キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

84回目

昨日は、妻と一緒に、渋谷で開催されていたメガネフレームの展示会へ行ってきました。
何度も申し上げた通り、生粋の「新宿派」である私にとって、渋谷はアウェー感が満載で、どうにも好きになれません。
まぁ、来年も、この展示会は渋谷でしょう。

「これとこれとこれとこれ」みたいな感じで、ポンポン仕入れられればいいのですが、こちとら1本仕入れるのも必死なので、たいして買いもしないのに時間ばかりがかかって申し訳ないです。

お土産をくださるところもあります。

1704141.jpg

表参道の会場にも行こうかどうしようか迷ったのですが、かなり時間を費やしてしまい、息子の下校時間の兼ね合いもあって、妻が渋谷を発たねばならない時間を考慮しますと厳しいので、今回は「ごめんなさい」して、食事を摂ることにしました。

妻の選んだお洒落な洋食屋さんに入ったものの、私は食べたいものがなく、コストパフォーマンスの低いものとなりました。
その後、妻を井の頭線の乗り場まで送り届け、私はハチ公前のビルに向かいます。

ixy_20170413_03.jpg
ixy_20170413_04.jpg

渋谷ハチ公前献血ルーム。

ixy_20170413_06.jpg

先週、有楽町で混んでいてできなかったので、リベンジです。

いつものように成分献血をお願いすると、「赤血球が足りないので、400CCをお願いできませんか」と言われました。
成分献血で献血回数を増やすことを悦びにしている人は、400をやってしまうと8週間後にならないと成分献血ができないため、年間献血可能回数が減るため、拒否するかたが多いように思います。

私も拒否しようと思ったのですが、以前のように毎月成分献血に行くような時間はありませんし、「今、必要とされている」ことに応じるのが、本来の献血のあるべき姿ですから、素直に応じることにしました。

全血献血をやるのは、「成分献血をやるつもりで新宿西口のルームに行ったら、そこは全血しか対応しておらず、やむなく受け入れた」とき、もしくはパシフィック大の献血デー以来なので、どちらにしても16年以上ぶりだと思います。

成分献血用と違って、テレビのついてないベッドに案内されました。
短時間で終わるので、テレビは必要ないのです。

昨日の「針刺し」はあまり痛みを感じず、「全血と成分とでは、針の太さが違うのかな」と思っていました。
が、私を刺した看護師さんが、続いてとなりのベッドの人を刺したところ「痛い」と言われていました。

なかなか痛みが消えないらしく、「最初の痛みを10としたら、今はどれくらいですか?」「7です」みたいなやりとりをされていて、最終的に、痛みが取れないということで、中止になっていました。
刺されたかたも気の毒ですが、刺した看護師さんも気の毒に思えたので、「僕は、全然痛くなかったですけどねぇ」と小声で伝えておきました。

採血後、東京ではレディーボーデンを提供するルームが多いみたいです。

ixy_20170413_05.jpg

羽生選手が表紙のパンフももらえます。

ixy_20170413_09.jpg

昔は、200CC献血を1回やると1回、400CC献血を一回やると2回、成分献血を1回やると3回に、それぞれカウントされていたので、実際には成分献血を10回しかやっていないのに「30回やった」と自慢できるシステムがありました。
90年代途中(私が成分献血を始める前)から「1回は1回」ということになったのですが、「全血よりも成分のほうが優遇されている」ような印象を持っていました。

ところが昨日は「全血の人に差し上げています」と、チョコをいただきました。

ixy_20170413_07.jpg

そこの辺りの意図はよくわかりませんが、以前に比べて成分をやる人が増えて、むしろ全血のほうがありがたい、といった背景が、もしかしたらあるのかなと思ったりしました。

というわけで、84回目コンプリート。

ixy_20170413_08.jpg


  1. 2017/04/14(金) 23:45:03|
  2. 献血
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

想定外

昨日は東銀座で業界セミナーがありました。
15時半からなので、それまでの時間をどう過ごすか考えた末、まずはロマンスカーに乗り込みます。

運よく、リニューアルされた、EXEαが来ました。

1704072.jpg

ixy_20170406_08.jpg

まだ新車のにおいが残る車内でおにぎりを食べているうちに、おなかが痛くなり、個室へ。

ウォシュレットつきです。

ixy_20170406_09.jpg

新宿駅には、歴代ロマンスカーの絵が。

ixy_20170406_10.jpg

来春には、新型車両がお目見えです。


さて、最初の目的地は、日本橋横山町。
新宿駅から都営新宿線で馬喰横山駅へ。

お目当ては問屋街。

ixy_20170406_14.jpg
ixy_20170406_15.jpg

久しぶりにネクタイを買おうと思ったのです。

私も50歳が近くなり、以前のようにパンチの効いた柄は、なかなか締めにくくなりました。

たとえば、こんなの。

1111151.jpg
1102141.jpg
107042.jpg

かといって、スタンダードな柄を選ぶ気は毛頭ありません。
が、スタンダードない柄がたくさん売られているわけでもないですけれど、何本か仕入れてきました。

時刻は11時55分。
ネクタイ選びの時間が少しかかりすぎてしまいましたが、お次の目的地、有楽町まで歩きます。
約3キロです。

ちなみに、昨日は「赤い男」ではありません。
一応セミナーですので、座間神社に昇殿するときと、講師をするときくらいしか身に付けないスーツと革靴でした。

なので、ウォーキングには向かないのですが仕方ありません。

あちこちで桜が咲いていました。

1704073.jpg

中央通りに出て、しばらく行くと、日本橋北詰の交差点。
この先が、箱根駅伝10区、大手町のゴールです。

ixy_20170406_17.jpg

日本橋をくぐったころには、

ixy_20170406_18.jpg
ixy_20170406_19.jpg

足の指が痛くなってきました。
履きなれていない靴なので仕方ありません。

ところで、「箱根駅伝を歩く・往路編」が終わったら、「復路編」も考えているのですが、この中央通りを、真昼間に、「赤い男」で歩くのかと思うと、ちょっと考えてしまいます。


12時半、有楽町に到着です。

ixy_20170406_20.jpg

お目当ては、交通会館6階の献血ルーム。

ixy_20170406_21.jpg

15時半のセミナーに間に合うためには、ここを15時ごろに出れば大丈夫です。
待ち時間を多めに見たとしても、2時間半ありますから、まぁ予定通りだなと思っていたのですが。。。

献血カードを提出して、成分献血でお願いしますと伝えると、ベッドが空くのが14時過ぎだと言われました。
さすがに、それでは間に合いません。
400CCにしようかとも一瞬思いましたが、諦めることにしました。

84回目、

1610282.jpg

企画倒れです。


私は、たいていは予定がうまくいかなかった時のために、次善策を練っておくのですが、今回は全くこういう事態を想定しなかったので、2時間半どうしようかと悩みました。

とりあえず、献血前だからと遠慮していた、とんこつラーメンを食べに行き、その後、近隣の眼鏡店数店の視察に行くことにしました。

ネクタイがこれだったので、

0908211.jpg

買ったばかりのネクタイに替えていこうかと思ったものの、結局ノーネクタイでお邪魔しました。

接客されても申し訳ないので、空気のように、スーッと見させていただきました。
同業者だと、ばれていたかもしれませんが、どうもすみません。




  1. 2017/04/07(金) 23:50:24|
  2. 献血
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

83回目

昨日は、いつも通りウォーキングです。
目的地を本厚木駅にし、11kmくらいのコースを組みました。

相武台から本厚木へ行く場合、絶対に相模川を超えねばなりません。
そんなにたくさん橋があるわけでもない=ルートが限られてくるのですが、今回は座架依橋から国道129号、県道601号を下るルートを選択しました。

1610281.jpg

妻の指定するケーキ屋さんへ寄るために一番無駄がないルートです。

オシャレなお店に場違いな、むさくるしい格好で、指定の品を買いました。

20161027111708f87.jpg
ixy_20161027_15.jpg

右脛骨下方の痛みで途中からペースが上がらず、設定タイムより少し遅れて本厚木駅前に到着。

ixy_20161027_10.jpg


さて、なんの意味もなく本厚木に来たわけではありません。
ちゃんと目的があります。

ixy_20161027_11.jpg
ixy_20161027_12.jpg

初めて訪れるルームです。

いたって質素な室内でした。
トイレは他の施設と共用なのですが、中に入るのに暗証番号が必要でした。
(番号はルームで教えていただけます)

ixy_20161027_13.jpg


採血前に、ビスケットとカルシウムのタブレットをいただきました。

ixy_20161027_14.jpg


献血は滞りなく終了。
神奈川がそうなのか、このルームだけかはわかりませんけれど、記念品を6種類の中から選べました。

お菓子、レトロルトカレー、ハーゲンダッツ、あとの2つは忘れましたが、お米をいただいてきました。

ixy_20161027_16.jpg

83回目、コンプリート。

1610282.jpg







  1. 2016/10/28(金) 23:31:40|
  2. 献血
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

82回目

おととい、永田町からクネクネと12km歩いてたどり着いた池袋。

目的は、もちろん、

ixy_20160728_29.jpg

献血。

東口からすぐ近くのビルです。
最近は、お洒落な佇まいのルームが多くなってきたように思います。

ixy_20160728_30.jpg
ixy_20160728_35.jpg

そのお洒落な空間に、低山ハイク帰りみたいな恰好のオッサンが現れたわけですが、入り口で出くわしたスタッフの女性が引いたのがわかりました。

まず、トイレでシャツを着替えてからと思ったものの、受付の人に「どうぞ~」と言われてしまいました。

カードを出したら、血圧を測るように言われたので、おとなしく従います。

が、ここまでスローペースながらも歩いてきたわけで、こんな結果になりました。

ixy_20160728_33.jpg

さすがに、最低血圧が100を超えるのは、いかがなものかと思ったので、リュックをロッカーにしまい、トイレでシャツを脱ぎ、制汗シートで体を拭いて、替えのシャツを着てから再測したら、マシな数値になりましたので、手続きを済ませます。

献血の前に大事なのは、脂っこい食事を避けることと、水分を十分に摂ること。
ここに来るまでに、1.5リットルは飲んでいますが、相当汗をかいているので、ジュースを2杯飲んで本番へ。

最近の献血ルーム、待合室はお菓子や雑誌・マンガなどが充実しているのですが、採血中の過ごしかたは、テレビを見るくらいしかなく、どこへ行っても大して変わり映えがしません。
DVDが見られるところもありますが、ここのルームはテレビのみ。
せめてベッドにマッサージ機能とか欲しいんですけど。

あいにくテレビは電波の入りが悪く、音声と映像が途切れがちで、一番まともに映ったのがNHK教育でした。
時間的に「おかあさんといっしょ」とか「はなかっぱ」とか「みぃつけた」とか、要はその手の幼児向け番組の時間で、まぁそれを見ていたわけですが、歩いた後に横になっているものですからだんだん眠くなってきてしまい、「クッションをニギニギしていないと、出が悪くなるので、寝ないでくださいね~」と言われる始末。

終わった後は、お一人様1個でレディボーデンが。

ixy_20160728_34.jpg

ガリガリ君との2択にできませんかね?

ここのルームの利用者は、休日にコーヒーを飲みながら雑誌を読んで過ごすようなイメージの若い女性が多かったです。
オッサンにとっては長居は無用の空間なので、早々に撤退。

帰りの道中、新宿駅南口を出て、はじめて「バスタ新宿」の建物を見ました。

ixy_20160728_36.jpg

年2回のペースでは、100回になるまで9年かかってしまいます。
本来なら、とっくに200回を超えていなければいけないはずなだけに、もう少し、何とかしたいのですが。

ixy_20160728_38.jpg

82回目、コンプリート。





  1. 2016/07/30(土) 23:47:58|
  2. 献血
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

81回

昨日は、妻のお友達の家に、妻子が遊びに行くという、毎年恒例の日でした。

3年前・4年前は、車で連れていきましたが、渋滞に巻き込まれたりして不毛な時間を過ごしましたので、去年は電車でお付き合い。
息子も大きくなりましたし、今年はついていかなくてもいいんでないかいとも思いましたが、深く考えないことにします。

とはいえ、私自身は道中に付き添うだけですから、何か楽しみがなければやっていられません。
私は「乗り鉄」ではありませんが、松戸まで、どのルートを取るか考えた末、乗る機会もないだろうと思っていた「上野東京ライン」を利用することにしました。

東京駅の7番線。

ixy_20150820_05.jpg

8番線には常磐線の特急「ときわ」、そのとなりには伊豆急下田行きの特急「踊り子」。
半年前には見られなかった組み合わせです。
私は「撮り鉄」ではありませんが、一応撮ってみました。

ixy_20150820_04.jpg

土浦行きの列車到着。

ixy_20150820_06.jpg

息子の希望で、先頭車両に乗ります。
東京駅を出て、じきに上り坂に。
初めて見る景色です。

ixy_20150820_07.jpg

秋葉原通過。
右手に新幹線が。

ixy_20150820_08.jpg

御徒町通過。

ixy_20150820_09.jpg

上野に到着。

ixy_20150820_10.jpg

日暮里からは、去年見た景色と同じです。

ixy_20150820_12.jpg

松戸で妻子はタクシーに乗ってお友達の家へ。
私は別行動です。

向かう先は、当然ながら、松戸献血ルーム。
1年ぶりです。

ixy_20150820_13.jpg

ところが、ワタクシ、うっかり月曜日にロキソニンを服用してしまいまして、服用後72時間±2時間経過といったところのため、今回は血小板ではなくて、血漿の採取となりました。

そのせいか、いつもより時間が早く済み、12時半前には終了。
そのまま駅前のサウナに直行します。

献血のあとにサウナというのは褒められた行動ではありませんが、血漿を提供したあとは決勝を見なくてはいけません。

館内のエレベーターには告知ポスターが貼ってありましたが、

ixy_20150820_15.jpg

どうせなら、表の入り口の前とかに貼ればいいのに。
もっとも、レストランに行くためには入館料を払って、館内着に着替える必要がありますから、宣伝効果は?ですが。

入浴もそこそこに、まずはテレビ付きのリクライニングソファーで横になりながら観戦。
たいていの人は、仙台育英を応援するのではと思いますが、東海大相模は当店の隣りの駅が最寄りですし、私は相模原市民ですし、どちらを応援するのかはっきりしろと言われたら、東海大相模です。

1508211.jpg
(パンフレットより)

4対0になったところで、レストランへ移動し、タンメンをいただきながら観戦。

6対3となり、いよいよこれから、というところで残念ながら退却です。
15時に北総線の北国分駅で待ち合わせなので、やむを得ません。
ラジオを忘れたので、試合の経過はiPadで追いかけることにします。

去年は松戸駅から柴又経由で向かいましたが、今年はバスで行きます。

ixy_20150820_17.jpg

妻子と再会し、今度はJR総武線の小岩に向かいます。
まずは北総線で新柴又へ移動ですが、北国分駅のホームでスカイライナーを見ることができました。

ixy_20150820_18.jpg

新柴又からはバスに乗ります。

ixy_20150820_20.jpg

座れるときは先頭座席に座る性分。

ixy_20150820_21.jpg

15時半ごろ、小岩駅に到着し、妻子はお友達の家に。
私は、1時間ほど適当に時間を潰します。

ixy_20150820_22.jpg

こんなことなら、最初から小岩駅で16時半の待ち合わせにすれば、最後まで決勝を見られたと思うのですが、深く考えないことにします。

お帰りはVSEで。

ixy_20150820_25.jpg

81回目、無事終了です。

1508212.jpg



  1. 2015/08/21(金) 23:11:29|
  2. 献血
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

80回

昨日の続きです。

研修を終えたあとは、恒例の献血へ向かいます。
その前に、腹ごしらえ。
毎回、ラーメンを食べていましたが、献血前に脂っこいものはやめましょうと言われているので、今回はお蕎麦にします。

当初、秋葉原の「アキバ献血ルーム」へ行くつもりだったので、火事から復活した「神田 やぶそば」に行こうかと思いましたが、どうせなら大好きな「白い蕎麦」が食べたいので、初めて東京メトロ南北線に乗り麻布十番へ。

ixy_20150716_02s_2015071720511024d.jpg

白金に近いこともあり、どことなくセレブな雰囲気が漂う通りを歩いていきます。

ixy_20150716_03.jpg

半袖・短パン・サンダルにリュックでは歩きにくい街です。
なので、今回は綿パンに運動靴といった装いにしております。

お目当ての、「総本家 更科堀井」さんに到着。

ixy_20150716_05.jpg

真っ白い「さらしな」を大盛りでいただいてきました。

食事のあとは、せっかくなので都心を歩きたいのですが、さすがにここから秋葉原まで歩くのは時間がかかりすぎるので、有楽町の献血ルームに行くことにし、浜松町駅を目指すことにします。
3キロほどなので、お手軽コースです。

東名高速経由でお台場方面に向かうときに走る、首都高速都心環状線に沿って歩いていくと、東京タワーが見えてきます。

ixy_20150716_06.jpg
ixy_20150716_07.jpg

昔は、もっと高いタワーに感じましたが、スカイツリーを見てしまうと、それほど高さを感じません。
久しぶりに立ち寄りたい気もしますが、時間もないので、先を急ぎます。

芝公園を横目に眺めつつ、かつてダイエー東京本社(HOC)が入っていたビルの前を通ってみました。

ixy_20150716_09.jpg
ixy_20150716_10.jpg

入社前の面接時に数回と、新店研修の時に5日間くらい通ったくらいしか、本社の思い出はありませんけれど。

増上寺前の門のある交差点を右折すると、

ixy_20150716_11.jpg

浜松町駅はもうすぐです。

結婚する前、妻と東京タワーからの夜景を見に行った帰りに寄った飲食店の入っていたビル。

ixy_20150716_12.jpg

そのときに入ったお店は、別のお店に変わっていました。

ここまで、何とかもっていた天気ですが、浜松町駅に着く5m前から雨がザーッと降ってきました。

ixy_20150716_13.jpg

もう少し到着が遅かったら、折りたたみ傘を出すところでしたが、ささずに済むあたりは「さすが、キベベ」。

有楽町までは山手線を利用しまして、献血ルームのある交通会館へ。

ixy_20150716_14.jpg

羽生選手がお出迎えです。

ixy_20150716_15.jpg

銀座に近いためか、全体的に落ち着いた雰囲気の室内。

ixy_20150716_16.jpg
ixy_20150716_02a.jpg

待合室から、新幹線が見えます。

ixy_20150716_18.jpg

終わった後は、お一人様一個、レディボーデンが食べられます。

ixy_20150716_19.jpg

ガリガリ君のほうが、いいのですが。


献血ルームをあとにして、3階のデッキに新幹線を見に行ってみました。

ixy_20150716_20.jpg
ixy_20150716_21.jpg

東海道新幹線は、車両のバリエーションが少なすぎて、いまひとつ楽しみがありません。
もう一度500系が見たいです。

1階と地下1階には、各地のアンテナショップが点在しています。

和歌山、

ixy_20150716_24.jpg

富山、

ixy_20150716_23.jpg

一番賑わっていたのは北海道ですが、

ixy_20150716_25.jpg

懐かしき兵庫や大阪が個人的には好みです。

ixy_20150716_22.jpg
ixy_20150716_26.jpg

現地に出かけた時に買うのが一番楽しいのだとは思います。


その後は、東京駅まで歩きまして、

ixy_20150716_28.jpg

ダイヤ乱れの影響で運休していたロマンスカーが復活していたこともあり、新宿駅からVSEに乗りました。

ixy_20150716_29.jpg

1号車の前から5列目でした。
目の前が広いです。

ixy_20150716_31.jpg
ixy_20150716_02.jpg
ixy_20150716_32.jpg


ということで、80回目、無事終了。

1507171.jpg

時間がかかるので、ついつい足が遠くなってしまうのですが、年2回ペースではねぇ・・・
もう少し、頑張りませんと。


  1. 2015/07/18(土) 23:15:59|
  2. 献血
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

79回目

毎夏の恒例となってしまった、妻のお友達宅への訪問。
2012
2013

当然のように、今年も車による送迎を頼まれたのでありますが・・・

数か月前から、右の踵および右脚の痛みに悩まされているので、

ixy_20140821_52.jpg

不要な長距離運転は避けたいことと、毎回往復共に首都高の渋滞に巻き込まれてイライラ&不毛な1日を過ごす羽目になっているので、今年は拒否。

とはいえ、これではワガママオヤジっぷりを妻のお友達に吹聴されるのが目に見えています。
それも癪なので、「電車で行くなら付き合う」という妥協案を提示しました。
私は、松戸で献血ができれば、一応は満足なので、その目的を達するためには電車で行くのが確実なのです。

松戸へは、代々木上原から常磐線直通の千代田線利用が簡単なのですが、それでは目先が変わらず息子が退屈するので、ロマンスカーで新宿→山手線で日暮里と周って常磐線に乗ります。

ixy_20140821_01.jpg
ixy_20140821_04.jpg

特別快速なので、日暮里の次が松戸です。

ixy_20140821_16.jpg

1時間半で着きました。
渋滞に巻き込まれることを考えれば、車で行く半分の時間です。

お友達のお家は、歩いて行くには距離がありすぎるので、妻子はタクシーで向かいます。

ixy_20140821_05.jpg


そして私は、3年越しで松戸献血ルームにチェックイン。

ixy_20140821_08.jpg
ixy_20140821_09.jpg

こじんまりとしたルーム。
マンガはそれなりに充実。

ixy_20140821_13.jpg
ixy_20140821_11.jpg
ixy_20140821_12.jpg

採血中にDVDを見られるサービスをしているのは津田沼と同じです。

千葉は粗品が充実している印象を持っていましたが、利用回数に応じてもらえるスタンプが貯まったら交換できるシステムになっていました。

ixy_20140822_54.jpg

ということで、何もいただかずに撤退です。


さて、献血が終わったのが13時10分。

お友達の家からは15時までには撤退すると思うとのことでしたので、私は14時半ごろには北総線の北国分駅に到着している必要があります。
そこからタクシーでお友達の家へ行って妻子を拾い、北国分駅に戻ってくるという算段です。

1時間ほどありますので、常磐線各駅停車で隣の金町駅へ移動し(JR貨物と少し併走)、

ixy_20140821_20.jpg

目と鼻の先の京成金町駅から京成に乗ります。

ixy_20140821_21.jpg
ixy_20140821_23.jpg

最前部(最後部)の壁面にシートがくっついている配置、私は結構好きです。
そこに座れればですが。

ixy_20140821_25.jpg

目的地は次の停車駅、柴又。

ixy_20140821_26.jpg

京成や京急に多い、改札通るとすぐホームという駅舎、私は好きです。


柴又といえば「寅さん」。

ixy_20140821_27.jpg

20世紀末に、葛飾の花火大会で訪れて以来、久しぶりに帝釈天参道を歩いてみようと思ったわけです。

ixy_20140821_29.jpg

参道の入り口には、昭和を彷彿とさせるお店があり、ちょっとお邪魔しました。
店内には、同世代くらいのオッサンが何人かウロウロ。

ixy_20140821_30.jpg

参道は思っていたより人通りが少なく、

ixy_20140821_31.jpg
ixy_20140821_36.jpg

帝釈天に到着。

ixy_20140821_37.jpg

この時点で14時でした。
北総線の新柴又駅までプラプラ歩いて、27分発の電車に乗ることにします。
「矢切の渡し」で知られる渡し場へ行ってみたかったですが、それは時間がないので諦めます。

江戸川の河川敷をちょっと眺めて、

ixy_20140821_38.jpg

山田洋次ミュージアムと、寅さん記念館の前を通ります。

ixy_20140821_40.jpg
ixy_20140821_41.jpg

申し訳ないですが「男はつらいよ」はまともに見たことがなく、特別思い入れがないことと、世紀末に1回入館しているので、今回は時間的な制約もあってスルー。


トボトボ歩いているうちに、すごく暑いことに気がつきました。
JTの自販機で怪しげなエナジードリンクを購入。

ixy_20140821_42.jpg

と、ここで妻からメールがあり「15時までは確実にお友達の家にいる。北国分駅まではお友達が車で送ってくれる」とのこと。
「もっと早く言ってちょうだいよ」ってな感じです。
もう、ここまで来ちゃっているので、北国分駅までとにかく行ってしまうことにします。

ところが、次第に右脚の痛みが増大してきて、貼っていたテープ剤が汗で剥がれてしまったので、新柴又駅前の某ドラッグストアで5枚入りくらいのお手軽パックのパップ剤を買おうと思ったら売っておらず、挙句に27分発に乗り遅れました。

ixy_20140821_43.jpg

この時間の北総線は1時間に3本しかありません。
ガックリですが、北総線は「成田スカイアクセス線」の大部分を担っている路線です。
「スカイライナー」の通過を期待して、ホームで待ちますが・・・

ixy_20140821_44.jpg
ixy_20140821_45.jpg

来ません。

しかし、47分発の電車が、もう到着するというギリギリのタイミングで通過してくれました。

ixy_20140821_47.jpg
ixy_20140821_48.jpg

結局、北国分駅付近で1時間近く妻子の到着を待つ羽目になりましたけれど、

1408221.jpg

79回目が無事に済んだので、良しとすることにします。





  1. 2014/08/22(金) 22:59:21|
  2. 献血
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

78回目

昨日は、高度管理医療機器の販売管理者研修がありましたので、永田町へお出かけ。

ixy_20140724_01.jpg

ここ数年、東京はずっと同じ会場です。
飽きてきたので、来年は別の場所がいいですが・・・

研修は滞りなく終了。

ixy_20140725_29.jpg

秋葉原に向かいます。

永田町からは、東京メトロ有楽町線で有楽町へ出て、山手線もしくは京浜東北線で北上するのが一番スマートなようですが、溶けるような暑さではなかったので、とりあえず桜田門駅まで歩くことにしました。

国会図書館

ixy_20140724_02.jpg

国会議事堂

ixy_20140724_03.jpg

インチキ日本人みたいな恰好で、i Pad片手に周りをキョロキョロしたり(地図を見ながら歩くのが好きなので)、写真撮ったりと挙動不審だったはずですが、職質されることもなく・・・

桜田門に到着

ixy_20140724_05.jpg

向かいは警視庁と

ixy_20140724_04.jpg

法務省旧本館

ixy_20140724_09.jpg

大した距離ではないので、このまま有楽町まで歩いてもよかったのですが、腰からくると思われる右脚痛の状態がよくなかったので、地下に潜ります。
相互乗り入れしている西武鉄道の車両に乗って有楽町へ。

ixy_20140724_11.jpg

有楽町からは山手線で秋葉原へ。
お目当ては、献血ルームでした。

ixy_20140724_12.jpg

秋葉原には2か所のルームがありますが、今日は「akiba: F」へ。

ixy_20140724_23.jpg

午後の受付は13時半からでしたので、13時40分ごろに到着したところ、満床のため成分献血は14時半からになりますとのこと。
とりあえず、問診と検査のための採血だけ先に済ませて、時間まで外出することにしました。

採血の時、「乳製品や脂っこいものを献血前に食べた人はお知らせください」と書かれたポスターがあったので、正直に申告。
献血前はよくないのはわかっているんですが、とんこつラーメン食べちゃったので。
血液に脂質が浮かばないかをチェックしないといけないため、余計な手間をかけさせてしまいました。

ちなみに、ラーメンの他に、牛丼・焼肉・チャーハンなんてのも好ましくないと書かれていましたが、それじゃあ食べるものないじゃんって感じです。
「ざる蕎麦」あたりが無難なんでしょうが、「神田やぶそば」が再建中とあっては、他店で食べる気にもならなかったので、今回のラーメンはしょうがないでしょう。

幸い、検査にパスしたところで、もうすぐベッドが空きますとのことで、外出せずに待つことにしました。

待合室は、サンリオとのコラボで、いたるところにサンリオキャラが。

ixy_20140724_20.jpg
ixy_20140724_18.jpg
ixy_20140724_19.jpg
ixy_20140724_14.jpg

サンリオおたくの妻が見たら喜ぶかと思ったものの、グッズを販売している「サンリオショップ」ではないので、どうでもいいとのことでした。

雑誌の棚の品ぞろえや

ixy_20140724_17.jpg
ixy_20140724_15.jpg

何ヶ所かに棚が設置されているコミックの充実ぶりは、さすが秋葉原。

ixy_20140724_16.jpg

私は「鉄道ファン」を読みながら、順番を待ちました。

ixy_20140724_21.jpg

呼ばれてベッドに横たわり、周りを見てみたら、満床というわけではなく、単にスタッフの数が足りないだけのようでした。
かき入れ時には、もっと多くのスタッフがいるのでしょうね。

ベッドに備え付けのテレビの脇に、iPodが用意されていたのも、アキバならではでしょうか。

針を刺されるのがやたらと痛かったのと、終わった後、右脚の痛みが激化したこと以外(横になることで腰に負担がかかったので仕方ないです)は、順調に78回目終了。

1407251.jpg

帰りはVSEにて。

ixy_20140724_24.jpg

記念品が、日赤の冊子とポケットティッシュだけだったので、妻がブーたれていましたが、東京はどこのルームもそんなものです。見返りを求めてやるものではないですからね。

ixy_20140724_26.jpg

年内に80回に到達させたいですが、なかなか難しそうです。






  1. 2014/07/25(金) 23:10:06|
  2. 献血
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

77回目

昨日は町田に行く予定がありましたので、ついでに献血をすることにしました。

午前中の受け付けは12時までなので、11時過ぎまでに自宅や店での用事を済ませ、町田へ向かいました。
何も食べずに行くわけにはいきませんが、時間も切羽詰ってきています。
相武台前駅で電車がくるまで6分ありましたので、「箱根そば」さんで「かけそば」を食べました。

町田の献血ルームに行くのは久しぶりです。
駅近くのビルの7階にあります。

1311081.jpg

前に来たときも7階だったかな、と思いつつエレベータを降りると、以前の記憶とは全く異なる献血ルームが。
いつの間にか、リニューアルされていました。

ixy_20131107_17.jpg
ixy_20131107_16.jpg

以前は、献血ルームによくありがちな「医療施設」的な雰囲気でしたが、だいぶ変わっています。
「カントリースタイル」という言葉が適切かどうかはわかりませんが。

1311084.jpg


献血に行こうというのは前日に思いついたので、前日までは毎日内服すべき薬を飲んでいました。
昨日は飲まずにうかがいましたが、前日まで薬を飲んでいる旨を申告し、ダメなら帰る予定でいたものの、献血に影響のない薬だということで、献血OK。

検査採血のあと、腕を温めておくようにということで、湯たんぽではないのですがゲル状のものを渡されました。

ixy_20131107_10.jpg


本番前に温かい飲み物を飲むように勧められたのは、他のルームと同じですが、ここの自販機はコーヒーだけでなく、紅茶やレモン系飲料も備えていて好感が持てました。

ixy_20131107_12.jpg

私はレモンを選択。

ixy_20131107_11.jpg


本番用のベッドに備えられていたテレビがワンセグのため、画質が悪いのが残念でしたね。


採血中・採血後のめまい等を防ぐためということで、LEG CROSS運動というのを勧められました。
詳細は省きますが、いつもめまいがしないので、効果があったかはわかりません。

採血中はアセロラドリンク、終わった後は、リアルゴールドで水分補給です。

ixy_20131107_13.jpg


粗品は「絆創膏」でした。

1311082.jpg

神奈川や千葉と違い、粗品が質素なのが東京の特徴に感じます。


77回目、無事終了です。

1311083.jpg

1年に2回しかしていないのは、少なすぎます。
真面目にやっていれば、とっくに200回を超えているわけですから。

なかなか時間が取れませんが、せめて2か月に1回は足を運びたいと思っています。






  1. 2013/11/08(金) 23:01:22|
  2. 献血
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

76回目

昨日は管理医療機器販売管理者のための継続研修に出席したわけですが、

ixy_20130801_02.jpg

終了後は献血へ向かいました。

まだ行ったことのない秋葉原の献血ルームに興味があったのですが、新宿に用事があったので、新宿でやることに。

去年の秋にオープンした新しいルームへ行ってみました。

従来の東口献血ルームのあるビルから

ixy_20120802_09.jpg

ごくごく近いところにある、このビルに入っています。

1308021.jpg

エレベーターで9階に上がるのですが、

1308023.jpg

降りて目に入った景色が、これです。

ixy_20130801_10.jpg
ixy_20130801_11.jpg

一瞬、降りる階を間違えたのかとたじろぎましたが、ここが献血ルームです。

ixy_20130801_07.jpg
ixy_20130801_08.jpg

入り口のマネキンをはじめ、ルーム内には文化学園の学生さんたちの作品がいろいろと展示されていました。

1308024.jpg

従来の献血ルームとは、雰囲気が違います。


といっても、やることは同じなので、採血前に水分を摂ることを薦められ、自販機で温かいものを飲もうと思ったら、

1308022.jpg

飲みたいものがありません。

私はコーヒーの類は苦手なのですが、コーヒー以外はココアとかカフェオレとか、そっち系統ばかりです。
ポタージュは飲みたくないので煎茶にしました。
ホットレモンをはじめとする柑橘系の品ぞろえを希望します。


滞りなく76回目は終了したものの、

1308025.jpg

あとで妻に「今日は何をもらってきたの?」と聞かれまして返事に困りました。

ここしばらく足を運んだ各ルームでは、記念品というかお土産をくださっていたのですが、こちらのルームでは特にそういった案内はありませんでした。

献血自体、善意によるものですから、そういった見返りを期待して行なうものではありませんので、それでいいと思いますけれど、それを楽しみにして足を運ぶとガッカリされるかもしれません。

モノではなく、いつものルームとは違う雰囲気を味わったり、作品を見たりといった、心の部分でお楽しみいただければよいのではないでしょうか。



  1. 2013/08/02(金) 23:23:52|
  2. 献血
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

75回目

昨日は、例によって、妻がお友達と会うので車で送り迎えをすることになっておりました。

今回は、以前に行ったことのある、みなとみらいの「キドキド」で、うちの息子とお友達のお子さんとを遊ばせるのだそうで。

その後、妻がランドマークタワー内のホテル(横浜ロイヤルパークホテル)に用事があるということなので、ランドマークタワーで落ち合うという流れ。
それまでの間、3時間ほど、私はフリータイムです。

さて、どうするか。

キドキドの向かいの横浜ジャックモールなら、ゲームセンターもあるし、ちょうどよいかなと思ったものの、調べてみると、すでに取り壊し中とのこと。
万葉倶楽部でお湯に浸かるのもいいのですが、眠くなってしまいそうですし。
かくなる上は、ドックヤードガーデンで「ひとりカラオケ」か。

と、あれこれ考えていたところ、ここ1週間ほど、献血に禁忌の薬を内服していないことに気がつきました。
横浜駅の近くに献血ルームがあるので、体調が良ければ献血も選択肢です。

当日のフィーリングで決めることにしました。


で、昨日。

予定通り、キドキドの近くで妻子をおろし、ランドマークタワーの隣に位置するクイーンズスクエアの駐車場に車を止めました。
平日は、上限1500円なので、ランドマークタワーに止めるよりも安く済みます。

体調も悪くないので、献血ルームの情報を調べてみますと、お昼休みはないようなので、献血することにしました。
西口・東口どちらのルームにするか迷いましたが、東口のほうが新しそうなので、そちらに行ってみることに。

みなとみらい線で横浜駅へ行き、「みなみ東口」から向かいます。

中央郵便局や

ixy_20121129_08.jpg


崎陽軒本店の前を通り、

ixy_20121129_09.jpg

到着です。

ixy_20121129_10.jpg
ixy_20121129_13.jpg

こんな外観のビルでした。

ixy_20121129_12.jpg


いざ突入と行きたいところですが、朝から何も食べていないので、何か食べないといけません。
といっても、前回、とんこつラーメンのような脂っこいものは食べないでほしいと言われましたので、牛丼か立ち食い蕎麦でもあればと思ったものの、その手の食べ物屋さんが見当たりません。

幸い、モスバーガーを近くに見つけましたので、モスバーガーとポテトを摂取。

ixy_20121129_11.jpg


献血ルームの入り口では、ゆきりんがお出迎え。

ixy_20121129_14.jpg

この看板、オークションに出したら、どれくらいの値段がつくでしょうか?

ixy_20121129_19.jpg


内装は、比較的新しい感じのするルームです。
採血後、本番前にこちらをいただきました。

ixy_20121129_16.jpg

温かい飲み物を飲んでくださいということで、ホットレモンの類を探したのですが、ザクロde酢というのしかありませんでした。

1211301.jpg

猫舌なので、飲むのに難儀しましたぞ。


前回よりも早く本番は終わりまして、お土産は5種類の中から、グリコの詰め合わせを。

ixy_20121129_18.jpg

セブンティーンズアイスもひとつもらえるようなのですが、本番中にアクエリアスを500ml飲んで、終わってからリアルゴールドを飲んでいたので、おなかがタプタプでしたから遠慮しておきました。

ルームを出たのが15時15分頃。
妻子と落ち合うのは16時の約束でしたが、16時半ごろになりそうだとメールが来たので、のんびり歩きながら向かうことにしました。

左の丸が献血ルーム、真ん中の丸はキドキド、右の丸がランドマークタワー、四角はクイーンズスクエアです。
たいした距離ではありません。

ixy_20121129_23.jpg


箱根駅伝のコースである、横浜駅前のガードをくぐると、

ixy_20121129_20.jpg

ランドマークタワーが見えてきます。

ixy_20121129_21.jpg

途中でTSUTAYAに寄り、美術館の前を通って、

ixy_20121129_26.jpg

クイーンズスクエアに16時に到着。

ixy_20121129_29.jpg

ここで、妻子に遭遇。
これからお茶をするので、息子を見ていてほしいとのこと。
息子と一緒に、ランドマークプラザへ向かいます。

ランドマークプラザは、松任谷由美さんの40周年記念コラボみたいな感じの催しがあって、BGMは松任谷さんの曲でした。
松任谷さんがオーナメントを選んだという大きなツリー(写真撮り忘れ)の前のベンチで、息子にジュースを飲ませているうちに、息子が寝てしまいました。
両手足のふさがった私は、何もすることができず、松任谷さんを好きなメガネ屋さんがひとりいるなぁ、などとポケーッと考えながら妻を待っていました。

お茶とホテルでの用事を済ませて妻がやってきた後、息子が目を覚ましたので移動します。

プチ・イルミネーションがありました。

ixy_20121129_30.jpg
ixy_20121129_33.jpg

ツリーの前で写真を撮り、

ixy_20121129_37.jpg

駐車場に行こうとしたところで、松任谷さん好きのメガネ屋さん、埼玉の横田社長とばったり遭遇。
パシフィコ横浜へ松任谷さんのコンサートへ行くのだとか。
貴男も好きねぇ・・・
感動で、号泣されたようです。


無事、自宅に戻りまして、グリコの袋をあけたら、こんなものが入っていました。

ixy_20121129_41.jpg

75回目、終了。

1211302.jpg

  1. 2012/11/30(金) 23:07:22|
  2. 献血
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

74回目

昨日は既報の通り、高度管理医療機器販売管理者の継続研修でした。

政治の中枢、永田町までお出かけ。

1208032.jpg

会場は、砂防会館別館内の「シェーンバッハ・サボー」。

ixy_20120802_01.jpg

「サボー」といえば、我々の世代はロサンゼルスオリンピックで、アメリカのレットン選手と女子体操個人総合で金メダル争いをしたルーマニアのエカテリーナ・サボー選手を思い出します。

あれから28年経ったロンドンオリンピック。
この研修がなければ、男子体操個人総合を最後まで見られたのですが、寝坊したり居眠りしては大変なので、田中選手の吊り輪と、内村選手のあん馬を見届けて寝てしまいました。
チッ。


ここ数年、私は申し込み開始初日に申し込んでいるので、今年こそは最前列、あわよくば1番を、と狙っていたのですが、結局前から4列目でした。

私は両眼視下での右方への向き運動が苦手なので、モニターが左側にあるほうが見やすいのですが、たいてい右側にモニターがある席にあたっています。

ixy_20120802_04.jpg

開始5分で夢の世界へ旅立たれていた人も多い中、私は最後まで頑張りました。


この制度が始まった2年後から行われている継続研修も今年で7回目。
受講しなくても明確な罰則がないみたいですが、皆勤賞です。
修了証を10枚集めたら、何かもらえるとよいのですが。

1208031.jpg


さて、研修が終わった後は、新宿へ向かいます。
東京の夏を味わうべく、新宿まで歩いて行こうかと2秒ほど考えましたが、そそくさと地下にもぐり、丸ノ内線の赤坂見附駅へ移動します。

1208033.jpg

下車駅は新宿三丁目。

ixy_20120802_08.jpg

目的地は、新宿東口献血ルーム。
先週のリベンジです。
紀伊國屋書店の隣のビル内にあります。

ixy_20120802_09.jpg

と、その前に、お昼ご飯を済ませないといけません。
とんこつラーメンを食べると決めていたので、そのようにし、いざルームへ。

ixy_20120802_10.jpg
ixy_20120802_11.jpg

初めて訪れたルームです。
待合室はそれなりの広さがあり、占い師さんをお招きしての「タロット占い」コーナーなんてのがありました。
期間限定だったのかもしれませんが。

医師の診察は、これまでで一番細かかったかもしれません。
処方薬を飲んだりしているので、その辺で話が広がりました。

心電図を撮り終えてから本番前の検査採血です。

このとき、いつも私は右腕を使います。

ixy_20120803_15.jpg

本番が左腕なのです。

ixy_20120803_14.jpg

ただ、毎回採血に時間がかかっていることを看護師さんに告げると、本番採血担当のかたを呼んでこられて、どちらの腕が本番向きか再度判定作業を。

結果、どうも左腕の正中皮静脈は細いんじゃないかということになり、今回の本番は右腕になりました。
ずっと左腕を使っていたので、傷んできたのでしょうかね?


検査採血のとき「油っこいものを食べましたか?」と聞かれ、「とんこつラーメンを20分前に」と告げたところ、「直前の食事で脂っこいものを食べると、成分がうまく分離しないことがあるので、あっさりしたものを摂ってください」と言われました。

そういえば、以前もそんなことを言われた気がしますが、たいてい献血前は脂っこいものを食べていますな。


無事に終わった74回目。

ixy_20120802_13.jpg

粗品は、カロリーメイトとウエットティッシュでした。
あと、ルーム内にある、お菓子かアイスの自販機で何か一つをもらえるというので、スティックポテトを。

ixy_20120802_12.jpg


年内に、もう一回はやっておきたいですが、どうなりますか。。。

乞うご期待。

  1. 2012/08/03(金) 21:34:05|
  2. 献血
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川崎にて

昨日のネタの続きですが、不承不承に堂島ロールを買いに行ったのには理由がありました。
それは「献血ルームが近い」ということ。
「献血できりゃ、どうでもいいわ」そう自分を慰めるしかなかったのです。


堂島ロールをゲットして、献血ルームに向かう前に、朝から何も食べていませんので何か食べないといけません。
事前にチェックしておいた「王将」に行きました。

1202257.jpg

神戸にいたときは、近所にあったので結構通っていましたが、実に16年ぶりです。
といっても、昔のように「ラーメン+チャーハン+餃子2人前」なんていうオーダーができる活力はありませんので、ラーメン+餃子1人前にて。


食事を済ませて、献血ルームへ。

moblog_08bb1f72.jpg

初めて訪れましたが、これまでで一番広かったと思います。

たいていの献血ルームのトイレは他の施設との共用ですが、ここはルーム内に独自のトイレがありました。
また、血液検査が終了して採血に呼ばれるまでの間の待合室もありました。
パソコンも数台設置されていて、自由に使えるようになってもいましたね。
結構ゴチャゴチャした感じのルームが多いのですが、とてもスッキリ・ゆったりした感じでした。

血液検査のあと、採血までの間に待合室で「温かい」飲み物を飲んで、これを食べておいてください、と渡されたのが、こちら。

1202256.jpg

カルシウムタブレットは、他のルームでももらったことがありますが、採血中だった気がします。
採血前にもらったのは初めてです。

1202254.jpg

SOYJOYは、こんなところで食べることになるとは思いませんでした。
初めて口にしました。

温かい飲み物としては、紅茶が用意されていました。

1202255.jpg

採血前に、水分が必要だから、と冷たい飲み物を飲んでしまうと体が冷えて採血に時間がかかってしまうというのが、温かい飲み物を摂取する理由のようですが、なかなか気が利いていると思いました。


私は採血に時間がかかるタイプなので、だいたい1時間程度は要するのですが、その間はテレビを見て過ごします。
(ルームによってはDVDの用意がありますが、ここにはありませんでした。)

とはいうものの、この時間帯(14時半ごろ)のテレビ番組は、心の琴線にひびくものがありません。
渦中の芸人さんと占い師に関するネタを垂れ流すワイドショー、途中から見てもわからないドラマ、などなど。

どれも五十歩百歩だったので、ちょうど教育テレビではじまった「高校講座 地学」を見ることにしました。

1202253.jpg

この日のテーマは「夏から秋の天気」、講師は慶応志木高の教諭。
ポイントは
・大気の安定度
・フェーン現象
・台風
の三点でした。

三十分後、今度は「世界史」が始まりました。
テーマはアフリカ史(独立から現在まで)、講師は中部大の教授。
日本史受験だった私には疎い分野で、途中で眠くなってしまいました。


温かい紅茶の効果があったのか、50分ほどで採血が終わり、受付に戻るとプレゼントを選んでほしいとのこと。

あきたこまち750gとかディズニーキャラクターのバスマットとか、数種類から選べる中で、こちらを選択。

1202252.jpg

横浜をイメージした、ナースキティのフェイスタオル。
妻へのお土産ということで。


無事73回目の献血を終了し、

1202261.jpg

妻子を迎えに行って、道中コストコに寄りました。

IMG_0217aa.jpg

私の場合、買うものは、たいてい同じです。
率直に言って、すべての品が特別安いわけではありません。
グラムあたり、mlあたり、mあたり、といった単位当たりの価格をあらかじめ他店でチェックしてからでないと、かえって高い買い物になる場合もあります。


次、74回目の献血ができるのは、いつになるかな?


  1. 2012/02/26(日) 20:20:10|
  2. 献血
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

73回目



妻が川崎の友達と会いたいというので、車で連れて行くことに。
妻子がお友達と過ごしている間、私は暇なので、ラウンドワンで過ごそうと思っていたものの、堂島ロールを買いに行ってほしいとの妻の一言で、やむなく立ち消え。
ミッション完了後、献血ルームへゴー。
  1. 2012/02/23(木) 14:22:55|
  2. 献血
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不覚

20090709210417
今日は献血に行くつもりでいたのですが、明け方に頭痛がひどかったので、無意識のうちにバファリンを飲んでしまいました。
ビタミン剤程度なら当日服用しても問題ないようですが、頭痛薬はアウトです。
予定が狂ってしまいました。

今月は、もう行けないかな。
  1. 2009/07/09(木) 21:04:25|
  2. 献血
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

献血の特典

過日の献血に伴う、血液検査の結果が届きました。

IMG_0802.jpg
IMG_0803.jpg

検査項目はこんな感じ。
下段の検査は400mlもしくは成分献血が対象です。
06152.jpg


献血することの大きなメリットとして、この血液検査があげられると思います。
標準値も併記されているので、定期的に献血をすることで、最低限の健康チェックはできるのではないでしょうか。

ちなみに、私は、過去に一度だけ、献血を断られたことがあります。

ダイエーをやめて眼鏡学校へ入学した当初、一日の中で体を動かす時間が14分の1程度になったにもかかわらず、同じ量だけ食べていたため、1ヶ月ちょっとで15kg近く太りました。

そのころにトライした献血での予備検査(本番の採血前に微量な採血をし、血液の状態を判断します)で、肝機能系の血液データが標準値を大きく超えていると言われたのです。
この状態では献血はできないということで断られ、病院で精密検査を受けるように勧められました。

結局、精密検査でも原因はわからなかったのですが、おそらく急激に太ったことが原因だと思います。

このように、献血しようとして予備検査の時点で断られた場合は、体に何らかのトラブルが起きていると推測することもできるわけです。

人様のため、自分自身のため、献血に参加しようではありませんか。
  1. 2009/06/15(月) 23:43:51|
  2. 献血
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1年10か月ぶり

すっかりサボってしまいました、献血。

12時ごろからスタートできると具合がいいのですけど、その時間は献血ルームが昼休みなので、なかなかタイミングが合わず、2年近くご無沙汰してしまいました。
受付は12時までみたいですが、昼休み間際に迷惑かけたくはないので。。。

まちだ献血ルーム
IMG_0725.jpg

採血前に、コカ・コーラとアクエリアス、ネギ味噌せんべいなどをいただきました。

ちょうど、大好きだった「西部警察 PartⅢ」の再放送をやっていたので、それを見ながら血小板を提供してまいりました。

採血後、無料提供されていた経口補水液を頂戴しました。
まだ飲んではいないのですが、原材料から推測するに、おそらくスポーツドリンク系の味がするのではないかと思われます。

os-1.jpg

今回で献血は71回目。
さっさと100回はクリアしたいんですけどねぇ。

71.jpg
  1. 2009/06/04(木) 19:23:54|
  2. 献血
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀色有功章

私、「趣味は献血」と公言しております。
献血という行為が趣味と呼べるのかどうかはさておき、恥ずかしながら
21世紀になってから、あまり参加しておりません。

そんな私のもとへ、過日荷物が届きました。
中身は、献血回数70回を数えたことによる「銀色有功章」です。
70th.jpg


こんなパンフレットと一緒に
panfu.jpg

箱に入った有功章が
hako.jpg

どんなものかと言いますと
yuukousyou.jpg

ガラスのグラスみたいなものです。

以前、表彰式への招待状が来ていたのですが、欠席する旨を伝えたので、こうして送ってくださったわけです。


私が初めて献血したのは、19歳の春でございました。
中大に来ていた献血車で200cc抜きました。
1st.jpg

以後、400cc献血を経て、ほとんど成分献血です。

昔は、200ccが一回分、400ccが二回分、成分が三回分として、献血回数を数えていました。
なので、成分を三回やったら、献血回数は9回と記録されたのです。
そのため、私が70回を記録するまでに献血をしたのは、厳密には67回なんです。

成分献血をするには、献血ルームに行くのが手っ取り早いのですが、往復する時間と献血時間とで三時間くらい拘束されてしまうので、最近はなかなか足を運べませんでした。

名古屋に住んでいた時は、学校の近所に献血ルームがあったので毎月通えたんですけどね。
aichi1.jpg
aichi2.jpg

そのペースで続けていたら、今頃150回くらいになっていたのですが、お恥ずかしい限りです。
一年以上、さぼっていたので、心を入れ替えようと思います。

アメリカにいたときも、献血しました。
USredcross.jpg

全血献血でしたが、さすがアメリカ、500cc以上抜かれた記憶があります。
ついでに骨髄バンクにも登録したんですが、一回だけヒットしかかったらしく、調査書類が届いたことがありましたよ。


そうそう、送られてきたパンフレットの最後に、「献血のうた」の楽譜と歌詞が載っていました。
kenketunouta.jpg

表彰式では斉唱されたのかもしれないですけど、歌える人っているのかしら???
  1. 2008/12/20(土) 20:40:26|
  2. 献血
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad