キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

座間公園


座間神社に隣接する公園に来てはみたものの、雨が降ってきました。
  1. 2011/06/30(木) 14:54:10|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

水遊び

今日も暑かったですね。
特に午前中は。

開店前、社長(父ですが)に「水遊びさせたらどうよ」と言われ、じゃあそうしましょうかということで、タライ2つとバケツ1つに水を張り、準備万端。
(息子が水に浸かる時分には、ある程度水も温くなっているという算段です。冷水は体を冷やしすぎるんじゃないかということで。)

去年は、ピチャピチャと水をいじる程度で、楽しんでいるのかいないのか、よくわからない感じでしたが、

IMG_3881.jpg

さすがに1年経つと違いますね。

今日は、3か所の水場を移動したり、パシャパシャ水を叩いたり、かなりエンジョイしていた模様です。

IMG_8385.jpg

1106291.jpg
IMG_8390.jpg


どうでもいいですが、

1106292.jpg

ヘイ、ボーイ
デベソになってまっせ。

  1. 2011/06/29(水) 23:36:03|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お茶漬け

山岡荘八の歴史小説の中で、武将が「湯漬け」を立て続けに流し込む描写がよく出てきます。

この「湯漬け」というのは、米飯にお湯を掛けたもののようで、小説の中では焼き味噌を乗せてお湯を注ぐ場面が出てきたりもするのですが、いわば「お茶漬け」の前身のようなものかもしれません。


私は米飯大好き人間ですので、お茶漬けも好物であります。

といっても、かけるのはお茶ではなくお湯、そして忘れちゃならないのがこれ。

IMG_8276.jpg

永谷園でなければなりません。
そして、永谷園であっても「鮭茶漬け」などは邪道です。


お茶漬け(厳密にはお茶ではありませぬが)をおいしくいただくには、お湯の量も大切です。

お茶漬けの醍醐味は、さらさらと流し込む快感にあるのです。

たとえば、ご飯の量に比してお湯の量を少なくしてしまうと、できそこないの全粥と大差ありません。

IMG_8333.jpg

これでは流し込めませんから失敗作となります。


ですので、これくらいの量のお湯を入れる必要が出てきます。

IMG_8334.jpg

これですと、噛まずに流し込めるレベルになりますので、数秒で食べ終わります。
時間に追われるジャパニーズビジネスマンにとって、この上ない食事でありましょう。


もし、ご飯の量が多い場合は、必然的にお湯の量も多くなります。
そうしますと、かなり薄味になってしまい、それこそ「湯漬け」になります。
そのような場合は、躊躇せずに2袋目を開けることが大切です。

あと、私は猫舌ですので、熱々のご飯に熱湯をかけると、結局熱すぎて流し込めない羽目になりますので、できれば冷えたご飯に80度未満のお湯をかけるのが具合がよいみたいです。

お茶漬けに栄光あれ。
  1. 2011/06/28(火) 23:15:35|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

視力がよくても

何らかの原因により学習につまづいていると思われるお子さんを持つ親御さんからかかってくる問い合わせの電話のやりとりで、たまにあるパターンが、

「眼を訓練すれば治ると聞いたのですが、どういうことかよくわかりません。眼科にも行きましたが、視力はよいし眼には問題ないと言われました」

といった感じのもの。


原因を探っていかないことには「治る」かどうかという議論はできませんので、それはひとまず置いておいて、ここで話題にしたいのは、このような質問をされる時点で「眼」=「視力」といったとらえ方しかされていないということ。

このブログを始めたころに「見る」ということというタイトルで触れたことの繰り返しになりますが、幾ら視力がよくても、

・読書中に行を飛ばしてしまう
・黒板に書かれたことをノートに書き写すのが遅い

などといったことは起こります。

あるいは、この絵はハッキリと「見えて」いても、

1106271.jpg

それと同じ絵をこの中から探してください、という課題ができないケースもあり得ます。

1106272.jpg


「視力」というひとつの指標だけで「見る」ということを片付けることはできません。
上述の「眼の訓練」というのは、視力回復の訓練ではなく、「見る」という力をいろいろな観点から鍛えていくためのものなのです。

その辺のことを噛み砕いてご説明しようと試みるのですが、なかなかご理解をいただけないことも少なくありません。
電話での説明では難しい部分もあるのですが。。。

視力がすべてではないということを伝える大切さと大変さを日々感じています。
  1. 2011/06/27(月) 23:02:28|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビリビリ

以前買った、小田急線の本。

IMG_4644.jpg


内容に目新しさがなく、半分ほったらかしにしておいたのですが、うまい具合に息子が気に入ってくれたようで、引っ張り出してきてはよくページを開いていました。

IMG_8252.jpg

が、丁寧にモノを扱うという意識がないだけに、ちょっとでも破れた箇所を見つけると、そこからビーッと引き裂いてしまいます。

最初のうちは、テープで何度も何度も補修していたのですが、

IMG_8254.jpg


あまりに頻繁すぎて、どうでもよくなりました。

IMG_8249.jpg



破れるページ=息子がよく見ていたページ=お気に入りのページなわけで、それが破れてしまえば息子の興味もなくなってしまいます。

最近は、あまり見ている様子がありません。


こんな調子なので、私が幼少のころから大事にしてきた数々の本を息子に見せることができるのは、まだまだだいぶ先の話になりそうです。

息子に破かれたら、本気で怒りそうですからね。
  1. 2011/06/26(日) 23:16:14|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブラウン

ふだん使っているブラウンのシェーバー。

キワ剃り用の刃が本体から外れてしまって使い物になりません。
もみあげを処理するときに使う刃です。

IMG_8262.jpg


お泊りセットとして用意してある古いブラウンはキワ剃りができますので、

1106262.jpg

とりあえずそっちを使って、壊れたシェーバーは修理に出そうと思ったのでありますが、

古いブラウンの網刃が欠けておりまして、使用中に痛いときがあるのです。

1106251.jpg

この網刃は、生産中止品で手に入りません。


それで、どうしようか考えたのですが、壊れたほうを修理に出してもそれなりの金額になりますし、ついでに網刃と内刃も交換したりすれば、1万円前後になりそうな予感です。

ですので、壊れたシェーバーを修理に出さずにお泊り用に格下げして、新しいものを買うことにしました。
お泊り用なら、キワ剃りできなくても困りませんのでね。


私はブラウンしか使ったことがないので、新しく買うのもブラウンにするつもりでおりまして、売り場で品定めをしたのでありますが、20分以上悩んだ結果、当初の予定よりもワングレード上のものにしました。
2000円高くなってしまったのですが、当初の候補は替え刃が高くつきそうだったのと、ちょっと気になるところがあったので、やむなく。

1106263.jpg

剃り味が違うかどうかというのは、正直あんまりよくわかりませんが、音が格段に静かになりました。
  1. 2011/06/25(土) 23:00:11|
  2. 家電・パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

扇風機

当店では適宜エアコンを使用すると先日宣言したわけですが、息子の昼寝用ベッドのある奥のスペースは冷気が届かないので暑いです。

いつもそれなりの汗をかいて寝ていますし、アセモも目立ってきましたしで、何とかしてあげないとかわいそうな状況です。

だれでも気がつく一番簡単な解決策は、店で昼寝をさせない(店に連れてこない)ということであるのはわかりきっているのですが、それが難しいから困っているのでありまして。

このご時世に冷房の温度を下げるのも、なかなか気がひけますし、そもそも多少温度を下げたところで、冷気が回らなければ無駄です。

結論として、扇風機を使って、息子には直接風が当たらないように冷気を送ってみることにしました。

そのためには、昔からあるスタンダードな扇風機が必要なのですが、ご存じのように品薄です。
ヨドバシカメラに行ってみたところ、やはりめぼしいものは在庫切れです。

運よく、三千円ちょっとで在庫が2台残っているのがありました。
何人か、目をつけているお客様がいるのも感じたので、買いそびれる前に買っちゃいました。

IMG_8354.jpg

さっそく、使ってみたところ、それなりの効果を得ました。

失敗したのは、息子が指を突っ込むのを防ぐ防護ネットを買いそびれたことです。
店頭の見本に袋に入ったものがぶら下がっていたので、付属しているのだと思ったのですが、関連販売として提案していただけのようです。

別途手配しなければ。。。
  1. 2011/06/24(金) 23:13:43|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出陣


ロッテリアにポテトを買い出しに。
  1. 2011/06/23(木) 20:17:24|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ズレにくくするために

普遍的にあるご要望が「運動をするときにズレないようにしたい」というもの。
特にお子様に多かったりします。

本来ならば、そういうフィッティングをするべきなのですが、それでもやはり限界はあると思います。

そういうときの補助具として、こんな感じのバンドを探されるかたも多いかと。

1106221.jpg


もちろん、当店にもご用意はありますが、そういったバンドタイプよりも、耳の後ろに引っかけるようなフックタイプのものも、よくお選びいただいてます。

こんな感じです。

1106226.jpg

目立たない色なので、装着しているのがわかりにくいですが。。。

1106227.jpg

これは大きめなので、どちらかというと成人向きです。

お子様には、ミニタイプがございます。

1106223.jpg

色もいろいろ。

1106222.jpg



ただし、どんなフレームにもつけられるわけではありません。

先セルに通す形になりますので、先セルが太い、もしくは先セルの先端が太いと、通すのに難儀しますし、

1106224.jpg
1106225.jpg

太すぎると通すことができません。
反対方向(フレーム前面との連結部分)からとおせることもありますが。

逆に、あまりに先セルが細すぎても抜けやすくなります。
(最近は、改良版も出ていますけれど)

詳しくは、店頭にてご確認・ご相談ください。

なお、こういった部品を使っても、元々のフィッティングがまずければ、ズレやすくなりますし、フィッティングが完璧でも、汗をかけば若干ズレるのは否めません。

  1. 2011/06/22(水) 23:59:22|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エアコン

世は節電ムード。
エアコン使うなんてもってのほか、ってな感じですよね。

当店も、この時期には例年エアコンをつけていますが、今年は入口と裏口のドアを開放することで風を通して何とか凌いでおります。

しかし、ドアを開放すれば細かな砂ぼこりが入ってきますので、それはそれで問題です。

それから、蚊も入ってきます。

裏口は、息子の昼寝用ベッドがあったりしますので、虫除けの小道具を上下に配置しておりますが、

IMG_8295.jpg
1106211.jpg

効果があるのかどうかはわかりません。

もちろん、そういう配慮をしていない入口からも入って来る可能性はあるわけで、私など蚊に非常に食われやすい体質なものですから困ります。

先日は、お客様が蚊に食われてしまって、申し訳なかったです。


そんな状況の中、今日は店内が30℃になりました。

IMG_8296.jpg


当店は、検査室が夏は暑く冬は寒い環境下にありまして、なかなか過酷なのでありますが、こういう日に検査をするのは、する側もされる側も大変です。
特に、当店は検査時間が長いですからね。

お客様にとっては、暑いと集中力がなくなるでしょうし、早く終わらせてもらいたいために反応もいい加減になってしまうかもしれません。
汗をかけば検査用のフレームも滑りやすくなります。
何もいいことはありませんし、気分を悪くされたら本末転倒でしょう。

というわけで、お客様の検査中にはエアコンを入れました。
それでも、急速に店内が冷えるわけもなく、お客様にはしんどい思いをさせてしまったことと思います。

結論としまして、節電も大切ですが、当店は適宜エアコンを入れます。
ご了承くださいませ。
  1. 2011/06/21(火) 23:31:35|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕食



今日はシーメンス補聴器相談会の日でした。
担当の山さんと近所の居酒屋さんで夕食をご一緒。
  1. 2011/06/20(月) 22:12:19|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

父の日 2011

去年はウナギをお取り寄せしました。

今年の献上品もウナギ(串蒲焼き)でございます。

1106191.jpg


私は刺身以外、たとえば煮魚・焼き魚といった類のものは苦手ですが、ウナギはいけます。
でも、アナゴはダメです。
  1. 2011/06/19(日) 23:48:05|
  2. 記念日・○○の日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウケたCM

先日、たまたま目にした「金鳥 小バエがポットン」のTVCM。

ものの見事に私のツボにはまりました。

ちょっと検索してみたら、HPで公開していました。
こちらから。

1106181.jpg

「食べ終わって捨てたバナナの皮に小バエがたかっている」と、バナナを買ったお店にクレームをつけるネタです。



クレームといえば、以前、雑誌だか新聞だかに載っていた話。

天ぷら粉(だったかな)のメーカーにクレームが入りました。
内容は「自宅でエビのてんぷらを作っていたところ、天ぷら粉の袋の中から、ブラックタイガー(エビ)が出てきた」というもの。

メーカーの担当者は「自社の天ぷら粉の製造工程においてエビは使っていないので、袋に混入することは考えられない」といった主旨の返答をしたそうです。


それから、ダイエー時代の上司が過去に働いていた店舗で起きた話

ゴルフクラブを買ったお客様が、ものすごい剣幕で怒鳴りこんできたそうです。
内容は「よく飛ぶっていうから買ったのに、全然飛ばないじゃないか」というもの。

ゴルフの上手な課長が、そのお客様をゴルフ練習場に連れて行き、そのお客様の目の前で、そのクラブで打ってみて一言。
「大丈夫です。飛びます。」


理不尽なクレームには、毅然とした態度で応じることが大切ですね。
  1. 2011/06/18(土) 23:29:01|
  2. テレビ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

県立相模原公園

昨日は妻のご両親がお見えになりました。

それで、県立相模原公園で菖蒲が見頃になっているようだから行ってみたいということになりまして、二週続けて出かけてきました。

もっとも、先週は市立相模原麻溝公園がメインでしたので、昨日は先週行かなかったところを攻めてみたのですがね。

県立相模原公園の駐車場に車を止めまして(平日は無料)、

EOS_0688.jpg

菖蒲が咲いている「水無月園」へ向かいました(当然、ここも無料)。

EOS_0689.jpg
EOS_0690.jpg


息子は、菖蒲なんぞに興味があるはずもなく、あちこち歩き回ろうとするのですが、遊歩道には柵がありませんので、好き勝手させたら確実に菖蒲田に落っこちますから、命綱をつけました。

EOS_0692.jpg


その後は、園内で軽くラーメンを食べてから、息子の放牧タイムです。

あいにく、麻溝公園のような気の利いた遊具が改良工事中で使えませんでしたので、その隣のミニ展望台に併設されていたローラー滑り台でちょっとお遊び。
(自分で勢いをつけて滑ることができないので、息子一人だと滑りが悪く、妻が付き合いました。)

1106171.jpg


せっかくなので、先週訪れた噴水広場へ、ご両親を妻に案内させ、私は芝生の上で息子に付き合っておりました。

EOS_0706.jpg



私の通っていた高校からこの公園までは自転車で数分ということもあり、当時は何度となく立ち寄ったことがありましたが、そのときはただの芝生広場という感じでした。

その時に比べると、ずいぶんと整備されたように思います。

その契機となったのが、大学4年のころに開催されていた「グリーンウェーブさがみはら」というイベント。

皇室のかたもお見えになるビッグイベントで、当時に秋篠宮殿下と秋篠宮妃殿下がお植えになったケヤキがありました。

EOS_0709.jpg
EOS_0708.jpg

EOS_0710.jpg
EOS_0711.jpg




あいにくの曇り空で、外で過ごすにはちょうどよいものの、小雨もパラつきはじめ、その後の予定もあったものですから、それほど時間をかけずに退却しました。

でも、これで、園内は一通りは見て回ったと思います。


息子は先週に比べて、動きにキレがなかったように感じます。
帰る間際に大量にウンチをし、それがちょっと緩めだったこともあり、下着を汚して着替えさせる羽目になりました。。。
(画像は自主規制とします)

  1. 2011/06/17(金) 23:07:33|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

県立相模原公園にて

メガネがなくなった

「メガネをなくしてしまいました。。。」

ということで来店されるお客様が、年に数人おられます。

新しく作りたいということなので、お店としてはありがたいのではありますが、ちょっと注意が必要です。


大抵の場合、「ないと困るので、早くほしい」という注文がつきます。

メーカーに在庫のある度数ならよいのですが、ほとんどが凸レンズの注文になりますので、レンズの厚みの観点から、できれば厚みの減らせる注文の仕方をしたいところです。
そうすると、時間がかかります。
遠近両用レンズ等でも、やはり時間がかかります。
メーカーには「至急」の依頼をしてはみますが、それでも数日かかります。


「なくならなければ買う必要がないものなのだから、安くしてほしい」と言われることもあります。
お気持ちはわかりますが、「では、半額にしましょう」などということは当店では起こりません。
できるかぎりのことはいたしますが。。。


「あのフレーム、気に入っていたから同じものがほしい」と言われることもあります。
服や靴などと同じように、メガネは多品種少量生産の一面がありますので、ご希望に添えないこともあります。
「似たものでいいから」となっても、店頭になければ探さないといけません。
なくして困っているにもかかわらず、これでは余計に時間がかかってしまいます。


まぁ、そんな感じで幾つかの課題をクリアして、注文が完了したとします。
が、この後に問題が起こることがあるのです。

納品までの数日の間に、お客様から電話が入ります。
「メガネが見つかりました。この前頼んだものはキャンセルさせてほしい」と。


注文したレンズのキャンセルについては以前触れましたが、なかなか厄介です。
フレームも既にフィッティング済みです。
お客様の気持ちは分かりますが、店としては非常に困ります。

ここから先は、お客様とのご相談になりますね。


したがって、「なくしたので作りたい」という場合には、

・もう一度探されてはいかがですか?新しいのを買うと、意外と見つかるものですよ
・あとで見つかっても、キャンセルやご返品はお受けできませんがよろしいですか

といったことをお尋ねしておくのが無難です。


基本的に、家の中でなくしたというのが明確な場合、思いがけないところから出てくることが多いものです。

たとえば、ティッシュの箱の中とか。
IMG_8263.jpg



ないと困るものですから、すぐにでも注文したいのは山々だとは思いますが、一度落ち着いて探してみることも大切だと思います。
  1. 2011/06/15(水) 23:27:39|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チョロQ

伯父にいただいた「チョロQ」。

ランボルギーニ カウンタック LP400
IMG_8265.jpg


普通のチョロQと違います。

「ハイブリッド リモコンタイプ」と言いまして、赤外線で動きます。

1106143.jpg
1106142.jpg


これ、リモコン。
前進後進だけでなく、左右に曲げることもできます。

IMG_8264.jpg

充電器も兼ねております。

IMG_8266.jpg


息子は、まだ使いこなしてはおりませぬが。
(自分の手で動かしたほうが楽しいらしい。。。)
  1. 2011/06/14(火) 23:16:07|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新柄ケース

メガネをお買い求めいただいたお客様に差し上げているサービスケース。

当店はキャラクターものも含めて30種類くらいを用意しているのですが(フレームのサイズによっては、選択肢がほとんどなくなります)、女性のお客様の傾向として「目立つもの」を選ばれることが多いようです。

なので、花柄は人気なのですが、よく注文していたものが製造中止になってしまい、しばらく地味なものばかりが並んでいました。

最近、ようやく新柄が入荷です。

1106132.jpg

セミハードタイプなので、上ブタはペロンとめくれます。
ホックのように見えるのはマグネットです。

1106131.jpg

以前のセミハードケースは、パチンと止めるタイプばかりでしたが、ここ数年でマグネットに取って代わりました。
  1. 2011/06/13(月) 23:48:11|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

補聴器の違い

私は両眼視機能等について語るのと同じレベルで補聴器を語ることはできないので、表面的な話になりますが、当店でとりあえず最初におすすめしている補聴器は、片耳で15万~20万くらいのものになります。

それくらいのご予算で来られたかただと話が早いのですが、一桁少ない予算で来られたかたの場合ですと「電気屋さんとか新聞広告とかで、安いのが売っているじゃないか。それと何が違うんだ」という話になります。

一万円前後くらいからの価格で売られているものは、いわば既製品です。
メガネでいえば、既製老眼鏡です。
合う人には合うけれど、合わない人には合わないというものです。

一方、当店で通常おすすめしているものは、それぞれの人の聞こえかたに合わせて調整をして納品するものです。
個々の度数に合わせてつくるメガネと同じようなものです。

そうすると「調整」って何をすんねん、ということになるわけですが、調整をするためには聴力のデータが必要です。

ヘッドホンをして、ブーとかピーとかの音が聞こえたらボタンを押すといった感じで、どの周波数の音がどれくらいの大きさで聞こえたかをチェックしていきます。

こんな感じのグラフになります。

1106123.jpg
これは右耳のグラフです。
縦軸が音の大きさ、下方向に向かうほど大きな音が出でいます。
横軸は周波数、左に向かうほど低い音が出ています。
丸印の付いているところが、ヘッドホンを通して聞きとる(気導聴力)ことができた各周波数の最小の音の大きさです。

(これは、あくまでも「音が聞こえた」というだけで、「意味のある単語を聞きとることができる」かどうかを示しているわけではありません。)


大抵の場合、このような聴力データをもとに補聴器を選択し、聞きにくい帯域の音をより聞こえやすくするように合わせていきます。

もちろん、聴力データ以外の様々な要素も補聴器選定の大事な要素にはなりますが、聴力だけで考えても、

たとえば、こういう気導聴力の人と
1106124.jpg

こういう気導聴力の人とでは、
1106125.jpg
おすすめする補聴器は違ってきます。


さて、聞きにくい帯域の音をより聞こえやすくするためには、帯域を細かく区切って調整ができるほうがよいに越したことはありません。
これが、補聴器の価格差につながる一つの要素です。

メーカーによっても若干の差はあると思いますが、当店で扱っているシーメンス社のものでいえば、10万円台前半のものは、4つの帯域に区切って(これをチャンネル数と呼んだりします)調整ができます。

これはその補聴器の調整画面です。
右側のイコライザーみたいなツマミが4個ありますね。
1106122.jpg



これが最上位機種になると、16個になります。
1106121.jpg


当店で最初にお勧めする機種が8個~6個のものです。
1106126.jpg



では、4個のものと16個のものとで、具体的にどれくらい聞こえかたが違うのか、ということになりますが、これはもう実際に聞いてもらうしかないでしょう。

もっとも、聞いてもらったところで、違いは分かりにくいかもしれません。
聴力や言葉を聞きわける能力、初心者か買い替えか、などの条件によっても感じかたは異なりますしね。

ただ、理論上は聞こえかたに違いはありますよ、ということが言えるわけです。

繰り返しますが、この「チャンネル数」は、価格差を生む一要素に過ぎません。
高価格のものになるほど、それ以外の性能が向上し、付帯機能も多くなります。

それについては、また別の機会に~。
  1. 2011/06/12(日) 23:23:12|
  2. 補聴器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

更新

気がつけば認定眼鏡士日本オプトメトリック協会認定オプトメトリストの更新期限が来年の三月末になっていました。
(認定眼鏡士とオプトメトリストは、紛らわしいので更新年度を同じにしています)

1106111.jpg


期限までに所定の講習に出席しないといけないのです。
SSS級認定眼鏡士は9時間、オプトメトリストは12時間相当の講義に出席することが更新の条件です。
オプトメトリストの更新対象となる講義は、認定眼鏡士の更新分としても認められているので、12時間分の講義を受ければ、認定眼鏡士も合わせて更新となります。

私は6時間分をすでに消化しているので、残り6時間の受講が必要です。

所定の講習会というのはいろいろあるのですが、

・木曜開催が少ない
・日本オプトメトリック協会やキクチ眼鏡専門学校主催のものは名古屋開催が多く、交通費がかかる
・技術者協会主催のものは、私は協会員ではないので、交通費以上に受講料がかかるし、オプトメトリストの更新には認められないものもある模様
・東京眼鏡専門学校主催のものは、内容にあまり興味がない

等々、選り好みをしているとあまり選択肢はありません。

まぁ最終的には、つべこべ言わずに、ただ座って話を聞いてりゃいいのですが、それではあまりにも次元が低すぎます。
それなりのレベルの講義を受けて「勉強した」気分にならないと面白くもなんともないわけで。

なので、キクチ眼鏡専門学校のE-生涯学習に申し込もうかと思っています。

前回の更新のときも一部利用しまして、勉強した気になりましたのでね。
っていうのは、一応最後に試験があるので。

ただ、在学時代の復習のような感じの講義が多く、骨のある講義が少ないのが残念なところなのですが。
今後に期待しています。
  1. 2011/06/11(土) 23:43:31|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相模原麻溝公園

子供ネタ続きで恐縮ですが。。。

昨日は、暑すぎるわけでもなく、外で遊ばせるのにはちょうどよい気候でしたので、「市立相模原麻溝公園」に初めて連れて行きました。


我が家から車で数分、「県立相模原公園」と隣接する、なかなか広い公園です。
入場は無料です。

EOS_0633.jpg

ウリの一つが「ふれあい動物広場」

EOS_0634.jpg
1106105.jpg

公園内唯一の有料アトラクション(?)、100円でポニーに乗れます。
一応2歳以上となっていたので、今回はパスです。

EOS_0637.jpg

ポニー以外の動物としては、

ブタ
EOS_0685.jpg

ウシ
EOS_0682.jpg

シカ
1106102.jpg

リスザル
EOS_0681.jpg

アライグマ
1106103.jpg

ヤギ
EOS_0677.jpg

ニワトリ
1106104.jpg

バードゲージの中ではいろいろな鳥が放し飼いになっています。
EOS_0680.jpg
1106101.jpg

その他にも、いろいろいるのですが、息子はそれらには目もくれず、ひたすら走りまわっておりました。

なので、早々に広場へ移動。
(右手の高い建物がグリーンタワーです。)

EOS_0645.jpg

市の花アジサイもたくさん咲いていました。

EOS_0646.jpg

しばらく放牧した後は、おとなりの遊具コーナーへ。

低年齢向けの滑り台がありまして、息子は階段を登ると、

EOS_0650.jpg

クルクル回るブロックをひとしきり堪能し、

EOS_0652.jpg

滑り台に向かうと、

EOS_0654.jpg

自分で滑り降りてきました。

EOS_0656.jpg
EOS_0658.jpg

あんさん、やればできるじゃないの。

と、思ったということは、要するに「息子はまだ自力で滑り降りることはできないんだろう」と思っていたわけなのです。
保護者が保護者の尺度の中で勝手に限界を設けてしまっては、子供のポテンシャリテイを引き出すことはできないということを認識させられた一幕でありました。

調子に乗った息子は逆走を試みておりましたが、これは難しかったようです。

EOS_0659.jpg


無料ですので、グリーンタワーに登ってみました。
展望室は地上38m。

天気が良いと、かすかにスカイツリーが見えるそうですが。。。

EOS_0662.jpg

曇り空でしたので、我が家の方面もあまりよく見えません。

EOS_0663.jpg

県立相模原公園方面。

EOS_0666.jpg


せっかくですので、県立相模原公園にも足を延ばしてみました。
(無料です)
といっても、広大ですので、噴水のある一角までですけど。

EOS_0668.jpg
EOS_0670.jpg


ちなみに「偏光レンズ」を通して見ると、

肉眼だとこう見えるものが、
IMG_8216.jpg

水面の反射が消えて、こういう具合にスッキリ見えます。
IMG_8218.jpg



ところで、我が息子、移動の際は常に駆け足。
「おまえは高校球児か」と突っ込みたくなるくらい、

ここでも
EOS_0644.jpg


あそこでも
EOS_0672.jpg

とにかく走っています。

ただ、最後のほうはかなり電池が切れてきたらしく、
EOS_0675.jpg


帰りの道中の数分の間に撃沈しました。
EOS_0686.jpg


真夏にはとても連れて行く気になりませんが、思い切り動き回れる場所ですので、また連れて行こうと思います。
  1. 2011/06/10(金) 23:50:37|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相模原麻溝公園にて

1歳8カ月

体重は、いまだ10キロに微妙に届かず、やや軽量級のようですが、敏捷性に富んだすばしっこい子供になってほしいと思っているので、重量級になるよりはよいかと感じております。

基本的に色白ですが、黄色味が強いようにも見えまして医師に相談したりもしましたが、特にどうという話も出ず、むしろ最近は手の甲がどす黒くなっているのが気になります。
日焼けによるものと思われますが~。

IMG_8194.jpg


一生懸命何かをしゃべっているものの、ボキャブラリーは増えず、こちらの言っていることは理解しているようですが、息子の言っていることは理解できません。
どうもすみません。

「ママ」「パパ」「じいじ」とは一応言えるようですが、私の母にはまだ呼称がありません。
「孫が初めて呼びかけてくれた呼称がよい」などと言ってはいるものの、「おばあちゃんとお散歩いこう」とか「ばあばにもちょうだい」などと、みずからの呼称を交えた声かけをしないので、毎日のように散歩に連れて行ってもらっているにもかかわらず、息子も何と呼んだらよいかわからないようです。
さしあたって「おばあちゃま」とでもしておけばよいと思うのですが。
まぁ、いきなりそんな難しい単語は言えませんわな。


私は自分が1歳8カ月くらいの頃の記憶はほとんどないに等しい、というか断片的な記憶はあっても、それが何歳何カ月のときのことかがわからないのですが、基本的に知らない子供たちに混じって遊ぶのは苦手でした。
それと比べると、息子はずいぶん社交的なようです。

ショッピングモール等にある幼児のプレイルームみたいなところへ連れて行くと、臆せず遊んでいます。

落ち着いて歩くのが苦手なのか、常に走っているので、コンパクトデジカメではブレてしまいます。

IMG_8101.jpg

カラーボールが敷き詰められた一角。

仕切りをよじ登って、

IMG_8105.jpg
IMG_8102.jpg

嬌声を発しながら飛び込んでおりました。

IMG_8109.jpg
IMG_8110.jpg


幼児向けのDVDを見ながら、モデルの子供さんたちの真似をできるようになってきました。

110608121.jpg
11060856.jpg
110608341.jpg


いまだに哺乳瓶でミルクを飲んでいます。
ふだんは私や妻の脚の上にしゃがみこんで飲んでいますが、今日は立ち飲みにチャレンジ。

11060811.jpg


体重があまり増えないということからもわかるように、それほど食べるほうではありません。
しかし、美食家ぶりは相変わらず。
某ファミリーレストランでお子様カレーみたいなものを頼んだ折には、一回口に入れた時点で吐き出し、以後受け付けませんでした。
逆鱗に触れてしまったようです。

マクドやロッテリアなどのポテト(可能なときは、塩抜きにしてもらっています)はお気に入りです。

ちょっとグズっているときは「えびちぴ」というお菓子を与えていれば、とりあえずしのげます。

IMG_8127.jpg


私がスナック菓子を食べていると近寄ってきて、勝手に袋に手を突っ込んできます。
「パパが食べているものは、おいしいものに違いない」という認識があるのでしょうか。
嗜好品ばかりが好きなようです。

ガリガリ君の奪い合いになる日も近いかもしれません。

IMG_8126.jpg


  1. 2011/06/08(水) 23:51:17|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

視力0.05は度数で幾つになるのか

視力と屈折異常の度数に関しては、当店ホームページ内に簡単にまとめているのですが、視力から度数、度数から視力を精密に換算することはできません。

たとえば、遠見裸眼視力0.8を度数に換算してほしいと言われても、計算式があるわけではないのです。
近視でも、遠視でも、あるいは乱視のみであっても、0.8になる可能性は生じます。

ただし、大雑把に類推することはできなくはありません。
「裸眼で0.8だったら、だいたいこのくらいの度数になりそうだな」という予測は、経験である程度立てることは可能です。

ところが、遠見裸眼視力0.05とかになってくると、大雑把さに拍車がかかります。


これはおなじみのランドルト環です。

1106076.jpg


検査距離5m用のランドル環の場合、

1.0に相当するランドルト環の直径は、7.5mm

1106074.jpg


0.1に相当するランドルト環の直径は7.5cm

1106075.jpg


0.05に相当するランドルト環の直径は15cmになります。

1106073.jpg


ランドルト環の切れ目の長さは、直径の5分の1と決まっていますので、
0.05のランドルト環の切れ目の長さは3cmになります。

1106072.jpg

1.0であれば1.5mmになるわけですね。


ランドルト環による視力検査というのは、早い話が切れ目の判別です。

5m離れたところから、1mmほどの切れ目を見分けるのは、ちょっとのボケでも困難になります。

1106071.jpg
1106077.jpg


そのため、遠見裸眼視力1.0であれば、屈折異常の度数は限りなく小さい値であることが予測されます。
0.8であれば、1.0よりも大きな値にはなるでしょうが、それでもある程度の狭い範囲には収まることが予測されるのです。

ところが、3cmの切れ目だと、判別できるボケの許容がかなり大きくなります。

1106078.jpg

1106079.jpg

そのため、該当すると思われる度数も広範囲に及んできますので、それだけ予測をすることが困難になるというわけです。

なので、たとえばお電話やメールで「視力が0.05なんですけど・・・」と言われても、度数測定をしてみないことにはなかなか具体的なお話がしにくいのが本音です。
なので、どうしてもざっくりとしたご説明になってしまうのですが、ご容赦くださいね。


  1. 2011/06/07(火) 23:53:56|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

更新

店のHPの補助的な意味合いも持たせようと思って始めたこのブログ。

内容はともかく、毎日更新を心がけているわけですが、気がつくとHPの更新がおろそかになっていました。
これでは、どちらが補助なのかわかりません。

ブログで紹介しておきながら、HPに掲載していない内容もいろいろありますので、少しずつでもまとめていかないといけません。

IMG_8171.jpg

コツコツやっていきます。
  1. 2011/06/06(月) 23:43:52|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Bunny

妻の姉の御主人(妻の義兄というのが正しい?)が米国出張のお土産に買ってこられた珍品。

IMG_8119.jpg

おなかを押すと

IMG_8124.jpg

口を動かしてしゃべるのですが、

IMG_8123.jpg

それが単語というよりも、母音のように聞こえます。

つまり、[ u: ]とか[ i∂r ]みたいに。


手のひらを押すと" Hi, dear"
おなかを押して発声させたあと数秒ほうっておくと、"Happy Easter"
と言うのはわかるのですけど、あとは正直何と言っているのかよくわかりません。


妻の義兄は「これは日本で絶対にブレイクする」と確信して持ち帰ったようですが。。。

でも、先日ベビーザらスで違う色の服を着たものを見つけました。
既に日本に正規上陸しているようです。

本当にブレイクするのか、今後の動向に注目です。
  1. 2011/06/05(日) 23:55:10|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

技術

「技術」というのは、なかなか他人にはわかってもらいにくいものではないかと思います。

幾ら「これがこうで、ああで」とどんなに優れた技術なのかの講釈を受けても、実際に自分がやってみないことにはピンとこないことも多いのではないでしょうか。

例えばゴルフ。
「止まっているボールを叩けばいいんだから、簡単じゃねぇか」とはたからは見えるかもしれませんが、実際にやってみるとプロゴルファーの技術がどれだけ高いのかがよくわかると思います。

あるいは、名工の鍛えた包丁と一般的な包丁とで刺身を切ってみるなど、何らかの比較をすることによって初めて両者の違いがわかるということもあるかもしれません。
(あまりにもど素人だと、違いはわからないかもしれませんが。。。)


眼鏡調製における技術というのも、一般のかたには、なかなか伝わりにくいものでしょう。

フレームやレンズをつくるにあたっても、本来はそれぞれものすごく技術を要します。
そして、そうした技術の結晶であるフレームやレンズを材料として、眼鏡技術者は「眼鏡」を仕上げます。

大雑把にいえば、眼鏡調製には、お客様のご要望を十二分にお伺いした上で、

1. 度数や視機能を測定する
2. 用途に適した、快適に使用できる度数を決定する
3. 「似合う」だけでなく、骨格や使用するレンズを考慮したフレーム選びのお手伝いをする
4. 目的・環境・似合うカラー・使用するフレームなどを考慮したレンズ選びのお手伝いをする
5. 美的・光学的・力学的な要素を考慮したフィッティングを行なう
6. 光学性能が十分に発揮でき、美しく掛けられるように、レンズをフレームに組み込む

などといった技術が要求されます。

無論、気持ちよくお買い物をいただくための接客技術というのも必要になります。


ほかにも細かな技術は要求されますが、実際に一般ユーザーが実感しやすい「眼鏡店の技術」といえば、フィッティングなのかもしれません。


何年か前ですが、当店に、ある出版社から電話がありました。

・ある雑誌の中で、メガネに関するページを組む
・その記事の中で使いたい画像が、このブログに掲載されていたので使わせてほしい

といった内容でした。

どんな記事になるのかもわかりませんので、当店の名前を出さないことを条件に承諾し、誤解を生むような説明記事を書かないように、注意事項もお知らせしました。

ちなみに、使われたのは、この画像です。

HM.jpg


しばらくして、その雑誌が発売されたので、目を通して見たところ、見開き1ページの記事で、

・流通体制の見直しによってメガネの価格は著しく下落をし、格安店が多数出現した
・高級店は価格の高さを「レンズの性能」や「技術」などなどで説明をしているが、格安店との価格差を埋めるだけの価値があるかというとそうではない
・そういう言い分は売り手の自己満足でしかないことを業界の有識者も認めている
・格安店でも品質・店員の質ともに十分に満足の得られるレベルである
・光学的な特性を求めるような特殊なケースを除き、メガネは格安店で買うのがおすすめだ

まぁ、そんな要旨でした。
我々眼鏡技術者としては、突っ込みどころや反論したいところもあるかもしれませんが、世間一般の認識がこういう状態だということを、謙虚に受け止めなければならないでしょう。


それはそれとして、そのページに書かれていた『高い店が主張する「技術の違い」はほとんど自己満足』という囲み記事には、「技術が重要な調整箇所」というチェック項目がまとめられておりました。
ところが、それが「調整」という言葉を使われていることからもわかるとおり、すべてフィッティングに関するものでした。

鼻あての調整は難易度A
前傾角の調整は難易度B
水平バランスの調整は難易度C

等々、何を根拠にしたのかわかりませんが、ご丁寧なランク付けもされています。

でも、実際のところ、フィッティングは画一的にランク付けできるようなものではありません。
それに、フィッティングはとても重要な技術ではありますが、そもそも眼鏡を仕上げるには前述したような多分野にわたる技術も必要です。
(もっとも、眼科で眼鏡処方箋を発行してもらった場合は前述の1・2は不要になるかもしれませんが)
しかし、それらに関しては全く触れられていませんでした。

「技術は自己満足」と切り捨てておきながら、最後には「装着時の違和感をどうしても直したいなら高級店へ」と何だか矛盾するようなコメントもあり、苦笑いするしかありません。


これが、一般のライターさんが自らの意見として書いたものならまだしも、協力者として眼鏡店出身で現在はメガネに関する情報発信をなさっているかたの名前が記載されていました。

業界出身者が眼鏡の技術について語るのなら、フィッティング以外についても言及すべきではないのかなと、そのかたの技術そのものに疑問を抱いてしまったものです。


メガネの調製にはさまざまな技術が必要であることを皆様に理解していただけるよう、そして「あなたの技術は素晴らしいね」と認めていただけるよう、多くの眼鏡技術者が日々努力を続けていることを心に留めておいていただければ嬉しいです。
  1. 2011/06/04(土) 23:15:02|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふちなしは閉店後に



ふちなしフレームの加工は、穴あけに神経を使いますので、腰を据えて取り組める閉店後がやりやすいです。
本日も、通常加工品や閉店後の事務作業を済ませて、これからスタートです。
  1. 2011/06/03(金) 21:36:20|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボールプールで戯れております

スパッと

昨年同様、6月1日になったので、つべこべ言わずに衣替えしました。

1106011.jpg

これまた昨年同様、朝は微妙に寒かったのですが、ご愛敬です。
  1. 2011/06/01(水) 23:43:57|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0