キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

手抜き、連チャン


手があかないことには、どうにもなりません。
今夜の加工はプラス9Dのお子様メガネから、Let's begin.
  1. 2012/06/30(土) 22:09:14|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手抜きですみません


加工が終わらず、その他の事務作業も終わっておらず、先は長いです。
  1. 2012/06/29(金) 23:05:44|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

洗車機


一度体験してみたかった。手洗いのほうが、綺麗になるのはまちがいない。
  1. 2012/06/28(木) 12:43:16|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘッドマーク

実家で眠っている、これ、

IMG_3182zz.jpg

シワになってしまっていますが、往年の「L特急 つばさ」に使われていたヘッドマークです。
私の知っている「L特急 つばさ」は、上野と秋田の間を往復していました。

ヘッドマークというのは、こんな感じで先頭車両に表示されているもののことです。

IMG_0838zz.jpg

今は、電光掲示板みたいな感じのものが多くなってしまっていますが、昭和のころは、こういったイラストでした。


このヘッドマークは、中学3年の時に、全日本鉄道模型ショーに併設して開催されていた、国鉄の「ジャンク市」にて購入したものです。

本当は、「L特急 とき」か「特急 はくたか」が欲しかったのですが、どちらもなくて、でも何かヘッドマークを手に入れたくて選んだものです。
大枚4000円をはたきました。

「いい買い物をした」と、喜びながら帰路についたのを覚えています。

  1. 2012/06/27(水) 23:53:58|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大人のビジョントレーニング

北出勝也O.D.の新刊です。

『大人のビジョントレーニング』 講談社

IMG_0822zz.jpg


以前にご紹介した、『発達障害の子のビジョントレーニング』を

IMG_0823zz.jpg

大人向けにアレンジした内容となっております。


日々の生活や仕事の中で生じている様々な不具合は、眼に起因していることも少なくありません。
眼の機能のことや、簡単にできる眼のトレーニング法などがわかりやすくまとめられていますので、ぜひご一読ください。

なお、眼疾患の治療を目的にしたものではありませんし、トレーニングだけでは解決しにくい不具合もございます。
必要に応じて、医師・専門家へのご相談をされることをお勧めしいたします。


  1. 2012/06/26(火) 22:41:45|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おにぎりの海苔

以前、ブログネタにしたことがありましたが、私は「おにぎり」に関しては、具がなく海苔も巻かない「塩むすび」を好みます。

そして、海苔を巻かなければならないときは、パリッとした海苔を好みます。

IMG_0817zz.jpg

すなわち、食べる直前に海苔を巻くスタイルです。


あらかじめ海苔が巻いてあって、しんなりしているほうがおいしいという意見もあるのは承知しています。
そうでなければ、コンビニの商品になるはずがありません。
漫画「美味しんぼ」は、どちらかというと、しんなりのほうを評価している感がありますね。

しかし、お寿司屋さんで手巻きずしを頼んだら、あるいは軍艦巻きを頼んだら、海苔はパリッとしているのがふつうでしょう。
もし、しんなりしているほうが、美味しさを引き出すのなら、寿司職人たる者、最初からそういう形で提供すると思うのです。
おにぎりと寿司(酢飯)を混同するのは、論点のすり替えと言われるかもしれませんが・・・


まぁ、好みは人それぞれなわけで、絶対的な正解を求めることはできないでしょうが、海苔次第で味わいが大きく変わってしまうのも、海苔、そしておにぎりの奥が深いところと言えましょう。





  1. 2012/06/25(月) 23:05:32|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ナイロールフレームの枠替え

ナイロールフレームや、ふちなしフレームを仕入れると、普通は「型板」がついてきます。

1206242.jpg

「型板」があれば、万一両眼のレンズが外れてなくなってしまっても、元の玉型に新しいレンズを削ることが可能です。

この「型板」、ほとんどのお店は販売・納品後も自店である程度の期間は保管をしていると思います。
逆に言うと、お客様に、できあがったメガネと一緒に型板をお渡しするお店は少ないのではないでしょうか。


以下は、この型板をお店から受け取らなかった場合の話です。


何らかの事情により、使っているナイロールフレームを、別のフレームに変えたくなったとします。
(ナイロールフレーム自体には問題がなく、まだまだ使える状態とします)

1206243.jpg

この場合、レンズを別のフレームに移し替えることになりますので、ナイロールフレームからレンズを外します。

1206241.jpg

全く同じ形のフレームがあればよいですが、同一品番でない限り、そういう可能性は限り低くなります。
たいていは、レンズをちょっと削って入れ替えをします。

IMG_0816zz.jpg

こうなってしまうと、このレンズを元のナイロールフレームに戻すことはできません。


さて、ナイロールフレームを買ったお店とは別のお店に行って、このようなフレーム交換を依頼した場合を想定しましょう。

「このナイロールフレーム、もう使いませんか?」
「はい」
「では、処分してしまってよいですか」
「お願いします」

みたいな会話が成立していたとします。

この後、レンズを移し替えたフレームを受け取るとき、「やっぱり、さっきのナイロールフレーム、いつかまた使うかもしれないから、もらっていってよいですか」とお客様に言われたとしたら、お店は困ります。

なぜなら、元のレンズは削ってしまいましたし、型板もないので、元のナイロールフレームの玉型を復元することがほとんど不可能だからです。
フレームのある部分については、何とか再現できるかもしれませんが、フレームのない部分(糸で支えている部分)の形がわかりませんので。
つまり、「使えるけれど使えないフレーム」をお返しすることになってしまうわけです。


お店としては、こうなってしまうと厄介なので、レンズを削ってしまう前に、不要のレンズを用いて元の玉型の「型板」を作っておく、もしくはナイロールフレームに組み込んでおく必要が出てきます。

IMG_0815zz.jpg


使わないナイロールフレームは処分してしまってよいのか、持って帰るのか、この判断は最初に明確にしておかれることをおすすめします。




  1. 2012/06/24(日) 23:32:12|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

飛び出すペーパー

先日、百円ショップでこんなものを見つけました。

IMG_08091zz.jpg

興味をそそったので、買ってみました。
百円なので。


遊びかた。

IMG_0810zz.jpg

やってみました。

IMG_0808zz.jpg

が、赤・青グラスと用紙の色との相性がイマイチで、完全に線が消えません。

IMG_0807zz.jpg

確かに、書いた文字が浮かんでいるようには見えるのですが、もうちょっと、という感じです。

当店に用意してあるフィルターをいろいろ試してみたところ、この赤・緑フィルターのほうが幾らか具合が良かったです。

IMG_0811zz.jpg

こういうグッズは、いかに「右眼で見えるものが左眼で見えず、左眼で見えるものが右眼で見えず」という状況をつくるかが肝要ですので、まだまだ改良の余地があると思いました。



  1. 2012/06/23(土) 22:53:56|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

滑り台

昨日の定休日、むすこが「あさみぞこうえん いくの」と言うので、人の少ない相模原公園に連れて行こうとしたものの、雨が降ってきてしまったので予定変更。

海老名のダイエー内にある、ファンタジーキッズリゾートへ行きました。

IMG_0804zz.jpg

大きな遊具がいろいろ置いてあります。

大人向けのゲーム機なんかもあって、お父さんが退屈しないような配慮もあるようで。
電車でGOとか、太鼓の達人などは無料でできます。

「ボーネルンド あそびのせかい」などにあるような、こんな遊具もありましたが、

IMG_0802zz.jpg

息子が一番喜んだのは、滑り台でした。

IMG_0798zz.jpg
IMG_0799zz.jpg
IMG_0800zz.jpg

飽きずに何回もやっていました。

他の遊具にも、ちょっと浮気をしたりしましたが、やっぱり一番おもしろかったらしい。

IMG_0797zz.jpg

既報の通り、こういう遊具には、ほとんど興味を示さなかったのですが、ここにきて少し嗜好が変わってきたのかもしれません。

相変わらず、走るのは大好きですがね。



  1. 2012/06/22(金) 22:44:40|
  2. こども
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

海老名にて


この遊具が気に入った様子。
  1. 2012/06/21(木) 12:29:19|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ピンホール

こういう小道具があります。
真ん中に小さな穴が開いているもの。

IMG_0796zz.jpg

こちらは、小さな穴がたくさん開いているもの。

1206202.jpg

どちらもピンホールと呼んでいます。
後者は、マルチピンホールと呼ぶこともあります。


これを屈折異常を完全に矯正していない眼の前にあてて、遠くを見ますと、あてていないときよりもはっきり見えることが多いのです。

なぜか。

近視眼を例にとって説明してみましょう。


近視眼というのは、見ているものの像が、網膜よりも手前に焦点を結んでしまう眼です。
網膜よりも手前に焦点が合っている像は、網膜上ではぼやけて見えてしまいます。
下図Aの状態です。
(下図の縦長の楕円は、角膜や水晶体など、光を屈折させる力を持ったレンズに相当するものとご理解ください)

1206204.jpg


このとき、眼前にピンホールをあてますと、眼の中に入ってくる光の量(幅)が少なくなります。
同じ眼ですから焦点の合う位置は同じですが、網膜上でのボケの量(幅)は少なくなります。
下図Bの状態です。

1206205.jpg


両者を並べて比較してみましょう。

1206203.jpg

網膜上でのボケの量(幅)が少ないほうが、像はマシに見えますので、結果としてピンホールをあてたほうが見やすいということになります。



これは、健康雑誌の付録についてきた、ピンホールメガネ。

1206201.jpg

これを掛けると視力が向上する、疲れ目が解消するなどという謳い文句です。

視力が向上するのは、前述の理屈によるもの。
疲れ目が解消するというのは、眼のピント合わせの機能をそれほど働かせなくても見えるから、という理屈に基づくものでしょう。

実際、「視力回復トレーニング」と銘打って、ピンホールメガネを使用するケースもあるようです。

眼をリラックスさせるのが目的なら、ピンホールメガネを使わなくても方法はありますし、効果には個人差があると思います。
つまり、眼をリラックスさせることが上手にできなくて視力が低下しているのなら、大なり小なり効果はでるかもしれませんが、それ以外の要因で視力が低下しているのなら、気休め・プラセボ程度の効果しかないというのが私の考えです。


一方で、

ピンホールメガネを使うと、眼の周りが暗くなるので瞳孔が開く。

瞳孔が開くことで、隅角という眼の中のスペースが狭くなり、眼房水という眼の中にある水分の循環が阻害される。

眼圧が上がる。

緑内障のリスクファクターになる。

だから、あまり使わないほうが良い、という意見もあるようです。


盲信、やり過ぎはよくないということでしょうかね。


実務においては、度数測定をしてはみたものの、視力の向上が得られないという場合に、このピンホールをあててみる、という使いかたが多いのではないでしょうか。

もし、このときに視力の向上が得られるのであれば、屈折異常の矯正が不十分の可能性が考えられるため、度数測定を今一度見直す必要が出てくるのです。

逆に、ピンホールをあてても視力の向上が得られなければ、メガネのレンズ(度数の変化)では視力向上が得られない、つまり何らかの眼疾患があるのではないか、という推測がたつのです。


  1. 2012/06/20(水) 23:10:18|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

あじさい

6月といえば梅雨、梅雨といえば「あじさい」。

お客様からいただきました。

IMG_0791zz.jpg


妻は来週、お友達とあじさいを見に行くらしいです。
私は行きませんがね。

  1. 2012/06/19(火) 22:26:49|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

固視

たとえば「読書の効率が非常に悪い」というような場合、「眼位(斜位・斜視)」や「輻輳・開散」といった両眼のチームワークをチェックするほかに、「眼球運動」の精度も確認します。

この「眼球運動」を確認するにあたっての大前提が「固視(Fixation)」が正確であるということ。

「固視」というのは、端的に言ってしまえば「ある物体を注意して見ている状態」ということになりますでしょうか。
「ここを見てくださいね~」と指示した時に、きちんとその場所見ることができるか、ということです。

固視が不安定な状態で読書をはじめとする眼を使うパフォーマンスを行なうことは、「オールスター水泳大会」などで見られたような、「水面に置かれたボードの上を、積み上げたざるそばを落とさないように正確に走ろうとする」ことと同じで、非常に大変です。

もちろん、斜視があれば「両眼固視」は不可能ですし「単眼固視」ではあっても「偏心固視」という状態になることもあります。弱視であったり眼球振盪であったりといった、機能的・神経生理学的な要因があれば固視は不安定になります。
このように、固視について詳しく説明しようとすると、どんどん深みにはまっていってしまいますので割愛しますが、視覚認知系の弱さがあって当店での検査を希望されるお子様の場合は、眼球運動が苦手なことが多いので、必然的に固視のチェックが必要になります。

それには、いろいろなチェック法があるのですが、私がこのときに知りたいのは「注意の持続」ができるかということなので、ごく簡単に行ないます。


検査対象者の眼前40cmに、このようなターゲットを提示し、視線がターゲットから外れないかをチェックします。
「くまさんの、お鼻を見ていてね~」ってな感じです。

1206182.jpg

本来は、小さな文字視標を使うべきですが、子供さん相手の場合は興味を引いてもらう必要があるので、玩具系を用いています。

10秒以上持続してみていられるのが理想ですが、5秒頑張れればよしとします。

どうしてもキョロキョロしてしまう場合は、対象者の親指にシールを貼って、

1206181.jpg

その指を眼前に突き出してもらい、ターゲットとします。

IMG_0789ZZ.jpg

このほうが、固視が持続しやすいケースがあるのです。


こうしたチェックの結果、固視が不安定であれば、眼球運動のトレーニングに入る前に固視をトレーニングするほうがベターですが、こういうケースでの固視トレーニングはなかなか難しいというのが正直なところです。


  1. 2012/06/18(月) 22:58:23|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

父の日 2012

今年の貢物は、三年連続で「鰻のお取り寄せ」です。

IMG_0785zz.jpg

購入するお店はいつも同じですが、昨今の鰻事情のあおりを受けて、値段はいつもより高く、サイズはいつもより小さくなってしまいました。

来年は平年通りの鰻が手に入ることを願っています。


ちなみに息子からは「ガリガリ君」をいただきました。

IMG_0786zz.jpg

Thank you!!


  1. 2012/06/17(日) 22:37:07|
  2. 記念日・○○の日
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

乱視による違和感

「よく見える度数」と「快適な度数」は必ずしも一致しない、という話を以前にした気がします。

たとえば、眼鏡をかけたことがない人が初めて眼鏡を掛けたとき、今まで掛けていた眼鏡の度数から別の度数に変えたとき、などの場合、今まで慣れ親しんでいた「見えかたの世界」から、突然「新しい見えかたの世界」へ足を踏み入れることになります。

このとき、脳がこの「度数変化に伴う世界観の変化」についていけないと「何かおかしい」という違和感が生じることがあります。
これは、どんなに正確に度数を測れていたとしても、起こり得ることです。


こういったことは、度数変化という観点から考えると、乱視度数を矯正するときに比較的多くみられるように感じます。

以前、乱視は方向によって度数が変化するもの、というお話をしました。
方向によって、見えかたが変わるわけです。


初めて乱視入りの眼鏡を掛けたとき、あるいは乱視の度数や方向(軸といいます)が変わった時などは、

これまでは、こういう正方形に見えていたものが、

1206161.jpg

新しい眼鏡を掛けることによって、

1206162.jpg
1206164.jpg
1206163.jpg

横長になったり、台形になったり、斜めになったり、といった変な形に見えてしまうことがあるのです。

空間的な見えかたで言うなら「背が低く見える」「壁が倒れてくるように見える」「床が右下がりに見える」などといった感じかたになります。

(こうした見えかたの変化は、左右眼の乱視軸がどのような方向になっているかによって、ある程度パターンが決まってきます)

もちろん、こういう見えかたを感じるかどうかは、度数や軸の変化量に由来しますが、当然人によっても変わってきます。
ある人には全く問題がなくても、ある人は全く受け入れられない、ということがあるわけです。
(年齢とか、性格、なんていうものも関係してきます)


こういった「違和感」を訴えられた場合は、最終的には度数を弱くしたり、軸を変化させたりしていくことで、装用できるレベルに調節をしていかざるを得ないのですが、お店によっては「何段階までの乱視だったら無視する(作る度数に反映させない)」「測定された度数から2段階落とす」などといったマニュアルのようなものがあったりします。

よく言えば、「快適な度数」を決めるためのガイドライン。
悪く言えば、違和感による「作り直し」を要求されることがないように、無難な度数で新しい眼鏡をつくる、ということです。

「今の眼鏡より、ほんのちょっとよく見えるくらいを狙ってつくればいいんだ」というポリシーを持っておられる眼鏡技術者のかたもいるでしょう。

ただ、ここであまりにも「無難」を求めすぎてしまうと、場合によってはお客様の要望と大きくかけ離れてしまったり、視機能の観点から好ましくない状態になってしまったりすることもあります。
ここが難しいところです。
あえて、厳しいところをついていかないといけない必要も、当然出てくるのです。


ですから、これは乱視度数に限ったことではありませんが、お試しのレンズをしばらく掛けてみて、慣れられそうかを確認する「装用テスト」が重要になってきます。

それから、担当者とお客様との信頼関係の構築も大切です。
「これだけじっくり話を聞いてくれたのだから、検査をしてくれたのだから、説明をしてくれたのだから」というのと「こんな簡単に決めちゃって大丈夫なのかな」というのでは、仮に同じ度数であっても感じかたは異なると思います。

論点が変わってきてしまいましたが、杓子定規なマニュアルに頼るだけでなく、じっくりカウンセリングをしていくことも大切だと考えるわけです。

「じっくり」やるためには時間がかかります。
長けりゃいいってものではないでしょうが、お客様も時間的な余裕を持って臨まれると、よい結果が得られる確率は高くなるのではないかと思います。

  1. 2012/06/16(土) 22:49:42|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

一年ぶりの麻溝公園

昨日は、息子を連れて相模原麻溝公園へ行ってきました。

保育園への送り迎えの練習の意味合いもあって、店の軽自動車にて妻の運転です。
(妻は、現在、自転車で送り迎えをしています)

EOS_02136.jpg

不安そうな息子。

EOS_02137.jpg

そりゃそうでしょう。
私も怖い。
なんたって、うちの軽自動車は、追突されたら後部座席は、ほぼおしまいですからね。



さて、ほぼ一年ぶりに足を運んだ相模原麻溝公園。
去年は、遊具にはほとんど興味を示さず、この遊具でちょっと遊んだ程度でした。

EOS_02143.jpg

去年

EOS_0652.jpg

今年

EOS_02179.jpg

去年

EOS_0656.jpg

今年

EOS_02178.jpg

奇しくも、去年と同じ上着でした。
一年経って、それなりに体が大きくなったのがわかります。


去年と違うのは、他の遊具にも興味を示したこと。

対象年齢が少し大きめの遊具や

EOS_02144.jpg
EOS_02140.jpg
EOS_02141.jpg
EOS_02155.jpg
EOS_02158.jpg

こんな滑り台も

EOS_02176.jpg
EOS_02175.jpg

楽しそうに取り組んでいました。


ただ、こういう雲梯というか梯子風のものをうまく渡るのは難しかったようで、途中でにっちもさっちもいかなくなっておりました。

EOS_02159.jpg
EOS_02160.jpg
EOS_02139.jpg

もっと小さな子が上手にこなせていましたので、まだまだ修行が足りないようです。


他にも、ネットにちょっとだけ登ってみたり、

EOS_02162.jpg

トランポリン風のものに乗ってみたり、

EOS_02163.jpg

シャボン玉で遊んでみたりと、

EOS_02171.jpg

それなりに満喫していたように見受けましたが、

やっぱり、坂を見つけると、走って上り下りしたくなるようで、何往復もしていました。

EOS_02145.jpg
EOS_02147.jpg

箱根の山は、こんなものではすまないぞ。


その後、相模原公園の噴水のほうへ行くというので、私はそちらに近い駐車場に車をまわしました。

車を止めて、迎えに行くと、

EOS_02183.jpg

すでにびしょびしょになっていました。
噴水の水は消毒・殺菌されておらず、病原菌がいるので注意と書かれていましたが、ちょっと口に含んだようで。

今のところ、下痢はしていませんが~。


帰りの車内で、あっという間に撃沈したのは、去年と一緒でした。

去年

EOS_0686.jpg

今年

EOS_02187.jpg


  1. 2012/06/15(金) 22:43:10|
  2. こども
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

麻溝公園にて

神戸

昨日は、視覚認知関連の勉強会が神戸でありましたので、私は一日店におりませんでした。

営業しているのにもかかわらず店長不在というのは、お客様に迷惑をかけてしまいますし、妻にも負担をかけますので、非常に心苦しかったのではありますが、悩んだ末の参加でございました。


勉強会は朝から開始ですので、前泊することにしました。
といっても、閉店後にルーティンの業務をこなしてからでは、新大阪以西へ行く新幹線には乗れません。
ですので、新大阪に宿を取りました。
大学生の時、大阪遠征の折の常宿だった、江坂の「第2サニーストンホテル」に泊まろうかとも思ったのですが、地下鉄御堂筋線に乗らねばならず、時間のロスになるので、今回はやめておきました。


最終の2本前の「のぞみ」に乗ることができたものの、焦って切符を買ったために、乗車券を「大阪市内」までしか買わなかったのは手落ちでした。

IMG_0732zz.jpg
IMG_0733zz.jpg

神戸市内まで買って、新大阪で途中下車するのが普通ですからね。

車内はそれなりに混んでいましたが、満席というほどではなく、乗客は名古屋でだいぶ降りました。

IMG_0736zz.jpg

名古屋で降りないのは、私自身、久しぶりです。

定刻通り、新大阪へ到着。

IMG_0743zz.jpg

ホテルの近くのコンビニで、大阪へ来たことを実感するために「大スポ」を購入。

1206132.jpg
1206131.jpg


「ガリガリ君」はソーダ味しか売っていなかったので、買いませんでした。


ホテルに、空中庭園の割引チケットが置いてあったので、明日誰かにあげようと思ってもらってきたものの、結局あげるのを忘れました。

IMG_0747zz.jpg


さて、当日。
身支度を整えていると、下腹部に嫌な感触が。
どうやら、尿管結石の発作が始まった模様。

こういう時に限って鎮痛座薬を持ってきていないため、まずいことになったと思いつつ、私のようなベテランになると、石がどの辺で詰まっていて、今後の発作痛がどんな感じになるかの予測がつきます。
おそらく、大事にはならないと判断したので、予定通り出発です。

こういう路線図を見ると、大阪にいることを再認識できます。

IMG_0748zz.jpg

せっかくなので、新大阪駅で妻へのお土産を買うことにしました。
帰りに新神戸駅で買う予定でいるものの、万一、買う時間がなかった時のことを考えると、ここで保険をかけておくのが身のためです。

「面白い恋人」

IMG_0775zz.jpg


三ノ宮駅までは、新快速の飛ばしっぷりを堪能するつもりでしたが、わずかの差で乗り遅れてしまい、後発の快速に乗り込みました。

IMG_0751zz.jpg
IMG_0752zz.jpg
IMG_0754zz.jpg
IMG_0756zz.jpg

停車駅が多いものの、そこそこのスピード感は味わえました。

六甲方面は曇り空です。

IMG_0761zz.jpg

そんなんこんなで、20世紀末に訪れて以来、今世紀初の神戸に到着。

IMG_0763zz.jpg

甘く切ない思い出の詰まった(大嘘)神戸市民時代から、すでに16年が経ちました。
当時を偲ぶ場所にも足を運んでみたかったですが、そんな時間はないので、これはまたの機会に。


勉強会はとても有意義なもので、新神戸駅に着いたのは20時ちょっと過ぎ。

IMG_0765zz.jpg

神戸市民から名古屋市民へと変わる前日、記念に泊まったダイエーグループ(当時)の新神戸オリエンタルホテル。

IMG_0764zz.jpg

今は、「ANAクラウンプラザホテル」に名前が変わっていますけどね。


いつできたのかは知りませんが、新神戸駅にはお土産を買える「アントレマルシェ」というモールがありまして、そこで一通りのお土産をゲット。

IMG_0766zz.jpg

定番の神戸プリンや

1206134.jpg

三宮一貫楼の豚まん

IMG_0777zz.jpg

その他「たこせん」など、いろいろ。


新神戸から新幹線に乗るときは必ず買っていた駅弁、「肉めし」も買えました。
最後の1個だったらしく、ラッキー。

IMG_0772zz.jpg

ローストビーフが乗っております。

IMG_0774zz.jpg


帰りの「のぞみ」は、16号車。

IMG_0768zz.jpg
IMG_0769zz.jpg
IMG_0771zz.jpg

前から2列目。

IMG_0770zz.jpg

といっても、小田急ロマンスカーのような展望室があるはずもなく、京都を過ぎたら寝てしまいました。


久々の神戸、ぜひまた足を運びたいものです。

ちなみに、結石は自宅に戻ってから無事排出。
神戸で病院沙汰にならなくて、本当によかった。


  1. 2012/06/13(水) 23:32:44|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日、店長は不在です


今勉強会出席のため、今世紀初めての神戸。
なにげに結石の発作が起きていて、おなかが痛いです。
  1. 2012/06/12(火) 09:30:22|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

GoGoWest


これから新幹線に乗ります。
  1. 2012/06/11(月) 21:24:43|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

Labyrinth2

店のカウンターに置いてあるこのゲーム(?)

IMG_0688zz.jpg

本体を傾けて、銀のボールを動かしていきます。

穴に落ちないように上手にボールをコントロールして、

IMG_0690zz.jpg

最後までたどり着ければOKというもの。

IMG_0692zz.jpg

あえて言うなら、眼と手の協応トレーニングになります。

ただ、これ、木でできているのですが、ボールの滑りが非常に良くて、なかなか難しいです。


これと同じことができる、iPadアプリがあります。

Labyrinth2

IMG_0726zz.jpg

こんな感じです。

IMG_0727zz.jpg

iPadのセンサーを利用して、iPadを傾けることでボールをコントロールしていきます。

IMG_0728zz.jpg

ゴール地点にある穴にボールを落とせばミッション完了です。

IMG_0729zz.jpg

クリアすると次のステージへ。
少し難易度が上がります。

IMG_0730zz.jpg

センサーの感度の兼ね合いもあり、iPadのほうが木製のものよりも、ボールを静止させやすいため、取り組みやすいです。


上記のようなステージのほかにも、

IMG_0720zz.jpg
IMG_0721zz.jpg

ゴール地点に行くまでに、ちょっと知恵を使うようなものもあります。

収録ステージの少ないライト版は無料でダウンロード可能のはずです。


息子も結構気に入っていますが、

1206102.jpg
1206101.jpg

当然ながら、まともにはできっこないので、私に助けを求め、最後の最後、ゴール地点の近くまで来ると「やらせろ」とばかりに取り上げて、ゴールの穴にボールを落として喜んでいます。



  1. 2012/06/10(日) 22:12:03|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ふちなしの加工


腰を据えてやらないと、えらい目に遭いますので、閉店後にやるのがベストです。
  1. 2012/06/09(土) 23:01:45|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハートチップル

「好きなスナック菓子を5個挙げ(10個でもいいですが)、順位をつけなさい」と言われたときに、何を1位にするか、かなり悩みます。

1位候補の1つがこれ、ハートチップル。

IMG_0716zz.jpg

ニンニクの風味が強く、こっそり食べても、すぐにばれてしまうという代物ですが、意外に売っているお店が少ないです。


私の食べるスナック菓子がおいしいものであることを知っている息子は、当然、これもよこせと要求してきます。

当初、さすがにこれは吐き出すだろうと思ったのですが、どうやら気に入ったようです。


たまに「はーとちっぷる たべるの~」とベソをかいています。

オツだね。



  1. 2012/06/08(金) 22:57:34|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

アリの観察中

放置自転車

当店は、駅の近くに位置していることもあり、座間市の放置自転車に関する条例の適用エリアに入っています。

このエリア内にある放置自転車は、まずこのような札を自転車に取り付けられ、

1206061.jpg

その後、一定の時間が経ってもそのままであれば撤去される流れになっているようです。


エリア内を巡回して、この札を取り付ける作業は、市から委託された団体が請け負っているのですが、当店の店頭に止めている自転車にも貼られてしまいました。

当店の2階には眼科があり、眼科に自転車で来られた人は、当店の店頭に自転車を置いてもらうように、お知らせをしています。

IMG_0698zz.jpg

その通りに置いているのに、こんな札を取り付けられたら、憤慨ものですよね。
当然、札をつけられたかたから、当店へ苦情が来ます。

そんなことが数回続いたころ、当店に来られたお客様の自転車に、担当の人がちょうど札をつけようとしているのが見えたので、うちの社長がそのかたに話をしました。

でも、「路上にはみ出しているのは違反」「規則だから」と、取りつくしまもありません。


ちなみに、どんなふうに自転車を止めていたかというと、こんな感じです。

IMG_0693zz.jpg


当店なり、眼科なりに入るために、このように自転車を置くのが「放置」なのか、「放置」の定義とはなんなのか、これでは完璧な駐輪場のない施設に自転車で赴くのは違反になってしまう、当店が改装をしなければいけないのか、商店街全体の問題として考えなけれはいけないのではないか、そういう疑問が湧いてきたので、座間市の担当部署に電話をしました。

ちょっと、すったもんだがあったのですが、「現場を見ないと話ができないので、そちらにうかがいます」ということで、担当のかたが来店してくださいました。

その結果・・・

「自転車を置いて、その場を離れたら、それは放置になる」
「警告を受けるのは自転車の持ち主で、施設には罰則はない」
「歩行者が安全に歩けるようにするための条例だから、理解と協力をしてほしい」
とのこと。


なるほど。
でも、この自転車の止めかた、

IMG_0693zz.jpg

これが違反になるのは納得がいかない、そう告げると、

「いや、こういう止めかたであれば、警告札は付けないようにと指示をしていますが」とおっしゃる。

つまり、市の見解としては、建物の敷地内に自転車の一部が入っていれば、警告札をつける対象とはならないということでした。

ですから、これはアウトですが、

IMG_0694zz.jpg

極端に言えば、これはセーフになります。

IMG_0695zz.jpg

今回の騒動は、札をつける担当者に、市の見解がキチンと伝わっていなかったことが原因であり、それに関しては早急に再度通達をします、ということでその場は収まりました。


その10分後くらいですかね、当店に来られたお客様が、このような形で自転車を止めていたのですが、

IMG_0693zz.jpg

そこに通りかかった「札つけ担当者」が、「この前も言っただろ、これは違反なんだよ」と怒鳴り込んできました。
お客様はびっくりしてしまいますよね。

(もう少し、違う言いかたがあるんじゃないのか?)

ここで、キベベ火山が噴火します。

「ついさっき、座間市の人がここに来た。この止めかたは違反にはならないと言われた」

「だれに聞いたんだ」

「担当部署の○○さんに聞いた」

「とにかくこれは違反なんだよ」

「もう一度、市に確認しますよ」

「どうぞ、どうぞ」

「あなたの名前は?」

「そんなの言う必要はない」

「それはおかしいでしょ、名札を見せなさいよ」

といった感じで、「名乗れ」「いやだ」の応酬が続き、結局首から下げていた名札を手でしっかりと隠して去って行かれました。

でも、私は最初に名札をチェックしたので、本当はその人の名前はわかっているんですけどね。
まぁ、市には連絡せずに、様子を見ることにしました。


その後、数週間経ちますが、上記のような「OK」の止めかたをしている店頭の自転車に警告書を貼られることはなくなりました。

ただ、「OK」とはいえ、はみ出しているのは事実なので、いつか店を改装することがあれば、ちゃんとした駐輪スペースを確保しないといけないなぁ、と感じております。


  1. 2012/06/06(水) 23:04:09|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

いつまで続く?


扁桃炎は治まったような気がするのですが、今度は喉の奥のほうが痛くて、食事と会話に難儀しております。ドクターには「何だろうね?」と言われてしまい、薬を変えてもらって様子をみています。少しずつ快方に向かっているようには感じますが、長引いています。さすが本厄。
  1. 2012/06/05(火) 23:20:10|
  2. 健康
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

処方箋の発行

たま~に電話やメールで問い合わせがある内容として、

「そちらで、メガネの処方箋は書いてもらえるのですか」

といった主旨のものがあります。

ここでいう処方箋というのは、眼科医が発行する「眼鏡処方箋」のことだと理解しておりますが、

IMG_0719zz.jpg

当店は医療機関ではありませんし、医師もおりませんので、当然そのような行為はできません。


「いや、別に、そんな形式ばったものでなく、調べた度数をメモ書きしてくれればいいんだけど」と言われることもあります。

早い話が「メガネはよその店で作るから、おたくで度数だけ調べてほしいのよ」ということですね。
よその店でメガネを作られる理由としては、当店に目的のブランドフレームがないとか、数千円でつくれる店で買いたいからとか、いろいろあげられるかと思います。

しかし「他店でメガネを作りたいというかたのために、自店で度数を調べて、そのデータをお渡しする」というのは、ほとんどのメガネ屋さんでは承っていないのではないでしょうか。
当然、当店もお断りです。
「お金を払ってもいいから」と言われても、お断りします。


理由は幾つかありますが、その一つとして、万一その度数で作ったメガネにご満足いただけなかった場合、責任の所在が不明確になる、ということがあります。

度数そのものに原因があることもあれば、度数そのものは問題なくても、フレームやレンズの選択ミス・加工やフィッティングのミスなどがあれば不具合が生じることは普通にあり得ます。
その両方に原因があることも考えられるでしょう。

このようなとき、だれが原因の判断をすればよいのか、そしてレンズを作り直すにしても、だれがその費用を負担すべきなのかが難しいです。

「おたくの測った度数がおかしいんだよ」
「何言ってんの、そちらの調製が不十分なんでしょ」
こうなってしまっては、らちがあかなくなります。
最終的に迷惑を被るのはユーザーさんです。

そういったご迷惑をお掛けするリスクがある行為は、最初からお受けしないのが賢明です。


もっとも、中にはこんなかたもいらっしゃいます。

「メガネをつくりたいんですけど」ということで来店され、「では、度数をお調べしましょう」ということで、あれやこれやとお調べし、「この度数で、おつくりさせていただきますね」となったとき、

「今日は時間がないので、また後日出直してきます。とりあえず、今日の検査結果だけ紙に書いてもらえますか?」
とおっしゃる。

当方の返答は、こんな感じです。
「ご安心ください。今日の記録はきちんと保管しておきますので、お名前を教えていただけますか?」

ご希望に添えなくて、申し訳ございません。


  1. 2012/06/04(月) 22:45:38|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

寝姿

店の奥にて昼寝中、踊っているかのようなポーズを取っていました。

1206031.jpg

このまま、クルクル回りそうだ。

  1. 2012/06/03(日) 22:38:42|
  2. こども
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

棚卸し中

復活しました

みなさん、こんばんは。

扁桃腺炎が重症化してしまいまして、しばらく隠居しておりました。
日・月・火と、店へはパートタイム出勤でしたので、ご迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした。


熱は出るし、喉は痛いし、関節は痛いし、首のリンパは痛いしで、

冷却ジェルを頭と、

1206012.jpg

首のリンパ付近に貼ってみたりと、

1206011.jpg

何とも情けない日々を過ごす羽目になっておりました。


ゼリー飲料とか、おかゆとか、スープのようなものしか喉を通せなかったので、数キロ痩せましたが、明日には戻ると思います。

私は喉が弱いので、風邪を引くと必ず喉が痛くなるのですが、ここまで難儀したのは初めてでした。
40を過ぎて、体も衰えているのだろうなと感じましたね。


まだ、完治したわけではなく、飲食物も吟味しないと喉にしみるのですが、通常通り出勤はしておりますので、これに懲りずによろしくお願い申し上げます。


  1. 2012/06/01(金) 21:12:44|
  2. 健康
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0