キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

本日、店長不在です。


息子からうつったと思われる風邪が猛威をふるっておりまして、とりあえずは出勤したものの、どうにもならず、早々に退却しました。午前中診察しているクリニックへ行き、現状床に伏せっております。今更ですが、本日は私はお休みしておりますので、ご容赦ください。
  1. 2012/05/27(日) 12:38:06|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牛乳

私は牛乳が飲めません。
といっても、アレルギーを持っているわけでもないし、飲むと下痢をするわけでもないので、「飲めない」というよりも「嫌い」といったほうが正しいでしょう。

それでも、子供のころは、ある程度は飲んでいました。
小学生の時も、給食で出される牛乳は飲んでいました。

中学校でも牛乳は昼食時間に配給されておりまして、最初は飲んでいたのですが、ちょっとしたきっかけで中学1年の冬を境に飲まなくなり、牛乳好きな友達にあげていました。
タダで配られるわけではありませんので、2年生・3年生のときは、牛乳代を払うのをやめさせてもらいました。
もちろん、隠れて飲んではいません。

それから30年近く、純粋な牛乳は1リットルも飲んでいないでしょう。
(ヨーグルトをはじめとする、乳製品は大丈夫です)


今、息子は、お風呂上りに牛乳を飲んでいます。

IMG_0704zz.jpg

えらいなぁと思っています。


余談
大学生の時、牛乳が嫌いな友達がいました。
当時、酒を飲む前に牛乳を飲んでおくと酔いにくい、みたいな話がありまして、その友達は大きなコンパの前に我慢して牛乳を飲んだそうです。

そうしたら、酒を飲む前に気持ち悪くなり、吐いてしまったと。
「意味ねぇ~」という話でした。


  1. 2012/05/26(土) 23:10:42|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

OA用レンズ

パソコン作業時のストレスを軽減させる狙いで、各メーカーがいろいろなレンズを販売しています。

画面のチラつきを抑えるために、「青白い光を抑える効果の高いカラー」をつけたものや、

1205253.jpg

六角形の網目状のコーティングを施したもの、
(白く反射しているところに、六角形ぽいものが確認できるかと)

1205251.jpg


相手側からは、ブルーミラーのような反射光が見えるコーティングを施したもの

1205252.jpg

などなど。


メーカーも必死なら、小売店も必死ですから、巧みなセールストークを交えつつ、こういったレンズをお勧めしていきます。

実際のところ、このようなカラーやコーティングの効果を感じるか否かは、個人差があると思います。
当店でそれぞれお試しいただいた結果、「よくわからん」と言われることもあれば、こういったものが付加されていない通常のレンズのほうがよいと言われるかたもいます。

だからといって、私はこうしたレンズを否定するつもりは毛頭ありません。

ここで申しあげておきたいのは、これらはすべて「オプション」であるということです。

つまり、どのようなパソコンモニターを、どのような距離・角度で見るのかを把握し、使用環境に応じたレンズ種類の選択、使用距離に応じた度数の測定、必要があれば眼位の矯正、といった部分を的確にこなさなければ、どんなカラーにしようが、コーティングにしようが、何の意味も成さないということです。
意味を成さないというのが言い過ぎならば、最大の効果を発揮しにくい、と言い換えましょう。

また、上記の部分が上手にできたとしても、フレーム選びやフレームのフィッティングがまずければ、満足度は低下します。


とかくレンズの性能・特徴にのみ焦点が当てられがちなのですが、カラーをつければ、コーティングをつければ、それでOKではないのだということを、まず我々が改めて認識しておく必要があるでしょう。


  1. 2012/05/25(金) 22:31:54|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

なかなか難しいようで


自分なりに上手に使おうとはしているのですが、手掴みのほうが楽なようです。
  1. 2012/05/24(木) 19:47:11|
  2. こども
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

自宅でお仕事


仕事を持ち帰ってきたのはよいものの、単調な入力作業は眠くなります。
  1. 2012/05/23(水) 23:54:10|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

お風呂

中学3年の時に新しい家に引っ越すまで、我が家は銭湯通いをしていました。
いわゆる昔ながらの銭湯ですから、水風呂とかジャグジーなどはありませんでした。
42度くらいの浴槽と、もう少し熱めの浴槽の2種類があるだけでした。
小さいころからそういう環境に慣れてしまっているので、私は、ぬるめのお湯に浸かるのが好きではありません。


今、私と妻子が住んでいる部屋は、結婚を機に移り住んだのですが、妻がほぼ即決と言っていいくらいの感じで決めたことからわかるように、基本的には良い物件だと思っています。
残念なのは、風呂の追い炊きができないこと。

妻は、ぬるめの湯が好きなようで、私の入るお湯は熱くてだめだと言います。
逆に、妻の入るお湯には、私は入れません。
ぬる過ぎます。
お湯に浸かっていると、だんだん寒くなってきてしまいます。

なので、妻のあとにお風呂に入ろうとすると、お湯を足さなくてはならないのですが、ちょっと足したくらいでは満足できないので、追い炊きができたらなぁと思うわけです。

まぁ、追い炊きはできなくてもしかたないですが、浴槽がその構造上、湯が冷めやすくできています。
これも困ります。

浴槽にお湯を貯める蛇口が小さいので、お湯がなかなか溜まらないこともあり、お湯を溜めている間に、お湯が冷めてしまうのです。

そんなこともあり、私がお湯を溜めるときの設定温度は、これくらいです。

IMG_0662zz.jpg

冬場は46度です。

といっても、実際に蛇口から45度や46度のお湯が出ることはありません。
この設定にしたときに、43度くらいのお湯が出てくるのです。


ちなみに息子は、私と一緒にお風呂に入るときは、当然私の好きな温度に浸かることになります。
その甲斐あってか、よその入浴施設に行っても、お湯が熱くて入れないとベソをかくことはありません。

「10数えたら上がろう」なんていうのは、よく聞くセリフですが、私と一緒のときは「肩まで浸かって100数える」というのが定番です。

せっかく100まで数えているのだから、数の順序も覚えてくれるといいのですが、「ろくじゅうろく、ろくじゅうしち、さんじゅうご」とか、出鱈目に数字をしゃべっているのをよく聞きますので、全く効果は出ていないようです。


  1. 2012/05/22(火) 22:29:48|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ちょっとだけよ

今日は金環日食をネタにしたブログが多いと思うのですが、ひねくれ者の私としては、こういうときこそ「ガリガリ君ネタ」をかましてみたいと思うものの、ネタがありませんので、金環日食の話をします。


当店で販売していた太陽観察グラスは、うまい具合に売りさばけまして、地域の人たちの関心の高さを感じました。

デジカメの前にグラスをあてて太陽を撮ってみると、こんな感じに撮れたので、当日も試してみようと私は考えていました。
(わざわざ、一眼レフ用のフィルターレンズを買うほどの気合はありませんので)

1205211.jpg


相模原市の小学校は全児童にグラスを配布し、一時間登校を早めて、学校で観察するという気合の入りよう。
食が最大になる時間帯は、息子を保育園に連れて行く準備で、妻は結構あわただしくしているのですが、幸か不幸か息子が昨日から発熱しており、保育園はお休みするので、おあつらえ向きに時間が空きました。


しか~し!!

IMG_0663zz.jpg

何も見えんでないか~い。


当店でグラスを買って喜んで帰ったお客様や、早くから小学校で待機している児童たちの気持ちを思うと、気の毒としか言いようがありません。


一方、テレビでは都内の様子を流していて、それなりに見えている様子。

1205212.jpg

「ちっ」と思いつつ、もう一度外に出てみると、

1205213.jpg

はぁ~・・・

1205214.jpg

おっ!?

1205215.jpg

あっ!!

妻を呼びに行きました。


肉眼で太陽を見るのがよくないことは重々に承知はしているものの、グラスを通すと

IMG_0674zz.jpg

何も見えません。

濃いめのサングラスを通して見るのがちょうどよいような状況だったものの、少し雲が晴れると、

1205216.jpg

こんな感じに撮れました。

1205217.jpg


結局「ちょっとだけよ~」といった感じの金環日食でしたが、グラスも無駄にならなかったし、少し見られただけでもよかったと思うことにしました。


ところで、観察中に、小学生のお子さんを持つ近所のお母様がたの井戸端会議の内容が、耳に入ってきました。
聞き耳を立てていたわけではないので、内容は何も覚えていませんが、次から次へとポンポン話の内容が変わるとともに、よそのご家庭の事情に大変精通していらっしゃる様子。
みなさん、かなりの情報通です。

こうやって、正しい情報もガセネタも、すごいスピードで伝播していくんだなぁと感じました。
私も気をつけないと、何を言われているかわかったもんじゃありませんな。

  1. 2012/05/21(月) 23:44:42|
  2. 記念日・○○の日
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

クリックリーダー

何年か前に発売された「クリックリーダー」という既製老眼鏡があります。

過日、当店のお得意様が、テレビで俳優さんが使っていたとのことで取り寄せを希望され、初めて仕入れてみました。

1205201.jpg

フレームの中央に磁石がついており、そこから左右に分けることができまして、

1205207.jpg

使わないときは、首から下げておくことができます。

1205202.jpg
1205205.jpg

装用するときは、こんな感じになりますかね。

1205203.jpg
1205206.jpg

テンプルの部分にアジャスターというか、前後に伸ばすことのできる機構がついています。

1205204.jpg

しかし、左右に広げることはできませんので、私のように顔の大きな人は、場合によっては顔の幅が広すぎて磁石が止まらないということもあり得ます。
(私は、かなり窮屈ですが、一応止まります)

また、鼻の周りの骨格によっては、ずり下がったり睫毛がレンズに付いたりと、非常にかけづらいものとなります。

件のお得意様の場合は、うまい具合にお使いいただけそうでよかったのですが、試着もせずに通販で安易に購入されると、思いのほか使いにくい代物だったということも起こりうるかと思いますのでご注意ください。

当店では、サンプルとして、一本だけ置いております。
度数やカラーバリエーションが多いこともあり、即日お渡しできる在庫は持っておりませんので、ご了承ください。




  1. 2012/05/20(日) 22:59:23|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

提灯

子供のころ、どこかに出かけたときには、その土地にちなんだキーホルダーを自分のお土産に買っていました。

中学2年の時、鎌倉に遠足(校外学習と呼ばれていました)に出かけたとき、「鎌倉幕府」とプリントされた提灯がほしくなり、それを購入したのがきっかけとなり、以後はキーホルダーの替わりに、地名入りの提灯をゲットするのがお決まりのパターンになりました。

中学3年になって、新しい家に引っ越し、自分の部屋ができてからは、出かけるたびに買ってきた提灯を壁に飾っていくのが楽しみでした。

提灯を飾る欠点は、場所をとること。
最初のうちはよかったのですが、大学を卒業するころには、提灯のほかに賞状を飾っていたりもしたものですから、壁面を埋め尽くしてしまい、就職で神戸に移動したのを機に、このコレクションは終了しました。

今は、大きなタンスが入ってしまい一部を撤去したり、棚の上にも荷物が積んであったりして、視認できるのは往時の半分くらいになってしまいました。

IMG_3197zz.jpg
IMG_3196zz.jpg

ヤクルトくらいのサイズの小さい提灯にしておけば、こんなに場所を取らずに済んだのかもしれませんが、そこまで頭が回りませんでした。

最近は、こういうコレクションをすることもなくなってしまったので、新たに何か考えてみてもよいかもしれません。




  1. 2012/05/19(土) 23:17:36|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

絵本

私が子供のころに使っていたプラレールを納戸の奥から引っ張り出してきた際に、一緒に引き上げてきた小学館の絵本たち。

IMG_9422zz.jpg

「おむすびころりん」とか「カチカチ山」などの日本昔話をはじめ、グリム・イソップ・アンデルセンなど、ベタな話が収録されています。
毎月一冊、配本されていたように思います。


こういった昔話とか童話といったものは、本によって微妙にストーリー展開が違っていたりして、子供さんによっては、自分の持っている本の内容と違っていると、その本に納得しなかったり、泣き出しちゃったりするようなこともあるようで。

私は一つの本を何回も何回も繰り返し読むタイプだったので、ほかの絵本はほとんど持っていなかったように思います。
小学校高学年になっても、何度となく読み返したものです。
なので、私にとっては、この絵本の内容がスタンダードになっています。


さて、これをいつ、息子の御前に・・・というのが懸案事項となっておりまして。
30年ぶりに日の目を見た絵本たちなのですが、これまで捨てずに取っておいたということは、当然ながら思い入れがあるわけでありまして、ビリビリに破かれるのは面白くありません。

幸か不幸か、まだあんまり、息子は本に興味を持っていないようだし、当分は実家で待機かな、とは思っております。

この絵本のシリーズの中でも、特に私がお気に入りだったものがあります。
それは、またの機会にご紹介することにいたしましょう。


親の思いとは裏腹に、うちの息子がおとなしく本を読むようになるのか、というのも結構疑問があるのではありますが。。。




  1. 2012/05/18(金) 22:21:28|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

公園にて

まずは集中力

以前ご紹介した、北出O.D.開発のiPad向けビジョントレーニングアプリ。

気が向くと、たま~に息子がやっています。

1205162.jpg

もちろん本人はトレーニングをやっているという自覚なんぞあるわけもなく、ただ音が鳴って色があちこち移動するのが面白いのだと思いますが、一応最低限の使いかたはわかっているらしく、

1205161.jpg

自己記録を更新したりすることもあるようです。

ただ、息子の場合、このアプリのワンセッションに要する一分間が我慢できません。
ほとんどの場合、一分たたずに設定画面に戻ったり、他のアプリに切り替えてしまいます。

無論、一分間やり続けなければいけない、というルールも把握していませんから、無理もないと言えば無理もないのですが、「眼と手の協応」よりも「集中力」を身につけることのほうが先のような気がしないでもありません。


  1. 2012/05/16(水) 23:49:19|
  2. こども
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

乱視があるんですか!?

度数を調べた結果、乱視度数を付加したほうが矯正視力の向上が得られることをお伝えすると、

「乱視があるんですか!?」
と、驚かれたり、ショックを受けられたりすることが往々にしてあるものです。

ついでに、
「で、乱視って何ですか?」
という質問が続くことも多いです。

乱視とは何ぞやというのは、こちらにも少し記載してはおりますが、
「眼の度数が360度すべて均等ではなく、方向(角度)によって度数が変化する状態」
といえるでしょう。

「最も強い度数と、最も弱い度数との差」、これが乱視の度数ということになります。


さて、先ほど、方向(角度)によって度数が変わる、と申し上げましたが、角度によってランダムに度数が変わるということは通常はありません。

乱視の角度を語るときには1度~180度で表します。
(0度=180度ですが、基本的に180度を用います。)

通常の乱視の場合、仮に一番強い度数が生じる角度が90度だとすると、そこから180度方向に向かうにつれて、少しづつ度数が弱くなっていきます。
そして一番度数の弱くなる角度が180度となります。
最も強い度数の方向と、最も弱い度数の方向は直交する(90度異なる)わけです。


よく「片目で月を見ると、3つとか4つあるように見えるのですが、これって乱視でしょうか」といったご質問を受けることがあります。
乱視があれば、そういう風に見えても不思議はありませんが、それなりの近視や遠視があっても見ているものはボヤけますから、結果として同じような見えかたになることはあるでしょう。

視力測定をしているとき、ある程度の乱視がある場合には、角度によっての度数差が大きいがゆえに、

1205152.jpg

上下方向の環の切れ目は判別できても、左右方向の環の切れ目は判別しにくくなります。
逆に上下方向がわかりにくくて、左右方向がわかりやすい場合もあります。
(上下左右4方向の切れ目では、乱視の角度によっては、どの切れ目も分かりにくくなることがあります)

また、このような線を見た場合、

1205155.jpg

縦方向(90度方向)の線が濃く見えたり、

1205153.jpg

横方向(180度方向)の線が濃く見えたりと、

1205154.jpg

乱視の角度によって、濃く見える方向が異なります。


ですので、乱視の角度によっては、こんな文字や数字を見た際に、

1205156.jpg

カタカナの「ニ」「コ」「エ」が、どれも「ニ」のように見えたり、「6」「8」「3」が区別しにくかったりということがあってもおかしくありません。

1205151.jpg


と、ここまで書いてくると「乱視って、すっごくマズイじゃん」と思われてしまうでしょう。

しかし、実際のところは、全く乱視のない人のほうが少数です。
当店でメガネをお作りいただく人を基準に考えても、基本となる度数(完全矯正値)自体には乱視が含まれる人がほとんどです。

完全矯正値に乱視が含まれない人はもちろんいるのですが、それはあくまでも「メガネの度数として組み込める最小単位の乱視(通常、0.25D)が検出されなかった」だけであって、どの方向も0.01D単位で度数が同じ(本当の意味で乱視なし)というケースは極めて少ないと思います。

ですから、
・乱視自体は珍しいことではない
・ほとんどの人に乱視はある
と、考えておかれて間違いはないでしょう。

特に、お子様に乱視があった場合に、保護者のかたが動揺されるケースが多いのですが、4段階前後の乱視であれば、ごくごく一般的、くらいの認識でおられてもよいのではないかと思います。






  1. 2012/05/15(火) 22:59:34|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

お子様用セル枠

お子様向けのセル(アセテート)フレームが、数種類入荷しました。

1205142.jpg

かわいらしく、カラフルな生地の使いかたに特徴があります。

1205145.jpg

特に、テンプル(ツル)の部分に、それぞれの枠の個性が光ります。

1205141.jpg
1205143.jpg
1205144.jpg


正直なところ、当店は幾つかの理由により、お子様向けのセルフレームには消極的です。
とはいえ、「メガネは嫌だけど、こういうかわいいメガネなら掛けてみたい」そう思ってくださるお子様がいるのなら、全く扱わないのもどうかと思い、少しずつですが数は増やしています。

ただ、残念なのは、当店のお子様フレームで最も需要が多いサイズ(玉型で言うと45ミリ以下)のものは、なかなか世に出てこないのが実情です。
今回ご紹介したものも、47・48サイズです。

このあたり、メーカーさんも幾らかご配慮いただけるとありがたいです。




  1. 2012/05/14(月) 22:31:58|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

母の日&マミーの日

母の日といえばカーネーション。
毎年毎年、究極のワンパターン。

1205134.jpg

今年も、カーネーションを贈れることに感謝です。


こちらは息子がマミーに渡すもの。

1205132.jpg

豪華ではありませんが、「妻の日」ではないので、これでご勘弁をば。

1205133.jpg




  1. 2012/05/13(日) 23:47:52|
  2. 記念日・○○の日
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ネジを探せ

「ウォーリーをさがせ」というのがあります。

IMG_3308.jpg

込み入った背景の中から特定のものを見つけ出す能力が要求されます。


それとはちょっと違いますが、メガネ店でよくあるのが「ネジを探せ」。

こういう小さなネジを、床に落っことしてしまうことがあるわけですが、これを探すのが一苦労です。

IMG_0634zz.jpg

当店の場合は90cmくらいの高さから落っこちることが多いのですが、落ちたネジは真下にあることは少なくて、たいてい床で弾んで離れたところへ転がってしまいます。

毎朝掃除機はかけているものの、床がグレー系なこともありネジが目立ちにくく、思わぬところへ転がっていたりもして、探し出すのはなかなか難しい。。。。

IMG_0637zz.jpg


見つけた。

1205121.jpg





  1. 2012/05/12(土) 22:53:59|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ニス塗り

昨日作った、息子用のテーブルに、ニスを塗っております。

IMG_0633zz.jpg

何度か重ね塗りが必要ですが、今日はもう一回塗ったら帰ります。


  1. 2012/05/11(金) 21:49:20|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

お手伝い

太陽観察グラス

金環日食の日が近づいてきました。
日食を見るためのレンズというかメガネ風のものが結構売れているようですね。

このような時期限定の商品を扱う場合、小売店としてはいかにうまく「着地」するか、が大きなポイントになります。
つまり、機会ロスを極力起こさず(早い時点で品切れさせず)に、絶妙のタイミングで売り切ることができるか、ということです。

当店のような小さな店では、大量の在庫はさばけませんし(仕入れのロットが多いため)、価格的にも量販店にはかないませんから、積極的に扱う気持ちはなかったのですが、ここにきて当店をご利用いただいてるお客様から問い合わせがあったり、小ロットで仕入れさせてくれる問屋さんが出てきたりしましたので、ちょっとだけ在庫を置いています。

1205091.jpg


さて、「こんなもん用意しなくったって、色の濃いサングラスで見ればいいんじゃね?」と思われているかたも、多分大勢いらっしゃるのではないかと思います。

この手の商品が、どの程度の濃度(透過率)を持っているのか、ちょっとご紹介しておきましょう。


これは、いわゆるサングラスカラーの見本です。
濃度の濃いものを3枚用意してみました。

1205094.jpg

この3枚を重ねて、紙の上に置いてみると、紙に書かれた文字は判読できません。

1205093.jpg
1205092.jpg

当店のハロゲンライトを、これを通して見てみますと、こんな感じになります。

IMG_0624zz.jpg
IMG_0630zz.jpg


一方、同じハロゲンライトを、太陽観察グラスごしに見てみますと、

IMG_0623zz.jpg

全く見えません。
(中央の白っぽいのは反射によるもので、ハロゲンライトが透けているのではありません)


要するに、これくらいでないと、太陽を直視するのは危ないですよ、ということですね。
これでも、注意書きには連続して太陽を見るのは3分程度、その後30秒は眼を休めるように、と書いてあります。

ですから、前述のように、色の濃いサングラスなどで代用するのは、まったくもってお勧めできません。

それから、仮にこういった専用グラスを装用したとしても、その状態で望遠鏡・双眼鏡の類を覗くのは絶対にやめましょう。
洒落にならない事態が起こらないとも限りません。

今ならまだ、家電量販店でなくても、ホームセンターやコンビニ(当店の近くのセブンイレブンさんでは扱っています)でも在庫はあると思いますから、素直に買いに行きましょう。




  1. 2012/05/09(水) 22:02:09|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

今年2本目

ソーダ味で当たりが出ました。

IMG_0569zz.jpg

ここから怒涛の当たりラッシュと行きますかどうか。

行かないだろうな~。


  1. 2012/05/08(火) 23:40:41|
  2. ガリガリ君
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

家でナイロールフレームからレンズが外れた場合

一年ちょっと前、ナイロールフレームにレンズをはめるにはどうしたらよいかというネタをアップしました。

その記事の中で、糸を引っ張るための道具が必要である旨、お伝えしたわけですが、今日はそれに関する補足になります。


先日、妻の実家にお邪魔しているとき、息子が私にぶつかってきて、私のナイロールフレームからレンズが外れました。
しっかり作っていても、私のフレームはフレーム(リム)よりも糸の領域のほうがだいぶが多いので、外れるときは外れてしまいます。

IMG_0617zz.jpg

「大変だ、メガネ屋さんに行かなければ」となるべきところですが、予備のメガネを持っていますので、あわてる必要はありません。
とはいえ、私はメガネ屋さんですから、ここで何とかしないと立場がありません。

糸が切れてしまっていたら、さすがに10号ないし12号のテグスはありませんのでアウトでしたが、糸は大丈夫なので、引っ張る小道具があればオーケーです。
(今回の件で、テグスも携帯しておいたほうがよいことを学びました。)

何か使えそうなものはないかと物色していますと、

1205072.jpg

ヨーグルトだかプリンだかのカップについている上ブタを見つけました。


これを細く切りまして、

1205071.jpg

無事、復旧です。
(具体的な手順は、こちらの記事を)

IMG_0618zz.jpg


この上ブタ、結構使えることがわかりました。
ご家庭や出先で、このような事態に遭われた場合は、ご活用ください。



  1. 2012/05/07(月) 22:41:35|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

プラレール博

連休中、幕張メッセでのプラレール博に行ってきました。

通常、平日に仕事が休みの人間にとって、日曜・祝祭日に出かけるのは気が進まないのですが、そうも言っていられません。

IMG_0600zz.jpg

メガネの問屋さんから「前売り券を買っておいたほうがよいですよ」と言われていたので、素直に用意しておいたおかげで、チケットを買うのに並ぶ必要はなかったのですが、

1205064.jpg

会場の中に入るための列ができていて、10分は並びました。


フロアマップは、こんな感じ。

IMG_0610zz.jpg

私は、大きなジオラマが何ヶ所かにいろいろあるのだと思っていたので、ちょっと拍子抜けです。


会場には11時ごろに入ったのですが、アトラクションコーナーは30分待ちとか50分待ちとかで、息子の場合は、そんなに我慢はできないし、上手にできるわけでもないので、そこはスルー。

IMG_0611zz.jpg


物販のコーナーでは、限定車両の販売がありました。

1205065.jpg

でも、私の心の琴線に触れる車両ではなかったので、これもスルー。
妻が息子のTシャツやらなんやらをあれこれ買っていましたが。


さて、プラレール博の目玉は、なんといってもジオラマだと思っているのですが、それについて一言。

目立つジオラマは、入り口の近くに一つと、

IMG_0602zz.jpg

中央に「巨大ジオラマ」が一つ。

IMG_0613zz.jpg


このジオラマなのですが、大人だとこういう風に俯瞰で見られるわけですが、

EOS_02079.jpg
EOS_02080.jpg

小さな子供の目線だと、それは無理です。
手前のものは見ることができても、奥のほうには目が届きません。

EOS_02076.jpg
EOS_02078.jpg

加えて、最前列からジオラマの縁までは80cmくらいの空間が作られていました。
5歳前後の子供が多かったように見受けられましたが、3~4歳児の場合、視機能の発達の観点から考えても、遠見視力が1.0に到達しないことも珍しくないわけでして、奥行きのあるジオラマを見せられたところで、奥のほうのものは満足には見ることができないでしょう。


巨大ジオラマの展示面積がいかほどだったかは定かではないのですが、たとえば単純に8×8メートルだと考えると、

1205061.jpg

面積は64平方メートル、周長は32メートルです。


前述のように、奥行きのあるレイアウトでは、小さな子供は見えにくいのですから、同じ展示面積でも、このように、2×8メートルのものを4つ作れば、

1205062.jpg

周長は80メートルに増えます。

子供たちはジオラマをぐるっと囲むように集まるのですから、周長が増えるということは、それだけ最前列で見られる子供が増えることになります。


いや、そうは言っても迫力がないと面白くないということなら、8×8メートルでやるにしても真ん中は抜いてしまって、抜いた分で2×8メートルのジオラマを一つ作ることもできるかと。

1205063.jpg



要するに、子供は目の前で走る車両を見たいという欲求が強いのですから、それを満足させるようなレイアウトにしたほうが、より楽しんでもらえるのではないかと思ったわけです。

私は今回初めて足を運んだ者ですので、もしかしたら過去はそういうレイアウトでやられていて、改良を重ねてこうなったのかもしれませんが、奥のほうで走っている車両たちは、注目されにくくてもったいないなぁと感じました。


ちなみに、息子はというと、ジオラマこそ結構真面目に見ていましたが、基本的には走り回っているほうが楽しいらしく、手を離せばちょこまかちょこまか行ってしまうこともあり、2時間経たずに撤退しました。

来年、足を運ぶ機会があれば、平日に行きたいなと、切に思った次第です。


  1. 2012/05/06(日) 23:53:35|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

今日はVSE


展望席ではありませんが、先頭車両でした。
  1. 2012/05/05(土) 16:18:16|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どこに連れて行っても

EXEでGO


ロマンスカーに乗って、おでかけです。
  1. 2012/05/03(木) 08:35:15|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連休のお知らせ

3日から5日まで、当店は連休をいただきます。

IMG_0597zz.jpg

メールチェックも怠りますので、お問い合わせメールの返信は6日ないし7日になります。
あらかじめ、ご了承くださいませ。

6日より、平常通り営業いたしますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  1. 2012/05/02(水) 23:38:39|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

P.D.

メガネを作るうえで、必要な数値の一つが「P.D.」です。
Pupillary Distanceの略で、瞳孔間距離と呼ばれるものです。
眼鏡処方箋に記載されているのを目にしたことがあるかたも多いと思います。
P.D.は遠くを見ているとき、近くを見ているとき、など、距離によって変化をします。

この数値なしに、まともなメガネは作れません。
なぜならレンズの光学中心と、このP.D.の位置関係が、快適なメガネを作るうえで極めて重要だからです。


P.D.を測るにはどうしたらよいか。
オートレフラクトメーターで度数を測定する際に同時に測定されたりしますが、

1205012.jpg

測定中に頭が左右に動いてしまえば、数値は狂います。


定規をあてて測ることも可能ですが、

1205014.jpg

左右眼別のP.D.(monocular P.D.)を測るのは、なかなか難しいです。


手っ取り早いのは、P.D.メーターを使うことでしょうか。

箱の中をのぞいてもらうと、ライトが点灯していまして、

1205016.jpg

測定者からは、そのライトが角膜に反射しているのが見えますから、それに目盛を合わせて読み取るのです。

1205015.jpg

片眼別の測定も容易にできます。


こうして得られた数値を、実際に装用したフレームにプロットして、最終的に確認するのが一般的でしょうかね。

1205013.jpg

私は白いマーカーを使うことが多いですが、お店によってはシールを使ったり、その他いろいろな方法を編み出されているようです。
このとき、上下方向の位置関係(瞳孔中心がどの高さにくるか)も確認しておくと一度に用が済みます。


さて、冒頭にP.D.とレンズの光学中心との位置関係、と申し上げましたが、P.D.と左右のレンズ光学中心間距離(O.C.D.)は、必ず一致させなくてはならないかというと、決してそんなことはありません。

その人の眼位によっては、P.D.よりもO.C.D.を広く(狭く)したほうが具合が良いこともあり得ます。
ただ、その場合であっても、P.D.に対してどれだけ広く(狭く)するかを考えるわけで、基準となるのはP.D.ですから、これがわからないと話になりません。


ところで、他店購入のメガネの度数を測る際(自店で初めてメガネをお作りいただく際には参考になります)、度数と併せて、O.C.D.も測ります。

レンズメーターにメガネを載せて、右眼の光学中心の位置を確認したら、
(モニターの円の中央に十字が来ます)

IMG_0590zz.jpg

レンズに印をつけます。

IMG_0593zz.jpg

左眼も同じ要領で印をつけて、

IMG_0591zz.jpg

左右の印の距離を測れば、O.C.D.がわかります。

IMG_0592zz.jpg

上の画像だと63ミリがO.C.D.になりますが、この人の遠見P.D.が63ミリで、このメガネを常用しているのであれば、P.D.=O.C.D.で作ったメガネであることがわかります。

厄介なのが、プリズム入りのときです。

たとえば3プリズムを必要とするとき、レンズメーターの十字は円の中央には来ません。

1205011.jpg

ところが、他店購入の場合、何も事前情報がなければプリズムが入っているかどうか判断が付きにくいことがあります。
とりあえず、円の中央に十字が来るように印をつけて、O.C.D.を測ったら、

IMG_0581zz.jpg

87ミリだったとします。

通常は、こんなP.D.の人はいませんので、こんなことが起きた場合は、
・プリズム入り
・加工ミス
のどちらかです。

その人のP.D.を測定すれば、どの程度のプリズム作用が生じているかはわかりますので、それを念頭に置いて以降の検査を進めていきます。

このとき、プリズムに関する知識がないと「このメガネ、レンズの中心と瞳孔の中心とが全然合っていませんよ。こんなメガネを掛けていてたら眼を悪くしますよ」などと安易な発言をしてしまい墓穴を掘ることがあるので要注意です。


と、まぁ、だいぶ端折りましたし、とりとめがなくなってしまいましたが、とりあえずはP.D.って重要なんだなということがなんとなくでもわかっていただければオーケーです。

もう少し突っ込んだ話は、また別の機会にしたいと思います。




  1. 2012/05/01(火) 23:50:31|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0