キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

メガネ新調 (フレーム編)

丸2年使っていた自分の常用メガネを新調することにしました。
レンズの度を変えたくなったのが、一番の理由です。

フレーム編とレンズ編とにわけて掲載することにします。
今日はフレーム編です。


せっかくなので、フレームも変えることにしたのは良いのですが、私は平均的な日本人男性よりも中途半端に顔が大きいため、なかなか具合のよいフレームがありません。
はやりのフレームは、ほとんどが小さすぎるのです。

かといって、当店が所属している大きいメガネ研究会のオリジナルフレームでは、逆に大きすぎるものが多く、私の顔に合うのは数モデルしかありませんし、気に入ったモデルでサングラスを作ってしまっているので、選択肢がないのです。

そんなわけで、当店に足を運んでくださる問屋さんやメーカーさんが持ってくるフレームの中で選ぼうと、いろいろ検討しましたところ、ちょうどよさそうなものが見つかりました。

過去3代、パッと見では縁なしに見えない縁なしフレームにしていたので、今回はガラッと変えてフルリムにしました。

フレームのブランド名は「杉本 圭」

IMG_4009.jpg

天地はやや深めの31mm。
テンプル開き幅は初期設定で約150mmなので、装用に問題はありません。
適度にバネが利いていて、ソフトな掛け心地です。
玉型サイズ56mm、鼻幅17mmなので、フレームPDも合格。
色は、当然のように赤というか、ワインレッド。

こんなフレームです。
(鼻パッドは別のものに付け替えています)

1007312.jpg

この「杉本 圭」さんは、セルやアセテート素材のフレームを特に得意とされておりまして、そのうちの1点は「アイウェア・オブ・ザ・イヤー2010」のメンズ部門グランプリを受賞されています。


ところで、このようなデザイン性に富んだフレームを紹介しているブログでは、必ずといっていいくらい、個々の「作品」の完成度の高さを、これでもかというくらいにアピールされているものです。

しかしながら、以前にもお話ししました通り、デザイン性を重視すれば、調製・調整がしにくくなるというケースも往々にしてあるのですが、そういう部分には触れられていません。
当たり前といえば当たり前かもしれませんが。。。


たとえば、今回の私が選んだフレームも調製・調整がしやすいかと問われれば、決しYESとは言えません。

まず、リムが頑丈に作られているため、リムカーブを変えることは困難です。
(球面の凸レンズや、低カーブで弱度の非球面レンズでは、うまくフレームにおさめることは難しいです)
また、ブリッジ部分が厚いため、反り角をいじることも極めて困難です。
個人的にはもう少し、輻輳ぎみ(フレーム耳側が顔から離れる方向)に反り角を付けたかったのですが、無理そうでしたので、ヤゲンの位置を調製することでレンズをちょっとだけ輻輳ぎみにするにとどめました。

IMG_4004.jpg

さらに、智がこういう形状ですので、

IMG_4006.jpg

テンプルの左右の開き幅を150mmから大きく変えることは不可能です。
(もっとも、140mmくらいでちょうどよいくらいの顔の人は、この枠は選ばないでしょうし、バネが利いているので160mmくらいの幅が必要なかたなら、それほど窮屈さは感じないと思います。)

IMG_4015.jpg
IMG_4016.jpg


この智では前傾角を変えるのも不可能ですし、左右の耳の高さが違うかたへのフィッティングもかなり厳しいです。
耳の高さが違う場合は左右で傾斜を変えなければいけないのですが、それができませんし、奥の手としてテンプルを途中で曲げて角度を付けるのも難しいです。
実際、私自身はもう少し前傾角をつけて装用したかったのですが、諦めました。

1007311.jpg


つまり、その人の骨格やレンズの度数・種類によっては、正しい調製・調整ができませんので、注意を要するのです。
別の言い方をすれば、どこかで妥協をする必要が出てくる場合があるということ。
誰にでもホイホイとおすすめできるものではないのです。

これは、特にデザイン性の高いフレームに見られることが多い特徴です。


なお、誤解しないでいただきたいのですが、私はこのようなデザイン性の高い枠を真っ向から全否定しているのではありません。
メガネには、「おしゃれ」の要素も大変重要だと思います。

ただ、専門店である以上、「アイウェア」としての見た目だけを取り上げるのではなく、トータル的な見地からフレームを語る必要があるのではないかと思うのです。
一般のお客様は、今回私が突っ込んだような部分はお気づきにならないでしょうから、メリット・デメリットの双方を吟味したうえで、ご提案すべきものではないかと考えます。

「お客さんが、これが欲しいって言ってるんだんから、それでいいじゃないか」という意見もあるかもしれませんが、それでは通販で枠を買うのと同じようなものでしょう。


私は、上記のようなデメリットを踏まえた上で購入しましたし、その選択に満足しております。
「杉本 圭」さん、変な取り上げ方をしてしまってごめんなさい。
  1. 2010/07/31(土) 23:18:37|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週刊○○

あるテーマに沿って、毎週刊行される雑誌がいろいろ出ています。

私が所有しているものは、

『江戸』
IMG_3986.jpg

『プロ野球 セ・パ誕生60年』
IMG_3987.jpg

『昭和タイムズ』
IMG_3988.jpg

『甲子園の夏』
IMG_3976.jpg

『真説 歴史の道』 『古社名刹 巡拝の旅』 『ふるさと百名山』
(この三種は、よほど気になったものしか買いません)
IMG_3978.jpg

週刊ではないですが、『CG日本史シリーズ』
IMG_3989.jpg

などなど。

この類の雑誌は毎週刊行されるために、よく考えて購入しないと、収納場所も取るし、お金もかかります。


ですが、また、琴線に触れるシリーズが出ました。

『歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』
IMG_3991.jpg

以前、国鉄・JR編が刊行されていたのですが、それはスルーしていました。
しかし、私は、どちらかというと私鉄派なので、このシリーズは見逃せません。

しかも初回は、小田急電鉄。
買えと言わんばかりです。

内容のほうは、特別濃いわけではありませんが、全20巻とのことで、コンプリートしようかどうか考え中です。
  1. 2010/07/30(金) 23:45:56|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

転落防止


当分の間、息子ひとりでベランダに出すことはありませんが、何が起こるかわかりません。ベランダのフェンスの隙間から落っこちないように、目隠しシートみたいなものを買ってきました。段々、目がはなせなくなってきておりますです。
  1. 2010/07/29(木) 20:54:40|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無知ゆえに

店では2台のパソコンを使って作業をしています。
目的によって使い分けているのですが、どちらでも同じことはできるようにしてあります。

1台しかないと、突然パソコンの不具合が生じた場合に、店の業務に多大な支障が生じます。
また、お客様の度数を決定する上で、実際にパソコン画面を見ていただく場合があるのですが、このときも1台しかないと厄介なことが起こるのです。


どちらのパソコンもネットにつなげるようにはしているものの、あっちのパソコン・こっちのパソコンとLANケーブルを抜き差しするのが鬱陶しいことがあり、2台同時にネットを使えるようにできないかと思っていたところ、使用中のモデムは無線LANが使えることに最近気が付き、LANカードとやらを手配しました。
(ここに至るまで、数年を要しました)

ところが、人様の話を聞いてみると、有線よりも速度が遅くなるとか、通信が切れてしまうことがあるとか、決していいことばかりではないようで。

どうしたものかと調べてみますと、LANハブというのが使えるんですね。
恥ずかしながら、今までずっと、複数のパソコンをネットにつなぐ目的には使えないと思っていたのですよ。
「何でできないんだろう?」と勝手に思っていて、それ以上調べようとしませんでした。

こんな簡単にできたのに。
1007281.jpg

  1. 2010/07/29(木) 00:29:05|
  2. 家電・パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピンセット

一般的なメガネフレームには、4~6個のネジが使われていることが多いです。

このネジをネジ穴から抜いたり、ネジ穴にさしたりする際には、ピンセットがないと大変です。

さて、一般的なピンセットだと、たいていはこんな感じにネジを掴むことになりますが、

1007272.jpg

この角度だと、ちょっとやりにくのです。

そんなこともあって、ピンセットの先に溝の掘ってあるものを使っているお店が多いのではないかと思います。

1007273.jpg

これですと、垂直にネジの抜き差しがやりやすいわけです。

1007271.jpg


とはいえ、ご家庭には、この類のピンセットはなかなかないでしょう。
もし、ネジが抜けてしまったかなにかで、一般的なピンセットを使ってネジを差し込む場合、
このようにピンセットで挟むような力を加えたときに、先端がきちんと合わさっているものを使いましょう。

IMG_3964.jpg

手入れが悪くて、先が広がってしまっているものだと、

1007274.jpg


ネジが吹っ飛んでいってしまうことがあります。
吹っ飛んだネジを探すのは、大変な労力を要します。
お気をつけあれ。
  1. 2010/07/27(火) 23:32:00|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三台目

故あって、自宅のパソコンを新調しました。

今回もDELL。
XP、Vistaに次いで、三台目になります。
ボディの色はもちろん、赤。

IMG_3949.jpg


OSは、Windows7 64bitです。

IMG_3947.jpg


DELLの場合、32bit版がないので仕方ないのですが、周辺機器やソフトなど、64bitに対応するように更新されたドライバーなりをダウンロードせねばならず、結構手間です。

メールソフトの設定もしないといけないのですが、私は複数のアドレスを使い分けており、加えて妻のアドレスもあり、店で使っているパソコンでのメールチェックに支障がないよう、受信したメールをサーバーに保存する設定もせねばならず、これまた面倒くさいのです。

初期設定のデスクトップ表示も、また趣が変わりました。

IMG_3948.jpg

最低限必要な設定は済んだので、暇をみて使いやすくなるよういじっていこうと思います。

  1. 2010/07/26(月) 23:41:11|
  2. 家電・パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恐るべし

昨日、相武台神社のお祭りの日には雨が降ることが多いという小ネタをアップしました。

去年は初日の午前中、雨が降りました。
今年は両日ともまったく雨が降らずに終わるかと思っていたところ、

19時過ぎにポツリポツリと始まりました。

IMG_3962.jpg

幸い、すぐに止みましたが、少なからず雨は降ったわけで。

雨が降っては困るイベントは、相武台神社のお祭りの日を避けるのが賢明と言えましょう。
  1. 2010/07/25(日) 23:32:57|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お祭り

今日・明日は地元の2ヶ所でお祭りです。

座間市の相武台神社と、相模原市南区相武台町内会のお祭りです。


相武台町内会のお祭りは、1丁目公園で行われています。
明るいうちに、妻に息子を連れて写真を撮りに行ってもらいました。

IMG_3953.jpg
IMG_3959.jpg


さて、毎年、相武台神社のお祭りがある日は、どちらか一方の日、もしくは両日とも雨が降ることが多いです。
今日は良いお天気でしたが、明日のお天気はどうでしょうか。
  1. 2010/07/24(土) 23:35:51|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

滑る靴

ふだん、店では何万円もするような高価な靴は履けません。
椅子の脚や、カウンターですぐに表面を傷めてしまいますし、レンズの削り粉で白くなったりもします。
革靴には過酷な環境ですから、もったいないのです。

なので、比較的安価なものを履きつぶしては随時買い替えるというパターンになります。

今、ヘビーローテーションで履いている靴、近所のセブンイレブンさんが床の掃除をしている最中にお邪魔すると、ツルっと滑ります。

靴底がツンツルテンなのです。
まだ半年くらいしか経っていないのですが。。。

IMG_3946.jpg


ツルっとした瞬間に、腰をふんばって体勢を立て直すわけですが、腰の弱い私にとってはヒヤリとする瞬間です。
よそさまのお店で、腰を痛めて立てなくなり、運搬されるという辱めは受けたくないので、この靴も替え時です。
  1. 2010/07/23(金) 21:01:14|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

邪道ですが


暑い一日でしたので、クールバスクリンを投入しました。お湯の温度が高いこともあり、大してクールにはなりませんが。
  1. 2010/07/22(木) 20:20:30|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Marsden ball

これ、Marsden ball(マースデンボール)と呼ばれるものです。

1007212.jpg

眼球運動トレーニングに使われることが多いです。
欧米のビジョンセラピークリニックの天井には、たいてい吊るしてあります。


動いているボールに視線を合わせ続け、書かれている文字や数字を読み上げたりします。

1007213.jpg


子供さんの場合は、眼球運動の際に頭が過度に動くのを軽減させるため、寝っ転がった状態でやってもよいのです。
(頭の両脇を枕で挟むと、頭がより動きにくくなります。)
1007214.jpg


単純な眼球運動だけではなく、眼と手・体の協応トレーニングにも使えます。

こんな風に手でもった筒で、ボールをトントン押し出すように叩くのもその一例。
1007215.jpg


応用版として、筒に色を着け、
1007211.jpg


黒と言われたら黒い色の箇所
IMG_3909.jpg

青と言われたら青い色の箇所でボールを叩くという方法もあります。
IMG_3912.jpg


複数のボールを天井からある程度の間隔で吊るして揺らし、

DSCF0262.jpg

ボールが体に触れないようにまっすぐ歩いたりするのもよいでしょう。


普通に売られているボールに紐を通すだけで簡単に出来上がる小道具です。


  1. 2010/07/21(水) 23:00:33|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つかまり立ち

ここ一週間ほどで、つかまり立ちをかなりモノにしてきました。

手すりに手を掛けて立ち上がり、
1007202.jpg

腰をゆすって踊っているうちに
1007203.jpg
1007204.jpg
1007205.jpg

一人で立てると勘違いするのか、手すりから手を離してしまい、ひっくり返るという、お決まりのパターン。
1007201.jpg


餌を咥えて飛んでいるカラスが、思わず「カー」と叫んでしまい、咥えていた餌を落っことしてしまった、そんな間抜けな状況に似ています。


気を取り直して、もう一度「よいこらしょ」
1007207.jpg
1007206.jpg

ご満悦のご様子。
1007208.jpg
  1. 2010/07/20(火) 23:44:25|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

負けちゃった

以前、高校野球好きだったというネタをアップしました。

そんな背景もあって、この時期は新聞に掲載されている、夏の高校野球地区予選の結果についつい目が行ってしまいます。

私の通っていた高校は、おととい二回戦で負けてしまいました。
二回戦といっても、初戦なのですが。

1007192.jpg

それよりも数日前には、徳島の池田高校も負けちゃいました。

1007191.jpg

徳島商との試合なんて、以前は決勝戦のカードだったんですけどね。
よりによって一回戦だなんて。
  1. 2010/07/19(月) 23:51:46|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初めての水遊び

実家の庭は蚊が多いので、駐車場の隅っこで、水遊びをさせてみました。
もちろん、オムツは付けたままで。

たらいに水を張って、ピチャピチャするだけですが、
息子殿、喜んでいただけましたでしょうか?

IMG_3881.jpg
  1. 2010/07/18(日) 23:05:36|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よくあるトラブル

この時期に多くなりがちなトラブルとして、テンプルがたためない・広げられない、といったものがあります。

通常なら、こんな風にたたんだり広げたりができるテンプルが、

IMG_3878.jpg
IMG_3877.jpg

硬くなってしまってビクとも動かない状態になるのです。

たいていは、テンプルとフレーム前面とをネジで連結している部分(丁番と呼ばれます)に、汗やほこりなどがたまって固着することによって起こります。

こんなときは、ネジを緩めて、洗浄機にかければ元通りになることがほとんどです。


ご自宅で対処する場合、洗浄機がなくても、ネジを緩めて水道の流水でゆすいであげれば効果は得られます。
完全にネジを緩めて、テンプルを外してゆすいだほうが確実です。
このとき気をつけないといけないのは、フレームによってはテンプルワッシャーを使用しているタイプがあるということ。

テンプルを外したときに、うっかりワッシャーを落としてしまい、見つけることができないと、ネジを締めなおしても今度はグラグラになってしまいます。

ご注意のほどを。
  1. 2010/07/17(土) 23:30:23|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キーホルダー

子供のころ、旅先で買うお土産はキーホルダーでした。
いまでも、実家に保管してあります。
それこそ、売るほど。


私の持ち歩いているカギ、家やら店やら車やら、いろいろあって10個以上。

IMG_3830.jpg

そのカギ束にくっつけているキーホルダーは、中央大学の生協で買った、いわゆる中大グッズです。
いつ買ったのかを覚えていないのですが、卒業後なのは間違いなく、神戸にいたころのような気がします。
15~16年前でしょう。

革製(多分、合成)で、表面に
CHUO UNIVERSITY
SINCE(もしくはESTABLISHED) 1885
みたいな感じの刻印があったはずです。

が、今となっては、まったく読み取れません。

IMG_3831.jpg

とっとと何か新しいものに替えればよいのですが、別に不自由もないし、そのまま使い続けています。
  1. 2010/07/16(金) 23:11:07|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだ自力では立てませんが



立つ意欲はあるようです。
  1. 2010/07/15(木) 23:56:33|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一応、使える

子供さん相手のトレーニングの場合、いかに飽きさせないか、というのが一つのポイントになります。
そういう意味では、同じ目的でも手を変え、品を変え、といった工夫も必要です。

目と手の協応トレーニングの一環として、一応使える小道具。
数百円で売られているおもちゃですが。

IMG_3841.jpg

レバーを押すと

1007142.jpg

ボールが弾き飛ばされるというもの。

1007141.jpg


これを親子向き合ってキャッチボールのような要領でやってみるのも一つです。

ただ、ものによっても違いはありますが、飛距離があまり出ないものがあります。
せめて3メートルくらいは飛ばないと、面白味がありません。

飛距離が出ないものをゲットしてしまった場合には、自分で打ち上げたボールを自分で受け取る、それを10回連続で成功させる、などといった方法で対応するのもよいかもしれません。

  1. 2010/07/14(水) 23:39:48|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

模索

当店では、ほとんどのレンズがオンライン発注です。

フレームのデータをメーカーに転送することで、レンズの厚みを可能な限り抑える注文をする場合には、
レンズメーカーによって、フレームをトレースする装置を使い分けます。
この装置でトレースしたデータをパソコンに送って、そこからメーカーほ転送するのです。

IMG_3837.jpg
IMG_3838.jpg

一方のトレーサーを使う分にはまったく問題がないのですが、最近、もう一方のトレーサーを使っていると頻繁にエラーが起きるようになりました。

パソコンへフレームデータを転送中に、突然パソコンの画面がこんな感じになり、

IMG_3758.jpg

強制終了&再起動になります。

トレースする装置の会社へ電話すると、オンライン発注するシステムを管理しているところへ聞いてくれと言われ、そこへ電話すると、

・そのようなエラーの報告は聞いたことがない
・パソコン本体の問題と思われ、こちらの管轄ではない
・OSを再インストールしたらどうか

ということで終わってしまいます。
とりつくしまもありません。

他の周辺機器・ソフト類が何の問題もなく作動している現状において、OSを再インストールするほど重篤な問題が起きているとは考えにくいわけで、原因を模索していきますと、思い当たる点が二つ。

・シリアルからUSBへの変換ケーブルを使っていること
・USBハブを使っていること


今まで、オンライン発注用に使っていたパソコンには、シリアルポートがついていたのですが、

IMG_3835.jpg

現在発注用に使っているパソコンには、シリアルポートがないので、USB接続をするために変換ケーブルを使う必要があります。

IMG_3832.jpg

パソコンにはUSB端子は4つ付いているのですが、それでは足りないのでUSBハブを使っています。

IMG_3840.jpg


原因究明&対処法として、まずUSBハブを使わずに、USB端子に直接ケーブルを差し込んでみましたが、状況は芳しくありません。

それでは、ということで、変換ケーブルを別のものに替えてみました。
補聴器の設定をする装置をつなぐために使っているものです。

IMG_3834.jpg

もしかしたら、これでいけるかもしれない。
そんな手ごたえをつかみました。

実際のところ、補聴器用の装置にこのケーブルを使う時も、他のケーブルで具合が悪くて、このケーブルに替えたという経緯があるので、周辺機器とパソコンとの相性というのがケーブルにもあるのかもしれません。

これでうまくおさまってくれることを期待します。
  1. 2010/07/13(火) 23:38:28|
  2. 家電・パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベビースター


好物のスナック菓子の一つ「ベビースターラーメン」。何だか仕様変更したらしく、少し麺が太くなったらしい。若干パサパさというかボソボソというか、食感が悪くなりました。味も微妙に変わりました。改良なんてしなくてよかったのに。私にとっては改悪です。
  1. 2010/07/12(月) 23:35:12|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

参院選

「だれがやっても変わらない」
「自分の一票なんて、大勢には影響しない」
などという理由で、投票に行かれない人もいるかと思いますが、私は21世紀に入ってからは選挙へは欠かさず行っております。

IMG_3829.jpg

管内の投票率は、相変わらずパッとしなかったようですが。。。

  1. 2010/07/11(日) 23:05:33|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

事前連絡のおすすめ

当店は恥ずかしながら、いつ来店してもお客様であふれかえっているような店ではありません。

そのかわり、お客様が重なるときは、とことん重なります。
そのような場合、応対させていただくまでに、相当のお時間お待ちいただくことがございます。

時が経つのを忘れるような楽しいプレイスポットでもあれぱよいのですが、近所には思い当たる場所がございません。


当店のご利用が初めてのお客様に、レンズ選び・フレーム選び・度数測定・度数決定・プレフィッティングなどといった眼鏡調製に必要な作業をさせていただく場合、お客様のご来店目的(どういうメガネをつくりたいのか)によっては、90分から120分かかることは珍しくありません。

ホームページをご覧いただいて来店されるかたの場合、90分は平均して要しています。

眼鏡調製に関するほとんどの業務は、私と妻とでやっておりますので、妻が店にいないときには、ひたすらお待ちいただくことになってしまいます。
妻がいたとしても、検査室は一つしかありませんので、一人検のお客様の検査中には、他のお客様の検査はできません。
(フィッティング・型直し・クリーニングなどの業務であれば、宝飾・時計担当の社長でも対応が可能です。ずっと昔はメガネの販売もしていましたので。)



ですので、ホームページにも明記しておりますが、

IMG_3828.jpg

遠方のお客様につきましては、事前にご来店希望日時をお知らせくださることをお勧めしています。

完全予約制ではありませんが、たとえば「十時に来店したい」というかたがいらっしゃるのであれば、その直前には他の人の検査はお受けしないで、ご来店をお待ちすることが可能です。

ただし、検査以外の応対はご来店予定時間の直前でも普通にやらせていただきますし、ご来店予定時刻まで30分以上ある場合は、内容に応じて検査も承りますので、状況によっては予定時刻にご来店いただいてもお待ちいただくことはございます。
そのかわり、待ち時間は最小限度に抑えられると思います。

なお、応対中に他のお客様が来店された場合、内容によっては短時間の中座をさせていただくこともございます。
これについては、本当に申し訳ないのですが、ご容赦ください。


現在、妻が育児のために、店にいられる時間が不安定なため、時間的な面でこれまでよりもご迷惑をおかけすることも多くなっております。

ご協力いただければ幸いです。
  1. 2010/07/10(土) 23:25:43|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プリズムの量

両眼視機能不良への光学的対処法として用いられることが多いプリズム。

07039.jpg

「このお客様に対して、どの程度の量のプリズムを入れればよいのか」とうことは、プリズムの扱いに慣れていないと、いや、慣れていても難しいものです。

このブログにも「プリズム量」がらみのキーワードで飛んで来られるかたがおられます。

個人的見解を言わせてもらえば、「どれくらいのプリズムを与えたらよいのか」ということに関しては、「これはおかしい」という誤りはあっても、「絶対的な」正解はないと思います。

プリズム量を求めるには、たとえば
・融像除去斜位と融像幅に関する数値をもとに計算する
・融像除去斜位ならびに調節と輻湊の相互関係に関する数値をもとに計算する
・一部融像除去斜位の値を目安にする
・ハーゼ博士の提唱するポラテストの結果を尊重する
などがあります。
(その具体的手法については、ネット検索で安易に知ろうとするのではなく、きちんと本を読むなり、わかる人に教えを乞うなりの努力が必要だと思います)

他にも方法はありますし、測定者によっていろいろな思想がありますから、ある施設ではこうやった、別の施設ではこうやった、ということが起きても不思議ではありませんし、推奨するプリズム量が施設によって異なることも起こり得ます。

そもそも、「これが正解」というか「これがベスト」と思われるプリズム量があったとしても、その量を「違和感が強すぎる」等の理由でお客様が受け入れることができなければ、何にもならないでしょう。


ちなみに私は、ハーゼ式ポラテストには精通していませんので、実務で取り入れたことはありません。
必要な視表がないので、やろうと思ってもできないという環境的要因もありますが。

実務においては、それ以外のアプローチで目安をはじきだし、最終的には装用テストを重視して決定しています。


なお、プリズム量を決めることと同じくらい大切なのは「なぜプリズムが必要なのか」ということを十二分に、理論的かつ体感的(プリズムのある・なしの違いによる変化・効果を感じてもらう)に説明することだと考えています。
それが十二分にできない・伝わらないと、失敗する確率は非常に高くなると思います。
逆にいえば、推奨するプリズム量に対する説明が十二分につかないのであれば、そのかたにプリズムは必要ないのかもしれません。

そして極論を言えば、そういった説明をできる自信がないのであれば、プリズムには手を出すべきではないでしょう。

  1. 2010/07/09(金) 23:57:13|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いたずら



私の本棚から本を引っ張り出して、かじるようになりました。
  1. 2010/07/08(木) 21:49:40|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

景気のよいメール

こんな件名のメールが届きました。

kimae1.jpg

当選するような心当たりは、何もありませんが。


メール本文はこんな感じで始まります。
1007073.jpg

どんな秘密があるのか、クリックしなかったのでわかりませんが。


この手のメールは、配信解除しても別のアドレスからゾンビのように送られてきますが、今まで一番景気のよい件名でした。
  1. 2010/07/07(水) 22:56:33|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9か月

あっという間、でもないですが、9か月が過ぎました。
見た目でわかる視機能の発達は緩やかになりましたが、運動機能の発達が著しいです。


視力・屈折異常
調節麻痺剤を点眼して静的レチノスコピーをやってみたい。

眼位・固視・眼球運動・輻輳・開散
OK

視覚システムの発達に影響を与える原始反射
対称性緊張性頸反射(STNR)の抑制が始まった様子。

眼と手の協応
細いもの、小さいものがつまめる、というか、つかめるようになってきた。

その他
寝返りは問題なくスムースにできる。
お座りも安定してきた。

STNRが抑制し切れていないからか、高這いのハイハイはまだできない。

こういう状態でのハイハイのことです。
1007021.jpg

今はまだ、匍匐前進のレベル。

お気に入りの携帯電話のおもちゃでおびき出してみる。
1007062.jpg
1007063.jpg
1007064.jpg
1007065.jpg
おもちゃをつかんでほしかったのだが。。。。


上の歯と下の歯の2本は完全に顔を出し、上の歯2本と下の歯1本が、頭を出し始めた。
かゆいのか何だかわからないが、いろいろなものをよくかじっている。

電気釜の内蓋
1007061.jpg


100706.jpg

シェイプ・バイ・シェイプを与えてみたが、バラバラにしただけで、結局最後はかじり始めた。
部品が細かいので、即刻撤去。
本来の遊び方ができるのは、いつのことか。
1007067.jpg


店に連れてきているときは、お得意様と顔を合わせることも多く、大家族の中で生活しているような環境に近いせいか、激しい人見知りはまだしていない。
人よりも、場所に不安を感じる様子。

先日は、実家に連れて行ったときに号泣された。
あんた、ここには何回も何回も来ていたじゃないの。

2回目の肺炎球菌とHIVのワクチン接種のために小児科へ行った時も号泣したらしい。
前回は針が刺さった瞬間に大泣きしたらしいが、今回は診察の段階からダメだった模様。
まさか、お医者さん嫌いではないだろうね?
  1. 2010/07/06(火) 23:43:02|
  2. こども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鼈甲のモダン

お客様が、モダン部分が鼈甲でできているメガネを、うっかりストーブの上に置いてしまったそうで、

焦げたお餅というか、堅焼き煎餅みたいに変形してしまいました。
IMG_3795.jpg
IMG_3794.jpg
IMG_3793.jpg

一部を修復というわけにもいかなくて、結局、モダン部を全取り換えということになりました。
1007051.jpg

左右とも交換でしたので、それなりの金額となる修理代金をご請求することになってしまいました。


  1. 2010/07/05(月) 23:34:28|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4th of July

今日はアメリカのIndependence Dayです。

滞米中なら、これでいきますが、
107041.jpg

ここは日本。

おとなしめに、こちらにしました。
107042.jpg


上から、

・Fire work
オレゴンでは、Independence Day以外の日に個人が花火をすることは禁じられていました。

・Statue of Liverty

・HOLLYWOOD

・Mt. Rushmore
ジョージ・ワシントン、トーマス・ジェファーソン、セオドア・ルーズベルト、エイブラハム・リンカーンが彫られています。

・Golden Gate Bridge

・Bald Eagle
アメリカの国鳥


今夜は、米軍座間キャンプでも花火が上がりました。
一般開放はしていないので、キャンプ内には入れませんが、外からでも見えるところに行けばちゃんと見えます。
  1. 2010/07/04(日) 23:06:38|
  2. ネクタイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近所のセブンイレブンさんに、ようやく新味が入荷しました。


1007031.jpg
107032.jpg

お味のほうはというと、以前の「白桃」同様の淡白さ。

私の心の琴線には触れません。
ちょっと残念ですな。
  1. 2010/07/03(土) 23:47:33|
  2. ガリガリ君
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

対称性緊張性頸反射

これまで、視覚システムの発達に影響を与える「原始反射」として、
モロ・リフレックス
緊張性迷路反射(TLR)
非対称性緊張性頸反射(ATNR)
をご紹介してきました。

四つ目は、対称性緊張性頸反射(The symmetrical tonic neck reflex : STNR)です。

この反射は存在期間が非常に短いもので、生後6~8か月ごろに出現し、11か月ごろに抑制され始めます。
TLRの抑制効果によって起こる反射とも考えられており、乳児がはじめて重力に逆らう機会を与えるとともに、視覚の発達において重要な役割を果たすとされています。

STNRは、乳児が地面から体を起こし、ハイハイをするための準備をさせるものです。
逆に言うと、この反射があるために、ハイハイを完璧にこなすまでの一時期、乳児はハイハイできずにその場にとどまってしまうことがあるのです。

乳児が頭を起こすと、腰が沈んでお尻がくるぶしについてしまいます。
そのため、前進することができません。
1007022.jpg

乳児が頭を下げると、腕が曲がり、足というかお尻が上がってしまいます。
そのため、やはり前進ができません。
1007023.jpg

参考イラストも提示しておきます。

STNRsally.jpg
イラスト出典; Sally Goddard "The Role of Primitive Survival Reflex in the Development of the Visual System"
Journal of Behavioral Optometry 1995 volume 6/2


TLRが残存していると、頭を上げたときに足が伸び、頭を下げると足が屈曲するわけですが、これとは逆パターンの動きを呈することになります。
つまり、STNRが出現するということは、TLRが抑制されつつあるということを示すことになります。

また、頭を上げる・下げるという動作は、必然的に遠方視・近方視を促すことになります。


ハイハイをするまでの間、乳児は前後に体をゆするような動きをします。
これは、STNRを抑制しようとしていると言えます。
1007021.jpg
1007024.jpg

もしSTNRが長期にわたって残存していれば、滑らかな(?)ハイハイをすることはできません。
お尻を引きずるように移動したり、右手と右足・左手と左足を同時に動かすようになったり、ハイハイそのものをしなかったりします。

STNR残存の影響を受けて成長していくと、姿勢が悪かったり、眼と手の協応が上手にできなかったりといった弊害が生じることもあるのです。


参考文献 「視覚システムの発達における原始反射の役割」 木部俊宏 JOAジャーナル 2002 No.20 Vol.2 
  1. 2010/07/02(金) 22:24:09|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ