キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

オートレフラクトメーターへの依存

以前、業界紙に載っていた消費者アンケートで、眼鏡に関する不満点というようなものがありました。

その回答の中に「度を調べるのに時間がかかりすぎる。なんであんなに時間がかかるのかわからない。」というのがありました。

非常に耳の痛いご意見ではありますが、眼鏡店の中には「度数測定に要する時間(=人件費を要する時間)をできる限り少なく」という方針のもと、非常にスピーディーに度数を決定されているところもあるようです。

これは私の偏見ですが、度数測定にウェイトをかけない施設の場合、オートレフラクトメーターへの依存度がかなり高いと思います。

では、オートレフラクトメーターの精度というのは、実際どんなものなのでしょう。

一般に、ピント合わせの機能がバリバリに働いている低年齢の子供や、眼疾患などで矯正視力が出にくいかたの場合は、あまりあてにならないことが多いようです。
逆に言うと、矯正視力で1.0以上を得る力がある大人であれば、そこそこの精度は出ます。

ですから、オートレフラクトメーターの値でそのまま作ったとしても、結構問題なく使える人は少なくないでしょう。

が・・・・


これは、当店にご来店されたお客様(60代)のデータです。

現在、眼鏡は既製老眼鏡しか持っていないかた。
裸眼視力は、左右共に1.0ありますが、数メートル離れたテレビが見にくいとのことです。

オートレフラクトメーター(当店はオートレフケラトメーター)のデータは、

1207315.jpg

上の黄色いところが右眼、下の黄色いところが左眼の測定値です。

1207311.jpg

左右共に近視はなし、右眼に3段階、左眼に1段階の乱視があります。

このデータをバカ正直に信頼すれば「あ、軽い乱視がありますね。少し見にくいのは乱視のせいですね。」てな具合に話をすすめ、この度数で1.0が見えることを確認した上で、たとえば「右眼は一段乱視を弱く、左眼は度なし」でつくることに決定、となるかもしれません。


ちなみに当店で(妻が)、このお客様に両眼開放屈折検査を行なって得られた完全矯正値はこちらです。

               S       C     AX
1207313.jpg

右眼は1段階の遠視と2段階の乱視、左眼は4段階の遠視と4段階の乱視です。
(120、80という数字についての説明は、大事なことですがここでは割愛します。)
この度数を通して、左右共に1.5の遠見視力が得られています。

こういうタイプの度数は、眼に結構負担を強いるのですが、オートレフラクトメーターでは検知できませんでした。
つまり、オートレフラクトメーターに依存しすぎると、「お客様が実はこんな問題点を抱えていた」というのを見落とすことになります。


もちろん、この一例のみを以って、オートレフラクトメーターを全否定するつもりはまったくありません。
ただ、こういう誤差が生じることもあるのだから、「専門店」を名乗る以上は、オートレフラクトメーターに頼りすぎるのはいかがなものかと思うわけです。

お客様に負担をかけないように、スムースに度数を測定していくのは大切なことですが、それに傾倒するあまり本質的なところを見落としてしまうのは本末転倒です。

しかも実際は、度数だけを測ればそれでおしまいというわけではなく、眼位の検査なども必要になるのが普通ですから、椅子に座って1~2分で度数決定というのは考えにくいです。

専門家として責任のある仕事をしていく上においては、ある程度の時間は要します。
そこのあたりを、いかにうまくお客様に伝えていくかが、我々に求められている大切な課題なのです。





  1. 2012/07/31(火) 23:07:17|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年四本目

柔道を見ながら食べていたら、ソーダ味で当たりました。

1207301.jpg

がんばれ、ニッポン!!

  1. 2012/07/30(月) 23:20:53|
  2. ガリガリ君
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

同姓

「木部」という苗字、あまり見かけないと思います。

私自身、今までに、親戚関係以外でこの苗字の人と直接お会いした記憶がありません。

ですので、新聞やテレビで、まれにこの苗字を見かけたり、聞いたり(この場合は漢字が違うこともありますが)すると、何か変な気持ちがします。
ホームセンターのペンキコーナーなどで「木部用」と書かれたPOPを見つけても同様です。


先日、スポーツ新聞で高校野球地区予選の記事を読んでいたときに目に止まったのがこちら。

1207291.jpg

全くゆかりのない人ですので、詳細は伏せますが。


「おっ」と思い、ネットのニュースも調べてみました。

1207293.jpg
1207292.jpg

エースではなく、二番手ピッチャーのようなのですが、素晴らしい。

準々決勝も一人で投げ抜き、準決勝へ。


残り2勝して甲子園へ出場しますと、「熱闘甲子園」で長嶋三奈さんに「木部くんが」と名前を呼ばれる可能性もあるわけで、期待をしました。

が、残念ながら準決勝で敗退。
先発ではなく、途中からマウンドに上がったようでした。


今年のドラフトにかかるか、注目したいと思います。

  1. 2012/07/29(日) 23:55:33|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お祭り

今日は、当店の所属する商店会が関与しているお祭りが二つ。

一つ目は座間市の相武台神社。

ixy_20120728_101.jpg
ixy_20120728_07.jpg
ixy_20120728_06.jpg

私は自店の仕事がありますので、何のお手伝いもできません。
例によって、妻子を遊びに行かせます。

相武台神社のお祭りの日は、雨が降る確率が非常に高いのですが、去年・今年とお天気に恵まれています。


もう一つは、緑台小学校での盆踊り。
自治会と商店会との合同企画です。

小学校の校庭ですので、無駄に広い。

ixy_20120728_14.jpg
ixy_20120728_19.jpg
ixy_20120728_12.jpg
ixy_20120728_13.jpg
ixy_20120728_15.jpg

息子は、音と光の出る鉄砲のおもちゃを買ってもらって帰ってきました。

来年は、いろいろなゲームにチャレンジできますかね?

  1. 2012/07/28(土) 23:36:48|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

74回目・・・不発

昨日は、妻が千葉県に住むお友達の家に遊びに行くことになっておりまして、例によって車で送り迎えをしてほしいと勝手なことを言い出しました。
妻子がお友達と過ごしている間、私はどこかで時間を潰す、というお決まりのパターンです。

率直に言って、気が進みません。
でも我慢です。


貴重な休みを1日潰す以上、何か得るものがなければ、全くの無駄になります。
どう過ごすかを真剣に考えましたところ、お友達の家から松戸が近いことが判明しましたので、松戸の献血ルームで74回目をやることにしました。

現在、処方薬を内服中ですが、献血するには不適切ですから、内服を中止して臨みます。
たかが献血といえども、体をはっているのです。


お友達の家に行くには都心部の渋滞を避けるため、保土ヶ谷バイパス→横羽線→湾岸線→中央環状線にて四ツ木インターで降りる、というパターンが無難です。
しかし、松戸に近いということは、外環道の三郷南インターにも近いわけです。
そうすると、東名→3号線→中央環状線→5号線→外環道という大回りルートも可能です。
一度、山手トンネルを通ってみたいと思っていましたし、四ツ木までの環状線の渋滞程度によっては大回りしたほうが早いです。


ということで、私なりに目的を見出し、いざ出動。
成分献血の午前中の受け付けは12時までですが、ギリギリは失礼なので、11時10分までにお友達の家に到着すれば、余裕を持ってお願いできそうです。

アイパッドで渋滞情報を確認したところ、3号線の池尻付近で小さな渋滞がある以外は、大回りルートのほうがスムースのよう。
東名に乗ります。

が、東名に乗った直後、ラジオでの交通情報によると、3号線の渋滞は故障車によるものとのこと。
嫌な予感がします。

東名の東京料金所をすぎたあたりから渋滞になりました。
のろのろ動いているのならよいのですが、止まっている時間が長いです。
故障車の移動で道路がふさがっているようです。

結局、山手トンネルに入るまでに40分以上を費やし、この時点で予定時刻内の到着が困難に。
とどめに、美女木ジャンクションの手前でも渋滞にはまり、お友達の家に着いたのは・・・

ixy_20120726_01.jpg

アウト。


つべこべ言っても仕方ないので、とりあえず松戸へ行きます。

献血ルームの前にも一応行ってみました。

ixy_20120726_02.jpg

全血献血なら13時まで受け付けしているのは知っていました。
が、400CCをやってしまうと、次の献血が12週間後になります。
8月や9月にチャンスがあっても、できません。
もっとも、チャンスがなければ何の意味もないのですが。

悩みましたが、妻子を乗せてのドライブが控えていますし、万一のことを考え全血はやめておきました。


で、この後どうするか。

献血ルームの近くに跨線橋がありまして、そこでボーっと電車を見ているのも一興ですが、

ixy_20120726_16.jpg
ixy_20120726_03.jpg
ixy_20120726_05.jpg

このクソ暑いときに、そんなことを何十分もしていたら、それこそボーッとしてしまいます。
「怪しいオッサンが、うつろな目で跨線橋から下を見ている」などと通報されてはたまりません。


とりあえず、昼食をとることにしました。
トンコツラーメンでも、と思ったものの、最終的にこちらに。

1207272.jpg

丑の日がちかいこともありまして、鰻丼が良く出ているようでしたが、私は「牛丼一筋こそ吉野家。鰻丼に手を染めるなど言語道断」と勝手に考えていますので、牛丼大盛りをオーダーしました。


その後は、ゲームセンターに立ち寄りました。
去年、別のゲームセンターでトライしたクイズゲームがありましたので、リベンジをば。

全国オンライントーナメントに参戦。
キャラクターは「サンダース」を選択。

ixy_20120726_08.jpg

しかし、参加16名のうち、14名がコンピューター。
つまり、リアルは2名。
私との一騎打ちです。

ところが、この相手(セリオス)が残念ながら、ヘナチョコであることが予選の時点で垣間見れてしまいまして、

1207271.jpg

気合いが入らず、決勝では3問も間違えたのに勝利。

ixy_20120726_10.jpg
ixy_20120726_11.jpg

ちなみに間違えたのは、押し間違えが一問と、アニメ・ゲーム関連で二問。
やはり、苦手なぶんやです。


続いて、「検定モード」というのがあるようなので、「東京検定」にチャレンジ。

1回目、2問間違えて検定結果はBランクでした。

ixy_20120726_14.jpg

悔しくなったので、もう一度やったら、もっと間違えました。
なのに、検定結果がAランクになっています。

ixy_20120726_15.jpg

何だか、基準がよくわかりませんでした。

つごう300円使って撤退。
紀伊国屋にでも行ってみようかと移動中に呼び出し。

帰りも大回りルートを選択しました。


不発で終わった74回目。
早めに成し遂げておきたいところです。


  1. 2012/07/27(金) 23:30:01|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松戸


妻子がお友達と過ごしている間、私は暇です。
  1. 2012/07/26(木) 14:12:15|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書いて理解・聞いて理解

調べものがあって、眼鏡学校時代のノートを開きながら感じたことを少々。


私の場合、小・中・高の12年間、授業の受けかたとしては、黒板に書かれたことをノートに写すという作業がメインでした。

そういうスタイルに慣れてしまっていたので、大学の講義で黒板を使うことが少なくなると、必然的に講義ノートというのが非常に薄っぺらくなりました。

試験勉強は、テキストを読んだり、過去問で対策を練ったり、というのがほとんどで、基本的に「理解する」というよりも「暗記する」という作業に終始したように思います。


社会人生活を経て再び学生に戻り、アメリカ育ちの津本O.D.の講義を受けました。
津本O.D.は黒板を使わずに、90分ほとんどしゃべりっぱなしです。
最初の講義のとき、私はほとんどペンを走らせることがありませんでした。
ただ「聞いていた」のです。

2度目の講義の始まる直前、「前回はどんな話だったっけ」と考えたとき、話の内容を全然覚えていないことに気がつきました。

板書事項はほとんどないし、テキストはあっても、それに沿った話をされたわけではないので、前回の講義を振り返るすべがありません。

恥ずかしながら、26歳にして初めて、これまでの自分の講義の受け方が間違っていたことを認識しました。
「大切なのは、黒板に書かれたことを写すことではなく、聞いたことを理解することである」と。

以後、津本O.D.の講義のときは、話に集中し、極力書き止めるようにしました。

1207257.jpg

ただ書きとるのなら、特技の速記になってしまいますから、聞きながら理解をするという行程を踏まないと意味がありません。

理解しようとしながら話を聞くと、話の中でわかりにくい点・疑問点が出てきますので、講義が終わった時点で質問をしに行く、というのがルーティンになりました。

関O.D.の講義は、要点をまとめたOHPを映しながらの講義でしたので、OHPを写しつつ、話を書き止める必要があったので、体力を要しました。

1207258.jpg


正直、こんなのは当たり前のことなわけですが、講義を「聞く」のではなく「理解する」という意識が身についたのは非常にありがたかったです。


パシフィック大学での講義は、パワーポイントを利用するドクターが多く、スライドを資料として配布されるケースがほとんどでしたが、そのスライド(配布資料)も、キーワードのみ羅列のドクターや、

1207255.jpg

ポイントを細かく記載するドクターがいましたし、

1207254.jpg

パソコンは苦手だからとパワーポイントはおろか、板書も資料も何もなく、しゃべり続けるドクターもいました。

1207253.jpg


いずれの場合も、自分のリスニング力では不十分なところがあり、綺麗にノートを取っている学生にノートを貸してもらって復習した上で、ドクターに質問に行くことが常でした。

その時に感じたのは、細かくノートを取っている学生が少ないなということでした。

語学学校の講師から「日本人はノートに書いて覚える。アメリカ人は聞いて覚える」といったようなことを聞きましたが、こういうことなのかなと変に納得したりもしました。


とりとめがなくなってきましたが、日本の学校教育は、黒板に書かれたことをノートに写すことが児童・生徒の目的となってしまっているようにも感じます。
つまり、大事なことは黒板に書いてくれる、という意識が常に根底にあるという。

そうすると、大事なことを聞き取るのが上手にならないような気もします。
かつての私がそうだったように。

ポイントをつかむ能力が培われていないと、話を聞いた後で「質問は?」と聞かれても「さぁ・・・」となりがちではないでしょうか。


英語のリスニングの講義で、数分程度の文章を聞きながらポイントをメモし、あとで質問に答える、というのがありました。

そんな感じで、要点を黒板に書いてもらわなくても自ら聞き取るという訓練も必要なのではないかと、ふと感じたのでありました。


  1. 2012/07/25(水) 22:54:27|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

docomo wi-fi

本日「ドコモのwi-fiスポットとしてご協力いただきたい」ということで担当さんがお見えになり、承諾しました。

それはいいのですが、何しろ端末がデカい。

1207242.jpg

A4サイズで厚さが10センチ以上あります。

ソフトバンクの端末が2Lサイズで厚さ5センチ程度ですから、4倍近い大きさです。

端末の破損を防ぐため、カバーで覆ったので、このサイズになったそうですが・・・


白い犬のステッカーに続いて、キノコが仲間入りです。

1207241.jpg


今のところ、当店スタッフは全員ドコモユーザーですが、スマホユーザーは一人もいないので、何の恩恵もありませんが、お客様のお役にたてば幸いです。


  1. 2012/07/24(火) 22:54:43|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マンゴー

先日、母がお友達からのお土産でマンゴーをいただきました。

そうしたら、今度はこんな荷物が届きました。

ixy_20120722_02.jpg

「また、マンゴーが届いたぞ」と思ったのですが、


中身は・・・・

ixy_20120722_04.jpg

注文していた幼児用フレームでした。


  1. 2012/07/23(月) 22:04:22|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

売り筋御三家

当店で女性のお客様(近くのものが遠用眼鏡では見えにくい世代)が選ばれる確率が高いのが、

ラインアート

1207222.jpg

プリズマ

1207221.jpg

パサパ

1207223.jpg

の3シリーズ。


いずれも、超個性的というよりも、女性らしい優しいデザイン・カラーリングのものが多いです。
派手でなく、でもお洒落に、といったご意向に沿いやすいのかと思います。

なので、こちらとしても、ついついご紹介する機会が増えますから、その結果として選ばれる頻度が多いのかもしれません。

これでは物足りないというお客様には、ちょっと派手目のものもご用意しております。


  1. 2012/07/22(日) 22:41:00|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とりあえず修理に


昨日のネタにした、キャノンのデジカメ920IS。
やっぱり、レンズが出てこなくなりました。
妻が使う気になっていますし、前回と同一箇所の故障なら、保証がききますので、とりあえず見積もりを出してもらうことにします。
今から、修理品お預かり窓口へお出かけです。
  1. 2012/07/21(土) 20:34:30|
  2. 家電・パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IXY3

ふだん、業務用に使っているデジカメ、キャノンのIXY920IS。

canon.jpg

昨日、ホームページで使いたい写真を撮りに駅へ行き、いざ撮影しようと思ったら、レンズが出てこなくなりました。

3月に延長保証制度を使ってしまったので、今回は同一箇所の不良でなければ有償になります。
おそらく1万円を超える金額になると思われます。

修理から戻ってくるまでの2週間ほど、EOSデジタルを使うことになりますが、EOSは店で乱雑に使うには向きません。

購入してから3年半。
迷いましたが、業務に支障が出るので、買い替えることにしました。


キャノン以外は考えていないので、920と同等以上のものを探しました。
最低限必要とする条件は、接写可能距離が2cm未満であることと、広角時が28ミリ相当未満であること。

IXY3とIXY600Fの2択になりました。
ズームをはじめとした付加機能はIXY3に軍配があがりそうですが、正直なところ業務用なのでこだわっていない部分でありまして。

バッテリーのもちが良いのは600F。
でも920には勝てません。

起動が早いのも600F。
1.3秒となっていますが、920の1秒には勝てません。

まぁ、しょうがないかな、ということで600Fに決めかけたのですが、接写した時に周辺部が微妙にぼけてしまいます。
デモ機が2台あったのですが、どちらもそうでした。
なにかフォーカスの設定があるのかと、いじってみましたが、よくわかりません。

一方、IXY3のほうは、接写時の問題はありません。
920に比べて、ピントも合わせやすいです。

バッテリーのもちは短いし、起動も2.2秒と遅いしで、イマイチ気に入らないのですが、600Fの接写具合は、どうにもいただけませんので、IXY3になりました。

カラーは赤。
店で使うものなので、赤よりも黒があれば黒にしたかったのですが。

1207201.jpg

(ダブっているように見えるのは、鏡に映したものを接写で撮ったからで、文字が反転していないのは反転加工をしたからです。)


さて、家に帰って、箱をあけていろいろ設定した後、920をいじってみたら・・・

普通に動きました。
あらら。


ただ、何回かオン・オフをしてみたら、微妙に不安定な作動をしていますので、いつまでもつかはわかりませんが、妻が使うというので、朽ち果てるまで頑張ってもらいましょう。



  1. 2012/07/20(金) 23:28:47|
  2. 家電・パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

半日がかり


今週も病院がよいでした。先週とは、違うところですが、混んでいるので昼過ぎまでかかりました。
  1. 2012/07/19(木) 18:25:12|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

迷惑メール

去年の秋、携帯に「景気のいい迷惑メール」が良く届くようになった、というネタをアップしました。

そのうち、メールの内容が、景気のいい話から、アダルトな話に変わってきました。
一日あたりの迷惑メールの量も増えてきて、バッテリーの減りが早くなってきたので、新年早々、1月1日の夜、そのうちの1通のメールに記載されていた「配信停止希望はこちら」といった感じの箇所をクリックしました。

そうしたら・・・

何か(忘れた)に登録されました、みたいな表示が出て、今度は「ただちに入金してください」みたいなメールが届くようになりました。
頻繁にメールが届いては着信音が鳴り響きます。
着信音は「中大校歌」のイントロ。

電源を切ってしまえばよいのですが、そうもいきません。

なぜか。

1月2日は、箱根駅伝の往路です。
早起きをしないといけません。
目覚まし代わりに携帯のアラームをセットするのが恒例です。
アラームの音は「中大応援歌」。

電源を切ってしまったら、アラームは鳴りません。

妻に文句を言われながら、電源を入れたまま、一晩過ごしました。


箱根でランナーの到着待っている間、迷惑メールを何とかしたいと考え、適当にあれこれいじっていたら、「メール選択受信」という設定ができるようでしたので、それにしてみました。
翌日も復路で早起きですので、電源を入れたまま寝ないといけませんからね。

このシステム、送られてきたメールを、メールセンターが保管する形になっています。
直接、携帯には届きません。
つまり、こちらからメールセンターに問い合わせないと、いつどんなメールが届いたのかがわかりません。
(ちなみに、一週間で、約1000通くらいの迷惑メールがたまります。)

実際、携帯に届く迷惑メール以外のメールは、妻からのメールくらいしかありませんので、特に不自由もなく最近まで過ごしていました。

が、ある休日、別行動していた妻から電話がかかってきました。
「なぜ、メールに返信しないのか」と。

と言われても、こっちは、問い合わせをしていないから、メールが届いたことすら知らないわけで、返信のしようがありません。


というわけで、真剣に対策を考えた結果、特定のドメインからのメールしか受信しないようにする方法を見つけたので、そのようにしてみました。


おかげで、これくらいのペースで送られてきていた迷惑メールを目にすることもなくなり安堵しています。

1207181.jpg


アドレスを変えればいいと思われるかもしれませんが、愛着のあるアドレスですので、迷惑メールごときに屈するわけにはいかないのでした。


  1. 2012/07/18(水) 23:33:07|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホームページ書き換え

今、メインで使っているWindows7 64bitでは正常作動しなくなってしまった「Golive」を諦めて、「ホームページビルダー」でホームページを作り直そうと思い立ったものの、そのまま半年近くが経とうとしています。

主に顧客管理とレンズ発注用にしているWindows7 32bitなら「Golive」の作動に問題がないようなので、「まぁ、いいや」という気持ちが先に立ち、かといって新しいページを「Golive」でつくったところで、いずれ書き換えないといけないわけで、それもまた面倒くさい。

というわけで、ずーっと、ホームページの更新が滞っておりました。


しかし・・・

「当店へのご来店方法」というページに駅からの道のりを画像付きで載せているのですが、駅ビルが建て替え工事で跡形もなくなった現在、駅ビルがあった当時の画像をいつまでも載せていては混乱を招くことになりますので、画像を変えないといけません。

これを契機に、練習がてら、「ホームページビルダー」で作り直してみることにしました。


ところが、まったくもって要領を得ません。
指南書も買ってあるのですが、知りたいことが載っておりません。
入れたい位置に画像がおさまらず、いじくっていたら枠線がどんどん広がっていったり・・・
右往左往しながら、とりあえずアップしては見たものの、肝心の画像が表示されず、対処している間にお客様から電話がありました。

「伺いたいのですが、ホームページで地図が見られません」と。
平謝りでした。
(今は復旧しました)


とにかく、いじってみないことには始まりませんし、トップページをつくってみることにしました。

IMG_1004zz.jpg

デザインを練る余裕はないので、今までと同じような体裁になるようにやっているものの、「Golive」でできたことができず(できるのでしょうが、やりかたがわかりません)、忸怩たる思いで作業中です。

トップページを新しくすることで、検索のかかりかたも当面は弱くなるかもしれませんが、どこかで踏ん切りをつけないと始まらないので、チビチビ前に進むことにします。





  1. 2012/07/17(火) 23:55:24|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水遊び2012

平日は保育園に行っていますし、お天気や体調の関係もあって、本日が今年初めての「水遊び@駐車場」でした。


2年前

IMG_3881.jpg

1年前

IMG_8390.jpg


今年は、様子を見に行ったら、いきなり水をかけやがりました。

IMG_0975zz.jpg

カメラに水がかかり、以後調子が悪くなっております。。。


さすがにもうじき3歳ですし、車に水をかけてみたり、動き回ってみたり、

IMG_0976zz.jpg
IMG_0983zz.jpg
IMG_0984zz.jpg

今年はかなりアクティブです。


水をバケツに移しては、バケツをひっくり返したり、

IMG_0981zz.jpg
IMG_0982zz.jpg
IMG_0978zz.jpg


さんざん遊んで、休憩中。

IMG_0992zz.jpg


  1. 2012/07/16(月) 22:38:27|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

説明に窮するとき

どこの業界でもそうだと思いますが、自店に来られたお客様との会話の中で、同業他社の名前を具体的に挙げて、あからさまに批判をすることは、普通はありません。

ただ、お客様に説明をしていく過程で、遠まわしに批判となってしまうことはあります。


他店で購入されたメガネを持ち込まれ、「レンズが外れてしまったのですが、直りますか」と尋ねられることがあります。

レンズが外れてしまう理由はいろいろあります。

お客様がフレームを踏んでしまったり、ぶつけてしまったりしたはずみで外れたのであれば話が早いです。
ネジが緩んでしまったような場合も、説明は一応しやすいです。


困るのは、明らかに加工の精度が悪い場合。
「いくらなんでも、これで納品しちゃ、まずいでしょ」という仕上がりのものをたまにみかけることがあります。

「何度か外れたことがありませんか」とおたずねして「そうですねぇ」という返答が得られるときと、「初めてです」という返答が得られる場合とがあるのですが、どちらにしても、ここで修理を請け負ってしまえば、次回に外れたときは、当店の処置が悪かったと言われかねません。

ですから、可能な限り善処はするのですが、それでも「すぐ外れちゃうだろうな」という対応しかできないこともあるわけで。
何とかしようとフレームやレンズを無理していじって、壊してしまったら、身も蓋もありませんし。

このようなときは、「こういう理由で外れやすくなっているので、次回も外れる可能性が高いです」という説明をあらかじめしておかないと、こちらが責任を負うことになってしまいます。


ところが、この説明をするのが、なかなか大変なのです。
お客様は加工技術に関しては知識がないかたが多いですから、わかりやすく説明してもご理解いただきにくかったり、言葉は悪いですが「素人考え」で簡単に対処できるように思われたりします。
下手をすると「自分で直せないものだから、言い訳をしている」と思われてしまいます。


たとえば、こんなケース。

1207153.jpg

ナイロールフレームですが、レンズの形状とリム(金属部分)の形状が合っていないので、隙間があいています。

1207151.jpg
1207152.jpg

明らかにこのフレームとは違う玉型のレンズをはめていることになります。

だからといって、「これ、加工を失敗していますよ」とは言いにくいです。

もしかしたら、元のフレームが壊れてしまって、フレームを別のものに交換したかったのだけれど、うまい具合にレンズを削って移植できるものがなく、やむを得ず、お客様了承のもとで、近い形のものに(無理やり)はめ込んだ可能性もあります。

「フレームとレンズの間に隙間が何ヶ所ができてしまっています。少しフレームの形を修正して、隙間がなるべく目立たなくなるようにしてみましたが、外れやすいとは思います。もっとお直ししたいのですが、これ以上こちらでいじって、フレームを壊してしまうと大変なので、これくらいでご勘弁いただけますか」
この程度のことしか言えません。

「そこを何とかするのがプロだろう」と言われたとしても、私はそれ以上は深入りできません。
釈然としない気持ちだけが残るでしょう。


こういったケースに出くわすたび「お客様は気づかなくても、同業者が見て、下手だな、と思われる仕事はしたくないな」と思います。

  1. 2012/07/15(日) 22:27:33|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流れ梅

お中元にいただいた「流れ梅」。

IMG_0957zz.jpg

特に父がお気に入りの生菓子です。
よく冷やして、いただきます。


ゼリーのような、くずきりのような、不思議な食感です。

IMG_0958zz.jpg

梅果汁を少し飲んでみますと、

IMG_0959zz.jpg

ところてんみたいです。


ベースが梅果汁ですので、無駄に甘ったるくありません。

まさに夏のお菓子と呼ぶにふさわしい、夏季限定の商品です。

  1. 2012/07/14(土) 22:31:44|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3年ぶりの胃カメラ

3年前、数か月後に子供が生まれる、というときに初めて胃カメラを体験しました。
経鼻方式で、経口方式に比べてかなり楽だったというコメントをブログに残しております。


今回も同じ施設でお願いしました。
もちろん鼻から。

結論から言うと、3回、「ゲロゲーロ」となりました。
前回は持ちこたえられたのですが、今回はダメでしたね。
全体的に、今回はしんどかったです。

ちなみに前回との違いは、担当してくださったドクター。
人の手を介す作業だけに、多少は人による手技の差はあるのかもしれません。
私は咽頭反射が強いので、やばい箇所はスルッと通してほしかったのですが、なかなか・・・

それでも、経口よりは、はるかにマシです。


8か所の画像をいただいて帰ってきました。

1207131.jpg

次回は・・・
来年というのは躊躇しますので、2年後くらいにしておきたいところです。


  1. 2012/07/13(金) 22:20:00|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

病院めぐり


内視鏡検査終了。
次は病院を変えて、結石の定期検診。
  1. 2012/07/12(木) 10:56:06|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

21:00より絶食


明日、3年ぶりに胃カメラをやります。
21:00から絶食です。
それまでに夕食を済ませないといけないので、近所の中華料理屋さんでいただいてから店へ戻ります。
ふだんの日は、こんなに早くに夕食を食べませんから、調子が狂います。
  1. 2012/07/11(水) 20:47:26|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おじぎ

息子が最近凝っているのが、お帰りになるお客様へのご挨拶。

我々の「ありがとうございました」という声に反応し、走ってくる息子。

IMG_0946zz.jpg

我々と一緒に入り口に出て、「ありがとござました」とペコリ。

IMG_0949zz.jpg


男性のお客様はリアクションに戸惑われるかたが多く、女性のお客様は「あら~」と喜ばれる方が多いようです。
どっちにしろ褒められるので、息子は得意になって繰り返します。
道路は車が走っていますから、我々のうちの誰かが必ず見張っていないと危ないですが。

IMG_0944zz.jpg


はだしでも、

IMG_0928zz.jpg

ばあばのサンダルを履いていても、

IMG_0937zz.jpg

やることはやります。


いつまで飽きずに続くか、見ものです。


  1. 2012/07/10(火) 00:57:57|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年3本目

ようやく、ソーダ味で当たりました。

12070911.jpg

これでも、去年の3本目が当たった日より、2週間ほど早いようです。


夏場は、よく売れるため商品の長期滞留がありませんから、なかなか当たりません。

秋から冬の「当たり月」を控え、今が我慢のしどころです。

  1. 2012/07/09(月) 22:51:12|
  2. ガリガリ君
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

交差性と同側性

融像除去斜位(dissociated phoria)を測定する手法の一つであるマドックス法。

マドックス杆と点光源を用いるものです。

0908239.jpg
0908235.jpg

左眼で点光源を固視し、右眼にマドックス杆を上画像の角度で装用したとすると、

左眼では点光源、右眼では縦方向の線状光が見えます。

0908238.jpg

このときの、点光源と線状光の位置関係でもって、斜位の方向を判断するわけです。


斜位がない、いわゆる「正位」であれば、点光源と線状光は重なって見えます。

1207086.jpg


点光源よりも線状光が左側に見えた場合、右眼で見えているものが、左眼で見えているものよりも左側に見えますので「交差性」の見えかたと呼び、外斜位であると判断します。

逆に、右眼で見えている線状光が、左眼で見ている点光源よりも右側に見えている場合を「同側性」の見えかたと呼び、内斜位であると判断します。


図示しますと、右眼にマドックス杆をあてている場合は、

1207087.jpg

となります。


ではなぜ、外斜位だと交差性になり、内斜位だと同側性になるのか。
「外斜位なら、右眼が外側(本人の右側)を向いているのだから、点光源よりも右側に線状光が見える「同側性」になるのではないか」といった主旨の質問をいただきましたので、教科書的に考えてみましょう。


まず正位の場合。

1207084.jpg

右眼と左眼の中心窩(図のf)に、それぞれ点光源と線状光が映りますので、点光源と線状光は同じ位置に重なって見えます。


次に外斜位の場合、

と、その前に・・・


通常、あるモノを見ているときには、そのモノは中心窩に映ります。

1207082.jpg

眼の中では、見ているモノがさかさまに映っている、というのはご存知のかたも多いと思います。
中心窩および中心窩を離れた位置に映っているものも、実際に見ているモノとは位置と形がさかさまになっています。

12070812.jpg
(小学館の図鑑NEO 人間より)

たとえば、自分が見ているモノ(中心窩に映るモノ)よりも上にあるモノは、眼の中では中心窩よりも下に映ります。
同様に左下にあるモノは、中心窩よりも右上に映ることになるのです。

1207081.jpg

難しいですが、これが大前提です。


では、改めまして、外斜位の場合。

左眼で点光源を固視しますと、外斜位がありますので、マドックス杆のあてられている右眼は融像できなくなり、右方向(耳側)に向きます。

1207085.jpg

このとき、左眼の中心窩には点光源が映っており、右眼の中心窩には点光源よりも右の空間が映ります。
そして、線状光は、右眼中心窩よりも耳側の網膜に映ることになります。

中心窩よりも耳側(この場合は右耳なので右側)に映っているモノは、実際には中心窩で見ているモノよりも左側にあるように認識しますので、結果として、左眼の中心窩で見ている点光源よりも、線状光は左にあるように見えてしまいます。
これが、交差性の見えかたが生じる理屈です。


内斜位であれば、これと逆のことが起こります。

1207083.jpg

右眼中心窩よりも鼻側(右眼なので左側)に線状光が映るので、点光源よりも右側に線状光があるように感じるわけです。

完璧に説明できている自信はありませんが、教科書的に述べるとこんな感じになります。
なお、この「交差性」「同側性」という考えかたは、マドックス法に限らず、フォングレーフェ法であったり、偏光十字視表であったりしても同じ理屈が成り立ちます。


ちなみに、こういう理屈に頼らずに考えるのなら・・・

外斜位で、左眼で光源を固視しているとき、右眼は融像除去下では耳側を向きます。
このとき、右眼にとって、光源は右眼の視線よりも左側にあります。

なので、右眼で見えている光源(線状光)は、左眼で見ている光源よりも左側に見える、すなわち「交差性」の見えかたになるというわけです。



では、最後にクイズです。

「点光源とマドックス杆を用いて、遠見水平斜位の測定をした。
左眼にマドックス杆を装用した時、線状光が点光源よりも右側に見えるとの返答が得られた。
このときの見えかたは、交差性・同側性のどちらと呼ぶべきか答えなさい。
あわせて、この見えかたをしている被検者の遠見水平眼位は、内斜位・外斜位のどちらと考えるのが妥当か答えなさい。」



ヒント。
測定環境は、こうなります。

120708111.jpg



解答。
左眼にマドックス杆がありますので、左眼に線状光、右眼に点光源が見える測定環境になっています。
線状光が点光源よりも右側に見えるのですから、左眼で見ているものを右側に感じる「交差性」の見えかたになります。
「交差性」ですから、被験者の遠見水平眼位は「外斜位」と考えるのが妥当です。







  1. 2012/07/08(日) 23:23:38|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

薬漬け

5月の末に喉を痛めて以来、医者通いが続いています。

複数の科にかかる羽目になっていますので、それぞれ薬が出ます。
粉薬に錠剤、カプセルだけでは物足りず、軟膏まで出る始末。

1207071.jpg

次は、点眼薬か?

朝食後のみ、夕食後のみの薬もあり、紛らわしいやら面倒くさいやら。
でも、今回は危機感を持って、真面目に飲んでいます。


ところで、薬を飲む時間で「食間」というのがありますが、大学時代、これを「食事中」のことだと言い張る後輩がいました。

「食間というのは、食事と次の食事との間のことだよ」
「違いますよ。食事中っていうことですよ」
「だったら、食中でしょ。次の食事までの間なのよ」
「飲む時間が曖昧じゃないですか。いつ飲めばいいんですか?」
「食後2~3時間後くらいに飲めばいいんじゃないの」
「それじゃあ、飲むの忘れちゃいますよ。そんなバカな話はありませんよ」

てな具合で、まったく聞く耳を持ってくれませんでした。


20年経った今、もう一度、きみに伝えよう。

「食間」というのは、食事と次の食事との間、食事の2時間後くらいを目安に飲みなさい、ということだよ。

12070711.jpg

ほら、ね。




  1. 2012/07/07(土) 22:22:00|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

視界はイマイチでした

昨日、小田急ロマンスカーMSEに乗ってお出かけしたわけですが、

IMG_0897.jpg

その行先は・・・

EOS_02190.jpg

東京スカイツリーでした。


オープンしたての頃「今行ったって混んでいるし、息子もまだわけわかんないんだから、来年あたりに落ち着いてからでいいんでないかい」と妻も言っていた気がするのですが、テレビでいろいろ特集を組んだりしているのを見ているうちに、行きたくなってきてしまったようで、「誕生日(の2日後)に行きたい」と言い出しました。

私は「無理無理、みんな行きたいんだから、チケット取れないよ」などといなしていたものの、妻が先月頭にネット予約の画面を見ていたら予約可能になっていることを発見し、誕生日プレゼント代わりに、やむなく出動と相成りました。
せっかくなので、妻のご両親もご招待ということで。


入場の予約時間は10時半から30分以内でありまして、その時間内にチケットカウンターでチケットを入手。

EOS_02191.jpg
1207058.jpg

展望デッキに向かいます。

エレベーター内部の壁面は江戸切り子を花火のようにあしらった装飾が施されていました。

EOS_02268.jpg

上昇中は、モニターに高度とタワー断面形状が変化していく様子が映し出されます。

1207057.jpg
1207055.jpg
1207056.jpg
1207054.jpg
1207052.jpg

瞬く間に到着した地上350m(フロア350)。

EOS_02201.jpg

妻よ、眼下に広がる大パノラマを堪能するがよい。

EOS_02200.jpg

視界はイマイチですがな。
↑これは両国方面。東京タワーとかお台場のほうに面していますが、江戸東京博物館くらいまでしか視認できません。


こっちは浅草方面。
上のほうに東京ドームが白く、うっすらと。

EOS_02204.jpg

浅草寺

EOS_02205.jpg


展望デッキは3階構造になっていて、ほどよく人がばらけているのか、ごった返している印象はありませんでした。

このあと、どんどん曇ってきてしまっても困るので、先に展望回廊へ行くことにしました。
チケット購入は20分待ちです。

EOS_02208.jpg

チケットを入手したら、そのままエレベータ乗り場に直行させられます。

EOS_02209.jpg
1207051.jpg

あっという間に90m近く上昇し、展望回廊に到着。

EOS_02214zz.jpg

私はすごく混雑していると思っていたので、「立ち止まらず、順にゆっくり歩いてください」と言われるつもりでいたのですが、意外にゆったりしていました。

展望回廊は緩やかな登り坂になっていますので、坂があれば走る息子は、ご覧のとおり・・・

EOS_02217zz.jpg

迷惑極まりないので、一旦捕獲はするものの、隙をついて逃げ出し、

EOS_02218zz.jpg

転んでおりました。

EOS_02219zz.jpg

愚か者め。


ちなみに息子は、下に広がる景色というか走っている車を見て「トミカがいっぱいだね」と言っていました。

EOS_02226zz.jpg

ぐるりと回廊をまわり、最高点へ到達。

EOS_02228.jpg

ヘリコプターが同じくらいの高さで飛んでいました。

1207059.jpg


あとは下るしかないので、またまたエレベーターに乗ります。

天井3分の1がシースルーです。
(あと扉も。)

EOS_02241.jpg

展望デッキの2階(フロア345)に到着します。

EOS_02243.jpg

このあと、展望デッキの1階(フロア340)に降りると、「ガラス床」がありました。

EOS_02244.jpg
EOS_02247.jpg

おっかなびっくり歩く大人を尻目に、寝そべる息子とよそのお嬢様。

EOS_02255.jpg


ところで、「思っていたより、低く見える」などと妻は言っていましたが、横浜ランドマークタワーの展望台(273m)からの景色はこちらです。

DSCF2960zz.jpg

やっぱり高度が明らかに違います。


展望デッキ・回廊ともに視界が悪かったのは仕方ないですが、「この方面には○○○が見える」といった案内板が随所になかったので、どの方向を見ているのか、というのがちょっとわかりにくい印象を受けました。


ひととおり、見て回りましたので、下に降りてソラマチでランチにすることにしました。
13時ちょっと過ぎでしたが、レストランフロアはほとんどのお店が長蛇の列でした。

我々は、息子が食べられるものを提供してくれるお店でないと具合が悪いので、探すのも一苦労です。
25分待ちと掲示があったものの、タイミングよくお客さんが一挙に退出し、大して待たずに入れるお店がありました。

そらまち亭

EOS_02284.jpg

店内には寄席があり、18時半から公演だそうです。
結構座席数がありました。

EOS_02276.jpg
EOS_02279.jpg
EOS_02283.jpg


食事のあとは、息子が寝に入ったので、

EOS_02287zz.jpg

ソラマチ内をちょっと散策。

アルコールが苦手な私は地ビールには興味ありませんが、地サイダーには興味を惹かれました。

EOS_02285.jpg

ジャイアンツショップをはじめ、いろいろなお店がありましたが、

EOS_02291.jpg

妻のご両親もお疲れのご様子で、16時前には撤退。
レンタルベビーカーを妻が借りてきたのはいいものの、返す場所がわからなくなり、右往左往させられました。
方向音痴の人は気をつけたほうがいいと思います。


「ガラス床」での記念撮影。

1207053.jpg

こじゃれたフレームに入れてくれました。



  1. 2012/07/06(金) 22:13:24|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京さ行くだ

学ぶことが大好きになるビジョントレーニング2

北出勝也O.D.の新刊です。

『学ぶことが大好きになるビジョントレーニング 2』 図書文化

IMG_0890zz.jpg


前作『学ぶことが大好きになるビジョントレーニング』を、グレードアップした内容になっております。

アマゾンで購入できます。

すでにこうしたトレーニング関連の書籍をお持ちのかたも多いとと思います。
あれもこれもと手を出すと中途半端になりがちですが、かといって、一冊の本ばかりに固執しすぎても、トレーニング内容がマンネリ化してきますので、変化をつけるためにも良いのではないかと思います。



  1. 2012/07/04(水) 23:15:19|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アラフォーへ邁進中

私が妻と出会ったのは、妻が29歳のときでした。
もう、何年も前のことです。

今日は妻の誕生日。

私の両親と一緒に、ファミレスでお食事をしました。

IMG_0882zz.jpg


結婚して最初の誕生日、私は当店で販売している宝飾品の中から、妻が希望する1点を進呈しました。
2年目以降は、埋蔵金もなくなりましたので、そんな気の利いた貢物を送る風習はなくなり、何を進呈してきたかの記憶もありません。
現ナマで済ませたときもあった気がします。
去年は靴を進呈した旨、このブログに書いてありましたが。

今年は、あさって、妻の希望を尊重して外出するので、それで手打ちにするつもりでしたが、ちょっとした花束を用意して、息子から渡させるというあざとい手段でお茶を濁しておきました。

1207031.jpg




  1. 2012/07/03(火) 23:42:29|
  2. 記念日・○○の日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

可視光線で濃くなる調光レンズ

以前、調光レンズ(レンズカラーの濃度が変化するもの)に関するネタをアップした際、「濃度変化は紫外線の量と気温に影響を受けるので、UVカットされた車内では濃くなりにくい」といったコメントをしました。

今日ご紹介する調光レンズは、可視光線に反応するタイプです。
つまり、紫外線をカットされた状況下でも、可視光線を得ることができれば、濃度変化が生じるわけです。
また、従来タイプのように、気温による影響を受けにくくなっているとのこと。
炎天下でも、結構濃くなるということですね。


遅ればせながらサンプルを手配したので、従来の調光レンズと比較してみましょう。
左側が可視光線で変化するタイプです。
(本来は、メーカー名・レンズ名を記載すべきですが、安易に無断転載されるのは不本意なので秘匿します)


引き出しから取り出したとき。

1207024.jpg


そのまま数分置いた状態。
うっすら、色がついてきました。

1207022.jpg


当店の軽自動車内にて、直射日光に当てること約2分。
このとき、車のドアは閉めています。

1207021.jpg

従来の調光レンズよりも、明らかに濃くなっています。


ちなみに、従来の調光レンズも、車外に出れば急激に濃くなっていきます。
(本当は、もっと濃くなったのですが、その前に撮影してしまいました)

1207025.jpg


この可視光線で変化するタイプ、当店ではグレーのみ、単焦点のみの取り扱いになります。
車内で濃くなるという点では、従来品よりもドライブ向きと言えるでしょう。

ただ、老視世代で、累進レンズや多焦点レンズでないとカーナビやメーターが見にくい、というかたには、ご満足いただきにくい点もあるかとは思います。





  1. 2012/07/02(月) 23:16:35|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ