キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

21項目検査 #1

ということで、21項目検査の簡単な紹介を始めていきたいと思います。

21項目検査には、検査内容ごとに番号が付いており、通常は検査名のかわりにその番号で各検査を表します。
カルテにも、検査名でなく番号のみが書かれていることが多いです。

本日は一番最初の検査、#1について。
この検査は、直像鏡を用いての前眼部・透光体・眼底の検査です。

先週の概説で、21項目検査を完璧に実施している眼鏡店はほとんどないと思う旨の私見を述べましたが、その最も大きな理由がこの#1です。
つまり、#1を実施している眼鏡店は極めて少ないだろうということです。

この検査には直像鏡が必要ですし、眼底を眼鏡店の人間がチェックするという行為が適切か否か(眼鏡店で行なってもよいのか)という問題もあるわけです。
(ここでは政治的な論争は避けたいので、私がどう考えているかは封印します。)


直像鏡というのは、こんなものです。

1011301.jpg

これを使って、角膜や虹彩・水晶体などのチェックと、眼底観察を行ないます。

眼科医がよく使っているのは、倒像鏡だと思います。
倒像鏡は、比較的広い範囲が見渡せますが、実物が上下反転した像を見ることになります。

倒像鏡で右眼を見ると、こんな感じのはず。(『現代の眼科学』より)

1011302.jpg


一方、直像鏡は像の反転はありませんので、実物の通りに見えるのですが、一度に見える範囲が狭いです。
私の持っている直像鏡だと、右眼はこんな感じの見えかたになります。
全体を観察するのは、血管をたどったりして、結構大変です。

1011303.jpg


アメリカのオプトメトリストも、私が見てきた限りでは、倒像鏡を使っての眼底検査をしているので、#1は省略してしまうことが多いようです。

ちなみに、当店でもこの検査はやりません。
私はドクター・オブ・オプトメトリーの学位は持っていませんから、仮に眼底を見たところで眼疾患を正確に判断(診断ではない)できるだけの知識はありませんので、お客様にまぶしい思いと不安な思いをさせるだけです。
屈折検査の過程や、聞き取った情報の中から、何か気になる点があれば、医師の診察を受けていただくようにおすすめします。
  1. 2010/11/30(火) 23:53:19|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ありゃりゃ?

私が、店や家で飲んでいる「お茶系飲料」は原則として「爽健美茶」です。

IMG_5025.jpg

店においてある1リットルボトルが空になったので、近所のセブンイレブンさんに買いに行きました。

そこのお店の棚割では、「おーいお茶」の左にいつも並んでいるので、いつものように「おーいお茶」の左に並んでいるボトルを取って会計を済ませました。

店に戻り、さっそく飲もうと思って袋から取り出すと、

IMG_5026.jpg

ありゃりゃ?

「おーいお茶」のフェイスが2列に拡大されたのか、いやそんなことはないだろう、などと思いつつ、後ほど見に行ってみると、ちゃんと「おーいお茶」の隣には「爽健美茶」が並んでいました。

ゆえに、
・元から間違えて「おーいお茶」を取っていた
・他のかたが「おーいお茶」を買おうとしたものの気が変わり、「爽健美茶」の列に押し戻してしまった
・補充する人が間違えた
のいずれかなのでしょう。

何にせよ、会計のときもボケーっと考え事をしていたために、最後まで気がつかなかった自分が情けない。
間違えて買ってしまった「おーいお茶」は、返品交換せずに飲みましたがね。

  1. 2010/11/29(月) 22:52:32|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中学生のときの成績

私は小学校からの通知表はもちろん、中学と高校で受けた定期テストもきちんと保管しています。

中学生のときの定期テストと通知表に関しては、ご丁寧にも各学年ごと、各定期テストごと、各学期ごとなどといった感じで平均点を出したり、点数を細かく表やグラフにまとめていました。

これは、中学3年のときの学期ごとの点数をグラフにしたもの。
(1学期の中間テストの結果を2科目プロットしていないようですが)

IMG_4658.jpg

こんなふうなものが、方眼紙数枚にまとめられているわけで。
当時から結構、ヒマだったというかマメだったのね。

なお、高校の定期テストは真剣に取り組んだ記憶がほとんどなく(当初から大学は推薦ではなく受験で入るつもりでしたから)、思い入れも薄かったようで、こういう手の込んだことはしていません。

中学生の私は、特別勉強ができたわけでもなく、通知表の評点平均でいえば10段階評価で7~8くらいの生徒でした。
定期テストの直前しか勉強しませんでしたし、良い点が取れるような、効率的な勉強をしていなかったように思います。
的を外した勉強をしていたということです。
あと、プラスとマイナスを書き間違えるとか、「適切なものを下記から選び記号で答えなさい」という問いに対して、記号でなく語句をそのまま書いたりといったケアレスミスが多く、下馬評(?)ほど点が取れないといった側面もありました。


中学3年の2学期というのは、高校受験の際に重要視される内申点の比重が最も高い学期で、みんなが頑張るから成績(通知表の評点)を上げるのは難しいと言われていました。
が、私はそこで軒並み評点が上がり、3年間を通じて一番評点平均が高かったのが、内申点には何の影響もありゃしない3年の3学期というありさまで。
だったら、最初からちゃんとやっとけよ、という話です。


定期テストの点が一番安定してよかったのは社会(地理・歴史・公民)。
にもかかわらず、唯一の100点を取ったのが、3年3学期の理科でした。

証拠画像

IMG_4659.jpg

一方、通知表の評点が安定して悪かったのが美術。
主要5科目以外の、保健体育・技術家庭・音楽・美術に関しては、実技と定期テストの両方を考慮して通知表の評点が決まるものですが、定期テストで稼いだ分を使い果たしてマイナスになるくらい、実技(特に絵画)がどうしようもなかったのです。

2年生のとき、自画像を描くという課題があったのですが、私の絵を見た教諭に一言「何でメガネのフレームの色がグレーなんだ!!」と怒鳴られました。
当時の私はグレー系のフレームを掛けていたので、その通りに色を付けたつもりだったのですが、教諭の頭の中にはフレームの色というのは「ゴールド・シルバー・ブラック」くらいのバリエーションしかなかったのかもしれません。
あれだけは、いまだに納得がいかないのです。

美術ほどではないにせよ、音楽もイマイチでしたね。
この2科目が評点平均を大きく下げるのに貢献したのは事実なわけで、芸術性のかけらもない生徒だったということは疑う余地のないところであります。

ちなみに、通知表で10を取った唯一の科目は、保健体育でした。


将来、息子がこれらの資料を見たときに、どんな反応をするのかが楽しみです。
  1. 2010/11/28(日) 22:55:51|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

発掘

先日行ったコストコでは、アメリカで販売されている絵本やDVDなども、少しですが置いてあります。

そこで、視覚認知系のトレーニングに使えそうな教材を見つけたので買ってみました。

基本的には、ぶ厚い「迷路」の本です。

IMG_5019.jpg

といっても、迷路自体は特にどうということはありません。
もっとも、絵柄は遊び心が豊富です。
さすがアメリカ。

IMG_5023.jpg

大半のページは、こういった感じの迷路なのですが、別の課題がちょっとだけあって、それが気に入りました。

各マス目に数字が書かれていて、その数字に該当する色を塗っていくもの。
(2はグリーン、6はレッドといった感じにページ上部に指定が記載されています。)

IMG_5020.jpg


「点つなぎ」なのですが、一般的なものと違って、結んでいく点に数字が順番に振られていません。
最初に下段の計算問題を解いて、その答えとなる数字に該当する点を順番に結んでいきます。
問1の答えが80なら、スタートが80になります。問2の答えが70であれば、80の次は70の点をつなぐわけです。
計算ができないと、どうしようもないですが。

IMG_5022.jpg


それから内容はまだ見ていないのですが、付録にDVDが付いているのもよかったです。
役に立つ教材が入っているとよいのですが。

IMG_5024.jpg



当店では、安定した面談時間の確保が困難なため、視覚認知のトレーニングは現在休止中ですが、いつでも再開できるように新しい教材の発掘を随時いたしております。
  1. 2010/11/27(土) 23:21:01|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

多摩センター

昨日は、懲りずにというか飽きずにというか、ピューロランドに行くことになっていました。
妻が1名無料の入場券を入手したのと併せて、事前に割引のパスポートも購入しましたので。

パレードが14時からでしたので、それに間に合うように出発する予定でしたが、出かける間際に息子がウンチをしてしまい、結局ピューロランドの受付ゲートに着いた時には、既にパレードが始まってしまっていました。

それで、妻がパスポートを受付に出したところ「このパスポートの有効期限は12月1日からですが」と言われたらしい。
確かに、パスポートにもそのように書いてあります。

そんなことは当然、事前に確認すべきだと思うのですが、その辺の詰めの甘さが妻らしいというか何というか。。。
あきれて物が言えません。

とにかく、今からどうするのかということを考えないといけないのですが、

・パレードは既に始まってしまっている
・今からわざわざ入場券を買うのは、私個人としてはコストパフォーマンスが低すぎる

IMG_5002.jpg

・ピューロランドの地下駐車場に1,000円払って駐車しているので、このまま帰るのはバカバカしい
・ちなみに来月の木曜はすべて休館
・しかも妻の無料入場券の有効期限は今月中

と、なんだか八方ふさがりの状況でありまして、結局無料入場券を生かして、妻と息子のみが中に入ることになりました。

私は適当に時間をつぶすことになりまして、お隣の温泉にでも行こうかと思ったのですが、

IMG_5000.jpg

久しぶりなので多摩センターをぶらつくことにしました。

ヨーカドーの本屋さんで結構過ごしてから、パルテノン多摩の階段を登ってみました。

IMG_4994.jpg
IMG_4996.jpg

この階段を登るのは、大学生のとき以来。
サークルの先輩がバンドをやっていて、そのコンサートを見に来てくれと哀願されたときと、応援演説にかけつける某有名議員見たさに自分の選挙区とは全然関係のない都議会議員の立会演説会に行ったときです。


そのあとは、多摩センター駅のほうに足を運んでみました。

モノレール
IMG_4997.jpg

中大生だった頃、自分たちが入りやすい多摩センターの飲み屋と言ったら、「村さ来」か「養老の滝」か「居酒屋 雪」くらいしかなかったのですが、今はよりどりみどりのようです。
20年近く経てば変わりますわな。

16時半から駅前のデッキでイルミネーションが点灯するということで、それに合わせて妻も退場してまいりました。

イルミネーションは昔とあんまり変わっていないような気もしましたが。

IMG_5014.jpg
IMG_5011.jpg
IMG_5008.jpg


ピューロランドを後にして

IMG_5016.jpg
IMG_5017.jpg


次はコストコに行きました。
コストコに行くということは、夕食はピザになります。

IMG_5018.jpg

45センチくらいで焼きあがったものが1,500円です。
ダイエー時代なら食べられたと思いますが、今では妻と二人でも半分あれば十分なので、半分は実家へのお土産です。

  1. 2010/11/26(金) 23:53:13|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またまたピューロランド


お一人様無料チケットを入手したらしく、息子を連れて突入していきました。私は、適当に時間を潰しております。
  1. 2010/11/25(木) 15:53:20|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

21項目検査 概説

メガネ店のホームページやブログなどで「米国式21項目検査」という単語を目にされたかたもいるかと思います。
「何それ?」というのが、率直な感想でしょう。

「米国式」とうたわれている通りアメリカが発祥ですが、アメリカ以外の国でも取り入れられているのが現状です。


この検査を行なうことで、眼の健康状態や屈折異常、両眼視機能の細かいデータが得られます。
そして、このデータをもとに体系化された分析、あるいは非体系化分析をすることで、両眼視機能の傾向がはじき出され、眼鏡処方の目安にしたり、ビジョントレーニングの方向性を打ち出すことが可能になります。

しかしながら、実際のところ、「現在の」アメリカのクリニックで、この検査を積極的に取り入れているところは決して多くはありません。

現在のオプトメリーは、眼科領域にかなり足を踏み入れてしまっているために、オプトメトリー学部の講義も眼疾患がらみのものが非常に多いですし、両眼視に重きを置いたこの検査法を学ばない学校もあると聞いた気がします。
私のいたパシフィック大学では、一通りの講義はありましたが、眼疾患に関する講義に押され気味だったのは事実です。

臨床においても、21項目の検査を一通り行なうには、それなりの時間がかかりますので、限られた時間内で効率よく、そして眼疾患の見落としのない診療(これがとにかく大事なのです)をするためには、どうしても軽視されがちな感は否めません。

Behavioral Optometryを標榜しているクリニックであれば、実施率は高いと思いますが、すべてのPatientに対して実施するクリニックと、必要な人に必要な検査を行なうクリニックとが混在しているのが現状です。


下の画像は、パシフィック大学内のクリニックで使用されていたカルテです。

私が診察を受けたときのものですが、表面が予備検査および21項目検査に関する部分(我が国の眼鏡店の検査とかぶる部分)、裏面が眼科的な部分です。
現在は、この裏面の部分に極めて高いウエィトが置かれているわけです。

表面
10112411.jpg

裏面
10112421.jpg



では我が国の眼鏡店で、21項目を「完璧に」実施しているところがあるかというと、これは限りなくゼロに近いと思われます。
まず、21項目検査を習得しているか否かという点で、ふるいにかけられるわけですが、習得はしていたとしても検査項目によっては
・眼鏡店が実施することに是非があるもの
・専門器具がないとできないもの
がありますし、必ずしもすべての項目を実施しなければデータ分析ができないというわけでもないからです。
(もちろん、多くのデータがあるに越したことはないのですが)

ですから、21項目検査を習得しているお店でも、「基本的には、これとこれとこの検査は行なう」という「検査のひな型を持つ」スタイルと、「お客様に応じて必要な項目を取捨選択して行なう」というスタイルとに大別されるかと思います。
私は、お客様の負担軽減と時間短縮(他にも時間を要する作業がいろいろありますので)の観点から、後者のスタイルを取っています。


さて、能書きが長くなりましたが、当ブログでは週1のペースで、21項目検査の各項目について一般のかた向けの紹介をしていこうかと考えています。
なお、あくまでも表面的な話しかするつもりはありませんので、具体的な検査手順についてはスルーします。

具体的な話を希望するかたには申し訳ないですが、これは、これまでも何度となく申し上げている通りです。
以下に紹介するような参考文献を購入するなり、通信教育を受けるなりして、自ら学んでいただければ幸いです。

『視機能検査 テスト手順マニュアル』 アービン津本O.D.,関真司O.D.著 興隆出版社

IMG_4979.jpg


『米国式21項目検査入門』 津田節哉O.D.著 近代光学出版社

IMG_4980.jpg



  1. 2010/11/24(水) 23:35:29|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実は危険がいっぱい

今のところ、私は息子にほとんどおもちゃを買い与えていません。
別に意地悪をしているわけではなく、我々が与えるものよりも、身の回りにあるものに興味を持ち、それをいじっているほうが楽しそうですし、そういうほうが知的好奇心・探究心を満足させるのではないかと思います。

当店も息子の興味をひくものがいっぱいあり、遊び道具には事欠きません。
トレーニング用の小道具も大量にあるので、おそらく小学生になっても楽しめるものは多いと思います。

お客様がいないとき、息子を店内に放牧しているわけですが、決して店内は安全なわけではありません。

特に、加工場エリアは不可侵です。
ハイハイのレベルでも容易に手が届く位置に、危険なものがいっぱいあるからです。


思わずポチッとボタンを押した途端に高速回転するパフモーター

IMG_4983.jpg


「何が入っているのかな」と扉をあければ、ラッカー薄め液やエタノール、アセトンなどが出てきます。

IMG_4982.jpg

他にも、貴金属に光沢を出す液体やら殺虫剤やらも、手の届く範囲にあります。


それから、ボタン電池。

IMG_4981.jpg

時計や補聴器の電池を交換すれば、必ず廃棄物として出てきます。
通常は、専用の回収ボックスに入れるのですが、慌ただしいときなどに、ついつい忘れてしまい、何かの拍子に床に落ちることは十分に考えられるのです。

今はまだ、息子は私たちの監視下に十分置いておけますが、もう少し大きくなってから、このあたりをどのように管理していくか(躾けていくか)が課題です。


  1. 2010/11/23(火) 23:12:38|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それでいいのか?

家のガス給湯器のスイッチ、というかリモコンが誤作動するようになりました。
最初はお湯が出るのですが、そのうちエラーメッセージのようなものが点滅して、お湯が出なくなります。

メーカーの相談室に聞いたところ、リモコンの基盤関係に不具合がありそうとのこと。
大家さんに連絡をし、リモコンを替えていただきました。

が、改善しません。
同じ症状が出ます。

結局、これはリモコンが悪いのではないということになり、メーカーさんが来られて、給湯器そのものを交換することになりました。

まぁ、それはそれでよいのですが、聞き捨てならない一言があったようで。
妻いわく、その担当者さんが「この給湯器は製造段階で不具合があった」と、のたもうたとか。

もし自己回収なりリコールなりに該当していたのなら、これまでにそれなりの連絡が入るはずですが、それはありませんでしたし、重大な欠陥であれば相談室に電話した時点で何らかの反応があったでしょう。
なので、大した欠陥ではなかったのかもしれませんが、何といってもガス給湯器です。

私がその場にいれば厳しく追及したのですが、あいにく店におりましたので、細かい顛末はわかりません。
ただ、詳しい説明はなかったようで、釈然としない感が残ります。

これ、その給湯器。
(武士の情けで、メーカー名はぼかしました)

IMG_4971.jpg
  1. 2010/11/22(月) 23:27:39|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フォローグラス

近視系のかたで、遠く用の度数では手元が見にくいけれど、メガネを外せば手元は見えるという場合、跳ね上げフレームが便利な場合も多いのですが、

・値段が高い

という致命的な理由で、販売に至らないことも少なくありません。


遠視系のかたの場合、遠く用の度数では手元を見るのに不十分であれば、遠近両用鏡なり老眼鏡なりが必要になりますが、わざわざ新しいメガネを作るほどでもないという場合もあるでしょう。


今使っているメガネを生かしつつ、簡単に手元が見えるようにできれば、というときにご紹介するのがこちらです。

お使いのメガネの上から、クリップ式に挟みこむことで、老眼鏡になります。

maekakesample.jpg
maekake.jpg


ただ、これだとレンズ全体を老眼鏡の部分が覆ってしまいますので、もう少しレンズが小さめのタイプもあります。
(画像下側)

follow.jpg

レンズが小さければ、簡易的なバイフォーカルメガネになります。
これらのクリップタイプのメリットは、一々取り外す代わりにレンズ部分の跳ね上げができるということです。
そのかわり、お値段がやや高めになります(種類により5,000円前後)。

5,000円出したらメガネが1~2本作れてしまうお店もあるご時世、「別に跳ね上げなんかできなくていいから、もっと安くならないのか」という場合にご紹介するのがこちら。

10112111.jpg

クリップ風に挟みこむのは同じですが、跳ね上げはできません。
こちらですと、2,000円ほどでお求めいただけます。


いずれのタイプも、ご自身の使っているメガネを土台にするわけですから、左右眼の度数に大きな差があったり、それなりの乱視があったりするかたであれば、既製の老眼鏡で見るよりかはハッキリさは出るかと思います。
  1. 2010/11/21(日) 23:10:06|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1ヵ月半ぶり

全国の「ガリガリ君ネタ ウォッチャー」の皆様、お待たせしました。

「オレンジ」を食べ続けて4週間、ようやく当たりました。

IMG_4944.jpg

今年9本目のあたりです。
どうやら、「月1本の当たり」は本年達成できそうにありませんが、せめて10本には到達したいものです。
  1. 2010/11/20(土) 23:25:01|
  2. ガリガリ君
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

突発

これまで、鼻水が出る程度の体調不良はあったものの、おしなべて健康だった我が息子。
先週、ついに突発性発疹に罹りました。

9日(先週の火曜日)
珍しく泣きながら起床をし、いつもどおりのご出勤をしたものの、真っ赤な顔をして昼寝をしていたとの父の弁を受けて検温。
38度を超えていたため、かかりつけのドクターの診察を受けに行きました。

結果、「突発性発疹の疑い」ということで、薬も出ず、様子をみましょう(翌日の再診)ということになったそうで。
幾つか検査法もありますが、多くの場合、熱が下がった時の発疹が出るまで、診断が出せないわけです。

特別ぐったりしているわけでもなく、下痢や嘔吐もなく、私自身も「多分、突発だろうな。ついに罹ったか。」と思っていたので、ドクターの判断には納得。
様子を見ることにしました。


10日
午前中は37度台。
再診では、依然として「突発」の疑いは残るものの、喉の赤みが出てきたとのことで、抗生剤のシロップが処方されました。

午後、熱が39度を超えたため、再度診察を受け、妻の希望で解熱剤(座薬)を処方してもらいました。

私が帰宅したときは、かなりしんどそうな様子で、笑うどころか終始ぐずりっぱなしで、寝ても一時間経たずに起きては泣く、の繰り返しでした。
呼吸も荒く、よだれを垂らすことが多かったので、喉が痛かったのかもしれません。
脱水症状が心配でしたが、ミルクだけはそれなりの量を飲んでいました。

体温を測るのを嫌がったため難儀しましたが、39度代で安定。
「熱が出ているときは、ウイルスと格闘しているときだから、解熱剤で無理に下げるのはよくない」という説に私は同調していることもあり、安易な解熱剤の投与はしたくありませんでした。
ただ、氷枕はもちろん、リンパ節周囲への冷罨法も嫌がったため、40度を超えたら投与しようと決めました。

結局、40度を超えることはありませんでしたが。


11日
店の定休日でした。
相変わらず、グズリまりくりですが、一旦泣き始めると泣きやみません。
かなり激しく泣きます。
ミルクしか飲まないため、ウンチはやや柔らかめで、嘔吐はなし。

私は一応、中耳炎・その他の疾患の可能性も視野に入れたほうがよいと考え、ドクターに診てもらうことにしました。
(当店は補聴器の取り扱いがあるため、鼓膜を見る道具はありますが、こんなときには何の役にも立ちませんん。)
かかりつけのドクターは休診なので、ちょっと離れた小児科へ。

結果、中耳炎にはなっておらず、このまま様子をみる形でよいのでは、ということでした。

実は、この小児科の電話予約をし始めた途端に、息子のグズリが治まり、予約時間までの間は家で結構いたずらしたりするようになっていました。
単に甘えていただけで、医者に行きたくないから慌てて泣きやんだのかと勘繰りましたね、はい。


12日
37度台をキープ。
発疹が出てきた模様。
顔はそれほどでもないが、体幹は結構出ているとのこと(帰宅時は寝ていたので確認できませんでした)。


13日
ドクターの診察の結果、突発性発疹と確定されました。
37度台前半の微熱は続いていますが、だいぶ元気になってきました。

ちなみに、発疹というのはこんな感じです。

全身写真はちょっとグロテスクなので、一部だけ。
1011191.jpg


発疹は、14日には綺麗になくなりました。
15日からは、いつもどおりのご出勤です。

今回、息子には悪いですが、私は心配はもちろんしたものの、かなり冷静でした。
「多分、突発」という意識が常にあったためでしょう。
激しい下痢や嘔吐があったら、かなり焦ったと思いますが。

「男の子は、すぐに熱を出すわよ」といろいろなかたに言われつつ、これまで何もなかったわけですが、これからいよいよ、熱出しまくりになるのでしょうか?

健康が一番ですね。

※約1週間、妻(母)にベッタリだった息子は、すっかり甘え癖がつきました。


  1. 2010/11/19(金) 23:08:04|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちらかし放題

職場体験

私の卒業した地元の中学校で「職場体験」というのがあるそうで、本日1人の生徒さんがお見えになりました。
(私が通っていた時は、そんな企画はありませんでした。)

当店は極めて専門性の高い職場ですし、高額品(特に宝飾品)を扱っていることもあり、基本的にこのような依頼をお引き受けすることには消極的です。

今回は、当店お得意様のお子様で、私どももよく知っている生徒さんなので、お引き受けさせていただきました。

といっても、体験できるような面白いことはなく、値札をタイプライターで打ってもらったり、ホームページの更新をやってもらったり(横で逐一指示を出すわけですが)、指示に従って加工機のボタンを押してもらったり、といった簡単な作業と、あとはお掃除です。

カラーレンズのサンプルを拭いてもらっているところ

IMG_4926.jpg

今日は一日雨模様だったこともあり、お客様の来店が少ない一日でした。
そのかわり、メーカーさんの来店があったりして、十分に応対して差し上げることはできませんでしたが、何かを感じていただければ幸いです。
  1. 2010/11/17(水) 23:10:06|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャンペーン

近所の、いや、近所にかかわらずセブンイレブンさんでやられているキャンペーン。

IMG_4920.jpg

700円以上の購入でクジを一枚引かせてくれます。

レジの人を気の毒だなぁと思うのは、レジがどんなに込んでいても、700円以上の購入であれば必ずクジの入った箱を取り出して「一枚引いてください」と言わねばならないこと。
そんな暇があったら、並んでいるお客様をどんどんさばきたいことでしょう。


そのクジで引き当てるのは、たいていは、こういう応募券なのですが、

IMG_4923.jpg


自分の後ろにレジ待ちの人が並んでいるときに限って、無料引換券が当たったりします。

IMG_4924.jpg

その場で引き換えることもできますが、そうするとレジの人は売り場へ出て当該の商品を探してこなければなりません。
後ろで並んでいる人たちの「チッ、さっさとしろよ」という冷たい視線にレジの人をさらすのは大変申し訳ないので、私は後日改めて引き換えるようにしています。

で、そのまま引き換えるのを忘れて、引き換え期日が過ぎるのです。
  1. 2010/11/16(火) 23:38:15|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペーパークラフト

このようなものを、お客様からいただきました。

1011152.jpg

脇についているつまみを回転させると、

IMG_4747.jpg

向かい合っているお人形近づいていきまして、

1011151.jpg

チュッ、となります。

1011153.jpg

箱をひっくり返すと、こんな仕組みになっているのですが、

IMG_4750.jpg
IMG_4749.jpg

これらがすべて、紙でできています。

お人形の眼や鼻こそプリントされてはおりますが、顔の輪郭や髪などは微妙に折り込んでいくことで立体感を出しています。

IMG_4748.jpg

こちらのページから、型紙をダウンロードして作られたそうですが、紙の厚みや折りかた一つで人形の動きがうまくいかなくなり、苦心されたとのこと。
キャノン クリエイティブパーク

手の込んだ品を、どうもありがとうございました。
  1. 2010/11/15(月) 23:15:02|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Eye simulation

私たちの眼は、片眼6本ずつ、左右で12本の筋肉(外眼筋)によってコントロールされています。

その6本とは、下記の通り。

上直筋(Superior rectus muscle)
下直筋(Inferior rectus muscle)
内側直筋(Medial rectus muscle)
外側直筋(Lateral rectus muscle)
上斜筋(Superior oblique muscle)
下斜筋(Inferior oblique muscle)

各筋肉には、それぞれ主作用と副次的作用とがあり(内側直筋と外側直筋は主作用のみ)、それを立体的にイメージするのは、簡単なようで結構ややこしかったりします。
たとえば、右斜め上を見ているとき、どの筋肉がどのように作用しているのか、私は即答できません。

また、これらの筋肉は、脳神経の支配を受けて働きます。

各脳神経と支配される外眼筋の関係は、下記の通り。

第3脳神経(動眼神経)・・・上直筋・下直筋・内側直筋・下斜筋
第4脳神経(滑車神経)・・・上斜筋
第6脳神経(外転神経)・・・外側直筋

で、こういうややこしい話はおいておいて、具体的に、どの筋肉が麻痺したら、どの脳神経が麻痺したら、眼球の動きがどのように阻害されるのかということを、シミュレーションできるソフトがあります。

留学中に紹介されたものですが、こちらです。
http://cim.ucdavis.edu/Eyes/Version1/eyesim.htm


こんな画面がて出てきて、画面上にカーソルを動かすと、カーソルに対して両眼が動くのです。
(黄色い丸で囲ったところにカーソルがあります。)

IMG_4876.jpg
IMG_4877.jpg


たとえば、右眼の外側直筋が麻痺している場合の動きを知りたいのなら、

外側直筋のチェックを外せば、
1011142.jpg

右方視したときに、右眼が外転(外方向に動かない)のがわかります。
IMG_4880.jpg


同様に、左眼を支配する第3脳神経麻痺の状態を知りたいのなら、

左眼の第3脳神経のチェックを外せば、
1011141.jpg

各方向での運動障害がシミュレートされるというわけです。
IMG_4881.jpg


もちろん、実際の人間の外眼筋に障害が起こった場合は、こんなもので単純にシミュレートされるものではなく、もっとイレギュラーな動きをすることが多いものですが、あくまでも基本を押さえるという点では有効活用ができるかと思います。
  1. 2010/11/14(日) 22:56:33|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マンガ新日本史

サンリオキャラクターには詳しい妻ですが、日々のニュースやお客様との何気ない会話で出てくる、中学生の教科書レベルの一般常識(たとえば、地理や日本史)には疎いようで、それを指摘すると「私は高校受験をしていないから仕方ない」と逃げを打ちます。
高校は推薦入学だからということなのですが、成績が悪ければ推薦は取れないと思うのだけれど。。。

そんな妻が、「これを読んで日本史を勉強する」と言い出して、みずから購入したのが、マンガ日本史。

IMG_4893.jpg

これは去年刊行されていたシリーズなのですが、創刊号の卑弥呼と、次の聖徳太子まで買ったところで出産したのか、出産後に刊行されたのかどうだったのか忘れましたけれど、あとが続きませんでした。
毎号買って、子育ての合間に読むとか言ってたような気もしますけど、まぁどうでもいいや。

それで、このシリーズに取り上げられていた人物というのは、

IMG_4894.jpg

見えにくいと思いますが、名の通った人たちがほとんどです。


この第二弾として、先月より新シリーズが刊行されておりまして、新聞チラシが入っていました。
我が家は産経新聞を購読していますが、朝日新聞の代理店が担当しているので、朝日新聞社がらみのチラシは入ってくるのです。

取り上げられる人物のラインナップ、創刊号のヤマトタケルはともかく、

IMG_4890.jpg

やはり名の通った人たちにスポットライトが当たってはいるものの、ややシブめの人選となっているかと。
(上杉謙信あたりは、前シリーズで扱われてもよかったと思います。)

1011132.jpg

額田王(ぬかたのおおきみ)なんて、凄いキャッチフレーズがついていますが、

1011131.jpg

万葉集を知らないと、あまりピンとこないかもしれませんね。

熟田津に 船乗りせむと 月待てば 潮もかなひぬ いまは漕ぎ出でな
あかねさす 紫野行き 標野行き 野守りは見ずや 君が袖振る

この二首しか私は知りません。
  1. 2010/11/13(土) 23:35:57|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

縁なしフレーム

縁なしフレームの加工中です。

1011123.jpg

縁なしフレームの加工は、できるだけ手を止めたくないので、お客様のご来店の少ない夕方過ぎや、閉店後の作業になることが多いです。

現在加工中のものは、耳側・鼻側に一か所ずつ穴を開ける、最もスタンダードなものですし、当店で以前納品したもののレンズ交換(同一レンズ・同度数)なので、比較的作業がしやすいです。

作業のしやすさは、フレームの形状にも関係します。

たとえば、このフレームのように、フレーム側のネジを通す部分がレンズの前面にあるタイプは、近視用のレンズ(マイナスレンズ)に向いています。
1011124.jpg

(このフレームは、耳側もレンズ前面に金具がくるので、極めて近視用向きといえましょう)

逆に、レンズを通す金具がレンズ後面にくるタイプは、遠視用(プラスレンズ)に向いています。

1011121.jpg

これは、おのおののレンズの前面・後面のカーブ形状に由来するものです。
あくまでも、向いていることが多いというだけで、そうでなければならないというものではないですし、最近のフレームは、鼻側の金具が後ろで、耳側の金具が前に(あるいは、その逆)といったタイプも多いです。

なので一概にどちらに向いていると判断しにくい場合もありますが、この部分を念頭においてフレーム選びやレンズ選びをしないと、度数やレンズの形状、お客様の骨格によっては、えらく加工に難儀することがあるのです。

というわけで、加工に戻ります。
  1. 2010/11/12(金) 22:00:04|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

髭そり


主にモミアゲの処理に使用している、きわゾリ用の刃が外れて、はまらなくなりました。修理に出すか、そのまま使うか、さてどうする?
  1. 2010/11/11(木) 22:20:34|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エレベーター

一般的なエレベーターというのは、たとえば1階から乗って4階で降りたとしたら、そして他にだれも乗っていなかったとしたら、別の階でだれかにボタンを押されるまではそのまま4階に止まっていると思います。

しかし、私の住んでいる建物のエレベーターは違います。

1階以外のフロアでエレベーターから降りると、
IMG_4884.jpg

ドアが閉まれば、だれにも呼ばれていなくても、自動的に1階に降りていってしまいます。
IMG_4885.jpg
IMG_4887.jpg
IMG_4883.jpg

なので、忘れ物をしたりして自分のフロアに帰ってきて、ほんの数十秒でエレベーターに戻ったとしても、すでにエレベーターは下へ行ってしまっているわけです。

これは急いでいるときには非常に困ります。

最も迷惑を被っているのは、宅配便業者さんでしょう。
2階と3階と5階に荷物を届けなければならない時など、毎回毎回下に降りてしまったものを呼び戻さないといけないのですから。


まぁ、外から帰ってきたときには、ほとんどの場合1階に止まっているので、そのときだけは便利なのですが。。。


  1. 2010/11/10(水) 23:15:01|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

図鑑

幼稚園の卒園に際し、将来何になりたいかというのを各自が描いて冊子にしたものをいただきました。
今でも実家に保管してあります。

多くの園児が、「すちわーですになりたい」「れじ(を打つ人)になりたい」「まじやんや(麻雀屋)になりたい」などと子供らしい夢を描いている中、私は「いしゃになりたい」と六階建てくらいの総合病院の前に立つ自分の姿を描いていました。

大学病院に通院していたこともあり、医師が身近な存在であったようで、幼稚園の頃の将来の夢は、確かに「医師になること」でした。

恥ずかしながら、医師になるための学力が悲劇的に足りないという致命的欠陥のほかに、色覚異常があること、手先が不器用であること、性格的に医師には向いていないこと、などなどのダメ押し要因が重なり、今日に至っているわけですが。

まぁ、それはさておき、そういった背景があったために、子供のころの私が何度も何度も繰り返し見ていた図鑑がこちら。

IMG_3393.jpg

漢字は読めなくても仮名がふってありますし、

こんな感じの絵が描いてあれば、細かな意味はわからなくてもイメージはつかめます。
IMG_3394.jpg
IMG_3395.jpg

そんなわけで、低年齢の割には医学的知識を持っていたのは事実であったと思います。
お医者さんごっこ(服を脱いだり脱がされたりといった、解剖学実習のようなものではない)の際に、「これは心臓弁膜症ですね」などと「診断」を下す子供は、そうはいないでしょう。


この手の図鑑も30年以上経てば進化もするわけで、最近の図鑑はイラストや写真も多く、内容もかなり豊富になっています。子供向けだから、などと侮れません。

何冊か見比べてのおすすめは、こちら。

IMG_4875.jpg

これを一冊読めば、かなりの人体通になれるかと。

こういった図鑑は知識が豊富になるので、ジャンルを問わず息子には積極的に見させようと思っております。
  1. 2010/11/09(火) 23:41:07|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

細かすぎる

当店の向かいにある自販機は、たとえば1,000円札で150円のものを買っても、滅多なことでは釣銭に500円玉や50円玉を混ぜてきません。
100円玉8枚と10円玉5枚なんていうのがよくあるパターンです。

今日、150円の爽健康美茶を買うために1,050円を投入しましたところ、やけに釣銭がジャラジャラ落ちてくるなぁと思ったら、こんな感じでした。

IMG_4873.jpg

100円7枚
50円2枚
10円10枚

財布が一気に膨らみました。
  1. 2010/11/08(月) 23:25:49|
  2. ダイドー自販機
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Spinal galant

昨日の記事で、息子が椅子に座らないという話をしました。

それに関連して、椅子に座るとモゾモゾ体を動かして落ち着かない、なんていう子供さんがいらしたら、可能性として、Spinal galantの残存を疑ってみましょう。

Spinal galantは原始反射の一つです。
この反射は、直接的には視機能の発達に影響がないので以前の原始反射シリーズの記事には載せませんでしが、滞米中に見学していたクリニックではチェックをしていました。

Spinal galantが残存している影響として、
・そわそわする
・おねしょが治らない
・集中力がない
・短期記憶が苦手
などといった症状が挙げられ、集中力や記憶に関しては、視機能や視覚の弱さでも起こり得るものですから、それとの区別をつけるためにチェックが必要ということなのでしょう。

どういう反射かというと、乳児がうつ伏せで寝ているときに、脊椎の左側もしくは右側に沿った刺激に対して、お尻が刺激を与えられたほうにクイッと傾くというもの。

出産時、産道壁で背中がこすられるたびにお尻が動くことで、乳児が産道を降りることを助けるのだそうですが、そのときの反応が残存していることらよるものだとか。
通常は生後3~9ヶ月で消失します。


あいにく、息子でチェックしている画像を取り損ねてしまい、既に反射も消失してしまっているため、当時見学していたクリニックで撮らせてもらった、残存のチェック法に関するイメージ画像を。

被検者は四つん這いになり、両足と両手は同間隔で開きます。
手と膝で体を支えるのですが、全身の力は極力抜いて、下を向きます。

1011071.jpg

検者は、被検者の脊椎から1cmほど離れた位置を、脊椎に沿ってお尻のほうへサッと撫でます。
このとき、被検者の上体や腰がクネッと動けば反射が残存していると判断します。

101072.jpg


この反射が残っていれば、背中に対する刺激に反応してしまうため、椅子の背もたれに寄りかかることが困難(背中を虫が這っているような感覚に襲われるらしい)になるわけです。

対処法としては根気が必要になりますが、背中へのマッサージ、たとえば背中にシャワーをあてながらタオルで洗うようなことが有効になるかと思われます。
指で背中に文字を書き、何の文字を書いたか当てさせる、といったこともよいかと。
  1. 2010/11/07(日) 23:29:37|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1歳1カ月

幼少時の私に似て、食の細い我が息子。

自宅では、食事中にシートベルト付きの椅子に座らせるので、あまり見動きは取れませんが、当店での食事は普通のベビーチェアに座らせていました。

が、座りません。
立ち上がって遊んでしまいます。

IMG_4582.jpg
1011062.jpg
1011061.jpg

で、大して食べないまま終わってしまうという状態が続きました。

ですが、最近、立ち食いをさせるようにしたら、意外にそれなりの量を食べるようになったらしい。

IMG_4752.jpg

私も、店での食事は立ち食いなので、一緒一緒。


つかまり立ちは自在にするも、自立はほとんどできません。
たまに両手をパチパチ叩きながら立っていることがありますが、ほんの数秒で何かにつかまります。

自立ができないので、まだ一人では歩けません。
2・3歩、歩いたという話も聞きましたが、まぁまだ歩いたうちには入らないでしょう。

毎日、店の前の駐車場で、手押し車を楽しそうに動かしています。

1010163.jpg
IMG_4779.jpg

定休日、自店の駐車スペースに置いてあるパイロンをつないでいる棒を握らせたら、
IMG_4781.jpg

「うーうー」と言いながら何かを指さし、
IMG_4782.jpg

棒にかぶりついておりました。
IMG_4784.jpg

拭いていないんだから、汚いって。


特に新しく見に付けた芸はありませんが、たまに体全体で三角形をつくって足の間から景色を眺めています。
IMG_4754.jpg

まだ、「バイバイ」もできません。
それらしきことをすることもありますが、私は「バイバイ」とは認定しておりません。
私は、評価が厳しいのです。


いたずら大好きなのは、どの子も一緒でしょう。
ボタンがあれば、押してみたくなるのは、子供も大人も一緒です。

レジのボタンを押して、勝手に売り上げを作ってしまうこともあります。

IMG_4703.jpg

棚の中のものをひっぱりだしたがるのも、誰もが通る過程でしょう。
私の蔵書が毎日被害に遭っております。

端から徐々に、つたい歩きをして、
IMG_4756.jpg
IMG_4757.jpg

気に入ったところで作業開始。
IMG_4762.jpg

ご満悦のご様子。
IMG_4764.jpg

飽きたら少し移動し、スライド式の棚を左右に何度も何度も動かして遊んでいます。
IMG_4770.jpg
IMG_4772.jpg

最後は網戸を舐めてフィニッシュ。
IMG_4775.jpg

だから、汚いって。
  1. 2010/11/06(土) 23:55:17|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

研究会

昨日は、当方の所属する「日本眼鏡技術研究会」の秋期研究会でした。
研究会は年に3回、秋は東京での開催で、東日本支部が担当します。

過日記載の通り、急遽一講義を担当することになりました。
なにぶん準備する時間が足りませんでしたので、目新しさのない内容で恐縮でした。

IMG_4788.jpg

内容は、「特別問題となるような屈折異常や眼位不良がないにもかかわらず、深視力検査に合格できないというかたたちが、トレーニングによって合格できるようになった」という事例報告を兼ねて、具体的なトレーニングテクニックを参加者のかたたちに実体験しながら学んでいただくというもの。

ちなみに、ネクタイは、以前ご紹介した「オウム」にしました。
1001231.jpg


研究会の詳細については、下記のブログをご参照いただけば幸いです。
店長の料理日記
opt.eyeland's news
喫茶「とぅんふぁん」へようこそ

支部の役員を引き継いでから2回目の研究会でしたが、よりよいものにしていくためには課題も多く、来年度の準備も早めに取り掛からねばと感じております。
  1. 2010/11/05(金) 23:43:49|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帰宅しました。


無事に終わって、やれやれです。
  1. 2010/11/04(木) 23:13:14|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前夜ミーティング


明日の研究会、私は欠席も遅刻もできないので、万一電車が止まっても会場まで歩いていける新宿に前泊します。首都圏外から来られる、他の会員さんたちとこれから会食です。
  1. 2010/11/03(水) 20:50:16|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連休のお知らせ

お盆休みのお知らせのときに「今年最後の連休」と記した気がしますが、デタラメを申し上げました。

都合により、明日・あさって(3日・4日)と連休をいただきます。

何卒、ご容赦くださいませ。

IMG_4753.jpg
  1. 2010/11/02(火) 23:33:24|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々の出番

講義やプレゼンを行なう場合、演者によって二つのパターンがあるかと思います。

演台に直立したまま行なうパターンと、場内を動き回るパターン。

後者の場合、パワーポイントを使うようだと、スライドを変えるたびに一々パソコンの場所に戻るか、代わりにパソコンを操作してくれる人を用意しないといけません。

私は動き回ることが多いのですが、一々パソコンの場所に戻るのは面倒だし、人にお願いするのなら「次、お願いします」などと言わなければならず、それもまた煩わしいわけで、離れた所からリモコンで操作ができないものかと探していたら。。。

ありました。

リモートポイントプレゼンター。

IMG_4733.jpg

レーザーポインターや、ボタン式?スティック式?のマウス操作機能も付いています。
20~30メートルくらい離れていても大丈夫だったはずなので、よほど広い教室でなければ対応できるわけです。

6年くらい前に購入して重宝したのですが、ここ数年は講師をする時間もなく、引き出しの中で眠っておりました。

今週の木曜、久々に出番です。
もっとも、今回の講義は、これを使わなくても済みそうなのですが、せっかくあるのだから使いたいのが人情なわけで。

使ってきます。


  1. 2010/11/01(月) 23:40:46|
  2. 家電・パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad