キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

ブロンテス

「大きいメガネ研究会」オリジナルフレームに新作が登場しました。

Brontes(ブロンテス)

1008311.jpg

サイズは、58□16と56□16。
カラーは各サイズ3色ずつの展開です。

当店は、各2色ずつを在庫しております。


天地幅が細めの仕上がりになっていますが、奇をてらった玉型ではないため、ホームページ経由で大きいメガネを希望して来られたお客様以外にも、普通におすすめできるかと。

当店の場合、研究会オリジナルのセルフレームは、ホームページ経由のお客様がお求めになることがほとんどですが、メタルフレームに関しては、普通にご来店されたお顔の大きいお客様がお求めになることが多いです。
と言いますか、通常サイズのフレームでは得られない、ゆったりとした掛け心地のため、ご紹介すればすんなり決まってしまいます。

お顔の大きいお客様が来られた場合、一般的な品ぞろえでは非常に厳しいフレーム選びになります。
お店側としても、おすすめするフレームがなくて、内心「参ったな・・・」ということになりがちです。

その点、当店では、お客様も私たちも、安心してフレーム選びができるのです。
  1. 2010/08/31(火) 23:17:20|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バランス

米飯好きの私。

以前、おにぎりはシンプルなものがいいという話をアップしました。

では、米飯が茶碗に盛られているとき、そのまま米飯だけを食べるのが好きかというと、決してそういうわけではありません。

お行儀は悪いかもしれませんが、揚げ物とか餃子・肉・キムチなどと一緒に口の中にかっこむのが好きなのです。
エビチリなんていうのも好物なのですが、これなんぞも米飯と一緒に食べたくなります。


近頃、近所のセブンイレブンさんに並んでいたおにぎりが、

1008301.jpg

海老チリ。


ものは試しとばかりに一個買って食べてみました。
そうすると、何かおかしい。
ふだん、エビチリと一緒に米飯を食べているときとは明らかに違うものを感じました。

原因は、米と具のバランスです。

何らかのおかずと一緒に米飯を食べているとき、口の中で味わうおかずと米のバランスは7:3~4:6くらいであると感じます。
おかずが多かったり、米が多かったりしても、どちらかが極端に多いということはありません。

そういう感触に慣れてしまっているため、エビチリゼロの状態から、急にエビチリが出てきて、そしてまたゼロに戻っていくというのが、どうにも違和感を感じるようです。
おにぎりである以上、そういう展開になるのは当然ではありますが、エビチリのソースが、適度に全体にまぶされているような感じであれば、感想はまた違ったのかもしれませんね。
  1. 2010/08/30(月) 23:45:43|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遊遊フェスティバル

この夏、地元で開催される最後の夏祭り「ザ・ぼん 遊遊フェスティバル」。
相模原市相武台商店街が中心となって行なっています。

会場は、私の通っていた緑台小学校。

暗くなる前に、息子同伴で妻に足を運んでもらいました。

IMG_4323.jpg

加山俊夫相模原市長がご挨拶に駆けつけてくださいました。

1008292.jpg

御園太鼓の披露もあったようです。
和太鼓のビートに息子が興奮していたらしいです。

1008291.jpg

一日しか行われないイベント。
暑い中での準備は大変ですが、お天気で何よりでした。
  1. 2010/08/29(日) 23:28:47|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Behavioral Optometry

おととい、茨木の藤原さんと「Behavioral Optometry」の話をしましたと記しました。
適切な訳語がないので、「ビヘイヴィオーラル オプトメトリー」とそのまま書いたのですが、「何だ、そりゃ」と思われるのが当然なわけで。

これは、OEP(Optometric Extension Program)が発行していてる「Journal of Behavioral Optometry」という冊子です。

IMG_4306.jpg


アメリカの検索サイト、たとえば
http://www.Yahoo.com
などで「Behavioral optometry」と検索してもらえれば、いろいろヒットします。

http://psychology.wikia.com/wiki/Behavioral_optometrist
のサイトでの記述を引用すれば

Behavioral optometry (also known as "functional optometry") is an expanded area of optometric practice that uses a holistic approach in the treatment of vision and vision information processing problems.The practice of behavioral optometry incorporates various vision therapy methods and has been characterized as a complementary alternative medicine practice.

といった感じになります。

平たく言ってしまえば、「視機能や視覚情報処理の不具合に対して、さまざまなトレーニング(ビジョンセラピー)を通じてアプローチしていく分野」ということです。

だったら最初から「ビジョントレーニング」と言えばいいじゃねぇか、ということになるでしょうが、ここに含まれているのは単純な「眼」のトレーニングだけではありません。

私が留学中に見学してきたクリニックでは「全身を動かす大きな筋肉をコントロールできなければ、眼に直接かかわる小さな筋肉を自在に動かすことは難しい」という考えのもとに、「粗大運動トレーニング」にも力を入れていました。
一見すると「どこが、眼に関係あるんじゃ?」というようなトレーニングです。

「眼」を独立した体の一器官として捉えるのではなく、体の各部位と密接な関係があるものだととらえることが肝要なのです。


たとえば「黒板に書かれた文字をノートに写すのが苦手だ」ということで相談に来られた場合、度数が合っていない、ピント合わせの機能が整っていない、といった方面からのアプローチをするのが、一般的な眼鏡専門店です。

そこをきちんと対処するのが大前提ではありますが、もし眼と手のチームワークが悪くて、見たものをノートの罫線あるいはマス目に書き写すことに困難があるのであれば、その部分についても対応をしていかないと、根本的な問題の解決にはなりません。
しかも、こういったことについては、大多数の医療機関では対処できていないでしょう。

もっとも、このような不具合は、ビジョンセラピーを通じてだれでも必ず改善されるというものではありません。
効果が出にくい場合もあります。
万能ではないということは、お断りしておかねばなりません。


「オプトメトリー」という学問・システムが眼科領域に半分以上足を踏み入れてしまっている現代において、それをそっくりそのまま我が国に取り入れることは不可能です。

でも、この「Behavioral Optometry」であれば、眼鏡専門店でも対応は可能だと思います。
「日本型オプトメトリー」を構築していく上での方向性の一つではないかと、個人的には考えています。
  1. 2010/08/28(土) 23:10:12|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々に


今夜は帰宅が遅くなりそうなので、吉野家さんで軽く済ませることにしました。
「牛丼 大盛り」頼むものは、いつも同じです。
  1. 2010/08/27(金) 23:31:48|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

From 茨木

大阪府茨木市にある「opt.eyeland」のご主人、藤原さんが、家族サービスの帰り道にご来訪くださいました。

藤原さんのブログ


藤原さんは、両眼視機能検査にも精通されている優秀な眼鏡技術者です。
今日は実務的な話というよりも、Behavioral optometry(ビヘイヴィオーラル オプトメトリー)に関する話を、いろいろとさせていただきました。

IMG_4301.jpg


息子へのおみやげもいただきまして、ありがとうございました。
  1. 2010/08/26(木) 16:37:20|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セーフ?

私の場合、営業日の昼食は摂ったり摂らなかったり、日によって違います。

今日の昼食はいなり寿司。

食べるタイミングを逸してしまい、消費期限を3分オーバーしました。

1008252.jpg
1008251.jpg

食べちゃいましたが、大丈夫でしょうか?


これから帰って、夕食です。
  1. 2010/08/25(水) 23:30:12|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何の店?

広告費で製作される、無料の住宅地図が、ポストに投函されていました。

相模原市南区相武台・新磯野・相武台団地といった地区がメインです。

IMG_4298.jpg

当店は、相模原市と座間市の境にあって、この地図にも掲載されているわけですが。。。

何か、おかしい。。。

IMG_4296.jpg

何か、おかしい。。。

1008241.jpg

「メガニの一心堂」になってる。。。
  1. 2010/08/24(火) 23:04:58|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウスカルフレーム 新作

ウスカル会オリジナルフレームの新作が入荷しました。

「アダマント」
1008222.jpg
10082311.jpg

サイズは42□24と42□26。
各サイズ3色ずつのカラーバリエーションです。

当店には、各サイズ2色ずつが入荷をしております。


「アダマント」に関する詳細は、こちらをご覧いただくのがよろしいでしょう。
ウスカル会公式ホームページ
  1. 2010/08/23(月) 23:09:17|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かにが沢

昨日・今日と、線路向こうにある「かにが沢公園」で盆踊りがありました。

かにが沢公園というのは、地元では桜の名所として知られています。

以前は、当店が所属する相武台商店会も運営にかかわっていましたが、数年前より運営から抜けてしまいました。

今は、残った他の商店会と自治会での運営ではないでしょうか。

散歩がてら、妻が息子を連れて、様子を見に行ってきました。
もう少し暗くなると、もっとにぎわうんでしょうけどね。

IMG_4283.jpg
IMG_4285.jpg
IMG_4287.jpg

お祭りの最後には花火が上がります。
ほんの数発ですけど。

地元の夏祭りは、来週の日曜に緑台小学校の校庭で行われる「ザ・ぼん 遊遊フェスティバル」で最後です。
徐々に秋へ向かっていますね。
  1. 2010/08/22(日) 23:48:24|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一苦労


新しく導入した顧客管理システム。
これからはフレーム・レンズや度数のデータも入力するようにしようと頑張っておりますが、1人分を打つのに結構時間がかかります。
今は、当日注文のあったお客様のみ入力しておりますが、最終的に全顧客の度数や商品データを入力するのは、気が遠くなる作業なので、これはボチボチやっていこうと思います。
  1. 2010/08/21(土) 22:54:57|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひまわり祭り

座間市の花「ひまわり」

ひまわり焼酎を作ってみたり、市としてはひまわりを利用したPRに力を入れております。
その一環といえるのでしょうが、「ひまわり祭り」なるものが開催中です。
市内のいくつかの会場で、咲き誇るひまわりを愛でましょう、というもの。

IMG_4272.jpg

詳しくは座間市観光協会のホームページを。


昨日は妻のお母さんがお見えになったので、座間会場まで行ってみました。

IMG_4225.jpg
IMG_4224.jpg
IMG_4243.jpg

息子には、まだ理解できないでしょうが。

IMG_4250.jpg


今度の週末、座間会場ではイベントもあるようです。


座間会場の付近は、のどかな田園地帯。

県内でも数少ない単線の相模線が走っております。

1008191.jpg
  1. 2010/08/20(金) 23:51:38|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

座間のひまわり

ファブリーズ

息子が店に来ているとき、お客様がいなければ店内の目立たないところに放牧することがあります。

が、店の床はカーペット仕様でありまして、土足で歩き回る以上、いろいろなものが付着しているのは否めません。
過日、実家で使っている「ダイソン」で念入りに吸い取りましたが、ファブリーズも併用することにしました。




店内をくまなくやると、一回で一本使ってしまうので、今後どのようにやっていこうか思案中です。
  1. 2010/08/18(水) 23:42:55|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忘れられた?



火曜日は紙と段ボールの回収日なのですが、結局置き去りにされました。
一週間保管しないと。
連休があったので、量が少なかったのは幸いでした。
  1. 2010/08/17(火) 22:10:54|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネジが抜けない

今使っているフレームを生かしてレンズを交換するケースがあるわけですが、このとき、レンズを止めているネジが、錆びてしまったりして抜けなくなることがたまにあります。
ドライバーが回らない状態です。
無理して回すと、ネジの頭の溝がつぶれてしまうこともあり、どうしようもなくなります。
でも、ネジを抜いてレンズを外さなければ、仕事になりません。

錆び止めを垂らしてみたり、温めたりしても効果がないと、強制的に抜くしかありません。

基本的には、ネジ折れの場合と同様に、当店ではドリルを使います。


ネジのお尻の方から

1008164.jpg

ドリルで穴を開けます。
大抵のレンズ止めネジに使用されている太さ1.4mmのネジの場合は、太さ0.8mmのドリルからスタートします。

一般的なネジ折れですと、ドリルやタップの太さを少しずつ変えていくのですが、このようなケースでは、0.8mmのドリルでうまく穴が開けば、ネジの頭が残っているため、ドライバーで簡単にネジが回るようになります。

1008161.jpg
1008162.jpg

こんな風に、穴が絶妙に開いたときは、結構快感。
  1. 2010/08/16(月) 23:48:29|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラー油MIX



ブームに乗っかった新味のようで。
おいしいですが、何か一つ足りないような感じがします。
  1. 2010/08/15(日) 22:36:11|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンダル壊れる



歩きにくくなりました。
履き始めて約十年、度重なる補修も虚しく、いよいよ寿命か?
  1. 2010/08/14(土) 16:37:11|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NeverGiveUp!!


諦めなければ道は拓ける。息子よ、何か「良いこと」で頂点を極めようぞ。
  1. 2010/08/13(金) 07:01:10|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本一


息子に、まずは日本一を目指せと、富士山を見せるも頂上は見えず。日本一への道は険しい。
  1. 2010/08/12(木) 18:38:19|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おそば


去年の袋田でのおそばは人生最大のハズレでしたが、今年はアタリました。
  1. 2010/08/12(木) 11:55:29|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忍野八海


偏光レンズ装備で、気合い十分でしたが、雨降るかね、しかし。
  1. 2010/08/12(木) 11:04:31|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連休のお知らせ

メガネの一心堂は、明日から4日間連休をいただきます。

IMG_4100.jpg

年始・GWに次ぐ、今年最後の連休です。

何卒、ご容赦くださいませ。
  1. 2010/08/11(水) 23:51:35|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

So humid

当店に置いてある湿度計

IMG_3797.jpg

正確かどうかはわかりませんが、最近は70%±5%あたりを指していることが多いようです。


さて、よく「蒸し暑い」と言われますが、一昔前まで、私は「蒸し暑い」という感覚がよくわかりませんでした。
つまり、「暑い」と「蒸し暑い」とはどう違うのかということです。

インドが蒸し暑いという話は耳にしたことがありますが、インドに行ったことはないので比較のしようがありませんし。。。


「あぁ、こういうことだったのか」と理解したのは、十年前の今時分でした。

99年にオレゴンへ渡った私は、その年の夏は帰国をしなかったので、2000年の8月に2年ぶりの日本の夏を経験することになったのです。

成田について、飛行機の外に出た瞬間、思わず口に出た「うわっ」。

同じようなセリフがあちこちで聞こえてきました。
皆さん、同じことを感じたのでしょう。

行ったことはないのに、「ここはインドか」と思いました。
アメリカ人が日本の夏を「So humid」と言っていたのがよくわかります。
同じ飛行機に乗ってオレゴンに戻りたくなりました。

立っているだけで汗が出てくる、こんな夏を毎年乗り越えているジャパニーズに幸せあれ。
  1. 2010/08/10(火) 23:35:18|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビー玉転がし

眼と手の協応トレーニングとして、大抵の子供さんに楽しんでいただけるものが「ビー玉転がし」。

テーブルの縁に、こんな風に紙コップを構えて、

IMG_4073.jpg

転がってきたビー玉を、上手に紙コップでキャッチする。

1008098.jpg
1008097.jpg

それだけ。


単純ではありますけれど、複数のビー玉をいろいろな方向に、いろいろなスピードで転がすことで、

1008096.jpg
1008095.jpg
1008094.jpg
1008093.jpg
1008092.jpg
1008091.jpg

結構ゲーム的な要素が濃くなりますし、


途中に目隠しを入れたり、

IMG_4074.jpg
IMG_4075.jpg


壁にぶつけて角度を変化させたりすることで難易度が上がります。

IMG_4097.jpg
IMG_4098.jpg
IMG_4099.jpg


受け取るのが難しくなるように、紙コップの口を小さくしてもよいですし、

ビー玉を2色用意して、青は右手、黄色は左手で受け取るようにしても面白いでしょう。
(左右の概念がわからなければ、青と黄色に紙コップを塗って、青いビー玉は青いカップで取るようにしてもよいのです。)

IMG_4096.jpg

工夫ひとつで、いかようにもできるのが奥の深いところです。

両手で受け取るのが困難なら、片手で受け取ることから始めても、もちろん構いません。

楽しくやっていただくことが、一番大切です。

  1. 2010/08/09(月) 23:41:54|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不注意

息子が店に来ているとき、彼には店の商品は触らせないようにしております。
といっても、まだハイハイがメインのため、通常は手が届かないわけですが。

しかし、抱きかかえてしまえば、高さ的には十分手が届くわけで。

小物の乗っている台をいじるか何かしたようで、その影響で見本として出していたメガネスタンドが落ちて割れてしまったらしい。完全に、監督不行き届きです。

IMG_4062.jpg

復元しました。

1008081.jpg

売り物にはなりませんので、見本として頑張っていただき続けましょう。


いろいろと、いたずら対策を打つ必要が出てきました。
  1. 2010/08/08(日) 23:14:36|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャンプ座間 花火

予定通り打ち上げられた花火。

今年は見に行くつもりはなかったのですが、駅ビルの本屋さんに用事があって赴いた帰り、駅舎のほうに寄ってみますと、駅舎の窓から見物しているかたがたがそれなりに。

すべての花火が見られるわけではありませんが、こんな感じ。

1008073.jpg

駅前の交差点では、地上からなので、ちょっと見にくくなります。
ただし、高度が出るものだと、真っ正面に大きく見えることもあります。

1008072.jpg


自店の前では、たいていがこんな感じで、ほとんど隠れてしまっています。

IMG_4072.jpg

拡大

1008071.jpg


打ち上げ時間は25分程度。
低高度のものも多いので、しっかりみたいかたは、横着せずに打ち上げ場所近辺へ足を運びましょう。
  1. 2010/08/07(土) 23:23:25|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

準備順調?

明日行なわる、米軍キャンプ座間での盆踊り&花火の準備が、整ってきているようです。

フェンス越しから覗いてきました。
盆踊り会場の近辺に屋台のテントがあちこちに建っていました。

1008061.jpg
1008062.jpg

花火の打ち上げ場所は、おそらく二ヶ所。
一か所が、このグラウンド界隈のはずです。

キャンプの中に入らなくても、日本側から十分に花火の観覧は可能です。
ただ、この写真を撮った場所では、確実に蚊に刺されまくると思いますけど。

キャンプ正門の近辺だったら、結構よく見えるのではないでしょうか。
「立ち止まらないでください」って言われるかもしれませんがね。
  1. 2010/08/06(金) 23:20:34|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

のびのび

今日は父の誕生日でしたので、実家でお祝いをしました。

実家は我が家よりもゴチャゴチャしていないので、息子ものびのび動けたようです。
よい運動になりました。

IMG_4053.jpg
  1. 2010/08/05(木) 22:14:15|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メガネ新調(レンズ編)

しばらく使ってみてから感想を記そうと考えていたので、遅くなりました。

私は遠見完全矯正度数を通しての近業には、まだ何の支障もないのですが、実体験を語るためにも遠近累進眼鏡を装用しています。
丸2年になるわけですが、ちょっと前から、以前ほどレンズ下部である程度離れたところを見たときのボケが気にならなくなりました。

要するに近視の度が弱くなった(使用眼鏡が近視過矯正になった)ということなのですが、外斜位が大きいため、若干の近視過矯正は眼位の面から考えると決してタブーではありません。
しかし、最近何となく疲れるようになってきました。

累進独特の見えかたが感じられなければ、あまり意味がありませんし、そろそろ度数の替え時かなと。


旧度数・レンズ
R = S-1.25 C-0.25 Ax175  ADD1.25  3△B.I.
L = S-1.25 C-0.25 Ax5   ADD1.25  3△B.I.
B.V. = (1.5)

HOYA FD1.6 SFTコート
PD 34/37
EP 左右ともに+1


新度数・レンズ

R = S-0.75 C-0.25 Ax180  ADD1.50  3△B.I.
L = S-0.75 C-0.25 Ax175  ADD1.50  3△B.I.
B.V. = (1.5)

HOYA FD1.6 Venus Guardコート
PD 34/37
EP左右ともに+1


旧度数では、近用球面度数が平面になりますし、加入も弱いので、それほど違和感を感じなかったのではないかという仮説のもとに、近用球面度数がある程度の凸になるよう、それなりに加入を上げるつもりでおりました。
(あくまでも実験の意味合いを兼ねての加入度決定なので、通常のお客様相手に処方する場合とは異なることをご理解ください)

しかし、2.00D、3.00Dといった加入にしてしまうと、ピントの合う距離がシビアになりすぎて使い勝手がすこぶる悪くなります。
幾ら実体験のためとはいえ、それは嫌だなということで、1.50D加入(旧度数に比して、近用球面値は3段階アップ)にて調製することにしました。

フレーム(玉型)も、前回のものよりもやや大きめにしましたので、周辺部での見えかたもより体験しやすくなります。

IMG_4021.jpg

で、4日間使った感想は、

いわゆる空間の違和感はない、というか気にならない。
首を振った時の揺れて見える感じは多少増えたかもしれないが、受け入れられている。

ただ、以前よりもレンズ下方部での遠方のボケは気になる。
これは当たり前だけれども、正直煩わしい。
(累進でなければ手元が見えないというのであれば、受け入れるしかないと思うが、私の場合は累進である必要がないために、煩わしさを感じるということである。)

レンズが大きくなった分、周辺視時のボケも気にはなる。

いずれも、「そういうものだ」とわかっていれば、特に気にするものではないし、装用を断念するような要素にはなっていない。

よって、このまま使えると判断。


やはり遠近累進は、低加入の段階でスタートしておいたほうが楽であるということを、改めて痛感しております。

あと、私が使っているのは累進レンズの中でも、どちらかというとハイグレードに位置するものです。
(どうせ買うなら良いもののほうがよいので)
仮枠でスタンダードグレードのレンズと比較した限り、違和感の少なさには、多少なりとも貢献していると思います。

実際のところ、お客様により説得力のある説明をするためには、スタンダードなレンズを実際に試してみることも必要でしょう。
今使っているフレームに、まったく同じ条件で組み込めばよいわけです。
けれども、現状では、遠用度数でも近見の見にくさを感じないだけに、「近くのものの見やすさ」に関する体験というか比較ができません。

なので、それはまぁ、追い追い。。。
  1. 2010/08/04(水) 23:51:02|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ