキがつながっただけでもよかったという思いがあったのも事実です。
そういう低い意識が蔓延してしまうのが、一番よくないのですけどね。


ちなみに、こんな感じで、選手がゴールに近づくたびに、テレビに何度となく映りました。

ixy_20140103_01.jpg
ixy_20140103_04.jpg
ixy_20140103_05.jpg



往路の力走を讃える会。
順位は別として、ここで応援歌と校歌を歌うのが、芦ノ湖へ足を運ぶ最大の理由です。
また1年頑張ろう、そういう思いを新たにする、私にとってはとても大切なひとときです。

EOS_03475.jpg
EOS_03478.jpg


中央大学応援歌 動画

中央大学校歌 動画


シード圏確保に必要な10位の大学との差が5分15秒。
非現実的な数字ですが、6区の代田選手が爆走して波に乗ったら・・・
そんな期待を抱きつつ、芦ノ湖を後にしたのでした。

EOS_03402.jpg


6区に続く。




  1. 2014/01/04(土) 09:50:35|
  2. 箱根駅伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シード確保へ夢をつなぐ

次のページ

FC2Ad