キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

異動


中学三年のときの担任の先生が、相模原市内の中学校の校長として着任されるようです。おめでとうございます。
  1. 2011/03/31(木) 17:20:13|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

21項目検査 #21

今週が21項目検査の最後の項目となります。

#21は、虚性相対性調節力の検査です。

手順は#20と同様ですが、付加するレンズはマイナスレンズではなくプラスレンズです。

この検査の値は、調節力と実性相対性輻湊力に影響を受けます。

#20においては、調節力と虚勢相対性調節力によっては、かなりの量のマイナスレンズが付加されますが、#21に関しては、+3.00Dを超えて付加されることはほとんどないと言えます。

もしそういう状況があったとすれば、それは#7(#7A)のマイナス過矯正と考えるのが妥当でしょう。


#21に限らず、近見の検査においては、連続的にマイナスレンズ・プラスレンズを増減させていく必要があります。
そのためには、フォロプターがないと非常に大変です。

IMG_5613.jpg


融像幅の検査も含め、21項目検査を手際よく行なうためには、フォロプターは必須と言ってもよいでしょう。
  1. 2011/03/30(水) 20:44:26|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フラッシュメモリー

当たり前といえば当たり前ですが、パソコンに入っているデータを、不定期にバックアップを取っています。

画像などの容量の大きなファイルもあるので、全データをコピーできる大容量のHDDを店と自宅に1つずつ用意しています。
どちらかが破壊されても慌てないように、念のためです。

IMG_5756.jpg


ワードやエクセルなどのこまごまとしたものは、フラッシュメモリーで十分なのですが、今まで使っていたものが調子が悪いのか、パソコン起動時にディスクのチェックをされているので(パソコンにさしっぱなしのため)、新しいものに交換しました。


IMG_5757.jpg

パソコン起動時は、いつもささっているのだから、こまめに毎日バックアップを取ればよいのですが、ついつい怠ってしまうのです。

  1. 2011/03/29(火) 23:39:01|
  2. 家電・パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落ちないように

当地域では、早朝(まだ店にいない時間帯)に地震が多いようです。

この前の地震の折、当店の商品や機器類はほとんど何も床に落ちることはありませんでした。
これは、揺れの方向がよかったからに過ぎず、方向が90度違えば大変だったかもしれません。

当店には、加工やレンズのオーダーに必要な機器類がいろいろありますので、それが落っこちることのないように耐震用の粘着シートのようなものを貼り付けている機器が幾つかあるのですが、棚を整理したらこんなものが出てきたので

IMG_5732.jpg

耐震対応が不十分な機器に貼り付けておこうと思います。

効果はやや弱いのですが、何もしないより多少は違うでしょう。

こういう措置を施しても落っこちてしまうような事態が起きないことを祈っています。
  1. 2011/03/28(月) 23:04:14|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

健康診断

大きな会社であれば、会社の健康保険組合か何かが窓口になって毎年健康診断があったりするかと思うのですが、当社はそんな気の利いたシステムはありません。

保険協会とか法人会とか、そうした団体が斡旋してくれる健康診断を受けに行く形になります。

が、六年前くらいに一回行ったきり、まともに受けておりません。

血液検査・心電図・尿検査・腹部エコー・脳のCT・胃の内視鏡検査・視野検査等々、必要に迫られて単独で受けたことはあるのですがね。


保険協会から、今年も案内が来ました。

IMG_5707.jpg

妻には行ってきてもらおうと思っています。

私も行こうとは思うのですが、検査項目がもう少し細かければよいのですけど、ちょっと物足りないのが玉にキズです。
  1. 2011/03/27(日) 23:24:19|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よくわかりませんが

父の知り合いのかたに請われて、店内におけるソフトバンクの電波受信状況を向上できる装置を設置しました。

IMG_5706.jpg

震災の影響で、NTT回線を使用する本来の機器がまだ用意できないとかで、とりあえず仮の機器(店外の電波を拾う?)の設置となりました。

機器自体は無償ですが、月々わずかばかりの電気代がかかるそうです。

元々当店は携帯の電波の入りがよくはないので、お客様の利便性が高まればよいかなと思います。

ちなみ我が家族は全員ドコモユーザーなので、何の恩恵もありません。
  1. 2011/03/26(土) 23:02:11|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

がんばろや

大学卒業後、約四年間、神戸市内のダイエーで働いていたことは、何度となくお話ししてきました。

当時、ダイエーでは社長の前で「頑張る」という言葉を口にすることはタブーとされておりました。
「○○を○○までに完了させます」「○○の売り上げを、予算比120%にいたします」などと具体的な言葉で言わないと、とんでもないことになっていたようで。
(どこの会社も同じかもしれませんがね)

もちろん、私のような末端社員が、直接社長と話す機会など皆無だったわけではありますが、グループ全社合同での入社式の折、各社の新入社員の代表が1名、社長の前で「誓いの言葉(?)」を述べ、採用通知書だかなんだかを受け取るという儀式がありました。

その際、人事から代表社員に対して「誓いの言葉」においては「頑張ります」といった抽象的な言葉は言わないようにとの通達が出ていました。
つまり、
「お客様一人一人に真心を込めたおもてなしをし、だれからも愛される社員となることをお約束いたします」
とか何とか言わないといけないわけです。

にもかかわらず、どこかの代表社員が「できるだけ頑張ります」などという「誓いの言葉」を述べてしまい、その瞬間、場内がちょっとざわめいた、そんなことがありました。


前置きが長くなりましたが、そういう背景の中、阪神・淡路の震災から2週間前後経った頃でしょうか、副社長(社長の御子息)から店舗に「がんばろや WE LOVE KOBE(神戸だったかな?)」で始まる檄文がファックスされてきました。

「おいおい、そんなこと(がんばろや)言っちゃっていいのかよ」と思ったものです。

後日、社内報だか何かに「そのフレーズに込められた思い」のようなものが綴られていました。
何が書いてあったか詳細は綺麗に忘れましたが、
「大変なことがあると、神戸の人たちは、がんばろやとお互いに励ましあって生きてきた。とにかく今は頑張るしかない。」
そんな感じのことが書かれていた記憶があります。


地震から2週間、それぞれの場所で、それぞれの人が、それぞれの困難に直面しています。
これからどうしていけばよいのか、何も考えられないかたも大勢いることと思います。

そういったかたたちに対して、私のように家も家族も仕事も失っていないものが「頑張って」と声を掛けても、きっと「ふざけるな」と怒鳴られてしまうことでしょう。

「がんばろや」という言葉は、同じ苦しみを分かち合えるもの同士でしか、伝わらないものかもしれません。


それでもやっぱり、今は頑張らないといけない。
それぞれの場所で、頑張っていかないといけない。

だから、みんなで、がんばろや。


その当時、会社からいただいたネクタイピン。
ロイヤリティの高い私は、ほぼ毎日使っていたので、真ん中の石が取れてなくなってしまいました。

1103251.jpg
IMG_5684.jpg
  1. 2011/03/25(金) 23:02:28|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガソリン消費


自転車では荷物が積みきれないので、やむをえず車にて。
  1. 2011/03/24(木) 17:11:39|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

21項目検査 #20

今週の21項目検査は、#20(実性相対性調節力)です。

視表の距離を一定にした状態で(眼前40cm)、マイナスレンズを付加していき、視標がボケるか二つに分かれて見えるかしたときの度数を記録します。
(測定を開始したときの度数から、マイナスレンズを何段階付加できたかを記録することになります。)


視表は、参考書によって多少の違いはあるようですが、私は近見用の0.7~0.8の文字視表を使用しています。

1103231.jpg



マイナスレンズを付加する

ピント合わせをする

両眼は輻湊する(調節性輻湊の発生)

視表のある距離と、両眼の視線の交差する位置とが異なってしまう

そうすると、視標がボケてしまうので、両眼を開散することで視表の距離に視線を合わせる

ハッキリ見える

マイナスレンズを付加する

ピント合わせをする



このサイクルの繰り返しをしていくことになります。

このメカニズムは、なかなかわかりにくい部分もあるかと思いますが、調節力が弱かったり、近見での開散力(虚性相対性輻湊力=#17)が弱かったりすると、#20の値は低くなるのが一般的です。
  1. 2011/03/23(水) 23:56:04|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

復旧しました。


予定より二時間近く早くの復旧でした。
  1. 2011/03/22(火) 20:23:18|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

停電しました。


防犯上の理由から、閉店時間前ですが、シャッター降ろしました。店内にはおりますが。。。
  1. 2011/03/22(火) 18:30:29|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブローフレーム

フレームの上半分に、こんな感じの飾りがついているフレームを、一般にプロ―フレームと呼んでいます。

1103211.jpg

デザインによっては、若いかたにもおすすめできますが、上の画像のようなタイプは、年配の男性に愛好者が多いです。


飾りの部分(ブロー)は、大抵ネジ止めされているので、分解が可能です。

IMG_5647.jpg


ところが、このブロー、経年変化で劣化することもあり、ブローを止めているネジ穴の付近、

1103214.jpg

ここが、ひび割れしてしまうことがたまにあります。



ひび割れするくらいなら、接着することで対処は可能なのですが、稀に劣化がひどいとネジ穴の周囲が欠けてなくなってしまったりすることもあります。

そうすると、ブローを取り付けることがしにくくなりますので、片方はきちんとブローが付いているのに、片方は何もないという状況になりかねず、格好が悪いです。

1103213.jpg



フレームの品番がわかって、メーカーに在庫があれば、ブローのみを手配することはできる場合もありますが、それができない場合は。。。。


両方ともブローを取ってしまうことがあります。

1103212.jpg


パッと見は、普通のメタルフレームのようになりますので、片方だけブローが付いているよりはよいかなと。
  1. 2011/03/21(月) 23:16:03|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日々のお手入れ

「補聴器から急に音が聞こえなくなった」ということで、当店に持って来られる場合によくあるパターンが「耳垢詰まり」です。

耳穴に差し込むタイプの補聴器の場合、補聴器本体の中に耳垢が侵入しないように、本体から音が出る部分に何らかのガードが施されていることが多いです。(下の画像だと、赤や白の部品です)

1103202.jpg
1103203.jpg
1103204.jpg

ところが、日々の使用によって、このガードの穴(網目)に耳垢が溜まってしまうと、(下の画像ですと、白い部品の中に耳垢が溜まっています。)

1103206.jpg

音の出口がふさがれてしまうため、音が聞こえなくなってしまうのです。


この部品は、いつでも交換できるように店に在庫がありますので、ここの部品の耳垢詰まりが原因であれば、交換さえしてしまえば元のように聞こえるわけですが、

IMG_5643.jpg

こうした事態を防ぐためには、補聴器購入時に添付されているブラシを用いて、

IMG_5644.jpg

補聴器を耳から外した後に、この部分にブラシをかけることが重要です。

1103201.jpg

ブラシをかける際は、網目から細かな耳垢が内部に落ちないよう、音の出口を下に向けて行なうとよいでしょう。
  1. 2011/03/20(日) 23:50:47|
  2. 補聴器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライオン

今日は、ライオンでした。

1103192.jpg
1103191.jpg

ライオンといえば、多摩動物公園です。

もう少し息子が大きくなって、動物の区別がつくようになったら、多摩動物公園のライオンバスに乗ってこようと思います。

ランチは中大の学食にしようかしら。
  1. 2011/03/19(土) 23:21:44|
  2. ネクタイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

計画停電

昨日18時20分より、ついに停電がありました。
昨日は定休日でしたので仕事への影響はなかったのですけど。

これまで、当店がグループ1か4か、どちらになっているのかの確定ができませんでしたが、これで確定しました。

当店はグループ4です。

グループ未確定だった点では、実家と自宅も同じでありまして。
実家は恐らく4だろうと思われたのですが、自宅が4と5の可能性がありました。
停電になってないので確認できなかったのです。
(東電に直接聞けばわかったのかもしれませんがね)

昨日は、店・実家・自宅、すべて同時刻に停電となりました。
すべてグループ4です。
せめて、1か所くらい別グループだとよかったのですが、残念です。


あらかじめ停電するつもりでいましたので、特別困ったことはありません。

停電中は、店の様子を見に行った以外、自宅で過ごしたわけですが、ビルの上から見てみると、停電している地域としていない地域が明確に分かれているのが、よくわかりました。
(グループ1と4の境目です)

1103182.jpg


停電すると、自宅は水道が止まります。
息子を早めにお風呂に入れて、お湯を残しておいたので、水洗トイレのタンクに貯めた水でウンチを流すには、せめてどれくらいの水が必要かを調べてみました。

ウンチの量・形状・硬度によっては、4リットルだとかなり残ると思われます。
せめて6リットルくらい使えると、あとの人もそれなりに気持ち良く用が足せるかと。
非常時には、全くの理想論になってしまいますけれど。


急に真っ暗になることで、息子がどういう反応を示すか気にしておりましたが、

回すと光るコマや、

1103181.jpg


叩くと音と光を発するおもちゃなどもあり、室内をグルグル歩き回っていました。

EOS_0553.jpg


また、懐中電灯を利用して、壁面や天井で影絵遊びをしたら、異常に興奮しておりました。


懐中電灯は、ハンドルを回して充電するタイプを使用。
ラジオにもなりますが、懐中電灯を点灯中は、ラジオは聞けません。

EOS_0557.jpg


キッチンに当初は和ロウソクを設置。

EOS_0549.jpg


芯が太いため、普通のロウソクよりも明るさが得られますが、燃焼時間が長くはなく、お土産屋さんで買ったもののため一本が結構高いので、途中で消火しました。
(長くなった芯は切ったほうがベターです)

EOS_0562.jpg


和ロウソクの替わりに、アメリカでお世話になったWorleyご夫妻からいただいたキャンドルセットに点灯。
これも結構明るかったです。

EOS_0558.jpg

当初、22時までの予定でしたが21時ちょっと過ぎに復旧しました。


そして、今日は15時20分から停電でした。

EOS_0563.jpg


1グループに属する座間市民のお客様は、よもや当店が停電しているとは思わず、普通に来店されるのですが、先日想定してみたとおり、ランタン(電池式)の下で型直しをするくらいしかできません。

EOS_0573.jpg


眼鏡購入ご希望のお客様には、明日の停電予定時間外にお越しいただくようにお願いをしました。

結局、約3時間ほどの停電中は、掃除の時間となりました。

当店の光源は、ハンドル充電式の懐中電灯をはじめ、

EOS_0575.jpg


前述のランタンやら、やはりWorleyご夫妻からいただいたアロマキャンドルやら、いろいろです。

EOS_0574.jpg



もうじき復旧と思われるころ、奥で昼寝していた息子も起き出し、昨日同様はしゃぎまわっておりました。

EOS_0576.jpg


みんなが少しずつでも不便さを分かち合い、この危機的状況を乗り越えられることを祈っています。


なお、停電時間が18時20分から始まる場合は、当店は停電時間を以ってシャッターを降ろすかもしれません。
仕事にならないのはもちろん、防犯上の理由もあります。

木刀1本だけでは、太刀打ちできないでしょう。

1103183.jpg

あらかじめ、ご了承くださいませ。
  1. 2011/03/18(金) 23:44:13|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お墓参り


ガソリンがないので群馬までは行けません。町田の母がたのお墓だけお参りしました。
  1. 2011/03/17(木) 12:50:57|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

21項目検査 #19

今週の21項目検査は、#19(調節近点・調節力の測定)です。

#19Aが調節近点
#19Bが調節力
と一応分けられています。

調節近点は、眼前にセットした視標を

IMG_5629.jpg

徐々に近づけていくことで測定します。

IMG_5630.jpg


調節力は、視標の位置を眼前33cmに固定し、視標がボケて見えなくなるまでマイナスレンズを1段階ずつ増やしていく(遠視の場合は凸レンズを減らしていくことになります)ことで測定します。



厳密には、どちとらも片眼・両眼ともに行なうべしとされてはおります。

細かく言えば、どちらの測定にもデメリットというか、測定精度を低下させる要因が介在するのですが、年齢に比して明らかに調節近点が遠かったり、調節力が弱かったりということがないかどうかということは、確認可能です。
  1. 2011/03/16(水) 23:00:17|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

停電になったら

ただいま当店は、お客様のいない時には、店内の電灯を可能な限り消灯しています。

1103151.jpg

節電中

IMG_5615.jpg


お客様がいらしたときには、すべての照明を点灯しますが(画像では明るさの違いが分かりませんが)、昨日の記事にしたように、半分近くのハロゲン球を外していますのでふだんよりは幾らか暗くなります。

IMG_5618.jpg

ご了承くださいませ。


さて、今日は座間市相武台一丁目で計画停電がありましたのですが、なぜか当店は停電になりませんでした。
この地域は、相模原市南区相武台との境目にあたりますので、当店は相模原市南区相武台一丁目と一蓮托生になるものと思われます。
(南区相武台のほうは計画停電が行なわれませんでしたので、実際はわかりません)


そんなわけで、状況次第で停電になることはあり得るわけですが、実際に停電になった場合、眼鏡店としてどんな仕事ができるのかを考えてみましょう。

もちろん、昼間(外が明るいとき)限定ではありますが、まず視力検査はどうかといいますと。。。

当店は出入り口以外に窓がなく、奥行きのある作りになっていますので、停電になってしまうと検査室は大変暗くなります。

ですから、入口に近いところ、もしくは外に、紙の視力表を貼って対応することになります。

IMG_5608.jpg


度数の測定は、レチノスコープ(電池式)がありますので何とかなります。

1103142.jpg


レチノスコープを使う際にはフォロプターがあったほうが具合がよいですが、当店のフォロプターは手動式で電源を必要としませんので大丈夫です。

IMG_5613.jpg

ただし、私の場合、レチノスコープでは乱視の精度や、左右調節バランスを取るのに一抹の不安がありますので、仮枠&テストレンズでのチェックをしたいところですが、

IMG_5610.jpg

紙の視力表を使うわけで、測定場所にちょっと困ります。
室内では明るさが足りませんし、外でやるのは大変です。

また、プリズム処方を念頭においた眼位検査も難しいです。
ですから、眼鏡処方を目的とした度数測定はお断りすると思います。


レンズ度薄の測定は、通常はオートレンズメーターを使いますが、

IMG_5620.jpg

非電動式もあるので問題はありません。


レンズの発注は、通常はパソコンですが、ADSLのルーターが使えません。
ダイヤルアップ接続では多分送信データが大きすぎて苦しいと思います。
ただし、一般的な注文は電話でもできますので基本的には問題ないのですが、玉型をトレースして凸レンズ&倒乱視のときにレンズの厚みを軽減させるオーダーはできません。
トレーサーが使えませんし、

IMG_5622.jpg

トレーサーの替わりに、玉型を紙にトレースしてもファックスが使えないからです。
ですから、この場合は停電復旧後の発注になります。


レンズをフレームに組み込むための切削加工は、電力がないと機械を動かせませんので、作業ができません。

IMG_5623.jpg


フレームの型直し・フィッティングは、懐中電灯で作業場を明るくすればできますが、先セルを温める温風機は使えませんから、先セルの調整はできません。

IMG_5619.jpg


ネジが折れてしまったときに使うドリルも機能しませんから、ネジ折れ修理も困ります。

IMG_5621.jpg


深視力の練習は、手動式深視力計の出番になりますが、室内では明るさが不十分なので、外でやることになりますね。

IMG_5609.jpg


こう考えていくと、電力に依存している作業が多いことが改めてよくわかります。
結論から言うと、かなりの作業が制限されるということです。

できることをやらせていただくしかありませんね。

ですので、特に遠方からご来店されるお客様は、計画停電が予定されている日に関しては、事前に当店にお問い合わせをいただければ幸いです。
  1. 2011/03/15(火) 23:18:17|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

節電

考えかた・感じかたは人それぞれ異なると思いますが、当ブログは通常通り更新を続けております。


昨晩、計画停電の案内があり、当店の所在地はどういうスケジュールになっているのかと調べてみると、

同一町内にふたつのグループが割り当てられておりました。

1103143.jpg
IMG_5600.jpg

丁目単位で分けるつもりだったのかもしれませんが、これ以上の詳細情報が得られなかったので、心の準備だけしておくことに。


結局、当地域は停電にはなりませんでした。
交通機関をはじめ、あらゆるところで混乱が引き起こされたのは事実です。
予定通り実施されたとしても、たくさんのトラブル・混乱が生じたことでしょう。

結果を以っていろいろ言われていますが、国内がこういう状態である以上、皆がある程度の不便を分け合うのは仕方ないと思っています。

対応の悪さ・遅さもあるかもしれませんが、現場レベルでは本当に多くの人が、少しでもスムースにことが運ぶように必死の努力をされているわけで、頭ごなしに短絡的な批判はできない、私はそう考えています。

阪神・淡路のとき、被災地域の店舗に勤務していた私は、お客様から無理難題や理不尽なクレームをつけられる立場にいましたので、サービスを提供する側のかたたちの気持ちは、ある程度は理解しているつもりでいます。


さて、当店は、商品を「魅せる」ために、たくさんのスポット照明(おもにハロゲン球)を使用しているのでありますが、幾らかでも節電に協力できればということで、営業活動を損なわない程度に電球を外しました。

IMG_5605.jpg
IMG_5602.jpg
IMG_5603.jpg
IMG_5604.jpg
IMG_5601.jpg

お役に立てれば幸いです。
  1. 2011/03/14(月) 23:03:05|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手痛いミス

ふだんの業務を、常に何のミスもなくできるかというと、決してそんなことはありません。

防げるミスもあれば、やむも得ないミスもあるわけですが、年に数回やってしまうのがこちら。


レンズを加工機で削る際、この部分でレンズを挟みまして、

IMG_5595.jpg

こんな感じで削りあがります。

IMG_5593.jpg


このとき、上の画像で言うとレンズの右側を挟んでいるのは、ゴム製の部品なのですが、

1103131.jpg

それなりの圧力をかけて押さえていないと、切削中にレンズが動いてしまうので、結果として加工中のレンズに貼る保護テープには、こんな感じの跡がついてしまいます。
(わかりやすくするために、不要レンズを5分程度挟んだ後のものです)

1103132.jpg

通常の工程であれば、テープを剥がせばレンズ自体に跡は残りません。
しかし、長時間レンズを挟んだままでいると、殊にプラスチックレンズの場合はレンズ自体にもダメージが生じます。

レンズ面に、同じような跡が残ってしまったり、見た目はなんでもなくても、コーティングの劣化が早くなることもあり得ます。
(この場合は、レンズ中央付近にドーナツ状のコート剥げが生じてくるかと。)

もちろん通常であれば、長時間レンズを挟んだまま放置することはないのですが、切削中にお客様が来られて、そのままお相手をしてしまい数十分経ってしまった、なんてことが起こるわけです。

お客様が見えたら切削を止めてレンズを外してしまえばよいのですが、状況によっては切削を止めにくい場合もありまして、そんなときは「少々お待ちください」とお断りしたうえで、区切りがつくまで作業をしてしまえばよいのだけれど。。。

お待たせしてはいけない、という意識が働くと、ついついそれが出来なくってしまうんですね。
結果として、気が付いたら数十分経っていたということになりまして、そうなると、もうそのレンズは納品できませんから、やり直しです。

新しくレンズを注文することになりますので、あるお客様をお待たせしなかったために、別のお客様(出来上がりを待っているお客様)をお待たせしてしまうことになります。
約束の日に納品ができなくなることもありますので、これでは本末転倒です。

わかってはいるのですけれどね。。。。
かなり凹むミスの一つです。

  1. 2011/03/13(日) 23:36:34|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

羽田空港

おとといの話になりますが、妻がお友達と会う約束をしたということで、羽田空港まで運転手をしてきました。

待ち合わせ場所が第2ターミナルだというので、そこで妻子を降ろし、私は国際線のターミナルで時間を潰すことにしました。

せっかくだから、第2ターミナルの駐車場に車を止めておいて、モノレールで移動すればよかったなと気付いたものの、時すでに遅し。

国際線ターミナルに到着しました。

EOS_0503.jpg
EOS_0473.jpg


出発ロビーはガランとしていましたが、お目当ての4階と5階へ行ってみると、結構人がいます。
飛行機に乗るお客さんより、見物客のほうが多いのは間違いありません。

4階は、ところどころ、和を意識した調度品があり、

EOS_0496.jpg
EOS_0489.jpg
EOS_0477.jpg
EOS_0475.jpg


お店の外観やフロアのイメージも和風です。

EOS_0474.jpg
EOS_0490.jpg

これは風呂敷屋さん。

EOS_0476.jpg


メガネ屋さんもありました。
メガネの産地、鯖江の職人さんが手がけたフレームをメインに陳列しておりました。
検眼機が超近接型だったのは、スペースの都合上仕方ないとは思いますが、日本の検眼技術を甘く見られるだけのような気もします。
フレームで「職人」をアピールするのなら、検眼にも「プロ」としてのアピールをしてほしかったです。


残念ながら、おもしろいネクタイを売っているお店はありませんでした。


5階には展望デッキがあります。

EOS_0479.jpg

アジアへの玄関口ということで、アジアの航空会社がいろいろ。

EOS_0498.jpg
EOS_0500.jpg
EOS_0501.jpg

東京スカイツリーも見えました。

1103123.jpg

デッキには金網が張り巡らされていますが、写真を撮りやすいように網目を広くしてある箇所があるのは、細かなこだわりですね。

EOS_0480.jpg


ベンチに座って飛行機を見ながら、空港内のセブンイレブンさんで買ったおにぎりとアメリカンドックでチープなランチ。
ジェットオイルの匂いが漂ってくるので、食事するにはデッキは向きません。

EOS_0497.jpg


セブンイレブンさんは出発ロビーの3階にありまして、モノレール乗り場が近いです。
モノレールを降りたら、すぐ出発ロビーというのは本当でした。

EOS_0495.jpg
EOS_0491.jpg
EOS_0492.jpg


さて、5階には展望デッキだけでなく、いろいろお店が入っています。

「クールゾーン」には、

EOS_0483.jpg


プラネタリウムのある喫茶店がありました。
入りませんでしたけれど。

EOS_0484.jpg


主に自然科学系の商品を扱っているお店もありまして。
こういうお店、大好き。

EOS_0485.jpg



息子のお土産を買いました。
回転させると模様が変わるコマ。

EOS_0522.jpg
EOS_0519.jpg


なぜか、メイド・イン・the U.S.A.

EOS_0521.jpg



「ホットゾーン」には、

EOS_0486.jpg


サーキット遊びのできるコースを併設したおもちゃ屋さんや、

EOS_0487.jpg


妻がいれば確実に足を踏み入れたであろうお店も。

EOS_0488.jpg


妻へのお土産は、箱が貯金箱になるキャンディーと、

EOS_0524.jpg


こんがり焼き。

EOS_0525.jpg
EOS_0526.jpg



そろそろ飽きてきたころ、妻からお呼びがかかり、第2ターミナルへ戻りました。

こちらは、さすがに混んでいます。

EOS_0518.jpg



展望デッキでは、国際線ターミナルよりも、離着陸がよく見えます。

飛行機の着陸する姿、私は好きです。

1103121.jpg

第2ターミナルは全日空機の天下。

EOS_0505.jpg


東京スカイツリーも、こちらのほうがよく見えました。

1103122.jpg


もう羽田空港は、遊びに行かなくていいや。



  1. 2011/03/12(土) 23:45:58|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お見舞い申し上げます

私は、阪神淡路大震災で震度7を体験しておりますしいつか必ず大地震がくると言われている関東の人間ですので、本日の地震は他人事とは思えません。

被害に遭われたかたがたに、衷心よりお見舞い申し上げます。


地震の起きたとき、私はお客様の応対中でした。

阪神・淡路のときは、いきなりドカンときましたが、今回は徐々にパワーが大きくなっていくような感じがしました。
幸い、当店は、揺れの方向に恵まれたのか、洗浄機の水がこぼれたくらいで大きな被害は出ませんでした。

地震のちょっと前に、妻が一旦自宅に戻ったのですが、揺れが始まって店に戻ってきました。
店の奥で寝ていた息子の様子が気になったようです。

私はというと、パソコンが落ちないように押さえていました。
お客様を残して、奥に引っ込むわけにもいきませんでしたし。


落ち着いてから、妻が自宅に戻りましたが、かなりグチャグチャになっていると電話が入ったので、ちょっと様子を見に行きました。
エレベーターは止まっているので、階段です。

家の中は、こんな感じでした。

IMG_5579.jpg
IMG_5580.jpg

他の部屋は、別の事情もあってお見せできませんが、結構いろんなものが落ちていましたね。
それでも、私の中では神戸のときが基準になっているので、特別どうこう言うレベルには感じませんでしたが。
この程度で済めば、よしとすべきです。


息子を連れて電車で外出中だったら、本当に困ったことになっていたと思います。
運が良かったとしか言えないですね。

まだ大きな余震があると思います。
お気を付けください。


  1. 2011/03/11(金) 23:00:16|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

羽田


妻がおともだちと会うというので空港に来ています。私は暇なので、国際線ターミナルで時間を潰します。
  1. 2011/03/10(木) 12:03:10|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

21項目検査 #18

今週の21項目検査は、#18です。

#18Aが、近見時の上下斜位の測定
#18Bが、近見時での上下寄せ運動能力の測定です。

#12A、#12Bの近見バージョンになりますので、検査距離と視表が異なる以外、基本的な手順は一緒です。
測定時の度数は#13と同じです。

私は、#13で使用している

IMG_5228.jpg

こういう視表を使っています。
  1. 2011/03/09(水) 23:04:43|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベル

どこかのお店や事務所の受付などに置いてある、こういうベル。

IMG_5554.jpg

てっぺんの突起を押すと「チ~ン」と音が出るものです。

当店にも置いてあります。

何に使うというと、深視力の練習用です。


当店の電動深視力計は、被検者から2.5m離れたところに設置するタイプですが、一人でも練習ができるように、作動スイッチにコードが付いていて、被検者の手元にまで届くようになっています。

IMG_5555.jpg

それはそれでよいのですが、「自分で動かすと簡単で練習にならない」という声を耳にしたことから、当店では深視力の練習は原則として私か妻がスイッチをいじります。

お客様は、棒が三本並んだと感じたところで、上記のベルを鳴らすわけです。

ベルが鳴る(鳴らすために指が動く)瞬間と、私たちが機械の作動を止めるまでの間には、もちろんわずかな誤差が生じますが、その誤差のために合格範囲を超えてしまうようであれば、本番の結果も不安が残ります。
逆にいえば、合格範囲に十分おさまっているのであれば、このタイムラグによる誤差は問題にはなりません。


それから、当店の機械は作動時に音が鳴るので、頭の中で「1・2・3・・・」とタイミングを測れば合格範囲に収めることは可能になります。
無論、意識しなくても、音が手がかりになってしまう可能性はあるわけです。

耳栓でもしてもらえばよいのですが、衛生上、使いまわすのはよくないですし、毎回新しい耳栓を用意するのも大変ですから、音についてはご容赦いただいています。

そのかわり、棒の前後作動距離を随時変化させることで、タイミングを測って反応しているのであれば失敗するような意地悪(?)をしています。

当店は、結構スパルタ式なのです。
  1. 2011/03/08(火) 23:46:03|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マズッ

この前コストコに行ったときに、ポテトチップスを買ってきました。

昨年暮れに買ったものと同じでは面白くないと思ったので、違う種類にすることに。

私がアメリカにいたときは、Doritos か Lays ばかり買っておりまして、コストコには Lays のお徳用(アメリカで販売されているもの)がありますから、黙ってそれにしておけばよかったのですが。。。


1つめは、こちら

IMG_5503.jpg

家に帰って、よく見てみると、砂糖とかチーズが入っているみたいで、

IMG_5504.jpg

一口めは、なんか甘いなぁ、おいしくないなぁ、という感想でした。
まぁ、せっかく買ったんだしということで、我慢して食べているうちに味覚が麻痺してきたのか、意外とイケるかも、などと思いはじめ、一週間ちょっとで完食しました。(900グラムあるので)


それで、二つめがこちら。

IMG_5549.jpg


じ・つ・は、こっちのほうがおいしそうだと思っていたので、先にハワイアンのほうを片付けたのです。

ところが、これがマズイのなんの。。。。

よく見てみると、バターやらチーズやらサワークリームやら、得意でないもののてんこもりでした。
買うときにはチェックしなかったんですよね。

IMG_5550.jpg

そりゃ、べイクドポテトって書いてあるし、多少はバター風味がするとは思っていたけれど。。。

私はギブアップでした。

妻は一応食べられると言っていましたが、食べきるのに何日かかることやら。
もったいないですが、遅かれ早かれ廃棄になると思います。


何が、great taste なんだか。
いや、ある意味、great ではあったのですが。。。。
  1. 2011/03/07(月) 23:45:21|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いちごサワー

ご近所のセブンイレブンさんに入荷した新味。

いちごサワー。

1103061.jpg
IMG_5552.jpg

いちごミルクのような味だと嫌だなぁと思っていたのですが、どことなく微妙にいちごミルクです。
ガリガリ君特有の爽快感に欠けるような気がします。

どうせイチゴ味にするのなら「赤城しぐれ」のような、かき氷にかけるイチゴシロップの味わいをメインにしてくれたほうがよかったのですが。
残念です。

それにしても、今年はまだ一度も当たりが出ません。
  1. 2011/03/06(日) 23:21:35|
  2. ガリガリ君
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

視覚発達支援トレーニングキット

大阪医科大学LDセンターの奥村智人先生の指揮で完成したトレーニングキットをご紹介します。

「視覚発達支援トレーニングキット」
共同開発:大阪医科大学LDセンター、アットスクール教育研究部
開発総指揮: 奥村智人  監修: 竹田契一・川端秀仁


「視覚発達支援ドリルシリーズ」
と同時期に発売にはなっていたものの、供給が不安定だったためにご紹介するのを遠慮しておりました。
ここにきて、供給が安定してきたそうです。


ビー玉ジグザグ

1103054.jpg


ビー玉迷路

1103052.jpg


クルクルボード

1103053.jpg


ペグボード

1103051.jpg


当店のホームページに、各キットの簡単な紹介と通販ページへのリンクをかけていますので、詳しくはこちらをご覧いただければ幸いです。
  1. 2011/03/05(土) 23:21:44|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1歳5カ月

もう完全に歩くことに味をしめたらしく、抱きかかえても「降ろせ」と催促することが多くなってきました。

ほうっておくと、トットコトットコ歩いていってしまうのですが、バックすることも覚えました。

IMG_5462.jpg
IMG_5463.jpg
IMG_5464.jpg


鍵を持たせると、どこでもいいので鍵穴を見つけて、差し込んでみようとします。

1103043.jpg

まぁ、うまく穴にささるるわけがないのですが。


食事は、やはりガツガツ食べるタイプではなさそうです。
最近は、海苔にハマっています。

IMG_5522.jpg


まだ1歳になっていない頃でしたか、このラッパを吹いてあげると

IMG_5533.jpg

毎回大泣きするので、お蔵入りとなっていたのですが、自分で探し出してきました。

試しに私が吹いてみたら、結構喜んでいました。

IMG_5532.jpg

ただ、しつこく何回も吹いていたら、だんだん不安げな表情に。
昔を思い出したのかもしれません。


やられては困ることは「ダメ」と教えないと、結局私たちが困ることになると思うのですが、妻は好き勝手にやらせていることが多く、目覚まし時計をグルグル回して遊ぶため、

IMG_5543.jpg

傷だらけになり、見にくくなってしまいました。

IMG_5544.jpg


「まいった、まいった」と言うと頭を叩く芸と、

1103042.jpg

「アイ~ン」はと言うと、こんな仕草と表情をする芸とを新たに身につけました。

1103041.jpg

「指圧の心は 母ごころ」ではありませんので、念のため。
  1. 2011/03/04(金) 23:12:31|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手づかみ


食べているんだか、遊んでいるんだか。。。
  1. 2011/03/03(木) 20:06:09|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad