キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

よいお年をお迎えくださいませ

2008年の営業が無事に終了いたしました。
本年のご愛顧、誠にありがとうございました。

新年は5日より営業いたします。

快適なメガネをご提供できるよう、精一杯つとめますので、新しい年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

display.jpg
  1. 2008/12/31(水) 19:20:17|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

憧れ高く、空広く

いよいよ
book.jpg

いよいよ
entry.jpg

いよいよ
tuyokusurukai.jpg

3日後に近づいてまいりました、箱根駅伝。

往路も復路も、行きます、箱根。


箱根へ通うようになって、十数年が経ちました。
往路は芦ノ湖ゴール付近で、復路は箱根湯本駅前で(2回ほど、小田原中継所に行きました)応援しています。

ここ何年か、往路は中大応援団の前に陣取っています。

2003年
2003.jpg

2004年
目的地まで5キロ近くに迫った時に車のタイヤがパンクし、結局見られませんでした。
選手のゴールを知らせる花火が聞こえたときは、切なかったです。

2005年
2005.jpg

2006年 このときは雨
2006.jpg

2007年
2007.jpg

2008年
2008.jpg


往路終了後には、報告会があります
DSCF3352.jpg


中大応援歌を聞き、報告会で校歌を歌わないと、新年が始まりません。
毎年、箱根で英気を養うといっても、過言ではないでしょう。

ちなみに、レースをじっくり見ようとするのなら、テレビ観戦が一番いいと思います。
芦ノ湖では2時間近く、湯本駅前では1時間近く、寒い中をじーっと待ってるんですから。
ラジオ聞こうにも電波の入りは悪いし。
もちろん、携帯でワンセグなんて見られません。

ただ、現地で見ていると、何て言うんでしょうか、中大にはもちろん頑張ってほしいんですけど、ほかの大学の選手たちにも「がんばれ~」っていう気持ちになるんですよね。
テレビだと、先頭ばっかり写すし、どちらかというと「中大、なにしとんねん」っていう感じになっちゃうんですよ。
テレビで見てるのと、現地で見てるのとでは、そこが、すごく違うところかな。


ところで、選手が走っている写真は、銀塩カメラで撮っているのですが、実は応援団の前というのは写真を撮るのには全く適していないのです。

道路が直線であること、とにかく人が多いこと、目の前で旗を振られてしまうこと、
などなどの悪条件が重なり、選手を見られるのは目の前に来たときくらいなんです。
当然シャッターを押すタイミングが難しくなりますし、結果としてファインダー越しにしか選手を見ることができません。

その点、箱根湯本駅前では、いい場所を例年確保しているので、かなり長い距離にわたって選手の姿を見ることができ、非常にお得感があるのです。

そんなわけで今回は、中大の応援を一通り堪能したら、関所跡のほうへ少し歩いてみようかとも思っています。
ちょっと歩けば、かなり人が減るので、それだけ見やすくなります。
とはいえ、応援団の前を陣取ってしまうと、もったいなくてなかなか動きにくいんですけどね。

去年の大会から、妻が観戦に加わったので、ビデオ撮影を命じています。
おかげで、動画でも楽しめるようになりました。

家に帰ってからは、一応テレビを録画したビデオをチェックします。
場所的に、絶対テレビには映ってないんですけどね。

明日まで仕事なので、まだ仕事モードですが、24時間後には、かなり盛り上がってきます。
当日になると、朝から中大応援歌が、頭の中を回り続けます。
(今日のブログのタイトルが、歌の冒頭です)

すでに、箱根行きの準備は整いました。
あとは、体調管理です。
毎晩、葛根湯を飲んで寝ておりますです。
  1. 2008/12/30(火) 21:03:36|
  2. 箱根駅伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私の好きな色は、赤です。

たとえば・・・・・

パソコンが赤
dell1.jpg

リュックも赤
bag.jpg

座間神社のお守りも赤
omamori.jpg

携帯も、一応赤系統
keitai.jpg

赤いコートに、赤いジャージ
coat.jpg

留学中は、赤い車に乗っていました
colt.jpg

もちろん、赤いメガネも持っています
mikli.jpg


そして4日後、我が母校、中央大学の選手たちが、赤いタスキをつなぎます
tasuki.jpg

がんばれ、中大!!
  1. 2008/12/29(月) 21:41:14|
  2. 箱根駅伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

募金箱

うちの店では、鼻パッドやネジなどの部品交換は原則として有料です。
著しく変形してしまったフレームを修正するような場合にも、手間に応じて幾らかのお代金をいただいています。

何でもかんでも「無料でやります」というのをうたっているメガネ店が多いですから、「サービスの悪い店だな」と思われるかたがいるかもしれません。

でも、何らかの部品を使ったり、技術的な作業をしたのであれば、そこに技術料が発生するのは、極めて自然なことだと思います。
それを必要以上に無料でやるということは、自分たちのやっている仕事の価値を、自ら貶めているのではないかと感じます。

逆に、お客様から「幾らかでもお金取ってもらわないと、いつでも気軽に頼めないよ」というお言葉をいただいたことがあります。
無料でやって差し上げるのは確かに親切ですが、お金をいただくことも親切なのではないかと、私は考えています。

そうはいっても、無料でやっている作業もあるわけですが、お客様の中には、すごく申し訳なさそうに帰られるかた、「幾らかでも請求してください」というかた、幾らかのお金を差し出されるかたなどがいらっしゃいます。

そんなときに活躍するのがこれ

bokinbako.jpg

盲導犬育成の募金箱です。

お金を差し出されかたには「それでは、こちらの募金箱に入れさせていただきますね」

幾らか取ってほしいとおっしゃるかたには「それでは、100円いただいてよろしいですか。募金させてください」

そんな感じで、ご協力をいただいております。
わかっていらっしゃるお客様の場合は、ご自分からお金を入れてくださったりもします。
温かいお心遣いに感謝です。

2年くらいたつと、それなりの金額が貯まるので、以前社長が所属していたライオンズクラブの支部に渡しています。
だいぶ前ですが、盲導犬協会から感謝状をいただきました。

kansyajyou.jpg


ご協力いただいたお客様、どうもありがとうございます。
  1. 2008/12/28(日) 23:43:51|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

破れた~

このブログ「キベベワールド」の管理者は、匿名なようで匿名ではありません。
本名はおろか、経歴から勤務先までオープンです。

店のホームページの延長線という位置づけなので、専門的なことも織り交ぜつつ、それだけじゃ堅苦しいので、プライベートなことにも触れていこうと、今のところは考えています。

ところが、このプライベートをどこまでさらけ出すかということが、非常に難しいのであります。
いろんな意味で、はい。
面白おかしく綴ることは幾らでもできるのですが、その辺の事情をお察しくださいませ。

今日のネタは、「まぁ許容範囲かな」と思っているのですが、どうでしょう?


え~、それなりに重たい荷物を床に置こうとした時のことなんでございますが、腰が良くない私としては床に片膝つくべきだったんです。

それをしないで、和式便器にしゃがむような体勢を取ってしまったんですね。

そのとき、何やら布が破けるような、糸が千切れるような音が、下半身のあたりから聞こえてまいりました。

「あぁ、またやった」と

zubon1.jpg


こんなもの、見たくもないと思いますが拡大しますと

zubon2.jpg

左右をつなぎ合わせている糸が千切れ、擦り切れて薄くなっていた生地が破れました。

体系にも、問題があるのは百も承知なんですが、どうしても椅子に座ることによって、お尻のあたりの生地が擦れて薄くなってしまいます。

以前は、それなりのお値段がするスラックスをはいて仕事をしていたものの、いたみが激しいので、生地の厚い綿パン着用にしました。

それでも破れるときは破れるんです。
一日中、立っていりゃあいいんですけど、そういうわけにもいきませんし。


ちなみに、破れた綿パンは即刻別のものにはき替えましたので、見苦しい姿を見せずに済みましたです。

出先でなくて、よかったよかった。
  1. 2008/12/27(土) 21:20:45|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鼻パッド

メガネフレームを鼻で支えるために、ニョキッと生えている針金状の部品を「クリングス」といいます。
そして、鼻とじかに接する部品を「(鼻)パッド」と呼んでいます。

pad.jpg

鼻パッドは素材だと、アクリル系のハードタイプ、シリコン系のソフトタイプに大別されます。
(金属のタイプなどもありますが、主流ではありません)

クリングスへの取り付け方法だと、

ネジ式
daks1.jpg
daks2.jpg

ワンタッチはめこみ式
titanos1.jpg
titanos2.jpg

に大別されます。
(他のタイプもありますが、希少です)


この鼻パッドなんですが、使っているうちにだんだん汚れてきます。
たいていの鼻パッドは透明なんですが、やがて半透明になり、黄ばんできます。
シリコン系のほうが、脂を吸収しやすいのか、透明感が落ちるのは早いようです。

silicon.jpg
hard1.jpg

シリコン系のものですと、最後には化膿しているんじゃないかというような乳黄白色になり、汗や水分がたまって膨らんできてしまいます。
(汚いので、画像は載せません)

で、意外に知られていないのですが、上記の取り付け方法を用いているほとんどの鼻パッドは新しいものに交換ができます。
ただし、鼻パッドの形は様々なので、全く同じものにはならないかもしれません。
同じものがなければ似たものに交換します。
当店では、備蓄しているものであれば、部品代として400円~600円をいただいています。
なお、ごく稀にですが、備蓄品では対応できないものもありますので、ご了承ください。

肌の弱いお子様だったりすると、汚れた鼻パッドを長期間使うことで、皮膚が赤くなったり、かぶれたりする場合もあります。
「何か汚くなってきたなぁ」と感じたら、交換しましょう。

たま~に、汚れが粘土のようにこびりついて、パッドを止めるネジが見えないような状態のかたもいらっしゃいます。
クリングスを腐食させて、折れやすくなる場合がありますので、潔く交換してくださいね。

鼻パッドが新しくなるだけでも、見た目がずいぶん違いますよ。
  1. 2008/12/26(金) 21:37:07|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年に一度 その2

ネクタイを着用するようになって、十数年。

20世紀の間は、ネクタイ売り場で普通に売られているような柄を、コツコツと買いあさっていました。
といっても、自分のポリシーがありまして、縞模様と水玉模様に関しては、たとえどんなに流行っていても、頑なに着用を拒んできました。

そのポリシーが、留学してから変わることになります。
直接教わることがなかった教授でしたが、いつも変わった柄のネクタイをしていました。
見ていて、とても楽しかったんです。

それからは、普通のネクタイをするのは、やめました。
私の偏見ですが、アメリカ人は何でもないことでも、やたらと褒めます。

"Nice tie" "I like your tie" "Where did you get it ?"なんていう社交辞令に気を良くした私は、空港のネクタイショップや、お土産屋さん、百貨店などで、日本では売っていなさそうな柄を見つけては、コツコツ買いあさるようになりました。

帰国してからも、通販しているサイトを見つけたので、当面は仕入れに困りません。

そんな数あるコレクションの中で、年に一度、クリスマスのときにだけ着用するものがあります。

xmas2.jpg

サンタ柄です。

正確に言うと、おととしまでは24日と25日に着用していたのですが、去年お客様から一本プレゼントをいただいたので、クリスマス当日の着用になりました。

ちなみに、プレゼントしていただいたのは、こちらです。

xmas1.jpg

これはクリスマス・イヴ用にしています。

クリスマス用のネクタイは、7年使ったので、来年あたりは新柄を導入しようかと思案中であります。
  1. 2008/12/25(木) 21:28:45|
  2. ネクタイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年に一度

クリスマスイヴ、いかがお過ごしでしょうか。

21世紀になってからでしたか、両親へのプレゼントのつもりで、毎年12月24日着で
下関の会社からフグちりセットを取り寄せています。
なので、クリスマスイヴは家族でフグちりを食べる日になっています。

fugu1.jpg

おととしから家族が一人増えたので、分け前が減りました。
今年は廉価の冷凍ものも注文し、量の充実をはかりました。

fugu2.jpg

私がフグちりを口にするのは、年に一度、この日だけです。
しょっちゅう口にしていたら、ありがたみもおいしさもなくなってしまいます。

まぁ、フグちり自体、私の場合は、しょっちゅう口にできるものではないのですが、
年に一度くらい、こういう「特別な日」があっても、いいのではないかと思っております。
  1. 2008/12/24(水) 18:27:01|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

速けりゃいいというものではないのです

ark700.jpg

この機械、「オートレフ/ケラトメーター」と言います。
眼の屈折度数(どれくらいの近視や遠視・乱視があるか)や、角膜曲率(眼の表面のカーブ)を調べる機械です。
ほとんどの眼科に置いてあります。
メガネ屋さんでは、眼の屈折度数のみが測定できる「オートレフラクトメーター」を置いてある場合が多いと思います。

こんなふうに、機械の中をのぞいてもらいます。
howyouse.jpg


お客様は機械の中に、こういう絵が見えます。
なるべく遠方を見ているような意識が働くように、道路のかなたに気球が浮かんでいる絵です。
inxide.jpg


このとき、私は、こんな画面を見ています。
pupil.jpg

瞳孔の形が正円か否か、著しく固視(目標物に視点を定めること)が不安定ではないか、なども同時にチェックします。
この機械での測定結果、および実際にレンズを用いての度数測定の結果によっては「もしかしたら何らかの眼疾患があるのではないか」といった推測をすることもあります。


この機械での測定は、数十秒あれば終わります。
測定結果を印刷した紙が出てきます。
result.jpg


この測定結果どおり馬鹿正直にメガネを作っても、問題なく使えてしまう人がそれなりにいます。
(度数を測定する機械なのだから、ある程度の精度があるのは当たり前です)
こんな簡単に度数測定ができるのなら、だれでも今すぐにメガネ屋さんになれるような気がしますね。

実際のところ、この機械の精度が格段に上昇したことと、数千円でメガネを販売している安売り店が乱立するようになったのとは、無関係とは思いません。


では、この機械での測定結果を100%信頼していいのでしょうか?
上に掲載した測定結果の用紙は、私の妻の眼を測定したときのものです。
結論だけ言うと、妻の「遠くを見るために必要な度数」は、この測定結果よりもかなり弱いです。

つまり、機械の測定結果どおりにメガネを作ったら、間違いなく「遠くは見えるけれど、疲れて仕方がない」という結果になってしまうわけです。

ですから、この測定結果は、お客様の眼の傾向をつかむためのもの、程度の認識にとどめておかないと痛い目に遭います。

そもそも、最終的なメガネの度数というのは、単純に度数だけではなく、ピント合わせの機能、両眼のチームワーク、年齢、希望する視力、使用環境、違和感の有無などのさまざまな要素を考慮して決めるものです。

この機械の結果のみでは、一面的なことしかわかりません。


しかし残念なことですが、この機械への依存度が極めて高いお店が少なからず存在します。
さすがに、機械の結果通りには作らないでしょうけれども、いくらか度を弱めに調整して、お客様がその見え方で一応よさそうだったら、それでオッケーと。
そんなチェックでよいのだったら、数分もあれば終わってしまいます。

当然、両眼の見えかたのバランスであったり、両眼のチームワークなどといった、快適な度数を模索するために必要な項目については調べないでしょう。

その程度の仕事で済ませてしまうのなら、レンズをフレームにはめ込む作業や、フレームを顔に合わせる作業の精度も、高レベルにあるとは到底考えられません。

それで、快適に使えるメガネができたら、運が良かったと思うのが賢明ではないでしょうか。


「コンピューターでスピード検査」なんていううたい文句を見ると、ついつい正確無比なイメージを抱いてしまいがちですが、決してそんなことはありません。
機械を生かすも殺すも、結局は人間次第なのです。
  1. 2008/12/23(火) 21:21:32|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズの曇り止め

インフルエンザの予防のためか、マスクをしているかたをチラホラと見かけるようになりました。

花粉症の時期もそうなのですが、マスクをしてメガネをかけると、往々にしてレンズが曇ってしまうトラブルに見舞われます。

「曇らないメガネレンズ」というものも販売はされていますが、これは週に一回程度レンズに曇り止め効果を発揮させるための液体を塗布しなければなりません。
何もしなくても曇らないわけではありませんし、たいていのお店では通常のレンズより、若干価格が高くなると思われます。

というわけで、今使っているレンズにそのまま使用できるタイプの曇り止めを選ばれるお客様が、当店では多いです。

以下に、使い方と効果をご説明しましょう。


まず、レンズをきれいに洗います。
専用のレンズクリーナーがなければ、中性洗剤がおすすめです。
中性洗剤を使う場合は、水でよく洗い流してください。
水で洗ってくださいね、お湯はダメですよ。
メガネ拭きやティッシュできれいに拭きあげたら、曇り止めの出番です。


レンズの表と裏とに、曇り止め液を吹きかけます。
少量で十分です。
kumoridome2.jpg

液を指で優しくレンズ全体に延ばします。
kumoridome3.jpg

そのまましばらく放置して乾かします。
kumoridome4.jpg

ティッシュで拭き取ります。
このとき、「トレシー」に代表されるようなレンズ拭き(超極細繊維)を使用するのはやめましょう。
曇り止め成分まで拭き取られてしまって、効果が出にくくなります。
kumoridome5.jpg

完璧に拭き取るよりも、気にならない程度にうっすらと油膜が張ったような状態にしておいたほうがよいように感じます。
kumoridome6.jpg

これで準備は完了です。
電気ポットのふたを開けたところに、メガネを置いてみます。
向かって左側は何もしていないレンズ、右側が曇り止めを塗布したレンズです。
kumoridome1.jpg

違いがはっきり分かりますね。

もちろん、この効果は永続的なものではありません。
使われる環境によっても異なりますので、効果が落ちてきたと感じたら、上記の作業を繰り返し行なっていただくことになります。
たいていは一日ぐらいはもつのではないかと思いますが、いい加減なことは言えませんので、ご自分でご確認いただければ幸いです。

この曇り止め、いろいろな種類のものが出回っていますが、当店では17mlで640円のものをご用意いたしております。
「17mlでどれくらいもつのか」と問われると返答に窮しますが、毎日使っても数週間は大丈夫だと思います。

毎日のように手入れするのは面倒くさいというかたには、先にお話しした「週に一回程度のケアで曇り止め効果を発揮できるレンズ」をおすすめいたしま~す。
  1. 2008/12/22(月) 21:07:13|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスカード

留学中にお世話になっていたアメリカ人のお家から、クリスマスカードが届きました。

名称未設定 1

日本人は、クリスマスも新年も、それぞれ盛り上げようとしますが、アメリカ人はどちらかというとクリスマスに重きを置いていますね。
"Merry Christmas and a happy new year"
といったように、クリスマスカードが一足早い年賀状を兼ねているように感じます。

昼間に、カードを送ってくださったMrs.Kathyと電話で話をしました。
何やら向こう(オレゴン州)は雪が30cmくらい積もっているとか。

オレゴンは緯度的には北海道・東北に位置するのですが、気温は関東地方並です。
私が滞在していた時は、雪なんて2,3回しか降った記憶はないですし、積もっても数センチというレベルだったのですが。。。。

異常気象の余波がこんなところにも表れているのかなと、ふと思いました。

こっちで30cmも積もっちゃったら、店の駐車場の雪かきが大変ですな。
当日は車で来店する人はほとんどいないと思いますが(と言うよりも開店休業状態でしょう)、凍っちゃうと危ないですからね。
  1. 2008/12/21(日) 21:59:27|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀色有功章

私、「趣味は献血」と公言しております。
献血という行為が趣味と呼べるのかどうかはさておき、恥ずかしながら
21世紀になってから、あまり参加しておりません。

そんな私のもとへ、過日荷物が届きました。
中身は、献血回数70回を数えたことによる「銀色有功章」です。
70th.jpg


こんなパンフレットと一緒に
panfu.jpg

箱に入った有功章が
hako.jpg

どんなものかと言いますと
yuukousyou.jpg

ガラスのグラスみたいなものです。

以前、表彰式への招待状が来ていたのですが、欠席する旨を伝えたので、こうして送ってくださったわけです。


私が初めて献血したのは、19歳の春でございました。
中大に来ていた献血車で200cc抜きました。
1st.jpg

以後、400cc献血を経て、ほとんど成分献血です。

昔は、200ccが一回分、400ccが二回分、成分が三回分として、献血回数を数えていました。
なので、成分を三回やったら、献血回数は9回と記録されたのです。
そのため、私が70回を記録するまでに献血をしたのは、厳密には67回なんです。

成分献血をするには、献血ルームに行くのが手っ取り早いのですが、往復する時間と献血時間とで三時間くらい拘束されてしまうので、最近はなかなか足を運べませんでした。

名古屋に住んでいた時は、学校の近所に献血ルームがあったので毎月通えたんですけどね。
aichi1.jpg
aichi2.jpg

そのペースで続けていたら、今頃150回くらいになっていたのですが、お恥ずかしい限りです。
一年以上、さぼっていたので、心を入れ替えようと思います。

アメリカにいたときも、献血しました。
USredcross.jpg

全血献血でしたが、さすがアメリカ、500cc以上抜かれた記憶があります。
ついでに骨髄バンクにも登録したんですが、一回だけヒットしかかったらしく、調査書類が届いたことがありましたよ。


そうそう、送られてきたパンフレットの最後に、「献血のうた」の楽譜と歌詞が載っていました。
kenketunouta.jpg

表彰式では斉唱されたのかもしれないですけど、歌える人っているのかしら???
  1. 2008/12/20(土) 20:40:26|
  2. 献血
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

両眼を内側に寄せる力

数メートル離れたものを見ている時と、眼の前にあるものを見ているときとでは、両眼の視線が成す角度は異なります。

基本的には、眼から近いものを見ようとすればするほど、両眼の視線は内側に入ります。

こんな風に。。。

名称未設定 2

これが、「両眼が寄っている」状態です。
黄色の目標物を見るために、両眼の視線が内側に寄っています。


本を読んだり、パソコンに向かったりする時間が長いほど、眼が疲れたり頭が痛くなったり、といった不快な症状を呈するかたがおられます。

その原因はいろいろ考えられるわけですが、「両眼を寄せることができない、苦手である」場合に、そのような症状が生じることもあります。

誤解のないようにしないといけないのですが、「寄せることが得意」であっても、前述の症状を感じられるかたはおられますし、「寄せることが苦手」だからといって、それのみに原因があるとも断言はできません。
また、目標とすべき位置(本来、両眼の視線が合わないといけない位置)よりも余計に寄ってしまってもいけません。

あくまでも、見ようとする物体に両眼の視線が正しく合い、その物体の位置の変化に合わせて両眼の視線も正しく変化する、ということです。
例えば、遠くのものを見なければいけないのに、両眼(もしくは片眼)の視線がもっと近くのものを見ているような感じに寄ってしまっていてはいけないのです。

両眼を寄せることが苦手だと、近くのものに両眼の視線を合わせる・合わせ続けることに、多大なストレスがかかることになるために、短時間で疲労を感じやすい場合が多いのです。
このようなかたは、往々にして、「3Dの本」も苦手です。
本のページよりも遠くを見たり近くを見たりすることで、何かの絵が浮かんで見えるという、あれです。
いわゆる「交差法」という、ページよりも近くに視線を合わせて見ることが困難のようです。

両眼を寄せることができるかをチェックするには、たとえば、眼前30cmくらいの距離からボールペンの先を徐々に眼に近づけていく方法があります。
眼の前10cm程度にまでペン先が近づく前に、ペン先が二つあるように見えてしまったとしたら、寄せる力はかなり低下していると考えられます。

なお、「10cmに近づけても、5cmに近づけても、ペン先は一つに見えるよ」という場合も注意が必要です。
ペン先が近づいてくる途中で両眼を寄せられる限界が訪れ、どちらかの眼の視線がずれてしまったときも、ペン先は一つのままに見えることがあるからです。

なので、だれかほかの人に、ちゃんと自分の両眼は寄っているのかどうかを見ていてもらうほうが確実ですね。
(自分で確認できる方法もありますが、割愛します)

では、「私は両眼を寄せることができないようだ。パソコン作業も非常に疲れる」という人はどうしたらよいのでしょうか。
何か改善策はあるのでしょうか。。。。

それについては、、、、

申し訳ありませんが、ここでは具体的には触れません。

メガネが必要なのかもしれないし、トレーニングが必要なのかもしれません。
お店にご来店いただき、必要な検査をした上でご説明・ご提案いたします。
医学的な治療が優先される場合があるかもしれないので、最初に眼科を受診しておかれるのもよいかもしれません。

ちなみに、「達人」になると、眼の前に何にもなくても、自分の意思で両眼を寄せられます。
こんな風にね。

名称未設定 1
  1. 2008/12/19(金) 21:19:32|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本年最後の定休日

早いもので、今年もあと二週間を切りましたね。

夕方より、妻のクリスマスプレゼントを買いに(買わされに)行ってきました。

相模大野駅前に、大きなツリーがあったので一枚撮ってみましたが、携帯カメラの限界を思い知らされました。
200万画素だと、これでいっぱいいっぱいみたい。

20081218230738

最近の携帯は520万画素なんていうのもあるんですね。
もうちょっとお金を足せば、一眼レフのデジカメが買えちゃうお値段ですが。

店は31日まで営業します。
あと13日、心おきなく新年が迎えられるよう、職務を全ういたします。
  1. 2008/12/18(木) 23:07:40|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

K点

スキーのジャンプ競技場(ジャンプ台)における建築基準点を「K点」と言います。
以前は「これ以上飛んじゃうと危険ですよ~」という意味合いで使われていました。

全然関係ないんですが、私自身「これを超えたらマズイ」というK点を設定しています。
体重に。

私のベスト体重は67kg±1kgだと考えています。
身長から考えたら多いのですが、骨格から考えれば妥当なところでしょう。
大学生のころ、および店内を毎日駆けずり回っていたダイエー勤務時代がこの体重でした。
プロボクシングの階級でいえば、スーパーウェルター級です。

ダイエーを退職して、眼鏡学校に通うようになってから、1ケ月足らずで10kg以上増量しまして、血液検査で肝機能の低下が疑われ献血を断られるハメになりました。
「こりゃあ、まいった」なんて思っていたある日、歩くと膝に痛みが走るようになりました。

そのときの体重が、82kg
プロボクシングでいうとクルーザー級になります。
4階級特進です。
以後十余年、これをK点ととらえてきたわけでございます。

でもって、今の体重が、、、、、

DSCF4830.jpg

って、おいおいK点ピッタリじゃん。

ベスト体重だったころは、垂直跳びで75cmくらいはいけてたんですが、この体重では無理です。
ジャンプすると、地球の引力をものすごく感じます。

うちの体重計、BMIとか内臓脂肪とか、いろいろ測定できるんですけど、あまり恥をさらすのもどうかと思うので、体年齢だけご紹介しましょう。

DSCF4831.jpg

私の体は実年齢よりも一回り、先輩でございました。

76kgまでは、比較的スムースに落ちるんですよ。
そこからが落ちない。
で、気がつくと増えてる。
この繰り返しです。

来年の今頃はどうなっているのか、乞うご期待!!
  1. 2008/12/17(水) 20:46:57|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビジョントレーニングに興味のあるかたに

米国オプトメトリストである内藤貴雄先生が監修されている本の中で、具体的なビジョントレーニングテクニックに特化しているものがあります。

DSCF4860.jpg

『小学生のためのビジョントレーニング』 日刊スポーツ新聞社 1,200円

従来の内藤先生の本は、理論と具体的なトレーニングがミックスされたものが多かったのですが、この本は理論はほんの少しで、トレーニングのやり方を写真付きで詳しく解説しています。

私が用意しているプリントの種類にも限りがありますので、バリエーションを増やす意味でも、最近はこの本を積極的にご紹介しています。
視覚認知検査の予約がだいぶ先になってしまっているかたにも、検査日までの間に少しでも取り組み始めていただくことができるので非常にありがたいです。

この本の特筆すべき点は、グロスモーター・アクティビティ、いわゆる粗大運動と呼ばれるものに結構ページを割いているところです。

私が、留学中に見学してきたクリニックでは「全身を動かす大きな筋肉を自由にコントロールできなければ、眼を動かす小さな筋肉をコントロールすることは難しい」という考え方のもとに、視覚システムの発達に影響を及ぼす原始反射残存のケアを踏まえた、粗大運動トレーニングに力を入れていました。

もちろん、粗大運動のトレーニングだけで、視機能が改善するわけではありません。
しかしながら、両眼のチームワークや眼球運動が低下しているお子さんの中には、粗大運動が滑らかにできないケースが少なくないことも事実です。

体のコントロールが苦手だったお子さんが、トレーニングを通じて苦手だった運動ができるようになり、
以後苦手なものにもとりあえず挑戦してみる、という姿勢が見られるようになったという報告もいただいています。

粗大運動はともかくとしても、年齢を問わずチャレンジできるトレーニングテクニックが満載です。
「スポーツビジョン」と言われるようなトレーニングテクニックも、ベースとなる考え方はここで紹介されているものです。

ぜひ、お試しになってみてください。
  1. 2008/12/16(火) 21:36:24|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズを削ると匂うんです

高屈折、いわゆる超薄型のプラスチックレンズには、イオウの成分が含まれているらしいです。
で、このレンズをフレームにはめ込むために、店で削らないといけないのですが、レンズが削られる過程で、含まれている成分が空中に拡散します。

そうすると、どうなるか。。。。
はい、匂います、とても。

ショッピングセンターに入っているメガネ屋さんでは、このために店内で異臭騒ぎが起きたとか。。。

どういう匂いかというと、まぁイオウ系の匂いなので、温泉地で源泉が噴き出しているあたりの匂いに近いようで遠いような。
いずれにせよ、間違っても芳香剤には使われない匂いです。

もし、うちの店に足を踏み入れたとき、「ん?」と思う匂いがしたら、「あ、レンズを削っていたんだな」と思ってくださいね。
決して、毒ガスを生成しているわけではないのでご安心を。。。

店内に拡散した匂いを消すためには、表と裏のドアを開放にして空気を入れ替えるのが一番ですが、この時期は寒いですし、お客様がいる場合にはなかなか難しいです。

それで、気休めにということで、安い空気清浄機をレンズを削る機械の脇に置いています。

名称未設定 1

本当に、気休め程度にしかならないのですが、この空気清浄機が出す音に、私は非常に心を乱されています。

なんて言ったらいいのかわからないのですが、私の心の波長と全く合わないのです。
集中を要する加工作業において、このノイズはたまりません。

おまけに妻は、私が悪いことをしたかのように「あ~くさい、くさい」と分かりきったことを口走り、余計に私の心に波風を立たせてくれるのです。

レンズメーカーさん、お願いします。
削るとアロマの成分が広がるような、心安らぐ香りが漂うような、そんなレンズを開発してください。
  1. 2008/12/15(月) 22:24:35|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ささやかな楽しみ

私はゼリーが好きです。
といっても、高級である必要も、上品である必要もありません。
具体的に言うとハウスの「ゼリエース」、これが最高です。

何年に発売された商品なのかを知らないのですが、少なくとも30年以上は国民に愛されている商品なわけです。
変わらぬ味、変わらぬおいしさ。

子供のころ、ゼリエースをバケツ一杯食べてみたいと思っていました。
そして今、さすがにバケツ一杯はつくりませんが、小さめのボウル一杯なら作ります。

P1000038.jpg

これで2パック分、800ccです。
その気になれば一気に食べられますが、もったいないので4日間くらいかけて食べるのです。
至福のひととき。。。。

固まるまで、それなりの時間がかかるのですが、待ち切れずに固まり具合を指でチェックすると、、、

P1000039.jpg

わかりにくいですが、完全に固まった時には美しく滑らかな表面に、傷がつきます。
ゼリー好きなら、きっとだれもがやる失敗です。
  1. 2008/12/14(日) 22:04:39|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズのキャンセル

業界紙に「消費者センターに寄せられたメガネ関係のクレーム」というのが、たまに掲載されます。
「前日注文したレンズを、翌日朝一番にキャンセルを頼んだが断られた。納得できない」といった趣旨のものが、毎回目につきます。

この種の問い合わせのポイントは「まだ注文をしただけで、使ってもいなければ受け取ってもいない。
出来上がっていないのに何でキャンセルができないんだ」ということです。

だいぶ長くなりますが、今日は、これについて解説することにします。

ただし、店がお客様に対してキャンセルを受けないことの是非については触れません。
ここでは、店がレンズメーカーに対してキャンセルをかけられるのか、ということに的を絞ります。
なお、以下に記載するメーカーに対するキャンセルの取り決めは、うちの店での場合です。
店によっては異なるケースもあると思いますので、あくまでもご参考にとどめてください。


店がメーカーに注文するレンズには2つのタイプがあります。
1つは、メーカーが作りおきをしているものです。
一般に「在庫レンズ」と呼ばれます。
これに関しては、店側が手をつけない限り、つまり袋を開けて削ってしまったりしなければ、
キャンセルすなわち返品が可能です。
しかしながら、メーカーへの往復分の送料は、無駄になります。
言い換えれば店の損失です。

もう1つが、店からの注文を受けてから作り始めるもの。
「別注」「特注」などと呼ばれます。
具体的には、
・「在庫レンズ」の範囲に当てはまらない度数
・レンズに特殊コーティングをつける
・レンズに色をつける
・フレームサイズを考慮して、厚みが薄くなるような注文をする
・累進レンズに代表される多焦点レンズ
などが該当します。
このケースが厄介なのです。

レンズの注文は、パソコンによるオンラインか電話で行ないます。
オンラインで頼んだ場合の例を紹介します。

オンラインでレンズを頼んだけれど、度数を間違えて入力していたことに気がついたとします。
すぐにキャンセルをせねば、ということでキャンセルをするための画面を開きます。

cancel0k1.jpg
「状態」が「加工前」となっていれば大丈夫です。

ここで、キャンセルのコマンドを作動させると
cancel0k2.jpg

「はい」を選択すると
cancelok3.jpg
これでキャンセル完了です。
よかった、よかった。

では、冒頭に紹介したようなケースはどうでしょう。
ためしに昨日承ったレンズを、キャンセルしようとしてみます。

同じようにキャンセルをするための画面を開きます。
cancelno.jpg
小さくて見にくいですが、画像をクリックすると拡大します。
発注日は昨日の日付です。捏造はしていませんよ。

「状態」の欄を拡大してみますと
cancelno2.jpg
「加工中」となっていますね。

ここで、キャンセルコマンドを作動させます。
cancelno3.jpg

「はい」を選択します。
cancelno4.jpg
「加工中」と表示されます。
「了解」する以外に選択肢はありません。
けんもほろろに断られました。

つまり、このレンズは、お客様が必要としていなくても、入荷してしまいます。
お客様のキャンセルを受けるのであれば、店側はこのレンズ代がまるまる損失となります。

では、レンズを注文してからどれくらいまでなら、メーカーにキャンセルができるのでしょうか。
メーカーによって、違いはあると思いますが、うちの店の場合でしたら注文後一時間以内にキャンセルしないとアウトです。

ですから、お客様が「少しでも早く」と気を遣われて、翌朝早々に連絡をされても、間に合わないのです。
キャンセルではなく、「レンズの色や濃さを変えたい」「レンズの度数や種類を変えたい」といったお申し出でも同じことになります。
注文後、一時間を過ぎたら変更はできません。

レンズはそのままでいいけれど、フレームを変えたい、という場合も要注意です。
最初に選ばれたフレームデザインに合わせてレンズを注文した場合は、新しいフレームにレンズを転用できないこともあるのです。

店の損失についてはあきらめて、お客様のキャンセルを受けるかどうかというのは、店によって違うと思います。
レンズ代だけでなく、そのレンズを注文するために要した作業(度数の測定やレンズの説明など)も
無駄になってしまうわけですから、あくまでも突っぱねる店もあるでしょうし、半額でもいいからお客様
への負担を要求する店もあるでしょう。
お客様の立場で考えれば、到底納得できないと思いますが、店にもそういった事情があるので、すんなりキャンセルといかないことがあるようです。

ちなみに、当店ではキャンセルの依頼があったのは、この6年間で数えるほどです。
色を変えたい、濃度を変えたいというご要望が、年に数回ある程度です。
いずれも、お客様のお話をよく伺った上で、ケースバイケースで対応しています。

このようなトラブルを防ぐためには、注文をいただいた時点で「キャンセルは一時間以内」といった説明をしておくのが一番だとは思います。
ただ、お客様によっては「この私が、キャンセルをするとでも思っているのか」と不快に感じられる場合
もあるかもしれません。
簡単なようで、なかなか難しい問題なのです。

※ここでは、レンズのキャンセルについてのみ触れましたが、フレームについてもご注文の時点でお客様のお顔に合わせて大きくいじってしまっていますので、キャンセルになると非常に具合が悪いことを付け加えておきます。
  1. 2008/12/13(土) 20:38:45|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホームページからリンクをかけました

というわけで、メガネの一心堂のホームページから飛んできてくださいました皆様、こんぱんは。
当ブログは現在、スタートしてから12日目を迎えております。

ある程度理論的なこと、まとまったことは、ホームページに掲載してしまっているので、こちらは補助的な役割、ちょっとした小ネタをご紹介できる場にできればと考えています。

とはいうものの、どうでもいい内容のほうが実際は多いかもしれません。
ホームページは、かなり堅苦しいので、こちらは肩の力を抜いてお付き合いいただけると、とてもうれしいです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。
  1. 2008/12/12(金) 21:40:57|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は定休日

私は2ヶ月に1回程度のペースで床屋さんに行っています。
ギャッツビーのスーパーハードムースでまとめた髪の毛が、夕方になって乱れてくるようだとそろそろ散髪の時期になります。
今、まさにその状態でした。

来週が年内最後の休みとなりますが、そこに急な予定が入ると次の散髪機会は1ヵ月後になってしまいます。
今日、行っておかないとまずいわけです。

私の営業用の髪形は、昔風に言えばオールバックです。
床屋さんでは、しっかりセットしてくださるのですが、特別に整髪料はつけないので、家に帰ってくる頃には多少乱れて、こんな感じになります。

20081211193302


妻にはチンピラ呼ばわりされます。

でも普段は、もっとふんわりというかやわらかくまとめるので、そんなに怖くはなりません。
  1. 2008/12/11(木) 19:33:05|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これから加工

20081210234851

今日は断続的に、ホームページを見てご来店いただいたお客さまがいらしたので、終日バタバタしていました。
今から加工(レンズを削ってフレームに組み込む作業)にとりかかります。

その前に、のどが渇いたので、コーラを飲みました。
ちなみに私は、ペプシ派ではなく、コカ・コーラ派です。
  1. 2008/12/10(水) 23:48:53|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見やすいテンプレートとは

このブログがスタートした当初のテンプレートです。
20081202214632.jpg
ボケてるのはご愛嬌ということで。。。

桜が映えて、すごくよかったのですが、記事をアップした時刻が表示されないのが気になっていました。
何でだろう何でだろうと、原因を調べたもののわからずじまいで、試しにテンプレートを変えてみたら、
どうも時刻の表示されるものとされないものがあるようで。

詳しいかたなら、ご自分でカスタマイズできるのかもしれませんが、そんな芸当は私には無理なので、残念ですが別のテンプレートに変えることにしました。

テンプレート選びのポイントは下記の通り。
・書き込んだ時刻が表示されるもの。
・店のホームページと相互リンクしている関係上、奇をてらったものやメルヘンチックなものは避けたい。
・眼に関する専門家が管理するのだから、見やすいスタイルであること。

で、見やすさに関してですが、私はページの左側に飾りがあったり、プロフィールやら最新記事やらの
コーナーがあると、記事を読む際の視線が決まりにくく、うっとうしく感じました。
現代日本人は横書きの文章を読むとき、左から右へ視線を動かすので、左側が安定していた方が
見やすいのだと思います。
なので、左側に記事、右側に補助項目があるものをピックアップしました。

次いで、各記事ごとの区分けが明確であることです。
上から下へ記事を追っていくときに、この区分けがわかりにくいと、特に少ない文章の記事が続いているときに何となく落ち着きません。
ある記事から次の記事へと視線を動かす、専門的に言うならば、固視→サケード→固視のサイクルが阻害されるわけですね。
そんなわけで、記事ごとに枠線で明確なくくりがあるものをさらにピックアップしました。

最後は背景の色と文字の色との対比です。
コントラストが悪いと読みにくく目が疲れる感じがします。
淡い色の背景に濃い色の文字のものを探しました。

そんなこんなでたどり着いたのが、このテンプレートです。
好きな色である「赤」が適度に混じっているのも気に入っています。
水平方向の視線移動量を少なくするために、一行の文字数を減らすようにしたので、それに合わせて記事欄の横の長さがもう少し短くできるといいのですが。。。
あと、文字の色がもう少し濃いほうがよいのですが、いずれもカスタマイズの仕方がわかりません。
調べてみましたが、呪文を読んでいるようで手も足も出ませんでした。


テンプレートは決まったので、あと問われるのは内容ですね。
店の品格を疑われるような記事は書けませんし、かしこまりすぎてもよくないと思うので、うまく硬軟織り交ぜられるとよいのですが。

どうしても説明がだらだらと長くなってしまう癖がありますから、いかに簡潔にまとめるか、文字の配置やワンセンテンスの長さに気を配り、読みやすいものとなるように研究したいと考えております。
  1. 2008/12/09(火) 20:14:49|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

共食い

20081208231253

今夜は鍋。
白菜、豆腐、マイタケにブタ肉 が具材です。
大ブタと小ブタがブヒブヒと鍋をつつく光景は、ちょっと滑稽。
  1. 2008/12/08(月) 23:12:55|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立体視テスト

え~、たまにはまともな話題を。

正確な遠近感を得るためには、両眼を正しく使うことが必要です。
片眼を閉じた状態では、遠近感は不明瞭になります。
両眼を正しく使うことを、私は「両眼のチームワーク」と称しています。

遠近感を得るための必要条件として、まず右眼と左眼とが同時にものを見ることができないといけません。
右眼・左眼それぞれから送られた像を頭の中で一つに合成する作業が必要なのです。

ただしこのとき、右眼と左眼は同じものを見ていなければなりません。
いくら左右眼が同時にものを見られるとしても、目の前に男の子と女の子がいたとして、右眼が女の子、左眼が男の子を見ているような状態だと、男の子が2人見えたり、女の子が2人見えたり、男の子と女の子が重なって見えたりしてしまいます。
ですから、右眼と左眼が同じものを見られるように視線を合わせる能力が重要になります。

この視線を合わせる運動能力と、脳に送られた各眼からの情報を一つに合成する感覚的な能力とが
互いにリンクしあい完璧に働くことで、遠近感いわゆる立体視が確立するのであります。

逆に言うと、正確な立体視が得られるということは、その検査距離においては、両眼のチームワークが運動面・感覚面ともに安定した、優れた状態にありますよ、ということになります。

で、近距離での立体視を簡単にチェックする視標一つが、ジャ~ン、、、、
stereo.jpg

これです。
わけのわからないモザイク模様ですが(ランダムドットといいます)、一緒に写っている「魔法のレンズ」を通してみると、あら不思議、何かが浮かんで見えるのです。

立体視を確認する視標はいろいろありますが、これは肉眼ではまったく何が浮かんでくるか見当がつかないところがよいのです。
立体視のチェックをするときは「どれが浮かんで見えますか?」といった趣旨の質問を投げかけるのですが、小さなお子様にはこの質問の意味がわかりにくかったりします。
その点、この視標は「何が見えるかな~」という質問でオーケーなのです。

この視標で測られる立体視力は精度としては高くないので、もっと細かな精度をチェックするには
別の視標が必要になりますが、スクリーニング目的なら十分ですし、比較的興味を得られやすいので、眼に関するいろいろな話に発展させやすいように感じています。

ちょっと前、地元の小学生が「町探検」という授業の一環で、当店を見学に来たことがありました。
いろいろ店内を見せてあげた中で、一番盛り上がったのが、この「魔法のレンズ」でした。

なお、この視標はすべてのお客様にお見せしているわけではありません。
他の視標で代用することもありますので「私は、見せてもらっていない」というかたがおられましたらご容赦くださいませ。
  1. 2008/12/07(日) 22:15:51|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アメリカ人は「ふちなしフレーム」がお好き?

当店から数100m離れた所に、米軍座間キャンプがあります。
今日は、キャンプ内に住んでいるというアメリカ人が来店されました。

ふちなしフレームにニコンの累進調光レンズを入れたいということでした。
あ、累進っていうのは境目のない遠近両用レンズ、遠近両用レンズっていうのは、眼のピント合わせ機能が低下してきた場合に便利な、遠いところから近いところまで見える、たとえば車の運転もできて本も読めるっていうレンズのことです。
それから、調光レンズっていうのは、紫外線によって色の濃さが変わるレンズのことですよ~。
紆余曲折の末、ひとまずフレームだけお求めくださいました。

ついでに、と言っていいのかわかりませんが、リーディンググラス(いわゆる老眼鏡ですな)にしたいということで、シルエットの超軽量フレーム「ミニマルX」をレンズと合わせてご注文いただきました。
ありがとうございました。

このフレームね。


うちの店で買ってくださるアメリカ人、っていってもそれほどいないんですが、ふちなしフレームを選ばれる率が多いようです。
ちなみに、うちの店、ふちなしはあまり在庫がありません。
在庫品はそれなりのお値段のするものが多いです。

英語圏から脱出して、かれこれ丸7年。
単語を忘れてしまって、会話に窮します。
今日は「工場」、この単語が出てこなくって焦りました。
歳のせいでしょうか?
  1. 2008/12/06(土) 21:19:32|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

携帯の画像

ご両親の接待は、一緒に一泊した妻が、小田原駅まで見送ることで無事に終了しました。

昨日は、携帯から逐一アップをしたのですが、ちっともきれいな画像が送れません。
2年前の機種だし、そんなにひどい画素数ではないはずとは思いつつ、どうにもこうにもボケた写真しか撮れなかったのです。

はてさて、どうしたものかと考えていたところ、黒たまごの画像だけがやけに綺麗に撮れていることに気がつき、原因がわかりました。
ずっと接写モードで撮影していたみたいです。

通常モードで撮るとこんな感じですが
クリア

接写モードだとこんな感じです。
ボケ

まぁ、通常モードでも、それほど綺麗にはならないですが。。。
いずれにしても、携帯を使いこなしていないのが、バレバレのようで。
実際、外出するときに持っていくくらいで、しょっちゅうバッテリーが切れてますから。
ほとんど店にいるので普段は必要ないっす。

携帯からのアップは手軽でいいですが、文字の入力にどえりゃあ時間がかかるので大変です。
こんな私が、日ごろ携帯メールなんてするわけないですもん。
「っ」とか「ゅ」なんて、何度通り過ぎたことか。。。
  1. 2008/12/05(金) 21:18:40|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅伝の碑

20081204162639
往路ゴール後、ここで中大が報告会をします。
かれこれ10年以上、報告会に立ち会っていますが、最近は最後に校歌斉唱をするようになりました。
中大応援歌を聞き、校歌を歌わないと1年が始まりません。
  1. 2008/12/04(木) 16:26:41|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箱根駅伝ミュージアム

20081204152101
一ヶ月後に迫ってきました。頑張れ中大!
最多優勝回数を誇る中大に敬意を表して、中大特集が組まれていました。
  1. 2008/12/04(木) 15:21:03|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山頂

20081204142858
気温3度、曇っていて富士山は見えません。芦ノ湖は良く見えます。
  1. 2008/12/04(木) 14:29:00|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ