キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

今日のお出かけ

京成にのってきました。

2017072722003379e.jpg

20170727220044157.jpg

相互乗り入れしている京急にも乗りました。

名鉄や、昔の京成も赤ですが、私は京急派です。

201707272200361bb.jpg



  1. 2017/07/27(木) 22:13:26|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スカイライナー

過日、息子を連れて、京成スカイライナーに乗ってきました。
京成上野から成田空港第一ターミナルまで、ただただ乗るだけです。

20170521212245ac7.jpg

京成上野からの乗客はほとんどおらず、日暮里からそこそこ乗車がありましたが、中国のかたたちが多かったです。
飛行機の出発時間との関係もあるかもしれません。

車両前方のモニターでときどき、運転席からの画像が流れます。

20170503134142.jpg

スカイライナーのウリは160km/時での走行です。
「現在の速度」がモニターに表示されるわけではないので、わかりませんが、多分それくらいで走っているだろうという時の動画。



アメリカに住んでいた時、実家から成田へは、新宿から成田エクスプレスを利用していました。
成田から実家へは、相模大野までバスを利用することもありました。

今は、新宿から日暮里経由のスカイライナー乗り換えで1時間ちょっとなので、成田エクスプレスよりも早いですが、もし今後、成田から出国する機会があったら、どちらを利用するかは考えちゃいますね。
荷物を持っての乗り換えは面倒ですからね。





  1. 2017/05/21(日) 23:55:00|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東海道線

久しぶりに乗ります。

20170427145412d6c.jpg

往年の113系のほうが、旅情がありますね。

  1. 2017/04/27(木) 14:56:46|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

路線図

ふだん乗らない路線の車両に乗るとき、私は扉の上の路線図というか停車駅案内を見ながら過ごすことが多いです。
私鉄の場合は、特急やら急行やら、会社独自の運行形態があって停車駅もさまざまですし、相互乗り入れをしていれば駅も多いし、結構楽しめます。

当店の奥(売り場ではない場所)には、路線図カレンダーが貼ってあります。

1701071.jpg

玄関マットをレンタルさせてもらっている会社から、毎年いただいているものです。
こちらから言わないといただけないので、本当は当店のような小口の顧客に渡すものではないのだと思いますが、毎年すみません。

このカレンダーのいいところは、各路線の駅間所要時間が記載されているところです。

ixy_20170107_02.jpg

駅名(駅順)を覚えるのに役立ちそうですが、毎日見ていても、たいして覚えられません。
歳のせいでしょうか。





  1. 2017/01/07(土) 23:47:39|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京王線

先日、京王相模原線に乗る機会がありました。

相模原線には今年の5月に、井の頭線には4月に乗っていますが、本線に最後に乗ったのはいつだったろうと思い出すと、1993年(社会人1年目)かもしれません。

子供のころ、井の頭線で下北沢から渋谷に行くくらいしか、京王線の利用はありませんで、中大に入って初めて、京王本線・相模原線に乗りました。

大学時代に乗降したことのある駅を思い起こしてみると・・・

多摩動物公園
京王堀之内
橋本
高尾
高尾山口
京王八王子
長沼
南平
高幡不動
聖蹟桜ヶ丘
中河原
分倍河原
調布
明大前
笹塚
新宿

といった感じかなと。

通学は小田急多摩センターから京王バスでしたので、京王線に乗るのは学校帰りに遊びに行く時ばかりでした。

京王堀之内は森田君の家
高幡不動は稲垣君・江下君の家
聖蹟桜ヶ丘は養老乃瀧
調布はサークルの男子コンパ
明大前は宮古という沖縄料理店
京王八王子は西東京ボウル
などなど、いろいろ思い出があります。

一番乗った駅は多摩動物公園ですが、一番降りた駅はどう考えても中河原です。
「さくらサンリバー」にボウリングをしに行ってましたので。

帰りは、中河原から分倍河原へ出て南武線に乗り換え、登戸で小田急に乗り換え、という形でした。
思いっきり遠回りする経路で、正直面倒くさかったのですが、そんなこと気にするまでもなく、よく通いました。

で、先日、京王線のホームにあった路線図を見ていたら、

1611051.jpg

分倍河原に特急が止まるようになっていたのですね。

京王沿線の人にしてみれば「今頃気づいたのかよ」という話でしょうが、ふだん利用することがなければ、そんなものです。


  1. 2016/11/05(土) 23:35:03|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

阪急

先日、取引先の担当さんが「弊社のフレームが紹介されているので」ということでくださった情報誌。

ixy_20161019_05.jpg

阪急電鉄のものでした。

ixy_20161019_04.jpg


行動範囲の狭かった子供のころ、京成・東武・西武といった、関東の大手私鉄ですら、乗る機会はもちろん、目にすることも滅多にありませんでした。

当時の子供向けの電車本で「名鉄パノラマカー」「近鉄ビスタカー」「京阪テレビカー」等々の関東圏以外の車両の写真を見ては「将来、乗ることはあるのかなぁ」なんて思っていました。

どちらかというと、有料特急車両にばかり目がいってしまう中で、阪急電車の、あの独特のカラーは、とても印象的でした。

これね。

1610232.jpg

なので、大学2年の時、初めて本物の阪急電車を見たときは、とても感激したのを覚えています。

その3年後、神戸市民となり、阪急電車の乗り入れしている路線の駅前に住むことになりましたので、こんな記事を見ながら、

1610231.jpg
ixy_20161019_08.jpg

「確かに自分は神戸に住んでいた」ということを思い出しつつ、懐かしい気分になりました。


それにしても、ステンレス素材むき出しの車両が全盛の昨今、マルーンカラーをひたすら貫いている阪急電車は、さすがだなと思います。

小田急も、通勤車は8000形のカラーに塗装してほしいと思っていますが、まぁ無理でしょうね。





  1. 2016/10/24(月) 23:35:06|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

撮り鉄ではありませんが

ウォーキング中、相武台下駅近くの踏切にて、JR相模線。



政令指定都市を走る単線路線です。

橋本にリニアの駅ができるまでには、複線化か?


  1. 2016/05/26(木) 16:19:22|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相模線

おととい、海老名に「ららぽーと」がオープンしました。

妻は見に行きたくて仕方がないようなのですが、もう少し落ち着いてから(空いてから)行けばいいのにと思う私と、家にいたい息子は腰が重たいという状況。
わざわざ足を運ぶからには、何らかの付加価値がつかないと面白くありません。

海老名までは小田急線で2駅なのですが、息子に「相模線に乗ろうぜ~」と言ったら、快諾しましたので出かけることに。
えらい遠回りですが、そういう問題ではありません。

まずは相武台前駅から、「磯部」行きの神奈中バスに乗ります。

ixy_20151029_02.jpg
ixy_20151029_04.jpg
ixy_20151029_03.jpg

磯部は当店のお客様も多くいらっしゃる地域ですが、昼間は1時間に1~2本しかバスの運行がなかったりします。

1510311.jpg

車がないと、ちょっと不便な場所です。

10分足らずで、JR相模線の相武台下駅に着きます。

ixy_20151029_09.jpg

JR相模線は、政令指定都市相模原の「橋本」と、湘南の「茅ヶ崎」を結ぶ路線です。

私が子供のころは非電化でしたが、今は電化されています。
ただ、基本的にのどかな場所を走ります。
「橋本」にリニアの駅ができますので、そのころにはだいぶ変わるかもしれませんが。

のどかな場所を走りますので、駅員さんもいるのかいないのか、よくわかりません。

ixy_20151029_08.jpg

日中の本数も控えめです。

ixy_20151029_13.jpg

当然、単線。

ixy_20151029_10.jpg
ixy_20151029_11.jpg

遠くに「海老名」の街が見えます。

ixy_20151029_12.jpg

随分、遠くに来てしまったような感じのする風景ですが、我が家から歩いても35分程度の場所です。

ixy_20151029_14.jpg

単線ですので、この駅で上下列車の入れ替えがあります。
まず橋本行きが入線。

ixy_20151029_15.jpg
ixy_20151029_16.jpg

ちなみに、ドアはボタンを押さないと開きません。

ixy_20151029_17.jpg
ixy_20151029_18.jpg

おっつけ、茅ヶ崎が行きが入線です。
このとき、初老の女性に「あそこのベンチに置いてあるカバンは、ボクのじゃないの?」と言われました。

ixy_20151029_19.jpg

息子、ベンチにリュックを置いたままでした。
慌てて取りに走る妻。
こんな温かい気遣いをいただけること自体、都会では考えにくいことです。
ありがとうございました。

ボタンを押して中に入ります。

ixy_20151029_20.jpg

単線なのだから、非電化(気動車)のほうが味があるのになぁ、と思ったりしますが。

ixy_20151029_21.jpg

次の駅は「入谷」。
ここは、完全な無人駅です。

ixy_20151029_22.jpg

次の駅が「海老名」。
ボタンを押してドアを開けます。

ixy_20151029_23.jpg
ixy_20151029_24.jpg

思っていた以上に、人が降りました。

ixy_20151029_25.jpg

ホームにも人が多かったです。
いつもそうなのかはわかりません。

駅を出てすぐ、「ららぽーと」に到着。

ixy_20151029_26.jpg

帰路は、小田急でサクッと。






  1. 2015/10/31(土) 23:35:17|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グリーンライン

横浜市営地下鉄グリーンライン。

初めて乗りました。

2015090311111487d.jpg

20150903111120cff.jpg

201509031111210ce.jpg

20150903111822a65.jpg




  1. 2015/09/03(木) 11:18:38|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8000形

昨日、小田急の通勤車両の中では、8000形が私は好きだという投稿をしました。

私が子供のころの小田急といえば、5000形に代表される、

photo_01_10.jpg
http://www.odakyu.jp/lastrunning/#!/ より転載

こういった正面スタイルが定番でした。

ちょっと個性があったのが、9000形です。

1508071.jpg

そんな中、登場した8000形の斬新なスタイルは、

ixy_20140227_28.jpg

小学6年の私にとってはインパクトのあるものでした。

就役記念乗車券を思わず買ってしまったことからも、それはうかがい知れます。

IMG_3187.jpg

私にとっての小田急カラーといえば、「ケープアイボリーのボディーにロイヤルブルーの帯」なのですが、この8000形を最後に、小田急の通勤車両のボディーは帯以外は無塗装になってしまい、残念に感じています。

子供のころの印象というのは、尾を引きますね。




  1. 2015/08/07(金) 23:04:53|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4000と8000

小田急の通勤車両。

今時の子供(息子)は4000形がお気に入りのようですが、

2015080619561548c.jpg

昔の子供(私)は、8000形が好きです。

201508061956211bb.jpg





  1. 2015/08/06(木) 19:57:51|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時刻表

小・中学校のころ、授業の一環として「クラブ活動」というのがありました。
自分の好きなクラブに入って、5時間目や6時間目に学年関係なく集まって取り組むというもの。

私の場合は、

小4が「写真」
小5が「料理」
小6が「バスケットボール」
中1が「将棋」
中3が「鉄道研究」

で、中2のときが「時刻表クラブ」でした。
顧問の先生が課題を出して、それを各自が時刻表で調べるというものでした。
まだ、東北・上越新幹線が上野始発で、大宮までは「リレー号」という特急が走っていた時代です。


そんな私は年に一冊、時刻表を買います。
3月のダイヤ改正号です。

ixy_20150226_26.jpg

「JR」ではなく「JTB」派です。

今回の目玉は北陸新幹線。
まぁ、私が乗ることは、ほとんどないような気がしますが。

個人的には、21時台の東京発「のぞみ」が増発された点がよかったと思います。
閉店後に名古屋以西に移動することのある私にとっては、都合がよいわけです。
新大阪止まりなのが惜しいところですが。

今は、時刻表を開かなくてもネットで検索かければ済んでしまう時代ですが、自分でいろいろなパターンを考えながらプランを立てることができるのは、時刻表の醍醐味だと思います。
実際に、出かけることはなくても。

ちなみに今号は、子供が喜びそうな付録「特急運転系統図」もついています。
これを見ると、特急列車が減ったなぁというのを実感します。



  1. 2015/02/27(金) 23:52:50|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

行先表示幕

寝台特急「北斗星」が廃止になるということで、いわゆる「ブルートレイン」がなくなるということで話題になっていました。

私が持っている、これらは、

IMG_3183.jpg
IMG_3184.jpg

ブルートレインの車両側面についていた巻き取り式の表示幕です。

↓こういうの。

1208173.jpg

中学生の時に、全日本鉄道模型ショウ併設の「ジャンク市」で何年かかけて集めたものです。
部屋に貼るためのテープの跡が残ってしまったのが不覚でした。

本当は、「はやぶさ」の「西鹿児島行き」が欲しかったのですが、結局手に入りませんでした。

新幹線の発達とともに、こうしたロマンが消えてしまうのは、寂しい限りです。


  1. 2014/12/08(月) 23:12:34|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記念切手 その弐

郵便局へ行ったら、前回購入したシリーズの

ixy_20131213_03.jpg

第2弾が出ていました。

1412031.jpg

この中で、乗ったことのあるのは、

1412032.jpg

583系(急行きたぐに)と、東京メトロ銀座線1000系ですかね。

近鉄特急で乗ったのは別の形式ですし、西武レッドアローは新型、京成スカイライナーは初代と2台目、成田エクスプレスは旧型(253系)で乗ったことがあります。


ところで、前回の第1集をネタにしたのは、今年の春ごろだったかな、と思ったら、去年の12月でした。

「もう1年経ったのか!!」と、びっくりしました。

  1. 2014/12/03(水) 23:40:52|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記念切手

私は切手収集マニアではありませんが、郵便局に行ったらこんな切手シートが目に入りました。

ixy_20131213_03.jpg

小田急ロマンスカー3000形と

ixy_20131213_04.jpg

3100形が含まれていたので、

ixy_20131213_05.jpg

買ってきました。


「シリーズ第1集」ということなので、続編が出るのだとは思いますが、車両の選択にストーリーというかテーマが感じられないのが残念です。

せっかく発行するのなら、単に「鉄道車両の切手をつくりました」というのではなく、たとえば歴代のブルーリボン賞受賞車両とか、特急ヘッドマークシリーズとか、なんらかの意図があってほしいなと思います。

  1. 2013/12/14(土) 22:47:57|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トーマスランド号

過日、富士急ハイランドへ妻子と一緒に行ってきました。

私が富士急ハイランドへ行くのは、これが4回目。

小学生の時に2回。
このころは2回転ジェットコースター「ダブルループ」と回転しないけれど距離の長い「ジャイアントコースター」が売りでした。

高校生の時に遠足で1回。
このころは、回転にひねりが加わる「ムーンサルトスクランブル」が人気でした。

私が一番好きだったのは、「ロッキースライダー」という水上コースターでしたけど。


二十数年ぶりに訪れる富士急ハイランドは、当時とは乗り物もほとんど変わっているわけですが、2歳10か月の息子を連れて行く目的はハイランド内の「トーマスランド」。

ハイランドは3歳未満は入園料がかかりませんし、我々も別段何か乗り物に乗りたいわけでもないのでトーマスランド内の乗り物料金くらいで済みますから、パスポートを買う必要のない今のうちに行っておくのがお得なのです。


富士急ハイランドへ行くにあたって、まず大月駅(JRと富士急行線の乗換駅)まで妻子を車で送りました。

ixy_20120813_01.jpg

そして私は、一足先に車でハイランドへ向かいます。


なぜかといいますと、富士急行線を1日2往復している「トーマスランド号」に乗せたいという妻の希望があったからで。

トーマスランド号というのは、車体や車内がトーマス関連で彩られている車両でありまして、特別料金が必要なわけでもなく、いわゆる普通運賃で乗車ができます。

大月駅には少し早めについたので、先発の「フジサン特急」が止まっていたようです。

1208171.jpg

そして、トーマスランド号が入線。

IMG_1027zz.jpg
IMG_1030zz.jpg

先頭車両の最前列には、「運転台」が。

EOS_02316.jpg

ここから富士急ハイランドまで50分程度の旅です。
(終点は、その次の河口湖駅になります)


さて、私はといいますと、ハイランドへ車を止めまして、そこからタクシーに乗り込みます。
途中駅まで出向いて、そこで乗り込む算段です。

時間的に「下吉田駅」へ向かうのがよさそうでした。

EOS_02295.jpg
EOS_02297.jpg

数年前に新築された駅舎は、まだとてもきれいで、構内にはスハネフ14形客車が展示されています。

1208174.jpg
1208173.jpg

寝台特急「富士」のテールマークと、西鹿児島行の案内表示つきです。


切符にはハサミが入ります。

1208172.jpg

ホームから、富士山が見えます。

EOS_02300.jpg


定刻通り、トーマスランド号がやってきました。

EOS_02303.jpg

車内は家族連れで結構混雑していましたが、妻子は一番前の席に座れていたようです。
車内備え付けの、トーマスランドのキャップをかぶって1枚。

EOS_02305.jpg


途中、富士山駅(旧・富士吉田駅)にてスイッチバックがありまして、進行方向が変わります。

EOS_02312.jpg
EOS_02313.jpg


富士山駅で、結構人がおりましたので、少し車内を撮影する余裕ができました。

EOS_02317.jpg
EOS_02320.jpg
EOS_02310.jpg


次の駅が「富士急ハイランド駅」です。
無事到着しました。

EOS_02323.jpg

トーマスランド号に乗って、この駅に下車した人は「記念乗車証」がもらえるという話でしたが、最初もらえなくて、改札の人に言ったらもらえました。

EOS_02327.jpg

ただし、大人はもらえないようです。
トーマスマニアの大人は、奪い合いにならないように、トーマスに興味のない子供を連れて乗車するのが良いと思います。


  1. 2012/08/17(金) 23:00:01|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘッドマーク

実家で眠っている、これ、

IMG_3182zz.jpg

シワになってしまっていますが、往年の「L特急 つばさ」に使われていたヘッドマークです。
私の知っている「L特急 つばさ」は、上野と秋田の間を往復していました。

ヘッドマークというのは、こんな感じで先頭車両に表示されているもののことです。

IMG_0838zz.jpg

今は、電光掲示板みたいな感じのものが多くなってしまっていますが、昭和のころは、こういったイラストでした。


このヘッドマークは、中学3年の時に、全日本鉄道模型ショーに併設して開催されていた、国鉄の「ジャンク市」にて購入したものです。

本当は、「L特急 とき」か「特急 はくたか」が欲しかったのですが、どちらもなくて、でも何かヘッドマークを手に入れたくて選んだものです。
大枚4000円をはたきました。

「いい買い物をした」と、喜びながら帰路についたのを覚えています。

  1. 2012/06/27(水) 23:53:58|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HiSE 引退

本日、小田急電鉄では、3つの車両が引退をします。

通勤車両の5000形(画像なし)

ロマンスカー20000形(RSE)

1203166.jpg

ロマンスカー10000形(HiSE)

IMG_3274.jpg


5000形は私が生まれる前から活躍していた通勤車、20000形は私が大学生の時にデビューした車両で、主に御殿場線直通特急「あさぎり」に使用されていました。
10000形は、私が高校生の時にデビューした車両で、ハイデッカーという座席位置が高めの設計になっているのがウリでした。


引退前日の昨日、10000形に妻子と一緒に乗ってきました。
町田から箱根湯本まで。

1203164.jpg
1203162.jpg
1203163.jpg

ビデオとカメラをぶら下げて、いかにも「その手の人」っぽいいでたちでしたが、ほかにも「その手の人」っぽい人がたくさんいたようで、「車内で三脚を使用しての撮影や、歩きながらの撮影は、周りのお客様に十分配慮をしてほしい」旨の車内アナウンスが流れていました。


10000形は座席位置、つまり床面が高いため、車両に乗るためには、階段を上らなくてはなりません。
これが昨今のバリアフリー化への流れと逆行してしまったことは事実です。

EOS_01999.jpg


沿線の撮影スポットには、こんな人たちが。

EOS_01990.jpg

幸い、お天気に恵まれましたので、渋沢・新松田間では富士山も見えました。

1203161.jpg


箱根湯本で、最後の写真撮影。

EOS_02001.jpg
EOS_02003.jpg


乗る機会の多くなかった車両ですが、残念ながら一番前に座ったことは一度もありませんでした。

EOS_02007.jpg

前から2番目の席だとこんな感じになります。

IMG_3275.jpg


自宅に未使用のロマンスカードがありました。

1203165.jpg

ロマンスカードというのは、小田急線専用のプリペイドカードです。
まだ券売機での使用はできるんでしたかな?


長い間、お疲れ様でした。


  1. 2012/03/16(金) 21:06:16|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハサミ

私は「鉄ちゃん」ではないのですが、13歳前後の時期に鉄道模型にハマっておりまして、毎年夏休みの時期に松屋銀座で開かれていた「全日本鉄道模型ショー」に行くのを楽しみにしておりました。

もちろん、そこで展示されるジオラマを見るのが楽しみだったのでありますが、お楽しみがもう1つ。

「ジャンク市」と銘打たれた、国鉄からの放出品販売が同時に行なわれていたのです。
「国鉄とは何ぞや」という読者もおられるかもしれませんが、JRの前身だと理解していただければよいでしょう。

数百円から何万円もするようなものまでが売られていて、私も買える範囲の金額で欲しいものをゲットしていたわけですが、その中に3年越しで手に入れたものがありました。


1年目は、お小遣いを使い果たしてしまって買えませんでした。

2年目は既に売り切れてしまっていて買えませんでした。
悔しかったので、替わりに買ったのがこれ。

1108245.jpg

概算鋏というらしいのですが、車内精算をする際によく使われた、小さな穴を開ける道具です。

こういう穴が開きます。

1108242.jpg

確か2,000円でした。


そして、ようやく3年目にゲットしたのがこれ。

1108244.jpg
1108241.jpg

改札鋏です。
1,800円だったかな。

自動改札が当たり前になった今日、都会ではなかなか目にする機会がないかもしれませんが、これを使って駅員さんが改札口で切符にハサミを入れます。
改札周りの床は、切符の切りくずでいっぱいになっていました。

そのうち、「入鋏省略」なんて文字が切符に印刷されるようになったり、鋏の替わりにスタンプになったりしたわけです。

鋏痕はこちら。
何種類かあったのですが、もっともスタンダードな形(私のイメージですが)に近いものを選びました。

1108243.jpg

どこの駅で使われていたものかはわからないのですが、滑り止めのつもりだったのでしょうか、握るところに紙が巻かれています。
本当は、紙をはがして綺麗に磨いて油をさすくらいのことをしてあげたほうがいいのでしょうが、買った時のまま保管してあります。


大したものではありませんが、他にもいろいろ入手したものがありますので、おいおいご紹介したいと思います。



  1. 2011/08/24(水) 22:38:34|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久しぶりに

幼少のころ、プラレールが大好きだった私は、小学6年のときに鉄道模型の世界に足を踏み入れました。
一般に「Nゲージ」と呼ばれていて、9ミリ幅のレールの上を走らせる模型です。
「小田急」ならぬ「木部急」と名付けたりして、かなり夢中になったものです。

鉄道模型の醍醐味は、沿線風景を織り交ぜたジオラマをつくること。
当時は「レイアウト」と呼んでいましたが。

レイアウトを作るのは場所もとるし、それこそ器用でないと悲惨なものになってしまいますので、私は挑戦したことはありませんでしたが、年に一回、松屋銀座で「全日本鉄道模型ショー」というのがあって、それを見に行っては「いいな~」と思っていました。

高校生のころから、この世界からは離れてしまっていましたが、最近はカタログを買って眺めたりするようになりました。


昨日は「鉄道模型フェア」というのが伊勢丹であるというので、買い物ついでに息子にも見させようと思って連れて行きました。

レイアウトは、こんな感じでこじんまりとしたものでした。
こういう感じにまとまったものを見るのは、久しぶりです。
全体が見て回れるとよかったのですが、駅舎のあるエリアはスタッフのスペースになっていて、見られませんでした。
残念。

IMG_8638.jpg

車両基地から

IMG_8644.jpg

連絡線路を渡って本線に入れるようになっていたので、

IMG_8647.jpg

せっかくなら、スタッフさんも制御機器の前でダべっていないで、いろんな車両を動かしてくれればよかったのになぁと思ったりもして。

小田急ロマンスカーVSEはホームに止まりっぱなしだったし。

500系新幹線は、長めの編成(16両だったかは数えていませんが)で走らせていた気がします。
そのこだわりはよいのですが、東京じゃ今は実車を見られないんですよね。
南海特急とかも走らせていましたが、神奈川のちびっ子たちに馴染みのある列車を走らせてくれたほうが盛り上がったのではとも感じました。
大きなお世話ですね。

IMG_8637.jpg


連絡線路の並びには、機関車関連のコーナーもありました。

IMG_8643.jpg
IMG_8646.jpg

私は蒸気機関車は興味がなかったので持っていませんでしたが、こういうふうに並ぶと、抒情を感じます。


息子はとりあえずプラレールからスタートですが、果たして「木部急」を引き継ぐ気になるかどうか?
実家で眠らせてても仕方ないので、遊んでくれるといいのですがね。


  1. 2011/07/29(金) 22:42:17|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad