FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

チェーン店と個人店 その1

当店に来られるお客様からは「チェーン店には、行きたくない」といった趣旨のことを聞くことが少なくありません。
「じっくりと相談に乗ってもらいたい」というご要望が根底にあるかたに多いです。

では、チェーン店は実際にじっくり相談に乗ってもらえないのか、というと決してすべてのチェーン店がそうではないはずです。

ただ、転勤で従業員が変わってしまったり、シフト制で出勤していない日時があったり、といったことはありますから、いつ行っても同じ人と相談ができるわけではないという、多店舗展開ならではの問題点などから、そういうイメージを持たれやすいというのは、あるかもしれません。

逆にいうと、わざわざ徒歩圏外から(来店動機から地理的要因を取っ払って)個人店に足を運ばれるお客様は、そういう部分を求められていることが多いとも考えられます。

無論、単に「じっくり話を聞けば」それでよいわけではなく、きちんと解決策を見出さなければならないのは当然なのですが、何が言いたいのかというと、「個人店はお客様からの期待度がハンパなく高いのだ」と、よくよく肝に銘じておかねばならないということです。

自戒の念を込めて、記してみました。



  1. 2018/10/09(火) 23:50:48|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クレジットカード決済

あるお店で1万円の買い物をして、クレジットカードで支払ったとします。
クレジットカードによっては、それによってポイントが付いたりして、現金で買うよりも得しちゃった、みたいなことになることもあるのですが、支払われたお店側にとってはどうなのでしょう。

1万円の商品を現金でお売りしたのなら、お店には即1万円が入ります。
クレジットカード払いでお売りしますと、その時点では、お店は商品を渡しただけで、お金は手に入りません。
契約によって異なりますが、何日後とか、毎月何日とかに、指定の口座に入金されるのが一般的です。

入金されるまでは、いくら売っても売っても、手元には一銭も入らないということです。

それから、入金される金額ですが、1万円でお売りしたからといって1万円が入金されるわけではありません。
契約によって異なりますが、手数料を引かれた金額が入金されます。
たとえば手数料が5%だったら、9500円の入金となります。

つまり、値引きをするつもりがなくても、結果として5%値引きして売ったのと、お店に入る金額は同じことになります。

したがって、お店側にとっては、クレジットカードで支払われると、現金で支払われるよりも損なことが多いわけです。
値切りに値切られた挙句、クレジットカードで支払われたりしたら、お店としては泣きたくなるかもしれません。

それでも、クレジットカード払いを受け付けないことによって生じる機会ロス(カードが使えないという理由で買っていただけない)を考えると、クレジットカード払いを扱ったほうがトータル的にプラスになるとの考えで、多くのお店はクレジットカード払いを扱っているのが現状かと思います。

お店によって、現金払いだと何%かの割引があったり、金額や商品によってはクレジットカードの使用を受け付けなかったりするのは、そうした背景もあるのだと思います。


当店では、たいていのクレジットカードの取り扱いがありますが、極めて少額のお支払いの場合や、粗利がほとんど得られない商品・修理等に関しては、現金でのお支払いにご協力をいただくことがあります。

通常のメガネ一式やフレーム・レンズのご購入に関しては、問題なくカード払いをご利用いただけますので、ご安心ください。
まぁ、本音を申し上げると現金払いのほうが嬉しいのですが、「現金払いならその分値引きします」ということはしておりませんので、あらかじめご了承くださいませ。



  1. 2018/10/08(月) 23:53:34|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HPの不具合

当店のHP、検索順位が下がったまま浮上せず、右肩下がりで下降している感じで、不安な日々を過ごしています。

何をどうすればいいのかわかりませんが、HPの構造そのものに問題があるようで、「モバイルフレンドリーテスト」をしてみると、読み込みエラーが出るページがほとんどです。

中には、スマホではちゃんと見られるのに、「モバイルフレンドリーではありません」と診断されてしまうページもあります。

sdf.jpg

グーグルサーチコンソールにおいては、軽微なエラーの場合は、一応「モバイルフレンドリー」とみなされてはいるようなのですが、フレンドリーテストで読み込みエラーが出ないのが完璧なサイトなわけで、エラーの許容値がさらに厳しくなったら、もっと順位が下がってしまうことになりそうです。

画像のないページだと、エラーが出ないことが多いので、画像がよくないのかと、サイズを縮小したりいろいろやってみても、改善しません。

「ここを直せばいいんだよ」と教えてくれればいいのですが、そんな気の利いたことをしてくれるはずもなく、一から作り直さないといけないのかとか考えていたら、疲れてしまいました。

ユーザーさんが普通に閲覧できればいいとは思うのですが、検索に引っかかってのHPですから、これからどうしたらいいか、考えないといけません。



  1. 2018/09/17(月) 23:45:30|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何曜日が空いていますか?

当店は予約制にしていないので、何曜日・何時ごろが空いていますか?と聞かれることがあるのですが、お答えのしようがないのですよね。
空いているときは一日中空いていますし、混んでいるときは開店前から途切れないこともあるので・・・
まぁ、一日途切れないような大ブレイクの日は、そうそうあることではありません。

先日来られたお客様は、すんなり応対を開始できたのですが、「次から次へとお客さんが来るんだと思ってた」と言われました。
毎日、次から次へと来られるようになったら、今のように時間をかけた応対がやりにくくりますから、そのときは予約制もアリだとは思いますが、利便性を損なうというマイナス要因も大きいので、私の性格ではなかなか難しい問題です。


ご商売をやられているかたはわかると思うのですが、さっきまで暇だったのに急に立て込んで、また暇になり、「ばらけて来てくれれば全く問題なかったのに」と思うというのはよくある話です。
お客様の動向は、予測がつきません。

当店の傾向で申し上げますと、平日は当店で過去にご購入いただいたことのあるかたが多いです。
地元のご年配のかたは、ほとんど平日に来られます。
過去の履歴があると、検査・レンズ選び等に費やす時間を短縮できることが多いです。
したがって、お客様が重なってしまっても、お待たせする時間が少なくて済みます。

日曜・祝日は、当店を初めてご利用になるかたが多くなります。
この場合、一人一人のお客様に要する時間は長くなります。
地元のご年配のかたの来店確率が下がるので、お客様が重なる可能性も下がりますが、重なってしまったときはお待たせする時間が長くなります。

土曜は平日と日曜・祝日の中間くらいです。
全く読めません。

じゃあ、いつなら空いているのさ、という問いに対しては結局お答えができないことになりますが、私と妻のどちらかが完全に不在の日(HPに記載しています)は避けていただいて、あとは「運」だと思います。

いつ来られてもお待たせしてしまうかた(いつも混んでますね、と言われます)がおられる一方、
いつ来られてもお待たせしないかた(ここは静かね、と言われます)もおられます。

空いてたら「ラッキー」と思ってください。

お待たせしてしまったら、ごめんなさい、です。

予約制にせざるを得ないくらい、次から次へとお客様が来てくださる店になるよう頑張ります。


  1. 2018/09/15(土) 23:50:15|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相性の悪いかた

お客様からの質問は、えてして漠然としたもの、正解が1つとは必ずしも限らないもの、が少なくありません。

たとえば、「○○はできますか?」という質問に対して、「できます」と答えられれば簡単ですが、「○○の場合はできます」「物理的に可能ですが、○○といった問題が起きます」などと、注釈が付くことが多くなります。

誤解を招かないためには、さまざまな可能性を踏まえて返答することが、あとあと無用なトラブルが生じることを回避できると私は考えているため、どうしても質問に対して簡潔に答えることが苦手です。

なので、(私から見れば)短絡的な回答を欲されるかたとの相性は悪いです。
特に電話では、その傾向が強いです。
短絡的であっても、知識のないかたにとっては、それで十分だったりすることもあるとは思うのですが。


先日のお電話での質問は・・・
(以下、詳細部分は数値をぼかしたり、変えています)

・自分は60代
・5年前の度数が-5.5Dで、先日の度数が-7.5Dだった
・60代で-7.5Dというのは、妥当なのか?

というもの。

多分、このかたにとってのベストアンサーは、

「妥当です」

ベターアンサーは、

「年齢別に、これくらいの度数が多いといった統計は存じ上げません。60代で-2Dの人もいれば、-10Dの人もいます。-7.
5Dであっても、問題はないと思いますよ」

といった感じだったのかもしれません。


実際のところ、「妥当か」という問いに対しては、妥当とみなす定義がわからないので、答えにくいです。

また、「-7.5Dであっても、問題はないと思いますよ」と前述しましたが、このかたは比較的度数の変化が緩やかになるはずの年代なのに、5年間で2Dの近視化が起きています。
ここで気にしないといけないのは眼疾患と矯正視力です。

ですから、「眼科で眼疾患の有無を診察した結果、眼疾患がなく、良好な矯正視力が得られているのであれば、-7.5Dであっても、問題はないと思いますよ」というのが、より正しい言いかたになります。

ですので、できる限り誤解がないよう、背景をいろいろとお伺いしたのですが、その結果・・・

「自分が聞きたいのは、妥当なのか、ということだ。もうお宅には聞かない(行かない?来ない?よく聞き取れませんでした)からいい。」ということでガチャ切りされました。
当店のお客様であったのなら、これで1世帯プラスアルファの顧客を失なったことになります。

ご希望に添う回答を最短ルートでできなかったのは、私に問題があるのは百も承知しています。
あえて乱暴ないいかたをすると、短絡的に「妥当だと思いますよ。今、他のお客素様の応対中なので、申し訳ありません。」とあしらってしまえば済んだのかもしれません。

でも、私はそういう応対・説明はしたくないし、「妥当」の定義もわからないのに、妥当だと言うこともできないのです。
不器用な人間ですので、限られた情報から相手の求める言葉を端的に返すことはできません。
ブログも長文になります。

それが私の特性であるということをお含みいただいた上で、ご質問・ご来店いただくと、お互いにハッピーではないかと思います。
よろしくお願いいたします。




  1. 2018/09/01(土) 23:55:39|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノート

レンズを注文・加工するにあたり、計算が必要な事項が生じたのですが、滅多にやらない計算なので、やり方を忘れてしまいました。
計算を間違えると、とんでもないことになってしまうので、眼鏡学校時代のノートを開きました。

ixy_20180826_003.jpg

20年前のものです。

眼鏡学校時代やパシフィック大学時代のノートやプリント、それなりの量があるのですが、全部紙なんですよね。
火災に遭ったら、消失するか、水浸しになってしまいます。

パシフィックの特に大事なノートは全部コピーを取って、別に保管していますが、眼鏡学校のノートもコピーというか、今の時代ならデジタル化したほうが安心です。

それを言い出したら、アルバムやらなんやらも同じなのですが、わかっていてもやる気になれれません。
事故・災害が起こらないことを願うばかりです。




  1. 2018/08/26(日) 23:50:59|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

話を聞くだけでも

ご年配のかたが、「左眼の視力に右眼の視力を合わせることのできるメガネがつくれるか」ということでご来店。
左右眼のアンバランスが鬱陶しいとのこと。
白内障があると20年前に診断されていることは、申告されました。

お調べした結果、完全矯正値を通した視力は、右が0.4、左が0.9でした。
加入度を通して近見をしてもらうと「見にくい」とおっしゃいます。
試しに右眼を遮蔽すると「よく見える」とおっしゃいます。
見えにくい右眼が優位に働いてしまっているため、両眼を開けた状態では右眼のぼやけが気になって鬱陶しいわけです。

ご要望は、右眼の視力を0.9にできる限り近づけたいということ。
ですが、既に完全矯正値を測定していますので、それは無理なことはわかっています。

「私の調べた度数では、右眼を左眼と同じくらい見えるようにはできません。
他の人が調べたら見えるようになるかもしれませんが、どこで調べてもらえばよいのかは、私はわかりません。
でも、多分、これ以上見えるようにはならない、たいして変わらないと思います。
おそらく眼の病気が影響しているのだと思います。
最初に白内障があるとおっしゃっていましたよね。
眼に病気があると、どんなメガネをかけても、よく見えるようにすることは難しいです。」

そういったことをお伝えしましたが、ご理解いただけません。
「近視の人はメガネをかけたらよく見えるでしょ。そういうふうにはできないの?」
メガネをかければ、見えるようになると思いこまれているようです。

時間をかけて、同じようなことを言葉を変えて何度もお伝えしました。
検査お待ちのお客様がいらしているので、なるべく早めに切り上げたい気持ちはあるのですが、ご質問にもできる限りお答えしました。

結果・・・

最近、紹介状をもらって眼科へ行った。
そこでは、手術をするかしないかの判断を迫られたが、こちらの質問にはほとんど答えてくれなかった。
嫌ならやめていいと言われても、なぜ手術をしないといけないのか、その理由もよくわからなかった。
今、話を聞いて、手術をしないと見えるようにならない、ということがわかった。
(必ず見えるようになるかは、他の眼疾患の有無によっても変わりますので、私の立場では何とも言えないわけですが)

そのようなことをおっしゃられました。


眼科では、たくさんの患者さんのお相手をしないといけません。
1人1人の患者さんに応対する時間を倍にすれば、待ち時間も倍になります。
ですから、どうしても、1人1人に納得がいくまで話をするのは難しい面があると思います。

そういうとき、我々が少しでも話を聞いてあげることができたら、少し気持ちが違うのではないかと思います。

結果として、お待たせしてしまうお客様が出ることもありますが、当店のスタンスをご理解いただければ幸いです。



  1. 2018/08/21(火) 23:24:59|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

検索

当店HPのURLを「http」から「https」に変更して一か月ちょっと経った今月上旬のある日、当店HPの検索ヒット数が突如暴落しました。
かれこれ10年以上、安定して上位表示されていたキーワードで検索をかけても、軒並み箸にも棒にもかからなくなっています。
今も、非常に低い水準で推移しています。

撃沈しているキーワードに「神奈川」「相模原」等の地域を限定する語句をつければ、何とか上位表示されているのが救いですが、こうなってしまった原因が全く分かりません。
各ページの内容は、決して薄っぺらなものにはしていないはずなのですけれども。

グーグルから違反警告・ペナルティを受けているわけでもないようのですが、すべてのページが似たり寄ったりの低評価です。

撃沈しているのはうちのサイトだけでなく、他の上位常連さんも見かけないというか、今まで見かけなかったサイトが上位に来ているので、評価の基準が変わってしまったのかもしれません。

何をどうすればいいのか、全くわかりませんが、いろいろ調べて、自分なりにできそうなことを試している状況です。
HPが弱くなってしまっているのであれば、SNSをうまく使っていくことをもっと考えないと、まずいですね。
ただいま、かなり青ざめております。




  1. 2018/08/20(月) 23:40:30|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

連休のお知らせ

今日の相武台前駅は、「ひまわり祭り」へ足を運ばれるかたがたのバスを待つ列ができていたようです。

IMG_3634.jpg


当店は、明日13日から16日まで、連休をいただきます。

17日9時より通常通り営業を再開いたしますので、よろしくお願い申し上げます。

ixy_20180812_001.jpg

なお、連休中のブログの更新はいたしませんので、ご了承くださいませ。



  1. 2018/08/12(日) 20:04:33|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紛失

使っているメガネや補聴器をなくしてしまったということで、新しくお求めになりたいというかたが、たまに来られます。

外出先でなくした場合は、ほとんどの場合、見つかることはないようですが、「補聴器を家の中でなくした」という場合は注意が必要です。

お客様は、補聴器がないと不自由だからということで、少しでも早く新しいものが欲しいというお気持ちはわかるのですが、ご注文をいただくと、たいてい見つかるんですよね。

ご注文いただく時点で、「あとで見つかったからといって返品をされても困るのですが」とあらかじめお伝えすると、「それはしないから、とにかく進めてくれ」ということで承るのですが、いざ見つかってしまうと「何とかならんか」となるわけです。
安いものではないので、お気持ちはわかります。

ということで、私は「家の中での紛失」の場合、もう少し探していただくようにお願いしています。
それでも見つからない場合はご注文をお受けしますが、あとから見つかったときは、それは予備の補聴器として保管していただくように、ご了解をいただきます。

酷なようですが、「見つかったから、あとから購入したのは返品します」というのは、ご遠慮いただきたいというのが、本音であります。




  1. 2018/08/11(土) 23:50:12|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

当店の検査室

店舗を移転するにあたっての店舗レイアウトで、念頭に置いたことが幾つかありました。
その一つが「検査室をもう少しすっきりさせたい」というものでした。

旧店舗の検査室

ixy_20170807_001.jpg

測定距離は5mあるものの、左右の圧迫感が大きく、専門的にいうと不要な調節刺激を誘発するリスクがありました。

・左右の壁面の幅を広げ、壁面をすっきりさせる
・車椅子での出入りをしやすくさせる

この2点を具現化させたつもりでしたが、

EOS_2018_08_07_061.jpg

車椅子での出入りは、手前の壁が邪魔をしてやや不便です。
これは、最終的には検査テーブルを変えることで何とかできると思います。

ただ、検査室内での車椅子の方向転換が難しいです。
脇から入室するのではなく、直進すれば検査テーブルにつけるような導線にすればよかったのですが、他の売り場レイアウトとの兼ね合いで無理でした。


↓お客様から視力表を見たところ。

EOS_2018_08_07_062.jpg

左右壁面間の幅は広げることができたものの、右奥の柱の出っ張りが気になります。
ここを平坦にすると、検査距離5mを確保するために、その分お客様の座る場所の奥行きが狭くなってしまうため、諦めました。

建築上の都合で、10cmくらい左右の幅が狭くなってしまったのが想定外だったのと、壁面に収納を設けたかったのが予算の都合でできなかったのが残念です。

本棚と深視力計が目障りなのですが、他に持っていき場がありません。
本棚は旧店舗から持ってきたのをそのまま転用しているだけなので、最終的には撤去するのもありかと思います。

限られた予算の中で、思い通りにするのはなかなか難しいですが、できる範囲で少しずつ改良していけたらと思います。






  1. 2018/08/08(水) 23:30:51|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日、店長は不在です。

明日31日(火)、名古屋で開かれるビジョントレーニング研究会にて司会を承っておりますので、店長は終日不在となります。
ただいま、名古屋へ移動中です。

20180730205121e3c.jpeg

明日、眼鏡関連業務は妻が担当いたしますが、レンズを生かしてのフレーム交換や、通常店頭で対処できる一部の修理については、対応ができません。

また、補聴器の調整・販売にも対応ができませんのでご了承くださいませ。

よろしくお願い申し上げます。


  1. 2018/07/30(月) 21:00:57|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

他店さんを紹介するということ

首都圏外にお住まいのかたからのお電話による問い合わせが普通にあります。

多いのは両眼視関連。
検査のこと、プリズムのこと、遮蔽膜のこと等々。

あとはクラッチグラスとかアーレンレンズとか、もちろん発達障害関連のトレーニングに関してもです。

最終的にはご来店いただいてお調べするなりなんなりしないとどうにもならないわけですが、簡単に足を運べる地域にお住まいでなければ、「どこかのお店を紹介してほしい」ということになります。

たまたま、お住まいのエリアから近いところに、私が店主さんやスタッフさんを存じ上げているお店があれば、ご紹介はできますが、そうでなければご紹介のしようがありません。

紹介するというのは、紹介する側にとっても責任が伴います。

たとえば、「両眼視機能検査+地域名」で検索を掛けてヒットしたお店があったとしても、面識のないお店であれば私は「ご紹介」はしません。
決してそのお店を疑っているわけではないので、そこは誤解なきようお願いしたいのですが、「この辺で料理のおいしいお店を教えてよ」と聞かれて、食べに行ったこともないお店を口にするのが憚られるのと同じようなことです。

せいぜい「○○〇で検索を掛ければ、幾つかお店が挙がるでしょうから、私はそのお店のことは存じませんが、そちらにお尋ねになってみてはいかがですか?」くらいのことしか言えません。
その点はご理解をいただければと思います。


「自分は○○に住んでいる。近くで××という商品を扱っているお店を教えてほしい。」といった問い合わせもあるのですが、当店が眼鏡店に商品を卸しているのでなければ、わかりようがありません。
問屋さんなりメーカーさんなりに私が問合せて、質問者さんに返答するような作業はお断りしています。
その点もご理解をいただければ幸いです。




  1. 2018/07/29(日) 23:49:27|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あさって、店長は午後不在です

7月27日(金)、小学校の教員研修での講義のため、店長は午後不在となります。

12時過ぎには店を出ますので、以降の対応は妻が1人で行ないます。
タイミングによっては、お待たせしてしまう時間が長くなりますことを、あらかじめご承知おきくださいませ。


  1. 2018/07/25(水) 23:54:50|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソープフラワー

素敵なソープフラワーをいただきました。

IMG_2328.jpg

IMG_2330.jpg

お花が石鹸の素材でできています。
良い香りもします。

さっそく、ディスプレイとして使わせていただきました。
最終的には、お風呂に入れたりしても使えるようですが(バブルバス風)、それはちょっともったいないですね。

どうもありがとうございました。




  1. 2018/07/16(月) 23:50:00|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地図

以前、ストリートビューについてのネタをアップしましたが、現店舗は、駐車場だった場所に建てたため、まだ地図上に建物が反映されておりません。

グーグルマップ上では正しい位置にピンが刺さるように修正をかけましたが、

1807131.jpg

現店舗の住所で検索をかけても、存在しない住所になっているため、地図が表示されません。

したがいまして、カーナビに住所入力をして検索も、近い場所までしか来られません。

カーナビで住所を入力する場合は、
相模原市南区相武台1-24-6
とご入力いただき、その隣の空き地を目指してください。
もしくは、当店の電話番号で当店がヒットするのなら、その場所の向かいになります。


先日、カーナビの地図情報を管理(?)している北海道の会社から、当店の住所が存在しない、と問い合わせがありました。
ゼンリンの地図が更新されないと、当分このままだと思いますが、いつになったら地図上で認めてもらえるのか気になっております。






  1. 2018/07/13(金) 23:50:46|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

常時SSL化

ネットショッピングでクレジット情報を入力する画面で、「このサイトは暗号化されています」みたいなコメントが表示されることがあります。

このしくみを「SSL」というらしいのですが、グーグルの検索において、SSL化されているサイトを優先的に表示させる方針が強化されるという話を聞きました。

今までは、通販しているサイトだったり、個人情報を入力するページのみがSSL化されているのだと思っていて、特に気にもしていなかったのですが、通販する・しないに関わらず、サイト全体をSSL化しているケースが多くなっているようです。

その場合、URL冒頭が「http://」ではなく、「https://」になります。

Firefoxだと、SSL化されていれば、こんな鍵マークが表示されます。

456.jpg

実際、どこまで検索に影響するのかはわかりません。
けれども、ある検索語句で検索したときに「何でこのサイトが当店より上の順位になるのだろう」と不思議に思ったときに、そのサイトがSSL化されていることが散見されるので、遅まきながら手を打つことにしました。

通販をするわけではないので、なるべくコストをかけずに済ませたいと思っていたところ、契約しているサーバーに無料のプランができたので、取り急ぎそれを申し込みまして、

https://www.megane-isshindo.jp がスタートしました。

789.jpg

これで終わりではなく、外部・内部リンクの変更をしたり、グーグルに報告したりしないといけません。
わかる範囲・できる範囲でやり始めたところです。

ここがわかりにくいところなのですが、現在インターネットの世界において、当店のサイトは http で始まるものと https で始まるものとが存在することになりました。

まだ立ち上がったばかりなので、当店のサイトで検索に引っかかっているのは、http のものだけです。

これをクリックしたときに、自動的に https のほうに飛ぶようにしたい(リダイレクトと呼ぶそうです)ので、サーバーにやりかたを聞いてはいるものの、うまくいきません。

明日、もう一度聞いてみたいと思います。

やっとスマホ対応サイトができたと思っていたところに、またまた新しい仕事が増えました。

ホームページは当店の生命線なので、SSL化する過程で一時的に順位の下落が起こるかもしれませんが、何とかうまく回るようにしいです。








  1. 2018/06/24(日) 23:50:02|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

できればご連絡をいただけますと・・・

当店は「予約制」にはしておりません。

何度かお伝えしておりますが、「完全予約制」ではなく「予約優先」という形を取ったとしても、お約束の時間に応対を開始できる保証がなく、予約なしで来られたお客様との間でトラブルが生じたりすることもございますので、ご来店順での応対とさせていただいております。

日によっては、私もしくは妻が不在の場合もあるため、事前にお電話をいただければ、その時点での両名の出勤状況についてはお答えは可能です。
(家庭の事情・健康状態等で、当日予定が変わることはございます。)

それを踏まえて、「予約」という形にはできないということをご了解いただいた上で、「何日の何時ごろにおうかがいします」というご連絡をいただくことがございます。
前述のように、こちらの事情が当日変わる場合がございますので、お客様のご連絡先を伺えばよいのですが、予約でもないのにお伺いするのはいかがなものかという気持ちもあったりしまして、何も聞かずに「その時間に来店があるであろうことを心得ておく」ことがあります。

心得ておくというのは、その時間帯はなるべく予定を入れないようにしておく、ということです。
例えば、同じような来店希望の問い合わせがあった場合には、その時間の近辺は外してもらうとか、その時間の近辺には手のかかる加工や作業はしないとか、日曜であれば、妻は息子の面倒をみたりしないといけないので、その時間は極力空けておく(息子に我慢を強いることもあります)とか、大したことではないのですが、できる範囲で気を遣っています。

なので、「13時ごろに伺います」と言われていたのに、14時になっても15時になってもお見えにならないと、こちらとしても次のアクションが起こせず(起こしにくく)、ちょっと困ってしまうことがあります。
「ご来店順の応対」という原則がありますから、他のお客様の応対は開始しますが、「このタイミングで来られると、だいぶお待たせしちゃうなぁ」とかモヤモヤしながら応対をすることになります。

残念ながら、そういうケースでは、そのまま来店されずに終わることがほとんどです。
加えて申し上げるなら、連絡先を伺わなかったかたに多いです。

「予約」ではない=約束をしたわけではないのですから、必ずしも13時ごろに来る必要はないでしょう。
ただ、前述のように、こちらとしては最低限の気遣いはしておりますので、来られないのであればそれで構いませんから、その旨一言ご連絡をいただけると、とても助かります。

連絡先を伺わないこちらも悪いでしょうし、繰り返しますが、「予約」を受けたわけではないので、最終的な「行く・行かない」は、そのかたの自由だとは思います。
それは重々わかっているのですが、そこは「大人の心配り」と申しますか、こちらの状況も忖度していただけないものかなと。

「来てください」と申し上げているのではなく、「やっぱり行くのやーめた」でよいので、教えていただけませんかということです。
電話がしにくければ、メールでよいのですし。
めんどうくさいとは思いますけれど。


よろしくお願いいたしますm(__)m





  1. 2018/06/11(月) 23:50:11|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どこにあるの?

お電話で問い合わせをされてくるかたから「おたくは、どこにあるのですか?」と聞かれることがあります。

先日は
「おたくで深視力用のメガネを作ってくれる聞いてんけど、どないして行ったらええの?うち、いたみやねんけど。」
「いたみ(伊丹?)・・・大阪ですよね?うち、神奈川なんですが」
「え?違うとこ掛けとんのかな」
なんてこともありました。

トラックのドライバーさんとのことなので、市外局番が「046」の時点で名古屋を越えているのは気づいていただけそうなものなのですが、いずれにしても、どうしてこういうことが起こるかというと、HP上に住所というか所在地がわかるように書かれていないからのようです。

これもまた、私がスマホが持っていないが故のことで、パソコンページだと

キャプチャ

ページの一番上に「相模原市南区」と出るようにしているのですが、スマホ画面だと出ないんですね。

1254.jpg

スマホで、どのように見えるかというのを細かくチェックしていないので、どうしてもこのような落ち度が出てきます。

ホームページをリニューアルした際、あとで住所が変わるのがわかっていたので、いちいち修正する手間を考えて、ホームページ内には住所をほとんど入れなかったのも災いしました。
(すべてのページの記載が連動して変更できるように設定すれば済む話なのですが、そこまでCSSやらHTMLを理解していないので・・・)

なので、取り急ぎアクセスの多いページを対象に、スマホ版のみに表示されるところに、住所を入れました。

54636.jpg

営業時間を直した時に、一緒にやっておけばよかったのですが。
気がつかなくて、どうもすみません。





  1. 2018/06/09(土) 23:50:12|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記憶

本当に申し訳ないのですけれど、私はお客様のお顔とお名前をセットで覚えるのが苦手です。

お受け取りの時、ご注文書の控えをご提示いただくなり、お名前をおっしゃるなりしていただかないと、そもそもお受け取りに来られたかたかどうかもわかりません。

見覚えのあるお客様が、新たにメガネのご注文に来られた時などは、必死に頭の中の引き出しを開けるのですが、たいていの場合「ごめんなさい、お名前を失念してしまいました」となります。

無論、すべてのお客様を覚えていないというわけではありません。
覚えているときもあります。

目の前にお客様がいらしても思い出せないのですから、電話であればなおさらです。

ごく稀に「わたし。だれだかわかる?」と声だけでだれだか答えさせようとするかたがいるのですが、ごめんなさい、ほぼ無理です。

「○○です」と名乗られても、比較的多い名字のかたですと難しいです。
「わからないの?」とおしかりを受けることがありますが、ごめんなさいとしか言えません。

「○○市の○○です」とさらに具体的な情報をいただいて、「あ、○○の対応をした人だ」ということは思い出せても、お顔までは浮かばないことが多いです。

なので、再来店の際は、お名前をおっしゃっていただけると、大変ありがたいです。
勝手申し上げて恐縮ですが、ご協力をよろしくお願い申し上げます。





  1. 2018/06/05(火) 23:50:23|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad