キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

今年5本目

過日「当たらない」と嘆きネタをアップしたら、ソーダ味で当たりました。

ixy_20120830_09.jpg
ixy_20120830_10.jpg

以前にも、嘆きネタをアップしたら当たったことがあったように思います。
嘆いてみるものです。


これで今年5本目。
これから月1本ペースで、何とか昨年実績には並びたいと考えております。

  1. 2012/08/31(金) 23:50:20|
  2. ガリガリ君
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入りのパジャマ


プラレールシリーズ。サイズが大きいのは、やむをえません。
  1. 2012/08/30(木) 22:17:08|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

当たりません

前回当たりが出てから、あっという間に一か月が経ちました。
依然として、当たる気配がありません。

当たりが出ないとネタにならない「ガリガリ君」ですが、我が家にはこんなビニールハンマーがあります。

ixy_20120829_01.jpg

どこで入手したのか、私は知りませんが。。。


この赤い色を見ると「コーラ味」を連想しますが、近所のセブンイレブンさんには随分と長い間、ソーダ味と梨味しか入荷がありません。

巷では大人気らしいのですが、私は梨味は好みではありません。
淡泊すぎて、なんで人気があるのかわかりません。
柑橘系とか、ブドウやコーラのような濃い味のほうが、絶対に美味しいと思うのですが。

ソーダ味は、とっくに飽きてしまっているので、新味の入荷が待ち遠しい今日この頃。


  1. 2012/08/29(水) 23:55:59|
  2. ガリガリ君
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カイロスコープ

こちらの小道具は、

ixy_20120828_07.jpg

「Single Oblique Mirror Scope(シングルオブリークミラースコープ)」という名称で売られているものです。

眼科関係者のかたには「カイロスコープ(Cheiroscope)の一種です」と伝えると話が早いかもしれません。

同時視融像立体視の有無を確認すること、およびトレーニングが可能な小道具です。


二種類のカードを用意して、

1208281.jpg

一枚を左の壁面に留めます。

ixy_20120828_09.jpg

もう一枚は、底面に置きます。

1208284.jpg


上部にある二つののぞき穴(左右それぞれに+5Diopterのレンズがついています)から、覗き込みます。

ixy_20120828_13.jpg
ixy_20120828_02 (1)


このとき、右眼には底面の絵が見えます。

ixy_20120828_12.jpg

問題は左眼なのですが、小道具の内側に斜めにくっついている板に鏡がついておりまして、

ixy_20120828_11.jpg

この鏡に、壁面に取り付けた絵柄が映るようになっています。
その結果、左眼には、鏡に映った図柄(設置した図柄が反転しています)が見える仕組みです。

ixy_20120828_10.jpg

こうすることで、右眼と左眼とで別々のものを見る環境が用意されることになります。

見ている図柄は微妙に類似していますし、下側にある二重丸の内側にはズレがありますので、

1208281.jpg

立体視が得られる人であれば、アイスクリームの上下に絵が見えて、二重丸の内側の丸が浮き上がって見えます。

12082810.jpg


この状態で、底面に置いた図柄を左右に動かしつつ、同じ見えかたを維持できるように努力することで、

ixy_20120828_04.jpg
1208286.jpg

輻輳力や開散力を増強していくトレーニングが行なえます。


しかし、この「カイロスコープ」の醍醐味というか、一番の利用価値は、「カイロスコピックトレーシング」と呼ばれるテクニックにあるといえましょう。


左眼には先ほどと同じ図柄が見えるようにセットしておいて、底面に紙を置きます。
右手にペンを持ち、穴を覗き、左眼に見えている図柄をペンでなぞっていきます。

ixy_20120828_05.jpg
1208282.jpg

これは、実際に体験してみないと理解していただきにくいと思いますが、もし適切な同時視が得られていれば、左眼で見ている図柄とペン先が頭の中で一致して見えるので、きれいになぞる(もちろん実際には、本当になぞっているわけでなく、紙の上にペンを走らせているわけですが)ことが可能です。

1208285.jpg


もし、同時視がうまくできなければ、ペンと紙しか見えない、絵しか見えない(ペンが見えない)といった状態になったり、図柄とペン先とをうまく一致させることができないため、上手になぞることができません。

1208288.jpg
1208283.jpg

このトレーシングをコツコツと続けていくことで、両眼を同時にうまく使うという意識を養っていくことができれば、少しづつ図柄とペン先が一致するようになり、書きあがる絵もオリジナルの絵に近くなっていくのです。

  1. 2012/08/28(火) 23:07:23|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズのコートはげ

プラスチックレンズは薬品の浸食に弱いです。

たとえばこんな感じになります。

1208272.jpg
ixy_20120820_02.jpg

詳しい薬品名・成分等は伺っていませんが、コーティングが溶けたような感じになっています。
もう、どうしようもありません。

薬品を使うときには、保護グラスを併用するとか、割り切って「薬品を使うとき用のメガネ」を用意するかしたほうが、ショックが小さいと思われます。



  1. 2012/08/27(月) 23:15:37|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の日課


朝晩、血圧を測っております。
  1. 2012/08/26(日) 23:42:09|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネットにつながらない

朝、店に入っていつものようにメールをチェックしようとしたら、新着メールの受信ができません。
ブラウザを立ち上げてみますと、こんなメッセージが出て、つながりません。

1208251.jpg

もう一台のパソコンでは、ちゃんとネットにつながりますので、回線に問題があるわけではないようです。
ケーブルが断線でもしているのかと思い、もう一台のパソコンにつないだら問題なくつながります。
逆に、もう一台のパソコンにつながっていたケーブルを、こちら接続したところ、やはりネットにはつながりません。

どうやら、パソコン本体に問題があるようです。
ふだんメインで使っているパソコンだけに「修理か。参ったな。」と思いつつ、何とか復帰できればとテクニカルサポートに電話しました。

音声案内が流れてきて「8月20日以降にインターネットにつながらない場合は、サポートページに対応策が掲載してある」旨の説明が。

もう一台のパソコンでアクセスしてみると、どうやらマカフィーのウイルス対策ソフトに原因があるようでした。

1208252.jpg

これまで私は、セキュリティ対策としてシマンテックのノートンをずっと使っていたのですが、このパソコンからマカフィーに鞍替えしていたのです。

あとは、そこに書かれている通り、セーフモードで立ち上げて、ひたすら指示に従います。

IMG_0266zxa.jpg
IMG_0268zxa.jpg


無事に復旧しました。

IMG_0270zxa.jpg


メールチェックをしてみたら、マカフィーからメールが届いていました。

「製品不具合による重要なお知らせ」

だそうです。

今やったことの手順が書かれていました。

メールチェックのできる機器がこのパソコンしかなかったら読めないわけですが。


まぁ、修理沙汰にならなくてよかったです。




  1. 2012/08/25(土) 21:50:03|
  2. 家電・パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不本意ですが


この加工のあと、ふちなしフレームの加工が待っているのですが、集中力が続かないので、明日に回すことにします。
  1. 2012/08/24(金) 23:46:10|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

息子の体重は

オリンピック総集編

週刊朝日増刊号の「ロンドンオリンピック総集編」を買ってきました。

ixy_20120819_01.jpg

読み物はほとんどなく、写真集みたいなものです。
日本の選手はメダルの有無や競技の注目度を問わず、全員に近いレベルで写真が載っています。
各競技・種目の、主に金メダリストの写真も載っていますし、巻末にはメダリストの一覧もありますから、記録誌としてはまずまずだと思います。

私は、これを1984年、ロサンゼルスオリンピックのときから買っています。
昔は「アサヒグラフ」の増刊号でした。

ixy_20120811_02.jpg

アテネまでは実家に置いてありますし、これまでも滅多に眼を通すことはなかったのですが、↑この写真を撮りに行ったとき、パラパラとめくりつつ、当時のことを思い出しました。


ロサンゼルスのときは中学2年でした。
夏休みの体育の宿題で、興味を持ったオリンピックに関する新聞記事をスクラップし、感想文を書くというのがありまして、私はカール・ルイス選手についてまとめました。
4種目で金メダルを取ったカール・ルイス選手ですが、最後の400mリレーのときはゴールに胸から飛び込む、記録にこだわるような走りをしていたことに触れ、仲間と一緒にメダルを取り記録を作るんだという彼の熱い思いを感じた、みたいなことを書きました。


ソウルのときは、高校3年生。
ベン・ジョンソンの筋肉はすごいなぁと思ったら、ドーピングに引っかかってしまったのが印象に残っています。


バルセロナのときは大学4年生。
ダイエーが内定者を対象にした宿泊研修を開催していたとき、怪我をしながら金メダルを取った柔道の古賀稔彦選手の試合をみんなで見ながら盛り上がったのを覚えています。
夜中に何気なくテレビをつけたら、女子100m平泳ぎの決勝をやっていて、岩崎恭子選手の金メダルシーンも見られました。


アトランタの時は、ダイエーで働いていたときでした。
朝、店に行ったら、支配人たちが日本対ブラジルのサッカーを見ながら「勝つんやないか?」と騒いでいたのは覚えていますが、連日仕事に追われていて、オリンピックどころではありませんでした。


シドニーのときは、アメリカにいましたので、総集編は友達に頼んで買ってもらいました。
日本選手の活躍はネットでチェックすることができたのですが、一番感激したのはは、中村真衣選手・田中雅美選手・源純夏選手の中大3人娘が400mメドレーリレーで銅メダルをとったことです。
金メダルを取ったのがアメリカで、テレビでも放映されましたので、録画しました。
まぁ、日本チームは画面の端っこに映る程度でしたが。
日刊スポーツのサイトで、紙面をPDFファイルとしてダウンロードできるようになっていて、しばらくパソコンモニターの壁紙にしていました。

これです。

競泳6


アテネのときは、当店で働き始めて2年目。
メダルラッシュの大会でしたが、柔道以外で7個の金メダルを取ったのは、すごいなと感じたものです。


北京のときは、結婚後丸2年のころ。

ixy_20120820_07.jpg

お盆の旅行中に車の中でオリンピックが見られるようにと、DVD&ワンセグのプレーヤーを買ったものの、電波の入らない地域ばかりを走っていたこともあり、ほとんどまったく役に立ちませんでした。


さて、気がつけば閉会してから2週間近く経ってしまったロンドンで、一番印象に残っているのは、柔道の松本薫選手の気合の入りかた。
ああいう気迫が何事にも必要ではないかと感じています。


とにもかくにも、4年に一度、その一瞬にピークを合わせていくスポーツ選手っていうのは、やっぱりすごいなと唸らざるを得ません。

リオデジャネイロでも、がんばれ ニッポン!!

  1. 2012/08/22(水) 23:58:46|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新入荷の跳ね上げフレーム

新しい跳ね上げフレームが入荷しました。

12082181.jpg
12082171.jpg


任意の角度で跳ね上げ状態を維持できるタイプですが、

1208212.jpg
1208213.jpg
1208211.jpg

これは180度跳ね上がるのが特徴です。

1208214.jpg


一般的な跳ね上げフレームは、これくらいの角度までが限界です。

1208215.jpg
1208216.jpg


カメラを趣味にされているかたに多いのですが、「もっと上まで跳ね上げられるとよいのだけれど」と言われたときにお勧めできると思ったのですが・・・


仕入れてから確認してみましたところ、平時がこの状態で、

12082191.jpg

跳ね上げ時がこうでした。

120821101.jpg


これでは、結局フレームが邪魔をすることになりそうなので、カメラ目的のかたには具合が悪そうです。

ですので、あくまでも「無段階跳ね上げタイプの一つ」としてご紹介するにとどめざるを得ませんね。

  1. 2012/08/21(火) 22:38:59|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マトリーショカ

ロシアのお土産ということで、マトリーショカをいただきました。

1208204.jpg

蓋を開けると、中に同じ色・形のものが入っています。

1208202.jpg

蓋を開けては取り出し、開けては取り出し・・・

1208201.jpg

5体入っていました。

マトリーショカといえば、こんなふうに同じものが次々出てくるものだと思っていたのですが、


このように違うデザインのものが格納されているタイプもあったのですね。

1208203.jpg

どうもありがとうございました。



  1. 2012/08/20(月) 23:11:41|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水色トンボ

朝、店の掃除をしていたら、トンボが入ってきました。

蛍光灯の周りをブンブン飛んで落ち着きがありません。

1208192.jpg
1208193.jpg

ようやく止まったトンボは、水色でした。

1208191.jpg

私は昆虫マニアではありませんのでよくわかりませんが、水色が濃いので「オオシオカラトンボ」でしょうか?


蛍光灯を消したら、外へ飛んでいきました。


  1. 2012/08/19(日) 22:03:46|
  2. 動物・昆虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

在庫レンズ

「メガネを注文したら、その日のうちにできますか?」という問い合わせをたま~にいただきます。

よくメガネ屋さんの店頭に「即日お渡し」「20分でお渡し」などと告知されていることもありますが、当店の場合は、かなりの確率で無理です。

なぜかというと、レンズの在庫がほとんどないからです。


メガネのレンズは、メーカーが作り置きしているレンズと、注文を受けてからつくるレンズとに大別されます。

作り置きしているレンズというのは、店舗から注文があれば即出荷ができますので、翌日とか翌々日にはお店に届くわけです。
(メーカーの出荷締め切り時間や出荷場所から店までの距離によって、いつ届くかが変わってきます。)

この類のレンズは、基本的には無色の単焦点レンズが対象になります。


下図はレンズの製作範囲表の例です。

近視や遠視の度数と乱視度数との組み合わせで、どこまでの度数なら製作が可能か、どこまでの度数なら作り置きがあるかがわかるようになっています。

最もスタンダードな屈折率のレンズでは、作れる範囲が狭いです。
色の濃い範囲が作り置きをしている度数です。

1209183.jpg


屈折率が高くなると、作れる範囲が広くなります。
作り置きしている度数も増えます。

1208182.jpg


高屈折のガラスレンズの場合は、弱度数での注文が非常に少なくなりますから、ある程度の度数でないと作り置きはしていません。

1208181.jpg


このような作り置きしているレンズを、あらかじめ店に用意しておけば、注文と同時にレンズの加工(レンズを削ってフレームに組み込む)ができますので、即日お渡しが可能になります。


ですから、当店もレンズを大量に用意しておけばよいわけですが、近年はレンズの屈折率だけでなくコーティングの種類も増えましたので、よく売れるレンズを揃えておこうとしたら莫大な枚数の在庫を抱えることになります。

それでも、次から次へとさばければまだよいのですが、当店の場合は、この作り置きのレンズを販売することが多くはないのです。

先ほど、作り置きしてあるのは無色の単焦点レンズが基本と述べましたが、当店の場合は無色の単焦点であっても、度数が強度であったり、プリズムを入れる必要があるため特別注文になったり、レンズのカーブや中心厚を指定したりすることがとても多いので、作り置きのレンズを使うことがあまりないのです。

また、凸レンズの場合は薄型加工をしますので作り置きレンズはまず使いませんし、カラーをつけたり、多焦点レンズにしたりすれば、受注生産レンズになってしまいます。

せっかく作り置きレンズを用意していても、これでは回転しませんから非効率極まりありませんし、長期滞留させておくことでレンズの変質が生じる可能性がないとも限りません。

このような事情があり、当店ではレンズの在庫をほとんどしておりません。


ちなみに、即日お渡しとか数十分でお渡しができる条件がもう一つあります。
それは、加工に専念できるスタッフがいることです。

当店の場合、加工は私しかできませんので、私が他のお客様のお相手をしているときは加工ができませんし、加工中に他のお客様が見えたときは、妻の手が空いていなければ一旦作業を止めて、そのお客様のお話をお伺いしています。

そのため、レンズの在庫があったとしても、一組のメガネを仕上げるまでに数時間要したり、場合によっては営業時間中にできない、ということも起こります。
もちろん、タイミングよく事が進んで、数十分で出来上がる場合もありますが、「その日のうち」とか「何時までにできます」とお客様にお約束するのは、結果として嘘をつくことにもなりかねないので、大っぴらにはできないのです。


「すぐ欲しい」というお客様の期待に応えられないのは非常に心苦しいのですが、事情をお察しいただければ幸いです。




  1. 2012/08/18(土) 23:32:20|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トーマスランド号

過日、富士急ハイランドへ妻子と一緒に行ってきました。

私が富士急ハイランドへ行くのは、これが4回目。

小学生の時に2回。
このころは2回転ジェットコースター「ダブルループ」と回転しないけれど距離の長い「ジャイアントコースター」が売りでした。

高校生の時に遠足で1回。
このころは、回転にひねりが加わる「ムーンサルトスクランブル」が人気でした。

私が一番好きだったのは、「ロッキースライダー」という水上コースターでしたけど。


二十数年ぶりに訪れる富士急ハイランドは、当時とは乗り物もほとんど変わっているわけですが、2歳10か月の息子を連れて行く目的はハイランド内の「トーマスランド」。

ハイランドは3歳未満は入園料がかかりませんし、我々も別段何か乗り物に乗りたいわけでもないのでトーマスランド内の乗り物料金くらいで済みますから、パスポートを買う必要のない今のうちに行っておくのがお得なのです。


富士急ハイランドへ行くにあたって、まず大月駅(JRと富士急行線の乗換駅)まで妻子を車で送りました。

ixy_20120813_01.jpg

そして私は、一足先に車でハイランドへ向かいます。


なぜかといいますと、富士急行線を1日2往復している「トーマスランド号」に乗せたいという妻の希望があったからで。

トーマスランド号というのは、車体や車内がトーマス関連で彩られている車両でありまして、特別料金が必要なわけでもなく、いわゆる普通運賃で乗車ができます。

大月駅には少し早めについたので、先発の「フジサン特急」が止まっていたようです。

1208171.jpg

そして、トーマスランド号が入線。

IMG_1027zz.jpg
IMG_1030zz.jpg

先頭車両の最前列には、「運転台」が。

EOS_02316.jpg

ここから富士急ハイランドまで50分程度の旅です。
(終点は、その次の河口湖駅になります)


さて、私はといいますと、ハイランドへ車を止めまして、そこからタクシーに乗り込みます。
途中駅まで出向いて、そこで乗り込む算段です。

時間的に「下吉田駅」へ向かうのがよさそうでした。

EOS_02295.jpg
EOS_02297.jpg

数年前に新築された駅舎は、まだとてもきれいで、構内にはスハネフ14形客車が展示されています。

1208174.jpg
1208173.jpg

寝台特急「富士」のテールマークと、西鹿児島行の案内表示つきです。


切符にはハサミが入ります。

1208172.jpg

ホームから、富士山が見えます。

EOS_02300.jpg


定刻通り、トーマスランド号がやってきました。

EOS_02303.jpg

車内は家族連れで結構混雑していましたが、妻子は一番前の席に座れていたようです。
車内備え付けの、トーマスランドのキャップをかぶって1枚。

EOS_02305.jpg


途中、富士山駅(旧・富士吉田駅)にてスイッチバックがありまして、進行方向が変わります。

EOS_02312.jpg
EOS_02313.jpg


富士山駅で、結構人がおりましたので、少し車内を撮影する余裕ができました。

EOS_02317.jpg
EOS_02320.jpg
EOS_02310.jpg


次の駅が「富士急ハイランド駅」です。
無事到着しました。

EOS_02323.jpg

トーマスランド号に乗って、この駅に下車した人は「記念乗車証」がもらえるという話でしたが、最初もらえなくて、改札の人に言ったらもらえました。

EOS_02327.jpg

ただし、大人はもらえないようです。
トーマスマニアの大人は、奪い合いにならないように、トーマスに興味のない子供を連れて乗車するのが良いと思います。


  1. 2012/08/17(金) 23:00:01|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

集中力が足りない


洗面所で水を出して遊んでいたら、洗濯機の脱水が始まり、そっちが気になってしまい、もはや水遊びはどうでもよくなった模様。
  1. 2012/08/16(木) 18:27:24|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妻の楽しみ

Mt.富士

談合坂SA

連休のお知らせ

メガネの一心堂は、13日~16日まで連休をいただきます。

17日から平常通り営業いたしますので、よろしくお願い申し上げます。

1208121.jpg
  1. 2012/08/12(日) 19:53:46|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

痛みと痒み

私は、どちらかというと肌が丈夫ではなく、湿疹ができやすい体質です。

小規模な湿疹は、しょっちゅう発生していますし、過去3回、全身に湿疹が伝播して、長期間苦労したこともありました。

今もまた、一進一退を繰り返しています。
大ごとになる前に、水際で食い止めているような状況です。

IMG_0196zzz.jpg

ジュクジュクしたり、小さなポツポツができたり、湿疹の出かたは毎回同じではないのですが、共通するのはとにかく痒いこと。


総胆管結石・尿管結石・椎間板ヘルニア・陥入爪(巻き爪)など、世間一般に「これは痛い」と言われているものを経験してきている私としては、「痛いのと痒いの、どちらが辛いか」ということをよく考えます。

上述のようなことが原因で生じる痛みは、他に何も考えられないような状況になります。
痒い場合は、とりあえず掻くことができれば、一応の現実逃避は可能です。

「痛みで会社を休む」というのは認められても、「痒みで会社を休む」というのは「何考えとんねん」となりそうです。

ですから、単純に考えれば「痛み」のほうが辛いと認識されていると考えるのが妥当でしょう。
どちらが命にかかわることが多いかと言ったら「痛み」でしょうしね。


しかし、そういった風潮が蔓延している以上、痒みで苦しんでいる場合は、痒みをおして作業を続行しないといけません。
集中力を維持するのは大変です。

さらに、痒みに耐えられず掻いて入る人に容赦なく投げかけられる言葉「掻いちゃダメ」。
「言っていることはわかるけれど、だったら代わってくれよ」と言いたくなります。

「痒くて痒くてたまらない、掻きむしりたい」そういう状態になっちゃっている人を身動きできないように固定したら、これ、立派な拷問になります。

想像するだけで、痒くなってきたので終わりにします。


結論、

痛いのが辛いのは当たり前ですが、痒いのも相当辛いっす。


  1. 2012/08/11(土) 23:34:52|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

banana

我が家にある英語レッスン(というほどのものでもない)のDVDの映像中に、

バナナのゼッケンをつけた人が出てきまして、

1208104.jpg

ナレーションの「バナ~ナ~」という発音に合わせて、体操をするシーンがあります。

1208103.jpg
1208106.jpg
1208107.jpg
1208105.jpg

バナナとどういう関係があるのか、私は細かくDVDを見ていないのでわからないのですが、とにかく息子がこのシーンを気に入ったらしく、

「ばなな~」と言いながら真似をしていました。

あっちでバナナ、

1208102.jpg

こっちでバナナ。

1208101.jpg

これ以上先の動きは、どうやってもできないんですけどね。

下手をすると首を痛めかねませんが・・・



ちなみに、このシーンが流れているとき、画面の隅に

1208108.jpg

「お子さんが無理にまねをしないようにしてください」と出てきます。

「無理に」とご丁寧に書いてあるところが、結構ウケたりします。

  1. 2012/08/10(金) 23:40:19|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おまる


息子自身、何に使うものかはわかっているものの、今だ一度も役に立たず、オムツと仲良し。
  1. 2012/08/09(木) 20:37:27|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一部融像除去斜位と融像除去斜位

当ブログの中で、何回となく出てきた「一部融像除去斜位」と「融像除去斜位」についてです。

「associated phoria」の訳語として用いられているのが「一部融像除去斜位」、
「dissociated phoria」の訳語として用いられているのが「融像除去斜位」です。

ただ、どちらの単語も「英和・和英眼科辞典」には載っていませんので、我が国においては眼鏡業界で使われている用語ととらえるべきかもしれません。



まず、「融像」というのは詳しくはこちらを参照いただくとしまして、簡潔に言えば、右眼と左眼で見ているものを一つのものとして合成す、る能力です。

右眼にこれ、

1001187.jpg

左眼にこれを見せたときに

1001188.jpg

こういう風に頭の中でとらえられる能力になります。

1001181.jpg


融像が達せられるためにはいくつかの条件がありますが、

右眼にこれ

0908238.jpg

左眼にこれ

0908235.jpg

を見せたときには、その条件が満たされない(左右眼がそれぞれ全く異なるものを見ている)ため、融像ができません。

よって、このように融像が壊された状況下で測定される斜位を「融像除去斜位」と呼んでいます。
眼科で「斜位」といえば、通常はこの斜位のことを指します。


一方、「一部融像除去斜位」というのは、文字通り「一部の融像が除去された状態で測定される斜位」です。

これを測定する最も代表的な視表がこちら。

1208081.jpg

裸眼では十字に見えますが、偏光レンズを利用することで、

片眼(右眼が一般的)には縦線が、

1208083.jpg

もう片眼(左眼が一般的)には横線が、

1208082.jpg

それぞれ見える環境を作ります。


このとき、右眼では横線以外のものは見えている状態であり、左眼では縦線以外のものが見えている状態です。
つまり、縦線なり横線なりを除いては、両眼で同じものが見えているということになります。

ですから、縦線・横線以外のものは融像が可能であり、縦線と横線は融像が不可能だということです。
これが「一部融像除去」の一例だとご理解ください。

この視表において一部融像除去斜位が検出されなければ、偏光レンズ装用下でも裸眼で見ているときと同じような十字に見えますし、検出されれば、たとえばこんな感じの見えかたになったりします。

1208084.jpg



融像除去斜位の値というのは、その人が本来持っている斜位の値に限りなく近いものだと考えてよいでしょう。
ただ、その測定環境というのは非日常的です。
右眼と左眼で全く異なるものを見るようなことは、通常はありませんよね。

一方、一部融像除去斜位というのは、限りなく日常視に近い環境下で測定される斜位と言えましょう。


ちなみに、融像除去斜位の値がゼロなのに、一部融像除去斜位は測定される、ということは普通はありません。
その逆はあり得ます。

ですので、一部融像除去斜位が測定されなかったからといって「斜位はありませんね」と判断するのは正しくありません。


どちらの斜位も、視機能の状態を把握し、眼鏡処方をしていく上での目安として用いられるものですが、両者にどのような違いがあるのかということを理解しておくことが大切だと思います。


  1. 2012/08/08(水) 23:46:27|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なかじまファミリー

おととい、中大の後輩の「なかじまくん」が、奥さんとお嬢さんを連れて店へ足を運んでくれました。

私が三年生のときに、一年生としてサークルに入ってきた、なかじまくん。

私のいたサークル(速記研究会)は、新入生を勧誘する際、時間割(受講する講義の選択)のアドバイスをすることで警戒心を解きつつ本題に食い込んでいくという手法を取っていて、学部が同じだった私が彼にアドバイスを施しました。

そんな縁もあって、後輩の中では一緒に遊ぶことが一番多かったですし、神戸時代・名古屋時代にも遊びに来てくれました。

2008年に、同じサークルの「さとこさん」とご結婚。
うちの息子が生まれる数か月前にお嬢さんが生まれました。

かねてから、「一度、息子と見合いを」と思いつつ、今回ようやくご対面。

ixy_20120805_15.jpg

微妙な距離感で見つめ合うふたり。


土・日休みのなかじまくんと、木曜休みの私とでは、なかなか時間が合わないけれど、ぜひ見合い第2弾を。

12080611.jpg

さとこさんの強いご希望により、目線を入れました。

またお会いしましょう!!



  1. 2012/08/07(火) 22:56:14|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高度管理医療機器

当店ではコンタクトレンズの販売をしています。
しかし、処方(度数やレンズ種類の決定)行為はできません。

ですので、私に「コンタクトレンズの度数を決めてほしい」と依頼をされても、対応ができません。

また、あくまでも処方箋に基づいて販売をするという決まりになっていますので、「これと同じ度数で」と今まで使っていたレンズのパッケージをご持参いただいても、処方箋がないかぎりはお渡しできません。

調剤薬局と同じようなイメージとご理解いただけるとよいかもしれません。
ある医師から処方された薬がなくなったからと、その薬を購入した薬局へ行って同じものを購入しようとしても、普通は無理ですよね。
それと似ています。


20世紀末からどんどんシェアを伸ばしている、使い捨てコンタクトレンズの影響で、コンタクトレンズが非常に身近な存在になっているのは事実でしょう。

ですが、コンタクトレンズは薬事法においては「高度管理医療機器」に分類されています。

薬事法では、医療機器をリスクに応じて「一般医療機器」「管理医療機器」「高度管理医療機器」と分類をしています。
国際分類においては、リスクの少ないものから、クラスⅠ~Ⅳに分けられています。

1208074.jpg
1208073.jpg

メガネのレンズは「一般医療機器(クラスⅠ)」です。

1208072.jpg

コンタクトレンズは「高度管理医療機器(クラスⅢ)」です。

1208071.jpg


メガネレンズと、コンタクトレンズの一番の違いは、眼球に付着させるか否かということでしょう。
眼球に付着させるコンタクトレンズのほうが、その取扱いの如何によって眼に重篤な問題を生じさせるであろうことは容易に想像がつきます。


そして、それだけリスクが高いものであるにもかかわらず、納品後の実際の管理はユーザー各位にゆだねられています。

たとえば、同じクラスⅢの「眼内レンズ」。
これは白内障の手術のときなどに、水晶体の代わりに眼内に装着されるものです。
装着されてしまえば、通常、ユーザーは管理の必要がありません。

でもコンタクトレンズは、日々の付け外し、洗浄・消毒・保存といったケアはユーザーが行います。
つまり、ユーザーの誤った使いかたで、眼に障害が起こる可能性があるわけです。


そういったことがないよう、我々販売(管理)者は正しい使い方を説明していくことが要求されますし、
ユーザー各位も、正しい使い方を順守していただく必要があるのです。


  1. 2012/08/06(月) 23:33:17|
  2. コンタクトレンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャンプ座間 花火 2012

昨日は、近所の米軍座間キャンプ内で盆踊り&花火大会がありました。
キャンプ内は、四月の桜祭りのときと同様に、一般開放されます。

当店の最寄駅「相武台前」が一年で最もにぎわう日のはずです。


花火は20時半ごろから打ち上げなので、閉店後に妻子と一緒に出かけました。

ixy_20120804_01.jpg

盆踊り会場の近くではいろいろな屋台が並んでいます。

ixy_20120804_03.jpg
ixy_20120804_04.jpg

キャンプの敷地内には陸上自衛隊の分屯地もありますので、米軍だけでなく自衛隊のグッズも売られています。

ixy_20120804_02.jpg


こんなときくらいしか米ドルを使う機会もないので、ピンバッジを買いました。

1208051.jpg

200円也。
日本円で払ってどうすんだって話ですが。


予定時刻より少し遅れて打ち上げ開始。

ixy_20120804_06.jpg
ixy_20120804_05.jpg

息子はベビーカーに着席して観覧していましたが、

ixy_20120804_07.jpg

じきに飽きてきたようで、ここでも嬌声を発して走り回ります。

ixy_20120804_08.jpg


花火大会は20分ほどで終了です。

ixy_20120804_091.jpg
ixy_20120804_10.jpg
ixy_20120804_11.jpg

そそくさと撤退します。

ixy_20120804_12.jpg

駅までの道は、人の流れが続いています。

いつもこれくらい人通りがある街ならなぁと、毎年感じます。

  1. 2012/08/05(日) 22:25:28|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ただいまアメリカにおります


といっても、米軍座間キャンプですがね。
  1. 2012/08/04(土) 20:25:59|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

74回目

昨日は既報の通り、高度管理医療機器販売管理者の継続研修でした。

政治の中枢、永田町までお出かけ。

1208032.jpg

会場は、砂防会館別館内の「シェーンバッハ・サボー」。

ixy_20120802_01.jpg

「サボー」といえば、我々の世代はロサンゼルスオリンピックで、アメリカのレットン選手と女子体操個人総合で金メダル争いをしたルーマニアのエカテリーナ・サボー選手を思い出します。

あれから28年経ったロンドンオリンピック。
この研修がなければ、男子体操個人総合を最後まで見られたのですが、寝坊したり居眠りしては大変なので、田中選手の吊り輪と、内村選手のあん馬を見届けて寝てしまいました。
チッ。


ここ数年、私は申し込み開始初日に申し込んでいるので、今年こそは最前列、あわよくば1番を、と狙っていたのですが、結局前から4列目でした。

私は両眼視下での右方への向き運動が苦手なので、モニターが左側にあるほうが見やすいのですが、たいてい右側にモニターがある席にあたっています。

ixy_20120802_04.jpg

開始5分で夢の世界へ旅立たれていた人も多い中、私は最後まで頑張りました。


この制度が始まった2年後から行われている継続研修も今年で7回目。
受講しなくても明確な罰則がないみたいですが、皆勤賞です。
修了証を10枚集めたら、何かもらえるとよいのですが。

1208031.jpg


さて、研修が終わった後は、新宿へ向かいます。
東京の夏を味わうべく、新宿まで歩いて行こうかと2秒ほど考えましたが、そそくさと地下にもぐり、丸ノ内線の赤坂見附駅へ移動します。

1208033.jpg

下車駅は新宿三丁目。

ixy_20120802_08.jpg

目的地は、新宿東口献血ルーム。
先週のリベンジです。
紀伊國屋書店の隣のビル内にあります。

ixy_20120802_09.jpg

と、その前に、お昼ご飯を済ませないといけません。
とんこつラーメンを食べると決めていたので、そのようにし、いざルームへ。

ixy_20120802_10.jpg
ixy_20120802_11.jpg

初めて訪れたルームです。
待合室はそれなりの広さがあり、占い師さんをお招きしての「タロット占い」コーナーなんてのがありました。
期間限定だったのかもしれませんが。

医師の診察は、これまでで一番細かかったかもしれません。
処方薬を飲んだりしているので、その辺で話が広がりました。

心電図を撮り終えてから本番前の検査採血です。

このとき、いつも私は右腕を使います。

ixy_20120803_15.jpg

本番が左腕なのです。

ixy_20120803_14.jpg

ただ、毎回採血に時間がかかっていることを看護師さんに告げると、本番採血担当のかたを呼んでこられて、どちらの腕が本番向きか再度判定作業を。

結果、どうも左腕の正中皮静脈は細いんじゃないかということになり、今回の本番は右腕になりました。
ずっと左腕を使っていたので、傷んできたのでしょうかね?


検査採血のとき「油っこいものを食べましたか?」と聞かれ、「とんこつラーメンを20分前に」と告げたところ、「直前の食事で脂っこいものを食べると、成分がうまく分離しないことがあるので、あっさりしたものを摂ってください」と言われました。

そういえば、以前もそんなことを言われた気がしますが、たいてい献血前は脂っこいものを食べていますな。


無事に終わった74回目。

ixy_20120802_13.jpg

粗品は、カロリーメイトとウエットティッシュでした。
あと、ルーム内にある、お菓子かアイスの自販機で何か一つをもらえるというので、スティックポテトを。

ixy_20120802_12.jpg


年内に、もう一回はやっておきたいですが、どうなりますか。。。

乞うご期待。

  1. 2012/08/03(金) 21:34:05|
  2. 献血
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

研修中


高度管理医療機器の販売管理者研修です。ドレスコードがあったら、ひっかかりそうな、やる気のない格好で来ていますが、やるときはやります。
  1. 2012/08/02(木) 10:00:49|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad