キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

痛い出費

落として割れてしまったフィルターレンズが外れなくて、購入したヨドバシカメラへ修理に出していたEOSが戻ってきました。


ボディの点検まで依頼したため、見積もりの時点でかなりのお値段になることがわかりまして、「参ったなぁ。。。」と思っていたのであります。

そういえば、私の入っている保険に「携行品特約」というのがあった気がしたので、うまくいけば保険が使えるかもと思い確認したら、その特約自体を申し込んでいなかったことが分かり、ガックリ。

自業自得であるのは自明ですので、諦めて引き取りに行ったところ、修理の際にしか使えないポイントというのがあって、それがそれなりに貯まっているとのこと。
他に高額の修理をしてまで使いそうなものが思い当たらなかったので、この際だからと全部使ってしまいました。

おかげで支払金額が半分くらいに減りました。
助かった~。


戻ってきたEOSに、ふたたびフィルターレンズを装着。

IMG_8655.jpg

この3,000円でお釣りがくるフィルターのために、えらい出費をしてしまいましたからね。
今度は気をつけませんと。
とても息子には触らせられませんな。
  1. 2011/07/31(日) 23:28:22|
  2. 家電・パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来年のお楽しみ

今日と明日は、グリーンパークのお祭りです。

あいにくの空模様で、盆踊りは中止と聞いていたのですが、出店はやっているようなので、妻子が見物に出かけました。

到着したときには、子供の盆踊りはやっていたものの、

IMG_8652.jpg

雨が降ってきて踊りは中止になったそうです。

息子は妻にだっこされたまま大人しくしていたみたいです。

来年になったら、金魚だ、ヨーヨーだと騒ぐのかもしれません。
でも、私は魚を触れないので、金魚すくいはNGです。
  1. 2011/07/30(土) 23:23:26|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりに

幼少のころ、プラレールが大好きだった私は、小学6年のときに鉄道模型の世界に足を踏み入れました。
一般に「Nゲージ」と呼ばれていて、9ミリ幅のレールの上を走らせる模型です。
「小田急」ならぬ「木部急」と名付けたりして、かなり夢中になったものです。

鉄道模型の醍醐味は、沿線風景を織り交ぜたジオラマをつくること。
当時は「レイアウト」と呼んでいましたが。

レイアウトを作るのは場所もとるし、それこそ器用でないと悲惨なものになってしまいますので、私は挑戦したことはありませんでしたが、年に一回、松屋銀座で「全日本鉄道模型ショー」というのがあって、それを見に行っては「いいな~」と思っていました。

高校生のころから、この世界からは離れてしまっていましたが、最近はカタログを買って眺めたりするようになりました。


昨日は「鉄道模型フェア」というのが伊勢丹であるというので、買い物ついでに息子にも見させようと思って連れて行きました。

レイアウトは、こんな感じでこじんまりとしたものでした。
こういう感じにまとまったものを見るのは、久しぶりです。
全体が見て回れるとよかったのですが、駅舎のあるエリアはスタッフのスペースになっていて、見られませんでした。
残念。

IMG_8638.jpg

車両基地から

IMG_8644.jpg

連絡線路を渡って本線に入れるようになっていたので、

IMG_8647.jpg

せっかくなら、スタッフさんも制御機器の前でダべっていないで、いろんな車両を動かしてくれればよかったのになぁと思ったりもして。

小田急ロマンスカーVSEはホームに止まりっぱなしだったし。

500系新幹線は、長めの編成(16両だったかは数えていませんが)で走らせていた気がします。
そのこだわりはよいのですが、東京じゃ今は実車を見られないんですよね。
南海特急とかも走らせていましたが、神奈川のちびっ子たちに馴染みのある列車を走らせてくれたほうが盛り上がったのではとも感じました。
大きなお世話ですね。

IMG_8637.jpg


連絡線路の並びには、機関車関連のコーナーもありました。

IMG_8643.jpg
IMG_8646.jpg

私は蒸気機関車は興味がなかったので持っていませんでしたが、こういうふうに並ぶと、抒情を感じます。


息子はとりあえずプラレールからスタートですが、果たして「木部急」を引き継ぐ気になるかどうか?
実家で眠らせてても仕方ないので、遊んでくれるといいのですがね。


  1. 2011/07/29(金) 22:42:17|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊勢丹にて


鉄道模型フェアをやっていました。
  1. 2011/07/28(木) 17:09:14|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラインアート

シャルマンから発売されている「ラインアート」シリーズが入荷しました。

以前、発売したてのころに一度仕入れたことがあったのですが、ちょっと気になることがありまして返品をしたものの、満を持しての再仕入れです。

最大の特徴は、テンプルの素材に「エクセレントチタン」を用いている点。
軽くてしなやかなバネ性を持っています。

テンプル形状がこういう風に湾曲した感じになるために、

IMG_8633.jpg

側頭部に沿う格好となり、装用時のフット感がよいと感じる人が多いようです。
昨日、さっそく一本売れました。
最初の装用感で、決まってしまったみたいです。


当店では女性物のみを仕入れています。
対象年齢は「cancam」を読むようなかたより、「婦人公論」を読むようなかただと思います。

フロントのデザインは、特別特徴があるわけではないものが多く、あくまでもメインはテンプルです。

1107277.jpg


5本線の「クインテット」シリーズ

1107276.jpg


4本線の「カノン」シリーズ

1107273.jpg

3本線の「トリオ」シリーズ

1107274.jpg

というラインナップです。


さて、単なるベタ褒め・提灯記事にしないところが、私の悪い癖だとは思うのですが、今回は、フィッティングには多少目をつぶった仕入れをしてしまったので、このようなかわいらしい絵柄のタイプは

IMG_8627.jpg

智がこうなっていますので、

1107271.jpg

耳の高さが違う場合の調整はかなり厳しいですし、非球面レンズでないと具合が悪いと思います。
骨格と度数・レンズ種類を選ぶモデルです。


智がこんなタイプであれば、

11072721.jpg

かなり調整には余裕が出てきますが、意外にこのタイプのものは少ないのです。


ラインアートシリーズは、テンプル自体が軽いため、強度数でレンズが重くなってくると重量が鼻にかかってきてちょっと具合が悪いかもしれません。
「だれでもオッケー」とはいかないのが残念なところですね。

当店では、そのあたりも踏まえてのご提案をいたしておりますので、ひとつご承知おきください。


  1. 2011/07/27(水) 22:55:50|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心境の変化か?

ふだん、ぬいぐるみの類には全く興味を示さない息子が、アルパカのぬいぐるみににまたがって遊んでいました。

1107263.jpg
1107262.jpg
1107261.jpg

一体どうしたというんだい?

  1. 2011/07/26(火) 22:57:40|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連発

ソーダ味にて。

IMG_8606.jpg

よもや続けて当たるとは思っていなかったので、確認もせずに捨てるところでした。

今月3本目。
年内目標達成まで、あと8本。

  1. 2011/07/25(月) 22:43:42|
  2. ガリガリ君
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月2本目

「梨」味がイマイチ・イマニなので、ソーダ味ばかりを消費しているわけですが、今月2本目の当たりが出ました。

IMG_8587.jpg

これで波に乗れるとよいのですが。
年内の目標まで、あと9本です。

  1. 2011/07/24(日) 22:26:18|
  2. ガリガリ君
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お祭り

今日は、一丁目公園で自治会のお祭りがありました。
商店街も出店を出しています。

私は店があるため身動きができませんので、妻子にご挨拶がてら足を運ばせました。

IMG_8588.jpg
IMG_8591.jpg


自治会のお祭りと相武台神社のお祭りが同日開催になることが多いのですが、今年もご多分にもれず同日開催でありました。

相武台神社のお祭りの日は、雨の特異日といっていいくらいよく雨が降るのですが、今日は何とか持ちこたえました。
夕方から曇り始め、一瞬パラッときたらしいですが。

演芸大会の模様
IMG_8598.jpg

こちらのお祭りも、商店街の人たちが出店を出しているのですが、やはりお手伝いには行けずじまいで。


関係者の皆様、お疲れさまでした。

  1. 2011/07/23(土) 23:49:36|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どっと疲れる

家に帰った時、布団の上が本だらけ(厳密には漫画だらけ)ということがたまにあります。

IMG_8494.jpg

言うまでもなく、息子が棚から落っことして遊んだ残骸なのですが、中身とカバーが分離してしまっているので、それを合わせる作業が結構面倒なのです。

妻は「カバーを外してしまえばいい」と言うのですが、カバーを外した本の背表紙というのは、棚に並べたときに何となく美しさに欠けるような気がして好きではありません。

そんなわけで、今日もせっせと後片付けです。
  1. 2011/07/22(金) 23:36:01|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落っこちるよ


何かいたずらをしたくて仕方ない息子。とうとう本棚をよじ登り始めました。
  1. 2011/07/21(木) 19:53:24|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリップを使って

眼と手の協応、それからあえて言えば距離感を養うことができるかもしれない遊びのご紹介。

割り箸に糸を通し、糸の反対側をゼムクリップもしくは針金を切って曲げたものにくくりつけて釣り竿をつくります。

IMG_8577.jpg

ゼムクリップをこんな感じに折り曲げて、獲物に見立てます。

IMG_8581.jpg


獲物を釣り竿で釣り上げます。

1107203.jpg
1107202.jpg

釣れました。

1107201.jpg


糸の長さや針金の角度を変えることで難易度は上がります。
絵心がある保護者のかたであれば、お魚の絵を描いて、それにクリップを貼り付ければ、より楽しくなるかもしれません。


磁石を使った魚釣りゲームがありますが、それがもう少し難しくなったようなものだとご理解いただければよろしいかと思います。

  1. 2011/07/20(水) 23:03:49|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

普通に寝たい

贅沢を言ってはいけないことは、十二分に承知しているのですが。。。

我が家では、夜は基本的には川の字になって寝られるような体勢を取っています。
つまり、息子を挟んで私と妻が寝るという。

では、うちの布団はというと、こうです。

IMG_8422.jpg

布団のサイズで考えれば、左から私→妻→息子となるのが一般的かと思います。


ところが、そうはならないのが、我が家の何だかよくわからないところでありまして、私が床に就くころには、妻子はこんな布陣で寝ていることが多いです。

IMG_8422a.jpg


とりあえず、私も布団の上で寝たいので、息子を縦にして左隅のほうで眠りに就くのですが、自然と息子が私を追い払う方向に足をむけてくるらしく、その状態で私が右に寝返りを打つと息子の足を折ってしまいかねません。

そんなわけで、無意識的になのでしょうか、ふと目が覚めると、私は布団から外れたところに体の大部分を預けて寝ています。

ここ。

IMG_8423.jpg

狭い場所で効率よく(?)寝るために、ガラス戸(カーテンのところ)に足を立てかけて寝ていたこともありました。
体が痛くて起きることも少なくありません。

今の時期はまだいいですが、冬は寒いかもしれません。

  1. 2011/07/19(火) 23:47:48|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

傷を磨く

たま~にご相談を受けることがあるのが「レンズにキズがついてしまったので、磨いてほしい」というもの。
こういう場合、申し訳ないのですが当店ではお断りをしています。
「どこに持っていったらやってもらえますかね」と聞かれるのですが、私もわかりません。

「ちょっと磨いてくれればいいんだよ」と言われても、そう簡単にはいかないものでありまして。


たとえば、レンズのコパやレンズ前面の縁の部分を、おしゃれ目的で磨く場合、

これを
1107186.jpg

こうしたり
1107185.jpg

これを
1107182.jpg

こうしたり
1107181.jpg

するときには、こういう装置を使いますので、

IMG_8566.jpg

だったら同じようにすればいいじゃんと、普通は考えますよね。


ところが、通常のレンズについた傷を

1107184.jpg

磨いてみると、

1107183.jpg

傷はわからなくなるかもしれませんが、同時にレンズに施されているコーティングも剥がれてしまいます。


また、傷を磨くということは、傷の深さの分だけレンズを削るのと同じことになりますから、傷の部分だけを磨くことができたとしても、傷のない部分とで凹凸ができてしまいます。

そうすると、レンズの度数が全く変わってしまいます。

全体を均一に磨くことができれば、全体にコーティングが剥がれ、凹凸もなくなる理屈ですが、それを上記の機械を使って手作業でやるのは、人間国宝級の技術が必要ではないかと思います。

ですから、傷を磨いて直すというのは、かなり無理があるとご理解いただいたほうがよいでしょう。
「新しいレンズに替えてくださいね」ということになります。


  1. 2011/07/18(月) 23:48:11|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本末転倒

昨年末に、デジカメ一眼(EOS X4)を買った時、「レンズの保護のために使ったほうがいいですよ」とすすめられるがままに購入した、プロテクターフィルター。

IMG_8547.jpg

レンズの一番先端の部分に取り付けるガラスレンズみたいなもので、レンズ本体の傷や汚れを防ぐのが目的。


しかし、先日誤ってカメラを落としてしまいまして。
ソフトケースには入れていたものの、落としたカメラを持ちあげると、ジャリジャリと音がします。

「ありゃ、レンズを割っちゃったよ」と頭を抱えつつ、レンズキャップを外そうとしたのですが、なかなか外れません。

IMG_8550.jpg

「もしかしたら、フィルターが割れただけかも」と思いつつ、何とかキャップを外すと、やはりフィルターレンズだけが割れていました。

慎重にガラスの破片を取り除き、カメラのレンズ面をルーペで観察したところ、致命的な傷はないものの、角度によって、光の加減によって、微妙な小傷があるようなないような。
傷をつけないためのフィルターで傷をつけてしまったら、大マヌケ。


しかも、そのフィルターの残骸というか、レンズに取り付けるための輪っかの部分が、どうしても外れません。

IMG_8549.jpg


まぁ、このままでも使うのに支障はないのですが、かといって、これでは新しいフィルターを取り付けできませんので、修理に出してきました。
保証適用外と言われましたので、それなりの費用がかかるかと。。。

  1. 2011/07/17(日) 23:24:33|
  2. 家電・パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おぉ、そうだったのか!

「おきあがりこぼし」と一般に呼ばれる民芸品というか、おもちゃ(?)があります。

横に倒しても、自力で直立するというアレです。

私が息子に買い与えた数少ないおもちゃの一つも、おきあがりこぼしと言えましょう。
(↓13ヶ月前の息子と、おきあがりこぼし)

1006062.jpg


それで、子供のころから、何でおきあがりこぼしと呼ぶのかがわかりませんでした。
「起き上がる」のはわかるのだけれど、何を「こぼす」のだろうと。

そうしたら。。。。


当店がお客様にちょっとしたプレゼントをご用意するときに活用している販促品の最新カタログの表紙なんですが、

IMG_8541.jpg

こんな風に書いてありました。

1107161.jpg
1107162.jpg

くじけずに何度も立ち上がる法師様が由来だったのですね。

目から鱗が7枚くらい落ちた気がしました。
  1. 2011/07/16(土) 23:12:44|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お台場

昨日は、都内に用事がありましたので、妻子を連れて車でお出かけ。

東名の海老名サービスエリアに寄りたいというので、圏央道海老名I.C.で東名に乗って訪れてみたのですが、上り線はリニューアル工事中ということで、お店の数も少なく残念でした。

用事は13時に済んだので、その後はお台場に立ち寄りました。

お台場も、私が大学生だった頃は、レインボーブリッジなど当然のように存在せず、こんな感じの単なる埋立地だったのに

IMG_5483.jpg

今や、こんなですからね。

IMG_5488.jpg


デックス東京に車を止めて、とりあえず昼食タイム。
近い場所で埼玉の横田ご夫妻が大人の休日を過ごしているとのことでしたので、お呼び出しさせていただきました。

私は年に何回かはお会いしていますが、妻がご夫妻に合うのは妊娠する前(このブログを始める数週間前)ですので、ずいぶんとご無沙汰していたことになります。

おしゃべりしながらのランチのあとは、デックス東京の「台場一丁目商店街」へ。
ここは、私が遊びでお台場に来るときには必ず立ち寄るところでありまして。

EOS_0712.jpg

昭和の匂いが漂う、レトロな空間です。

EOS_0713.jpg

駄菓子や懐かしいおもちゃが売っていたり、古のゲームがあったりするのですが、射的もあります。

EOS_0717.jpg

射的と聞くと黙っていられない私は、当然のようにトライします。
ハロー・キティがらみの大物を狙っていったのですが、当たり前のように重量があり、横倒しにはしたものの撃ち落とすまでにはかなりの投資が必要と思われ、簡単に落とせる小物に切り替えました。

戦利品はレトロなお菓子。

IMG_8533.jpg


横田さんが「たこやき食べよう」と誘ってくださったので、同じフロアで展開していたこちらに。

EOS_0719.jpg

五店舗出店していて、食べ比べてみました。
詳しくは、横田さんのブログもご覧ください。

ここでも、横田ご夫妻を交えて、「これから専門店としてどうあるべきか」とか「水道代をどうやって節約するか」などの有意義な議論が交わされました。

EOS_0718.jpg

横田ご夫妻、楽しい時間をどうもありがとうございました。


息子は、結果としてあまり動き回れず、食べてばかりになってしまいましたが、そのせいか今日はウンチを3回しました。
  1. 2011/07/15(金) 23:00:48|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食後のデザート


私はガリガリ君ですが、息子は「えびちび」。
  1. 2011/07/14(木) 22:07:10|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤングアダルト

私は昔読んだ本を何度も読み返すのが好きなのですが、我が家は狭くて、たくさん本を置いておけませんので、適当に実家に寄っては本を入れ替えています。

先日は、こんな本が出てきました。

IMG_8444.jpg

「ヤングアダルト」という言葉自体が時代を感じさせます。
「常識編」とか「異性編」とか、幾つかのジャンル別に数冊が出ていました。
1990年前後ごろにヤングアダルトだった人たちは、記憶があるかもしれません。

私は、一人暮らしをすることになった時に買った「一人暮らし編」と、この「話のネタ編」を持っていました。

で、この「話のネタ編」ですが、「わらじのはきかた」とか「まずい店の見分け方」とか、要するにどうでもいいことが広く浅く延々と書いてあります。
まぁ、そういうどうでもいい話が好きなので買ったのだと思いますが、いま読み返してみると、1つ1つのトピックについて、もう少し掘り下げて書かれているとさらによかったのになと感じます。

それこそ、どうでもいいことですが。。。
  1. 2011/07/13(水) 23:48:54|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チエンリングを使って

どちらかというと、斜視・弱視のトレーニングとして捉えられがちかもしれませんが、チエンリングを使っての眼と手の協応トレーニングです。

チエンリング・空き箱・串(竹串など)を用意し、空き箱に串を刺します。

IMG_8517.jpg

串でチエンリングをすくって、

IMG_8518.jpg

乱立する串に通していくという単純な作業です。

IMG_8520.jpg

持っている串と刺さっている串の先端同士をくっつけたほうがリングを通しやすいですし、先端を合わせる行為が立派なトレーニングなわけですが、

IMG_8519.jpg

通すのを難しするのであれば、先端同士をくっつけないようにすればよいでしょう。

IMG_8521.jpg



三十秒で何個できるかを測ってみたり、一度に複数のリングをすくって、

IMG_8526.jpg


一個一個別々の串に落とすようにしたりと、どうにでもアレンジは可能です。

IMG_8524.jpg
  1. 2011/07/12(火) 23:32:04|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロー付けのないチタンフレーム

数年前に販売して、しばらく仕入れをしていませんでしたが、久しぶりに仕入れてみました。


「小田幸」さんによる「Zparts」の中の一本。
(別の玉型のものも仕入れています)

1107111.jpg

最初にお断りしておきますと、このフレーム、ほとんどフィッティングができません。
骨格に合わないかた・微調整を要するかたには、お売りできませんのでご容赦ください。

なぜかといいますと、通常のフレームというのは、幾つかの部品を組み合わせて、その組み合わせ部位を「ロー付け」という方法で、いわば接着してつくるのですが、このフレームに関しては、そのロー付け作業をしておりません。

つまり、部品を組み合わせてつなぐ必要がない、要するに一個の金属(ベータチタン)の塊を絞ったり曲げたり、いろいろな工程を踏むことで一本のフレームに仕上げているというわけです。

IMG_8491.jpg

ですから、クリングスはありません。

IMG_8492.jpg

フレーム前面とテンプルをつなぐネジもありません。

IMG_8493.jpg

フィッティングをしたくても、いじれる場所は耳周りのほんの少々です。


このフレームを作り上げるのは、実は非常に高度な技術が必要です。
軽々しく口にすべきではないかもしれませんが、まさに職人技と言ってよいでしょう。
Made in Chinaでは、こうはいきません。


日本の技術の粋を集めたこのフレームの掛け心地を味わうためには、それにふさわしい(?)骨格が必要です。
骨格の合うかたには、軽くてしなやかな掛け心地を体感していただけます。
  1. 2011/07/11(月) 23:54:52|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

短期間で効果が

先週、深視力のご相談で来店されたお客様。

眼鏡装用経験がなく、屈折検査の結果、それなりの乱視がありました。
裸眼では、大型免許取得に必要な視力に到達しませんが、眼鏡装用でクリア可能です。

特別大きな斜位は見られず、静止立体視も大丈夫です。

でも、深視力が全くダメなのです。
棒の動きが感じ取れないご様子。

両眼の寄せ運動(特にVoluntary Vergence)が非常に苦手でした。
プリズムの効果も、劇的なものではありません。

当店にご相談にみえられるお客様に比較的多いパターンです。


これから免許取得を考えておられるということで、切羽詰まっているわけではないそうで、その点はちょっと気が楽なのですが、
・眼鏡装用をしないと視力検査で引っ掛かる可能性が高いこと
・今のままでは、単に眼鏡装用をしただけでは、深視力検査の合格は苦しいこと
・眼鏡装用と寄せ運動のトレーニングが必要であること

をお話し、「今日焦って眼鏡を注文される前に、まずトレーニングをしてみませんか」ということで、必要なトレーニングをご紹介しました。

といっても、特別大がかりなものではなく、紐が1本あればできる極めて簡単なものです。

1107101.jpg


そして本日、ひとまず眼鏡だけでも作っておきたいとのことでご来店されましたので、処方予定度数を装用してもらい深視力をチェックしてみると、前回とは打って変わって、非常に精度がよくなっています。

「絶対大丈夫です」とは言えませんが(どなたに対しても言いません)、恐らく大丈夫でしょう、と言えるレベルです。

おかげで、安心してご注文を受けることができました。

納品まで数日いただいていますが、もちろんトレーニングは継続していただきます。
これだけ効果が上がると、こちらとしても「してやったり」です。
  1. 2011/07/10(日) 23:36:09|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本音トーク

当店HPをご覧いただいたかたから、ご来店予約以外の問い合わせがポツリポツリとあります。

どちらかというとメールよりも電話のほうが多いです。
一番多いのが視覚認知に関すること、次に視機能全般に関することでしょうか。

いずれにしても、専門的な内容を含むものですので、会話のキャッチボールができる電話のほうが具合がよいことはよいのですが、どうしても長時間の電話となってしまうこともあり、電話中にお客様が来店された時などは困ってしまったりもします。

それでも、先方は当店だったら相談に乗ってもらえるかもしれないと思って電話をくださるわけですし、最後には「どうもありがとうございました」と言っていただけますので、こちらは救われます。
多少なりともお役に立てればうれしく思います。


ところが、これがメールになると、ちょっと様子が違ってきます。

私の中では、メールというのは手紙に近いものだという認識があるので、最初なり最後なりに問い合わせされるかたの名前が書かれていないのは、正直、返信する気力が湧きません。

たとえば、「○○○というブランドの取り扱いはありますか」といった単純なものならまだしも、専念的な内容を問うてくるようなときには、ご自身の名前ぐらいは書いていただきたいなと思うのです。

もちろん、気力が湧こうが湧くまいが、できる限りの返信はします。

特にメールの場合は、私がどのように返信したかが明確に記録として残りますし、転載も簡単です。
間違ったことを書いてしまい、「こんなアホナな返答をしておいて専門家ぶるとは片腹痛い」などと晒し者にされるリスクも少なからずあるわけですから、非常に気を遣います。

質問者がどれくらいのバックグラウンドを持っているのかもわかりませんので、1つの質問に答えるのにも、ものすごく長文になってしまうこともあります。

こんなふうに。

1107091.jpg
1107092.jpg
1107093.jpg

基本的には、何回か読み直してから送信しますので、1つのメールに返信するのに数時間かかることも珍しくありません。


ところが。。。

こちらとしては、売り上げにつながる見込みがあろうが無かろうが、それなりに気を遣い、時間をかけて返信したにもかかわらず、ウンともスンとも反応がない場合が少なからずあるのです。
こういうとき、非常に虚しくなります。
ガックリ、クリクリです、ホントに。 

言っちゃあ何ですが、特にご自身の名前を明記されないかたの場合、かなりの確率で反応がありません。

「反応」といっても、別に「相談料をよこしなさい」とかいうことではないのです。
これは、私の勝手な言い分だということは承知しているのですが、せめて
「お忙しいところ、ありがとうございました」
くらいの返信があってもいいんじゃないかと思うわけです。
大企業がよく使っている、返信できない「送信専用アドレス」ではないのですから。。。

どうか、その辺のご配慮を、ひとつお願いしたいなと、切に祈る次第でございます。
  1. 2011/07/09(土) 22:58:54|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1歳9カ月

暑さに負けず、元気に育っております。

必要に応じて水分を摂らせるものの、口に含んだ水なりお茶なりをピューッと、あるいはダラーッと吐き出すのが楽しいらしく、床や服を濡らしています。
一時期、首の後ろにアセモができましたが、処方された薬を塗ったら軽快しました。

「あっち」「いた」「いっぱい」など、ほんの少しずつですがこちらが理解できるボキャブラリーが増えてきました。
大抵は宇宙語をしゃべっていますけど。

リンゴを見て「アプー」と言っています。
トマトを見ても「アプー」ですがね。

寝る前、寝起き、さみしいとき、不安な時、妻の姿が見えないと「ママ~」と泣きわめきます。
パパは全くお呼びでありません。
そんなもんです、そんなもんです、はい。


トイレのトレーニング用グッズを妻が購入しました。

peet11061.jpg

こんな風に洋式便座に重ねて使うのですが、まだ実際には使っておりません。

IMG_8292.jpg

トイレトレーニング用の絵本がありまして、

IMG_8288.jpg

DVDを見ながら、その絵本に座っています。

IMG_8290.jpg
IMG_8289.jpg


これまで、書く(描く)ということをほとんどしてこなかったのですが、書くものと書かれるものを用意すると、ちょっと落書きをするようになりました。

IMG_8464.jpg

(中央上部の、何となく意味がありそうな物体は、妻が描いたものです)


昔から、水道の蛇口から出る水を触ったり、水たまりでピシャピシャやるのは好きでしたが、先日は水たまりの上をさんざん走り回った挙句、

IMG_8414.jpg

座り込んでズボンを濡らしていました。

IMG_8418.jpg



カードの類が大好きで、保険証やら母子手帳やらが入っているファイルの

IMG_8346.jpg

ファスナーを開いて

IMG_8349.jpg

お気に入りのカード2枚を探し出しては持ち歩いています。

IMG_8344.jpg


しかし何といっても、大好きなのがセブンイレブンさんの「ナナコ」です。

IMG_8435.jpg

片手にナナコ、片手にパスモ(スイカやイコカの私鉄パージョン)を持って歩き回ります。

IMG_8436.jpg

どちらも現金の代わりに買い物ができてしまいます。
なくされたら大変ですが没収すると大騒ぎするので、ナナコだけは息子の名義で1枚作りました。
もちろん、入金していないので、買い物はできません。
この歳で、ナナコを持っているのは、アンタくらいかもしれませんよ。


手の届かないところにあるものを台に乗って取るという小技を覚えてきました。

物色中

1107053a.jpg

眼球の簡易模型をゲット

IMG_8370.jpg

さらに物色中

1107052a.jpg

眼球キーホルダーをゲット

IMG_8374.jpg


こんな感じで、日々物色をしているわけですが、先日いいものを見つけてしまいました。

オルゴール。
曲は、思い出の「Tomorrow」。
ダイエー時代に転勤が決まった翌日、家でずーっと聞いていた曲。

IMG_8472.jpg

透明なプラスチックのカバーがかぶさっているものの、歯車やらなんやらが動いているのが丸見えなわけですから、息子にとってはたまらないでしょう。

カバーを(意図的ではないでしょうが)落として割ってしまい、中の部品をいじくってご満悦です。
歯車に毛が絡んだりしてよく止まっています。

IMG_8467.jpg

本格的に壊されてはたまらないので、ケースの頑丈な別のものを泣く泣く献上しました。

曲は、私の大好きな「浪漫飛行」。

IMG_8474.jpg

中が見えないので、ちっとも面白くないらしいですが、音はするのでそれなりに気に入っていただけている模様。


「いたずらは科学を育てる」といいますが、本当に育っているのかは甚だ疑問。


では、また。
ごきげんよう。

1107081.jpg

お辞儀ができるようになりました。


  1. 2011/07/08(金) 22:59:34|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イオンのおもちゃ売り場にて


見本の玩具で戯れております。
  1. 2011/07/07(木) 17:00:15|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ようやく

先日「美人より、当たり」と嘆いたのが幸いしたのか、ソーダ味で「当たり」が出ました。

IMG_8475.jpg

やっと、今年2本目の「当たり」です。
  1. 2011/07/06(水) 23:56:14|
  2. ガリガリ君
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネジ止めしないフチなしフレーム

あるメーカーからヒット商品が出ると、おいしいところを一人占めさせてなるものかと、似たような商品が他メーカーから後発するというのは、どこの業界でも似たようなものかもしれません。

従来のフチなしフレームは、フレームとレンズとをネジで止めるタイプが主流でしたが、最近はネジを使わずに特殊な部品で止めるタイプが多く出回るようになりました。

たとえば、こんな感じのものなのですが。

11070510.jpg
1107059.jpg

ネジを使いませんので、ネジが緩んでレンズがグラグラするトラブル刃起こりません。
まぁ、加工がいい加減だとグラグラすることはあるでしょうし、よっぽど変な力の加わりかたをすれば、フレームからレンズが抜けることもあり得ます。
が、そう頻繁に起こることではないでしょう。


これ、どういうふうに止めているかというと、まずレンズに二つ穴を開けることから始まります。
この穴開けが肝です。

1107058.jpg

フレーム側にはレンズの穴に差し込む出っ張りがついていて、

1107057.jpg

レンズの裏側から、この出っ張りをこんな部品で押さえて止めるのです。

1107056.jpg

この止める部品は一定のサイズ(長さ)でメーカーから送られてきます。
レンズの厚みによっては、レンズから飛び出てしまいますので、

1107055.jpg

適切な長さに切り揃え、押しこむための工具を使って、

IMG_8403.jpg

こんな風に挟んで止めます。

1107054.jpg

つまり、専用の部品がないとどうしようもないですし、専用の工具がないと難儀するということですね。


さて、はめたレンズは滅多に抜けることはないのですが、はめた後で「面取りをやりなおしたいな」とか「コパの磨きを修正したいな」なんていう場合、あるいはこのフレームを生かしてレンズを交換してほしいなんていう場合には、レンズを抜かないといけません。

その場合には、こういう工具を使って、

1107053.jpg

フレーム側の出っ張りをレンズの裏から押し出して抜くことになります。

IMG_8406.jpg

気をつけないとレンズにダメージを与えます。
外したレンズをまた使う場合には要注意です。


なお、この工具で抜く前に、止めるための部品に穴を開けておく必要があります。
そうしないと、外すための工具が使えませんので。

1107051.jpg

このとき、穴を開ける作業をドリルでやると、刃先が滑ってレンズを傷つけるリスクが高くなりますので、当店ではマイナスドライバーの先端をドリルの刃のように改造したものを使っています。
このほうが刃先の角度が浅いので、滑りにくいのです。

1107052.jpg


ここでご紹介したのは、フレーム側の出っ張りが樹脂のものでしたが、金属性のもののほうが多く出回っていますが、工程は同じようなものです。

11070512.jpg


ただ、このシリーズのフレームは、レンズの縁が厚すぎると部品による固定が効かない(甘くなる)ですし、逆に薄すぎても具合が悪いのです。

穴を開ける位置で約2mmの厚さがないと不安が残ります。

11070511.jpg


また、厚すぎない範囲であっても、そこそこの厚みになればレンズの重量が増えますので、テンプルの太さ(重さ)によっては、装用時のバランスが悪くなります。
「超軽量フレーム」とうたっておきながら、ずり下がりやすいメガネになる可能性があるということです。

ですから、きちんとお店の人と相談した上で購入することがとっても大切になります。
まぁ、それはこのフレームに限ったことではないのですがね。

  1. 2011/07/05(火) 23:35:50|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Peg Board

Parquetryblock(パーケトリーブロック)Geo Board(ジオボード)と並んで、トレーニングや評価のツールとして利用されるのがPeg Board(ペグボード)です。

IMG_8448.jpg

穴のあいたボードにペグを差して、形というか模様を作ります。

IMG_8449.jpg


評価の際には、見本となる模様を提示し、

1107043.jpg

全く同じ模様を複製できるかとか、

1107042.jpg

反転模様(鏡に映っている感じ)を複製できるかとか、

1107041.jpg

作業中の姿勢や手指の使い方がどうであったかなどをチェックします。



ペグボードは、空間認識(右から何番目、上から何番目)や、空間イメージ(反転模様の作製や、見本を記憶して見本を見ずに複製する)の構築、眼と手の協応(穴にペグを差す)などのトレーニングに利用できる、普遍的ツールと言えましょう。

ご家庭でやるのであれば、ボール紙に穴を開ければボードはできますし、ペグはゴルフのティとか子供向けのお弁当を作るときに使うスティックなどでも代用が可能です。
ジョイビジョンさんで購入もできます。

オプトメトリストのクリニックには、回転するボードにペグを差せるような装置が大抵置いてあるのです。
当店には、ありませんがね。。。

Peg board rotater1
  1. 2011/07/04(月) 23:34:08|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月3日に生まれて

妻が1つ歳をとりました。

1107031.jpg

去年は何を献上したか覚えていませんが(現金を渡したかもしれません)、今年は靴が欲しいと言われました。
色違いで2足も。

先月、半袖・短パン・サンダル履きにリュックというヒッピーみたいな恰好で指定されたお店へ買いに行き(以前買ったもののリピートなので記録が残っているのです)、さっさと渡してしまったので、今日はハーゲンダッツのアイスクリームでも買って早めに帰ろうと思います。
(もちろん、ガリガリ君も忘れずに)
  1. 2011/07/03(日) 21:51:59|
  2. 記念日・○○の日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美人よりも、当たり

近所のセブンイレブンさんのガリガリ君の品揃え、現在は「ソーダ」と「梨」。

IMG_8427.jpg

「梨」が私の好みでないことは以前触れたとおりですが、先日ネットに掲載されていたニュースで、この「梨」について

・おいしくて大人気
・美人時計とのコラボ企画あり

といった主旨の記事がありました。

「美人時計」というのは、一分毎に美人さんが時を告げてくれるサイトでありますが、

1107021.jpg

これとコラボをしているということです。

IMG_8428.jpg

で、じゃあブログのネタに、どんなものか見てみようと思ったのでありますが、ふだん外出時に電話をかけるときかブログの更新くらいしか携帯を使いませんので、このコードを使ってアクセスする機能を探し出すのに5分ほど要しました。

IMG_8431.jpg

何とかアクセスできまして、もしかしたらガリガリの女性が出てくるというオチなんじゃないのか、などと思っていたら、

IMG_8429.jpg

小僧が出てきました。

「あぁ、美人が出てくるわけじゃないんだ。まぁコラボには間違いけど」と結論付けていたら、

IMG_8430.jpg

ちゃんと美人さんが出てきました。

まぁ、私の場合は美人が出てくるよりも「当たり」が出てくるほうが嬉しいんですがね。


それにしても「梨」は無駄に甘さが口に残るだけでイマイチです。
これが大人気という理由が分かりません。
多分、ガリガリ君を食べ慣れていない人の書いた提灯記事だと思います。

ガリガリ君の真骨頂は「梨」のような白色系ではなく、柑橘系(黄色系)なのであります。
  1. 2011/07/02(土) 23:55:19|
  2. ガリガリ君
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ