キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

Halloween '99

私がハロウィンという行事があることを知ったのは、中学3年生のときでした。
当時、日曜の夜7時半に放映されていた「小公女セーラ」の中で、ハロウィンの日の出来事を題材にした回がありましたので。

高校1年生の時、米軍相模原住宅内でのハロウィンパーティに足を運び、「Trick or Treat」に参加したものの、袋を持っていくことを知らなかった私はお菓子をもらうことができず、悔しい思いをしました。

そんなこんなで、実際にハロウィンを体験したのは、アメリカ滞在中になります。


せっかくの行事なので、一応それらしく取り組もうと考え、スーパーの店頭に山積みされていたカボチャを買って、Jack-o'-lenternをつくりました。

本来のJack-o'-lenternではなく、自由に絵柄をつくるケースが多いようでしたが、私は芸術的センスがありませんので、スーパーで売られていた図柄見本を買いまして、それをそっくりそのまま写しました。

加工中

1110316.jpg

ロウソクをつけると、こうなりました。
ネコです。

1110313.jpg


当日は、近所の子供たちが「Trick or Treat」に来てもよいように、お菓子を買い込みスタンバイ。
夕方やってきた子供たちに、せっせせっせと分け与えたのでした。

子供たちは、当然みんな仮装をしてきます。

1110317.jpg
1110314.jpg
1110315.jpg


最初のうちは、余らせても仕方ないので結構大胆にお菓子をあげていたのですが、「あそこに行くと、たくさんもらえるぞ」という情報が子供たちの間に回ったらしく、次から次へとやってくるので、だんだん1人にあげられる量が少なくなりました。

最後は備蓄が底をつき、自分用に日系スーパーで買ってきていた「柿の種」やらなんやらのいわゆる「乾き物」をあげる羽目に。
期待して来てくれたのに、かわいそうなことをしました。


翌年のハロウィンは図書館にこもっていましたし、その次の年はホームステイ中で特にどうとういうこともなく、雰囲気を味わったのはこの1年だけでした。
まぁ、1回体験しとけばいいですわ。


◎おまけ◎
一緒に留学していた、現・大阪LDセンターの奥村先生はメロンが好きで「僕はカボチャではなく、メロンを使います」と、メロンを買ってきて1人で中身を平らげたあと、「ドラえもん」に仕上げていました。

1110312.jpg
1110311.jpg

Good job!!



  1. 2011/10/31(月) 23:11:03|
  2. 記念日・○○の日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キーホルダー

寿司ネタのキーホルダーをいただきました。

1110301.jpg

真ん中の3つは、サバ・タイ・カズノコでよいと思うのですが、両端がわかりません。

左端は先端の色合いからアオヤギではないかと推察しております。

右端は、ブリかな、と。

おわかりのかたがいたら教えてください。

  1. 2011/10/30(日) 23:02:34|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

微妙に違う

これ、トラナグリフ(Tranaglyph)という小道具です。(BC515)

1110291.jpg

赤緑メガネをかけて(右眼に赤レンズ)、赤丸と緑丸の書かれたプレートを見ると、この画像の設定であれば二重丸の内側の丸が3D映像のように浮かんで見えます。

この性質を利用して、赤丸と緑丸の間隔を変化させることにより、感覚性・運動性両方の観点から融像力を鍛えることが可能です。


昨今、トプコンさんの販売している屈折検査用の視力表に、この原理を利用して「深視力検査の疑似体験」ができるチャートが組み込まれています。(下図はトプコンさんのHPより転載しました)

1110293.jpg

赤と緑の棒が、一本の黒っぽい棒のように認識され、赤と緑の棒の間隔の変化によって、真ん中の棒が近づいてきたり遠ざかってきたりするように見える(感じる)わけです。

ただし、繰り返しますが、これはあくまでも「疑似体験」です。
トプコンさんもそのように説明されていますし、私自身も異論はありません。



実際の深視力計は、大きく二種類に大別されます。

二つの覗き穴から棒を見るタイプと、

DSCF2720.jpg

1つの覗き穴から棒を見るタイプです。

IMG_1839.jpg

この二つの装置は、
・右眼と左眼で見ている棒は同じもの
・両端の棒は固定されていて、真ん中の棒が前後に動く
という点では同じです。

そして、深視力検査は、この環境下での三本の棒の位置関係を問う検査です。


しかしながら、前述の疑似体験チャートでは
・右眼と左眼で見ている棒は、両端は同じだけれど、真ん中は違う
・真ん中の棒の間隔が左右に広がったり狭くなったりする
ということで、本来の深視力検査に求められる環境とは違います。

だから「疑似体験」なのです。


ところが、「深視力検査ができます」と看板を掲げている施設の中には、この疑似体験チャートでもって深視力検査に替えてしまっているところがあるようです。

仕組みが違う以上、このチャートでの反応のみをもって、深視力検査用の眼鏡処方をしてしまうのは、ちょっとまずいのではないかと考えます。


以前、このチャートでは棒の動きが全くわからなくて免許取得を諦めかけていたかたが当店に来店されました。
しかし、当店の装置では、結構いい線をいっているんです。
(もちろん、当店なりの度数調整と両眼のチームワークの鍛錬法は伝授しました)

逆に、このチャートでは問題ないけれど、実際の装置ではわからないという人も、測定環境が違う以上は、確実にいるはずなんです。


真に「深視力検査」とうたうのであれば、本来の装置を用意するのがよいと思います。
本来の装置ですら、わかりやすいもの、わかりにくいもの、があるのですから。


※トプコンさんのチャートそのものを批判する意図は毛頭ないことを付け加えておきます。



  1. 2011/10/29(土) 23:47:27|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ハッピーセット

これ、何かと申しますと

1110286.jpg

マクドナルドのハッピーセットを買ったときについてくるプラレールです。

2歳児にマクドナルドの商品を食べさせるのがよいか悪いかは別として、全8種類のうち、ダブルことなく4種類が集まりました。

それぞれ、音がしたりライトがついたりといった仕掛けがあります。


一応「プラレール」となってはおりますが、本家と比べると、

1110285.jpg

全長が2/3くらいになっております。


本家の車両と連結もできます。

1110281.jpg

ただ、この場合、欠点があります。

この編成では、電池で走らせることができないのです。


通常、プラレールの車両は先頭車に動力がついていますが、この動力車の連結器とハッピーセットの車両の連結器とが同じ組み合わせ(輪同士)のため、

IMG_9525.jpg
1110283.jpg

この2両はつなぐことができないのです。
中間車両で調整できればよいのですが、中間車両の連結器は片方がカギ、片方が輪なのでダメなわけです。


もちろん、遊びかたはそれぞれですし、手動で遊ぶ場合はこのほうが動力車がないので、軽く動いて楽しいと思います。

  1. 2011/10/28(金) 23:03:27|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

500系


マクドのハッピーセットの景品です。
  1. 2011/10/27(木) 15:01:10|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

斜めカット

当店は「ウスカルフレーム」を打ち出している関係上、強度数のお客様のご来店が少なくありません。


強度数のためにレンズのコパが厚くなってしまった場合に、(画像A)

1110267.jpg

コパの部分を斜めに大きくカットしてしまう加工法があります。(画像B)
(下の画像は、上の画像のレンズを斜めにカットしたものではありません。)

1110268.jpg

こうすることで、横から見たときのコパの厚み感を幾らか減らすことができます。


ただ、弊害もあります。

正面から見たときに、

斜めカットをしていない(一般的な面取りで済ませている)場合と(画像A)

1110264.jpg

斜めカットをした場合(画像B)とでは、

1110263.jpg

周辺部の白っぽい反射の出方が異なります。

斜めカットをしているほうが、強度数感が強くなってしまうのです。


極端な例ですが、他店ご購入のメガネの枠交換希望で来店されたものです。

斜めカットをされていることで、横から見た厚み感は減るかもしれませんが、

IMG_0799.jpg

正面から見たら、こんなです。

IMG_0801.jpg

いわゆる牛乳瓶の底のような感じになってしまいます。

この反射はコパ厚が大きく、且つ斜めカットの幅が広いほど目立ちます。


極論を言うと、
斜めカットは「少しでもコパを薄く見せたい」という加工(自分主体)。
斜めカットをしないのは、「他人に正面から見られたときに、厚み感を出さない」という加工(他人主体)。
と言えるかもしれません。

これは、どちらが正しいと言えるものではないと思います。


上述のような極端な例はさておき、5ミリ前後のコバ厚みだったら、

1ミリ幅くらいの斜めカットであれば、

1110266.jpg

この程度の反射で済みます。

1110261.jpg

しかし、斜めカットをしなければ、このレベルにおさまります。

1110262.jpg

どちらがいいかは、その人によって違うでしょう。


私自身、以前は、やや厚みのあるときは、1ミリ幅くらいで斜めに落として納品していましたが、斜めカットは、一度やってしまうと、当然ながら元には戻せません。

ですので、最近は「面取り」の範疇で済ませてしまうほうが多いです。

1110265.jpg

これなら、あとからお客様の要望によって斜めカットにすることもできますので。


もっとも、事前にこうした一連の説明を怠ると「厚みを気にしている人に対して、気を遣って加工をしてくれない」と思われてしまいます。
先日も、そのようにお叱りを受けたところです。

あとから説明しても、言い訳になってしまいますからね。
こちらの不手際で、ご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ありませんでした。


このように斜めカットは、メリットもデメリットもありますので、依頼をされる場合はよくご相談してからがよいと思います。





  1. 2011/10/26(水) 23:11:46|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エアメール

留学時代に大変お世話になっていたご婦人(私の母より、ちょっと年上)に、パースデーカードを送りました。
既に誕生日は過ぎてしまっているのですが、同梱するものの手配に手間取ってしまいまして。
遅くなってごめんなさい、です。

IMG_9503.jpg

数年前、日本に遊びに来たとき以来、お会いできておらず、電話をかけるたびに「いつ、こっちに来るんだ」と聞かれています。
行きたいのはやまやまですが、4日間の休みしか取れない私にとっては、なかなか難しいミッションでありまして。
無論、不可能なスケジュールではないですがね。

息子がもっと大きくなったら、せめて妻と息子だけでも一週間くらい行かせてあげたいと思っています。
アメリカのグランマ(grand mother)に、big hugをしてもらえたらと。
現地の人のお家で過ごすというのは、通常のツアーや観光では絶対に味わえない体験ですから。

そのときまで、元気でいてくださいね。


  1. 2011/10/25(火) 23:25:02|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TURNING

当店でも取り扱っている、TURNING(ターニング)というフレーム。

美しく、掛けやすいアセテート(セル)フレームを得意としております。

1110248.jpg
1110247.jpg

このTURNINGのシリーズで、フロントがチタンで腕がアセテートというのがあります。

「TURNING 椿」

1110246.jpg
1110245.jpg

当店の場合は、アセテートフレームよりも、こちらのほうがよく売れています。
私の趣味で仕入れると赤系統ばかりになってしまうので、その点は注意して、他のカラーもご用意しております。

1110244.jpg
1110243.jpg

こちらは、「あまり天地の細いフレームは。。。」とおっしゃられるお客様におすすめしやすいサイズです。

1110242.jpg
1110241.jpg

お若いかたにはもちろん、ご年配のかたにも若々しく掛けていただけるフレームでございます。

  1. 2011/10/24(月) 23:11:05|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作文

このブログの記事を幾つかご覧になったかたは既にお気づきかと思いますが、私は簡単明瞭に文章を綴ることができません。

ついつい「あれも書かなきゃ」「これも入れとかなきゃ」となってしまうために、「たとえば」「つまり」「ちなみに」などが頻発します。
これは子供のころからの癖でどうしようもありません。


小学校のころ、何度となく作文を書きました。

たとえば(ほらね)、「昨日の出来事について書くように」という指示が出たとします。
こういう場合、
「学校からの帰り道、一匹のアリが自分の体よりも大きな餌を一匹で運んでいるのを見つけた。巣で待っている仲間や家族のために一生懸命働いているアリの姿に、僕は僕の両親の姿を重ね、両親に対する感謝の気持ちを禁じえなかった。自分もかくありたい」
ってな感じのものを原稿用紙一枚にまとめるとよい評価が得られるのかもしれません。

しかし私は、昨日何があったかを時系列に原稿用紙三枚にわたって綴るような書きかたをしてしまいます。

そんな作文を提出された担任にしてみれば「てめぇの与太話なんか読んでる暇はねえんだよ」ってな気持ちにもなるでしょうが、さすがにそんなコメントができるはずもなく、私の作文に寄せられるコメントの多くは、

1110232.jpg
1110233.jpg
1110234.jpg

こんな感じです。


私は、文中に(自分が)クスッと笑ってしまうような小ネタや表現を含ませるのが好きでした。
ただ、それは指導者にしてみれば、ただのおふざけにしか映らず、好ましいことではなかったかもしれません。

「クラスで管理しているドッジボール用のボールを見て、感じたことを簡単に表現しなさい。後で発表してもらいます」という課題に対して、「コロコロと太ったボール」で始まる作品を発表したとき、クラスの連中はウケていましたが、先生がどう感じたかはわかりません。


皆さんもブログその他で「すごいぞ、自分」みたいな書きかたをすることがあるかもしれませんが、そんなニュアンスで、

「りこうな小供 ぼくが」と書いたら

1110231.jpg

「こういう書き方は しないこと」と注意される始末です。


自分について書く課題のときは、

「頭を使うぼく」という大胆なタイトルと、「ぼくはたまにいいことをします」という、早く続きを読んでみたくなるような斬新な書き出しでスタートし、

1110237.jpg

単なる自慢話で終わらせないために、
「しかしこんなことばかりではない。この前 女子の視力測定をやっている前にビョンと飛び出し 藤巻先生に「とんま。」と言われた。ぼくは きずついた。これからは何事にも気を付けよう」
と、失敗談と併せて今後の抱負を語ることで締めたにもかかわらず、

1110235.jpg

先生からは何もコメントがなく、

1110236.jpg

冒頭に申し訳程度につけられた二重丸でお茶を濁されたこともありました。


子供らしい、素直な気持ちを綴るのが、作文の奥義だったのかもしれません。
気付くのが遅すぎました。


というわけで、この記事に対してコメントをもらえるとしたら、やっぱり「くわしくかけています」になるのでしょうね。




  1. 2011/10/23(日) 23:12:27|
  2. 私が若かったころ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カバーテスト

深視力検査に引っ掛かってしまってお困りのお客様。

教習所では何とかなったけれど、免許試験場で不合格になってしまい、メガネを新調して再度トライするも不合格。
ネットで調べて当店に足をお運びくださいました。

メガネを新調したにもかかわらず効果が出ないのであれば、本来はどうしようもないはずなのですが、往々にしてつけいる隙があるもので。。。

日常生活において、両眼複視の自覚はないということでしたが、とりいそぎ、新調されたメガネを装用した状態で交代カバーテストをしますと、大きく斜めに眼球が動きます。
新調されたメガネには、この眼球の動きに対処するような方策が施されていないようなので、その後の検査の方向性は決まりです。

結果、度数そのものはほぼ同じであるものの、2.5△ずつ上下に振り分けました。
日常において両眼視をする癖がついていませんので、水平方向の動きも硬いです。
本来ならトレーニングで片付けてしまうところですが、できるだけ早く免許取得をしたいという意向もあり、1△ずつベースインも入れました。
このほうが、深視力の精度が上がったので、速効性重視です。

新調したばかりのフレームを使ってのレンズ交換をお薦めしましたが、一式おつくりいただきました。

そして先日、無事一発で合格したとのご連絡をいただき、ご丁寧にお土産まで頂戴いたしました。
お心遣い、誠にありがとうございました。


さて、今回のケースはプリズム処方ですんなり解決できたのでありますが、残念ながら最初に新調されたメガネにはプリズム処方がなされていなかったわけです。

両眼視に関する検査を日ごろからされていないか、両眼複視の自覚(訴え)がなかったため、検査を省略されてしまったのだと思われます。

たとえ、訴えがなくても、1分かからずにできるので、カバーテストをルーティンに組み込んでおくと、こういった見逃しは起きにくいと思います。

オクルーダーが1個あればできるのですから。

occ5.jpg

極論を言えば、別に手のひらでもできるわけですし。


  1. 2011/10/22(土) 23:46:29|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの名古屋

昨日、名古屋市内で行なわれた日本オプトメトリック協会主催のセミナーに出席するため、おとといの晩から名古屋へ行ってきました。

閉店後に出発し、新横浜から新幹線です。

IMG_9459.jpg
1110215.jpg

切符をよく見ずに、勝手に1号車の一番前だと思い込み、

IMG_9460.jpg

ホームの先端に向かってトコトコ歩いているときに気が付きました。
「一番後ろの車両じゃん」と。
新幹線、長いです。

私は500系が好きなのですが、もう東海道新幹線では巡り合えません。
残念です。
N700系でした。

IMG_9462.jpg

一番前の席は、壁にコンセントがついているのですが、携帯もパソコンもいじらないので特に恩恵はなく、だらしなく足を広げると自動ドアが開いてしまうので、そっちに気を遣いました。

IMG_9463.jpg


珍しく12時にランチを食べたので、たいしておなかも空いておりませんで、駅弁は買いませんでした。
「チップスター」だけ購入。

1110211.jpg

新幹線に乗るときは、必ず食べます。
長いサイズのほうがよいのですが、短いのしか売店には売っていません。


定刻通り名古屋に到着。
会場が眼鏡学校のときは第2富士ホテルが常宿ですが、今回は違う会場なので栄に宿を取りました。
「燃えよドラゴンズ」が流れる地下街を通りぬけ東山線に乗って栄に向かいます。


ところで、私が宿を選ぶときの基準というかキーワードは「風呂自慢」です。
しかし、ビジネスホテルにそんなものを要求してはいけません。
カプセルホテルならサウナもついていますが、あまり気が進みません。

今春にオープンしたアパホテル名古屋栄が大浴場を備えており、リーズナブルな価格で提供されていましたので、そこにしました。
栄にはもう1箇所、アパホテル名古屋錦がありますが、こちらは大浴場がないので注意が必要です。

1110214.jpg

新しいだけあって、室内も綺麗でよかったものの、このベッドが曲者でした。

IMG_9467.jpg

腰の悪い私は、いつも硬めの布団で寝ているのですが、このベッドのマットレスは想像以上に柔らかく(それがウリではあるのですが)、腰が沈みすぎるのと併せて枕が高く、腰は痛いわ首は痛いわで、マットレスの中央には寝られません。
斜めに寝てみたりいろいろ熟慮した末、壁際に沿ってマットレスの一番端っこを使って寝ました。
でも、あんまりよく寝られませんでした。
個人的には残念な結果となりました。


昨日は、9時半から座談会がありましたので、まずそれに出席。

IMG_9471.jpg

昼は会場近くのラーメン屋さんへ行きました。

IMG_9472.jpg

ニンニクがウリのお店ですが、さすがにガッツリ摂取するわけにもいかず、ちょっとだけ入れてもらいました。
ちなみに昨晩はチェックイン前に、ホテル近所の味噌ラーメンがウリのお店に入りまして、味噌NGの私は塩ラーメンを頼みました。
どうもすみません。


午後はセミナーです。

IMG_9475.jpg

今回、このセミナーに出席したのは、珍しく木曜開催だったことだけではありません。
私より1年後にキクチ眼鏡専門学校専攻科に入学し、卒業後パシフィック大学に留学したこのおふたかたの講演が聞きたかったからです。

株式会社富士メガネ 常務取締役 金井宏将O.D.

1110213.jpg

株式会社たかはし メガネのたかはし 代表取締役 高橋圭介M.S.

1110212.jpg

よいお話を聞かせていただいてありがとうございました。


セミナー後、金井O.D.、高橋M.S. と一緒に眼鏡学校へ赴き、我が師匠、関真司O.D.にお会いしました。
校長室にて、パシフィック大学同窓会です。
業界の今後について話し合いました。

IMG_9500.jpg
     

眼鏡学校を後にし、久屋大通まで歩いて移動。
名古屋に一泊する金井O.D.と高橋M.S.はネオン輝く栄の街へ消えていきましたが、私は大人しく名古屋駅へ。

IMG_9501.jpg

妻には、洋菓子人気ナンバーワンだという「ババロア」と「マドレーヌ」と「名古屋嬢」というお菓子を、息子には新幹線のシールと「ゆかりせんべい」を、両親には「きしめん」と「ひつまぶし茶漬け」を購入。

私は「チップスター」を入手して新幹線に乗り込んだのでした。


 

  1. 2011/10/21(金) 23:05:01|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

午後の部、スタート。

名古屋


明日開催される日本オプトメトリック協会主催の座談会とセミナーに出席のため、早起きが苦手の私は会場付近で前泊します。
  1. 2011/10/19(水) 22:37:13|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トランスイルミネーター

この小道具、

1110183.jpg

トランスイルミネーターと我々は呼んでいます。
オプトメトリストは結構使っている人が多いかもしれません。

何かというと、

1110182.jpg
1110181.jpg

早い話がペンライトです。
くの字に折れ曲がっているのが特徴です。

暗いところを照らすのが目的ではないので、一般のペンライトよりは光が拡散しないように感じます。
オプトメトリストが愛用しているものは、光量の調節ができるタイプが多いのですが、これは日本で買ったもので、光量の調節はできません。

その割には、それなりの値段がしましたが、まぁ格好から入るには必要な小道具なので。


さて、具体的に何に使うのかというと、ライトはライトですから、瞳孔の対光反応をチェックしたり、マドックス法やバゴリニレンズテストを行なう際の固視点にしたりとか、いろいろあるわけですが、「Hirschberg test」に使用することもあります。

「Hirschberg」は、眼科業界ではドイツ語読みなので「ヒルシュベルク」と呼ばれていますが、「ハッシュバーグ」と呼ぶとアメリカ風になります。

眼前にトランスイルミネーターを置き、それを固視してもらうことで斜視角の大まかなチェックをします。
置く距離は、眼科的には眼前33cmとされています。

被検者がイルミネーターを固視しているとき、角膜上にイルミネーターの反射光が映ります。

斜視なしであれば、こんな感じです。

1110189.jpg

瞳孔中心よりもわずかに鼻側にずれたところに反射光が映ります。


右外斜視だとこんな感じです。

1110188.jpg

右眼の反射光が左眼の反射光よりも、もっと鼻側にずれていますね。

詳細は省きますが、このずれの量で、大体の斜視角をつかむわけです。
要はスクリーニング的に行なうテストといえましょう。


「普通のペンライトで、できるんじゃね?」と言われたら、まぁその通りかもしれませんが。
その辺は突っ込まないでやっておくんなさいまし。



  1. 2011/10/18(火) 23:14:36|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パンフレットに画像が

私が学んだキクチ眼鏡専門学校は名古屋市東区にあります。

高卒の人にとっては4年制の専門学校です。
短大・大卒の人にとっては2年制です。

大学(universityではなくcollege)としての認可が得られるようになることを念頭においていたか何かで、4年制コースには一般教養の講義なども含まれています。

2年制コースの場合は一般教養系の講義はなく、専門科目であっても初歩的な講義は除外されているかわりに、4年制コースの2年生が受ける講義と3年生が受ける講義とを並行して履修するなどして1週間当たりの講義コマ数が多くなっています。
そうしないと2年で終わりませんからね。

高卒で就職して、それから入学したいという場合はどうなんでしょう。
ルールにのっとれば4年制コースになりますでしょうかね?
20代も半ばを過ぎてから10代の学生と一緒に過ごすのも、なかなか大変なようにも思いますが。

私の場合は26歳で2年制コースに入りましたが、激しいギャップは感じませんでした。

あと、仕事をしながらでも学べるように通信制コースもあります。


さて、先日の展示会(IOFT)、場内のブースの一角に学校のパンフレットが置いてありましたので、いただいてきました。

IMG_9406.jpg

そうしたら、パシフィック大学のロービジョンルームで撮ってもらった私の画像が掲載されていました。

1110161a.jpg

かつて「パンフレットに載せられそうな写真があったらちょうだい」と言われて差し出したもののうちの1枚です。

お役に立って何よりでした。

  1. 2011/10/17(月) 23:13:51|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガラスレンズのナイロール加工

お店によって、対応が異なるとは思いますが、当店ではガラスレンズをフチなしフレームに組み込むことはお断りしています。

また、ガラスレンズをナイロールフレームに組み込むことも、原則お断りしています。
レンズのコパが欠けるリスクが高くなりますし、それがもとで製造物責任がどうこうと言われても正直困ります。
以前、渋々ながらお受けしたものの、1ヵ月で2回破損され、そのたびに「買ってすぐなのだから」と無料交換とまではいかないながらも、破格値での再作を要求された経験もあり、加工を引き受けるのには非常に消極的です。

が、先日「仕事の関係でどうしてもガラスがよいので」というご要望を断り切れず、レンズ交換をお引き受けすることになりました。

外での作業時にも使うということで、破損のリスクが高くなりますが、破損しても補償は受け付けないということでご了解をいただいての受注でした。
混合乱視でコパの薄くなる部分が生じます。
ペラペラな状態で溝を掘る度胸はありませんので、コパを厚めにオーダーすることになります。
結果として、レンズ重量が増加してしまうこともご了解いただきました。


と、ここで問題が。。。。

当店で現在稼働中の加工機、溝掘りもできるので便利なのですが、ガラスレンズの溝掘りはできないことに気が付きました。

IMG_9414.jpg


以前の加工機では溝掘りができなかったために、溝掘り機を使っておりまして、それをまだ保管してありましたので、

ひとまず加工機で平摺りして、

1110163.jpg

溝掘り機で溝を掘るという作業を数年ぶりにやりました。

1110162.jpg

さすがに、ちゃんと動くか不安もありましたし、機械のクセもあるので、いきなり本番は危険すぎます。
いらないレンズで練習してから、仕上げました。

1110161.jpg


今回はお引き受けしましたが、ナイロールフレームにガラスレンズは原則お断りという姿勢は今後も変わりませんので、ご了承ください。




  1. 2011/10/16(日) 23:46:36|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恐るべし、予選会

今日は、来年のお正月に行なわれる、第88回箱根駅伝の予選会の日でした。

来年の箱根駅伝は20校の参加で行なわれますので、今年の大会でシード権を獲得できた10校以外、残り10校分の出場枠に挑むものです。
(学連選抜チームとして1枠使いますので、実質出場枠は9校ですね)

細かい説明は省略しますが、各大学10人以上の選手で走り、各大学の上位10人の成績(合計タイム)で無条件に6校が、残りの3校は合計タイム&別途算出されるインカレポイントというのを加減算したタイムで選ばれます。


結果の一部がこちら。

1110151.jpg


法政大学、去年の予選会も次点でした。
たしか、3年前の予選会も次点だった気がします。
何と申し上げたらよいか。。。。

順天堂大が復活したものの、伝統校が軒並み落選です。
特に日大は全体の10傑に3人入っているにもかかわらず、の結果となりました。

本番もそうですが、10人のコンディションを最高の状態に整えるのはとても難しいことなのでしょうね。

ここ数年、各校の格差が小さくなってきたのか、予選会もハイレベルです。
かれこれ30年近くシード権を獲得し続けている我が中大も、近年はシード権争いを視野に入れざるを得ない展開が増えています。
油断禁物です。


さて、これで出場19校が決まったのですが、肝心の私は来年の往路、芦ノ湖へ行けるのでしょうか?
今年の様子

それとも、おととしのように大手町と2区でしょうか?
去年の様子

乞うご期待。
  1. 2011/10/15(土) 23:24:07|
  2. 箱根駅伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ひまわり娘」ご来店

座間市が、市の花として積極的にPRしております「ひまわり」。

今度の日曜には「ひまわりフェスタ」なるものも予定されているようで。

IMG_9408.jpg

で、このポスターにもちょこっと記載されております、

1110142.jpg

キャンペーンソング「ひまわり」。
CDが発売されておりまして、これを歌っているのが(作詞も)、座間市内の中学3年生、飯塚優羽(ゆう)さん。

1110141.jpg

ご当地アイドルとして、座間市のいろんなイベントに積極的に参加されてらっしゃいます。
中学校の陸上部ではハードルの選手としても活躍されていたとのことですが、こっちの活動のほうが忙しくなってしまって、部活は途中でやめちゃったそうで。


この飯塚優羽さん、ブログを開設しておられまして、市内のお店の訪問記事を不定期にアップされています。
今回、めでたく当店にも白羽の矢が立ちまして、本日取材に来てくださいました。
飯塚優羽さんのブログは、こちら

当店の特徴をお話しさせていただいたり、大きいフレーム・ウスカルフレーム・跳ね上げフレームなど、ニッチな商品をご紹介させていただいたり、深視力テストをご体験いただいたりしまして、最後に赤いセルフレームを掛けてもらってパチリ。

1110143.jpg


こういう活動をするように至った経緯をお伺いしたりもしつつ、今後の目標はとお尋ねすると「紅白に出たい」と即答されました。

CDにサイン貰っておくの忘れた。。。

あ、CDはアマゾンで簡単に買えるようです。
ご購入は、こちらから

あと、当店の4軒隣の「昭和食品」さんでも販売していますです。


目標実現のため、これからも元気に活動してくださいね。
飯塚優羽さんの将来に、ひまわりのような大きな花が咲きますように。


いや~、それにしても、若いって素晴らしい!!




  1. 2011/10/14(金) 23:35:03|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

展示会


ビッグサイトに来ていました。歩き回って腰がしんどくなってきました。
  1. 2011/10/13(木) 17:01:19|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メガネ新調

今のメガネは一年ちょっとしか使っていないのですが、新調しました。

というのは、お客様への販売が決まったフレームのメッキを加工中に剥がしてしまったからです。

1110122.jpg

リムカーブの調整がやりにくいのを無理してやろうとして失敗してしまいました。

お客様へは新しいフレームを取り寄せて納品したので事なきを得たのですが、メッキが剥げたフレームは売り物にはなりません。
幸か不幸か、私のような顔の大きい人が掛けられるということで仕入れたフレームでしたので、私が責任を取ることにしたのです。

元のフレームの色は濃紺でしたが、私は赤系統がよかったので、色を変えるために再メッキ処理をしてもらうことにし、そのメーカーさんでお願いできる赤系統の色の中から選びました。

最後まで、この赤にしようか迷ったのですが、度胸がなかった。。。。。

1110124.jpg


このフレームの特徴のひとつが、テンプルの模様なのですが、

1110123.jpg

再メッキをするためには、この模様を取らねばならず、結果として、ちょっと安っぽくなってしまったのが残念です。

1110126.jpg

画像ではきれいに色が撮れていませんが、ボルドーって感じの色目です。


ちなみにフレームは、シュン・キワミというブランド。
玉型サイズは58ミリ。

1110121.jpg


本来は、このフレームに、以前ネタにしたレンズを組み込む予定だったのですが、コパ厚が足りなくて断念したので、別途レンズを注文しました。

今までのものよりも、近視度数を一段階落としています。
当然今回も、お客様への説得力アップのために累進レンズです。
レンズの種類は同じにしておきました。
(年齢に比して加入度が強いのは、ワザとです。)

R = S-0.50 C-0.25 Ax180  ADD1.50  3△B.I.
L = S-0.50 C-0.25 Ax175  ADD1.50  3△B.I.
B.V. = (1.5)

近視度数は、5年くらい前に比べると4段階弱くなっています。
徐々に正視化しているのは加齢のせいでしょうか?


  1. 2011/10/12(水) 22:49:31|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

0.1の視標で0.1以下の視力を測る

5メートルでの視力検査において、一番大きな視標が0.1だとして、その視標の判別ができない場合があります。

こういうときには、0.1の視標が判別できるところまで近づいていき、その位置から視力表までの距離をはかり、次の計算式に当てはめます。

5メートルで0.1に相当する視標がYmで判読できた場合の視力 = 0.1 × Y/5

すなわち、上記の視標を視力表から2mの距離で判読できたとしたら、その視力は、

0.1 × 2/5 = 0.04

となります。

もし用いた視標が3mで0.1に相当するのであれば、上記の5を3に置き換えて計算します。


余談ですが、眼科や眼鏡店では、手持ち式の「5メートルで0.1に相当する視標」を用意していることが多いかと思います。

1110112.jpg


家庭でもパソコンで簡単にこれと類似の視標を作れます。

5メートルで0.1に相当する視標の全長は75ミリ。
線の幅は15ミリ(全長の1/5)
切れ目の幅は15ミリ(全長の1/5)
という決まりがあります。

1110111.jpg


たとえばワードの図形ツールを使うのであれば、まず直径75ミリの黒い円を描き、その内側に直径45ミリの白い丸を重ねます。
(黒い円の左端よりも15ミリ右側に白い丸の左端、黒い円の下端より15ミリ上側に白い丸の下端がくるように)

次いで15ミリ×15ミリの正方形を重ねればOKです。
(黒い円の右端と正方形の右辺の位置をそろえ、黒い円の下端より30ミリ上方に正方形の下辺を揃える)


ちなみに、5メートルで1.0に相当する視標の全長は7.5ミリになります。


  1. 2011/10/11(火) 23:54:08|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロー付け

フレームの金属部分が折れたり分離したりして、メガネとしての用をなさなくなってしまった場合、

1110091.jpg

程度にもよりますが、修理をすることで再び使えるようになることが多いです。

1110102.jpg

この金属部分の再接合をすることを一般に「ロー付け」と呼んでいます。
金属同士をローでもってくっつけてしまう作業です。

ローを溶かすためには熱を加えますので、熱を加えた部分の変色が生じてしまうこともありますが、上手に仕上げれば通常使用には何の問題もないレベルに仕上がります。


このロー付け作業、自分のお店でやってしまうところも多いですし、社員さんが何人かいてロー付け作業に集中できるようなお店であれば即日仕上げも可能です。

では当店はというと、大変申し訳ないのですが修理専門の業者に送って対応しています。
業者に送る日数、戻ってくる日数、業者が作業する日数を考えるとお渡しできるまで、早くても中2日ないし3日はかかります。
(ロー付けのみを行なった場合です。再メッキをかければ数週間かかります。)

月曜にお預かりしたら、当店は木曜定休ですから金曜にお渡しという感じです。
業者は土・日・祝はお休みですから、金曜に預かっても日曜に預かってもお渡しできる日は同じです。

その間、予備のメガネがあるお客様ならまだしも、そういった備えがなければメガネなしでの生活になります。
新しくメガネを作るといっても、レンズによっては1週間近くかかってしまいますから同じことです。


ですから、お客様のことを考えれば、ロー付けは自店で対応するのが一番です。
「簡単なロー付けすらできないくせに、専門店と言えるのか」といったご意見も耳にします。
おっしゃる通りで、返す言葉がありません。

現状、不慣れな技術で自店対応して、万一使用中(たとえば運転中とか海外旅行中)に同じ箇所が壊れたらということを考えると非常に怖いので、安心して任せられる業者に依頼をしているわけですが、業者と同等以上のレベルでロー付けができるようになるのが、これからの課題であると認識しております。


そういったわけで、ロー付けができない代わりにパーツの取り寄せで対応ができるよう、当店でフレームを仕入れる際は「メーカーが一回生産したらおしまい」「現品限りの特価品」などというのではなく、ある程度安定したパーツ供給ができるかどうかということに重点を置いております。

それでもパーツ切れになってしまうことはあるのですけどね。


  1. 2011/10/10(月) 23:33:46|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1970年代のプラレール

息子の誕生日にプラレールを買ってあげたのは昨日アップした通りなのですが、それに先立ち、実家の納戸から私が遊んでいたプラレールを引っ張り出してきました。

IMG_9282.jpg


当時、新幹線といったらこれしかありませんでした。

IMG_9283.jpg

小田急ロマンスカーではなく、名鉄パノラマカー。

1110096.jpg

東海道線で活躍していた113系と思われます。

1110095.jpg


ボディーは同じで、単に色を変えただけなのですが、これが何だか分かりません。
地下鉄日比谷線か東急っぽいですが。

1110094.jpg

電池を入れたら動くかどうかの確認はしておりません。


トンネルや車庫などの情景部品も、今と同じです。

1110092.jpg
1110093.jpg

レールの規格も一緒ですが、当時は車輪の接地面がツルツルしていました。
(坂道レールは除きます)

IMG_9290.jpg

昨今のレールは、ギザギザがついています。

IMG_9391.jpg



何も、こんな古いのを持ちださなくても、と思われるかもしれません。
実際、プラレールで遊ぶこともなくなったころ、母に「捨てるか、だれかにあげるかしたら?」と言われたものです。

そのときの私の返答は
「自分の子供にあげるから取っておく」
でした。

あれから30数年経ちましたが、当時の私の意志を実現させてあげたいと思います。
きれいな段ボールに移し替えて実家に保管してありますので、息子が実家に来た時にでも遊んでくれたら、当時の私も喜ぶことでしょう。

でも、車両は自宅から持ち込んだほうがいいかもね。




  1. 2011/10/09(日) 23:42:22|
  2. 私が若かったころ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プラレール解禁

2歳になったのを機に、自宅でのプラレール遊び(レールの上を走らせる本来の遊び方)を解禁しました。
プラレールの対象年齢は3歳以上となってはいますが、これまでの様子を見てきて大丈夫だろうという私の判断です。

私が使っていたものや、お下がりでいただいたものもあるにはあるのですが、私からの誕生日プレゼントということで新しいものを進呈することに。

車両は息子が認識できるものの中から、「ゆふいんの森」と「山手線(E231系500番台)」をチョイス。
レールレイアウトは、エンドレスで走らせることができるようにということと、レールの結合が強固になるという点から、楕円を基調とした複線にすることにしました。

複線だと、商品として販売されている「レールセット」では都合のよいものがありませんので、私のイメージするレイアウトをつくるのに必要なレールを単品で揃えることにしました。


私の母が用意してくれることになっていたプレゼントが誕生日当日までに間に合わないということだったので、間に合わせ的に、一番単純なレールセットと「N700系新幹線」を買ってもらい、誕生日当日はそちらを息子に渡しました。

IMG_9354.jpg

息子は「エヌ~」と言いながら喜んで遊んでいましたので何よりでした。


それで肝心の私からのプレゼントはといいますと、水曜の晩、息子が寝てからセッティングしました。
正直、腰が痛くてそれどころではなかったのですが、この日を逃すと先送りになってしまいますので、泣き言は言ってられません。

本当は、この「車両基地」を内側に配置したかったのですが、

1110084.jpg

レールの長さの関係で複線レイアウトに組み込むには、もう1個ポイントレールを用意しないときれいに仕上がらないことに気が付き断念。

母のプレゼントしてくれたレールとを組み合わせ、このようなレイアウトに仕上げました。

IMG_9363.jpg

JR東日本、JR東海、JR九州の車両が顔を並べております。

IMG_9383.jpg



このレールを配置したので、

IMG_9374.jpg

時計回りをさせれば自動的に車両が内側から外側、外側から内側へと入れ替わります。

1110083.jpg

この場合は、3種の車両をすべて同じ方向に走らせないと正面衝突してしまうのがネックではあるのですが。


翌朝、私は病院へ行ってしまったので起きてきた息子の反応は見ることができませんでしたが、喜んでくれていたそうで、これも何よりでした。


子どもはみんなそうなのだと思いますが、こういうふうに横になって眺めるのが好きですね。

1110081.jpg

こうすると、臨場感が増すというか、実車をみているような感じになるんですね。

私は駅のホームに入ってくる車両をこういうアングルで眺めるのが好きでした。

1110082.jpg


片付けるのが面倒ですが、すこしずつレールや車両を増やして一緒に遊べたらいいなと思っています。

  1. 2011/10/08(土) 22:50:30|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベンジャミン-T

ウスカル会オリジナルフレームの新作、ベンジャミン-Tです。
玉型サイズは42ミリ、鼻幅が24ミリとなっております。

1110071.jpg

ウスカルフレームはレンズを軽くするという観点から、どうしても玉型の小さなものになってしまいますので、ある程度の天地幅を要求される遠近両用レンズに対応できるモデルが少ないという問題点がありましたが、ベンジャミン-Tは十分に遠近両用に対応できる天地幅となっております。

玉型デザインもボストン風になっていますので、丸メガネは嫌だけれども、ちょっとレトロな感じの漂うフレームが欲しいというかたにもおすすめできると思います。
サイズ的にはどちらかというと男性向きになります。

当店は3色在庫をご用意しています。


余談ですが、「ベンジャミン-T」というネーミングは科学者が由来になっているとのこと。

しかし、私は「ベンジャミン」というと「ベンジャミン伊東」を連想します。
何者かといいますと、私が6歳前後のころにやっていた「みごろたべごろ笑いごろ」というテレビ番組に出てくる伊東四朗さんの芸名(?)であります、はい。
  1. 2011/10/07(金) 23:43:14|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっとのことで


病院到着。といっても、腰痛がらみではなく、尿管結石の定期検査です。どのみち待つのは同じなので、予約なしですが、整形外科にもまわることにしました。
  1. 2011/10/06(木) 10:04:07|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めて飲む薬

先月から息子が風邪気味で鼻水と咳が止まらず、処方薬も大して効いていないような様子なのですが、とうとう私にうつったようです。

昨日は喉が痛く、寒くはないけれどゾクゾクするような感じがあり、夕方には熱も出てきたので、お医者さんのところへ薬をもらいに行きました。

処方された抗生物質がこちら。

1110051.jpg

ボトルの中に粉末が入っています。
その中に60mlの水を注いで簡単に振ってから飲むというもの。
完全な水溶性ではないらしく、飲みきった後にもう一度水を注いで、底に残った粉末を飲み干すことになります。

食後2時間以上経ってから&食前2時間以上前の間に服用しないといけないそうで、昨日は朝から何も食べていませんでしたから、即刻服用しました。

これを一回飲んでしまえば、一般的な錠剤のように毎食後3回3日間とか服用する必要がないとのこと。

味は決しておいしいものではありませんが、バリウムや水で溶いたプロテインよりははるかに飲みやすかったです。


副作用として、下痢しやすくなるということだったのですが、ただでさえ下痢しやすい私はお告げ通り、0時ごろに下痢が始まりました。

激しい下痢ではなかったものの、ガスが溜まっている感じが今日1日続きました。
うかつにオナラをしようものなら、一緒に実が出てしまう危険がありますので、今日も何度かトイレでしゃがむ必要性に迫られました。

肝心の効果のほどは、少なくとも服用後4時間で熱が下がりましたし、喉の痛みも今日はかなり軽快していましたので、それなりにあったのではないかと感じております。


実のところ、おとといあたりから腰痛が悪化し、立ったり座ったりが極めて苦しい状態になっておりますので、風邪の辛さより腰の辛さのほうがきついです。

明日は幸いにも定休日で、あさっては加工するレンズがガバッと届きますので、風邪も腰も何とか今よりマシな状態に戻したいと思います。

  1. 2011/10/05(水) 23:10:04|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遠視眼の遠点

先週、近視眼の遠点に関するネタをアップしました。

屈折異常度数の単位「D」と遠点距離(m)は逆数の関係にある、ということを記しました。

近視の場合、遠点は眼前の有限距離ですから、-10Dの近視であれば、

遠点距離(m)=1/10=0.1
つまり、眼前10センチになります。


では、遠視眼の遠点はというと、眼後に位置します。
この眼後の解釈が、混乱を生むわけでありまして。


当店ホームページの遠視の説明では、『現代の眼科学』による遠視の定義「平行光線が無調節状態の眼に入ったとき、網膜より後方に結像する屈折状態」を引用して、このような図を掲載しています。

1110042.jpg

そして、この網膜後方に結像しているものを、網膜上に持ってくるために「調節」をして見ているのが遠視の特徴だと述べています。

1110041.jpg

遠視の度数が強ければ強いほど、「調節」をする力が強くなります。(A)


ここからです。

S+0.25Dの遠視眼の遠点と、S+10Dの遠視眼の遠点を計算してみましょう。
前者は眼後4m(1/0.25)、後者は眼後10センチ(1/10)になります。

そうすると、
「S+0.25Dの遠点のほうが眼から遠いのだから、網膜上に持ってくるためにはS+10Dよりも「調節」を働かさないといけないのではないか。上記の(A)と矛盾するのではないか」
という疑問が生じてきてもおかしくないでしょう。


ここで凸レンズや凹レンズ、虚像とか実像などといった話を始めても混乱を増幅させるだけなので、それはやめるとして、ではどう考えればいいのか。


私の母は遠視が強いのですが、若かりし頃「空のもっともっと向こうを見たい、という衝動に駆られた」そうです。
ここにヒントがあるかと。

つまり、遠視眼の遠点は、実際には見ることのできない距離(場所)にあるという考え方です。
これを無理矢理に具体化すると、地面に立ってまっすぐ前を見ているとして「もっと遠く、もっと遠く」を追求していくと、地球を一周してしまうということ。

1110043.jpg

すなわち、実際には見えないけれど、限りなく自分の後頭部に近いところにある遠点を見ようとしているということです。

そう考えると、眼後4mの遠点のほうが、眼前10センチの遠点よりも自分の眼(顔面)に近くなります。
だから、眼後10センチよりも少ない「調節」で済むという話です。


多分に無理がありますが、「眼後」というのはそういう解釈をするのもアリではないかと思うわけです。



  1. 2011/10/04(火) 23:40:52|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

2歳

というわけで、2歳になりました。

いろいろな単語を反復して言えるようになってきました。
それと同時に、少しずつ単語も増えてきました。
夜、眠りにつくまでの間、布団に寝っ転がりながらひとりであれこれしゃべっています。

「あっち行く」のほかに、都合の悪いときに言う言葉として「こわい」が仲間入りです。
私など、「あれはダメ、これはダメ」と容赦なく規制をかけていますので、抱きかかえようとすると「こわい」と言われる始末です。
そばにいるだけで「やま(邪魔)、やま(邪魔)」と言われたりもしています。

それでも、私が帰ると「ベルリンの壁」まで笑顔でお出迎えです。

11100311a.jpg

しか~し、お目当ては私ではありません。
私の持って帰ってくる「鍵」が欲しいだけです。

来る日も

1110039a.jpg

来る日も

11100310a.jpg

鍵の催促です。
私は全くお呼びでありません。

で、鍵をどうするかというと、

IMG_9170.jpg

おもちゃのカギ穴に差し込んで遊ぶのです。

私は毎回素直に鍵を渡すほど人間ができていませんので、お預けをくらわせると

11100312a.jpg

「はよよこさんかい、ボケェ」とばかりにわめき散らします。


店の軽自動車に乗って、いろいろいじりまくるのが大のお気に入りです。
「ジィジィカー(おじいちゃんの車)」「ジィジィカー」と連発しては「乗せろ、乗せろ」と毎日大騒ぎです。

1110036a.jpg

クラクションを鳴らしてしまうこともあり、ご近所迷惑この上ないので、父がカバーを作りました。
ハンドルは回せるようにしているところがミソです。

IMG_9342.jpg


相も変わらず、グルグル回るものに興味津津。
古い時計の部品を目にして、大喜びです。

1110031a.jpg


トミカで遊ぶことが多くなってきたので、こちらの教育もしておかないといけません。
いただいた電車カードで、電車のお勉強。

IMG_9189.jpg

「ソニックはどれ?」

IMG_9193.jpg

「ゆふいんの森はどれ?」

IMG_9192.jpg

首都圏の車両を覚えればいいのに、九州のばかり覚えています。
ちなみに、私は九州の車両デザインは好きではありません。
息子とは趣味が合わないようです。


体の部位も覚えてきました。

お口・お鼻・お耳など、指示したところを指し示すことができるのですが、

1110034a.jpg
1110035a.jpg
1110033a.jpg

「お目目は?」と聞いたら、耳を差しやがりました。
オプトメトリストして、息子に基本中の基本を教えられていなかったこと、汗顔の至りでございます。

最近、ようやく、わかってきたようです。

1110032a.jpg

っていうか、もしかしたら、本人はちゃんとわかっていて、わざと間違えていたのかもしれません。


公園の滑り台は、自分で階段を登って降りてくることがかなりできるようになってきたようです。

IMG_9120.jpg

ブランコは1人では無理ですが、それなりに楽しんでいるような、いないような。

IMG_9113.jpg


私は悲劇的に体が硬いのですが、息子は私よりは柔らかいみたいです。
子どもはみんなそうなのかもしれませんが。

1110038a.jpg

「アチョー」と雄たけびを上げながら暴れているところ。

1110037a.jpg


部屋の隅っこで、ジッと立ちすくんでいるときは、大抵オシッコかウンチをしています。

IMG_9332.jpg


そろそろ保育園を検討中。



  1. 2011/10/03(月) 23:08:01|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2nd Birthday

おかげさまで、無事2歳の誕生日を迎えることができました。

いつもいつも皆さんに温かく接していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。


店に置いてある90cmのベビーベッドが窮屈になってきました。

IMG_9263.jpg


2歳になったきみへ

これまで大きな怪我や病気もなく、元気に育ってくれていること、嬉しく思います。

そして、地域の皆さんやお客様がたに優しく声を掛けてもらえ、いつも気にかけてもらっていること、これも本当にありがたいことですね。

血のつながりのないかたたちから、こんなに良くしていただけるのは、きみが「一心堂の孫」だからです。

おじいちゃん・おばあちゃんが、これまで一生懸命、誠実に仕事をしてきたことで培った信頼があってこそ、きみは「一心堂の孫」として可愛がっていただけるのです。

いま、この一瞬一瞬の記憶は、きみの中にはほとんど残らないと思います。
けれど、おじいちゃん・おばあちゃんをはじめとして、きみを支えてくれている大勢の人たちに対する感謝の気持ちは、いつまでも忘れずに持ち続けてください。

これから先、きみが「一心堂の子供」であるがゆえに惨めな思いをすることがないよう、パパとママは命をかけて一心堂を守り抜きます。

お誕生日、おめでとう。


  1. 2011/10/02(日) 22:22:22|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad