キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

お墓まいり

妻子は学校があるので、同伴できず。

もう、お互いの休みが合わなくなりましたので、仕方ありません。

20170323144314a7c.jpg


  1. 2017/03/23(木) 14:49:06|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出題の意図は?

息子の小学校でのテストが返却されたものを、時々目にします。
まだ一年生ですから、大したことはやっていませんが、先日の算数の問題に、こんなものがありました。

20170322203702ccb.jpg

息子の回答が

201703222037030f4.jpg

三角になっています。

一応、長方形にはなっていますが、丸はもらえていません。
恐らく、線が点を通っていないからだと思います。

視知覚検査の一つであるDTVP-2の課題(見本と同じ形になるようになってドットを線でつなぐ)でも

20170322203710007.jpg

当該のドットに線が触れていなければ減点になります。

ですから、その理由で三角になっているのであれば、私はなんの文句もありません。


ですが、この出題の本当の意図は、何なのでしょうか?

もし「同じ大きさになるように」書かせるのが狙いなら、点の間隔がおかしいです。
点と点の間に角がくることになります。
中には、同じ大きさになるように書こうとする子もいるとおもいます。
その場合は、どういう採点になるのでしょうか?

また、これだけ無駄に点があるのなら、上記のDTVP-2のように、位置関係まで踏まえて同じ形に書けるかどうかを見るのもいいと思います。

いずれにしても、中途半端な問題だなぁと思ったのでした。

  1. 2017/03/22(水) 23:48:35|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地球の歩き方

私は、お風呂に入りながら本を読むというか見るのがルーティンです。

寝る前に頭の中をリセットするのには、ロードマップとか地図帳とか旅行のガイドブックといったものが、スパッと切り上げられて具合が良いです。

地球の歩き方シリーズも、よく手に取ります。

20170321235924cba.jpg

20年近く前のものしか持っていませんが、別に出かけるための情報を得るわけではないので、問題ありません。

そういえば、滞米中の体験に基づくミニ情報を、かなりの量、編集部宛に投稿したことがありました。
小ネタ過ぎたのか、画像がなくてインパクトに欠けたのか、採用されたのは、一つだけでした。
掲載された本を進呈してくださいましたが、情報提供者として名前が載ると思っていたのに、なぜか匿名にされていて、ガッカリしたのを覚えています。




  1. 2017/03/21(火) 23:59:38|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

準中型免許 続報

過日、準中型運転免許が新設されたというネタをアップしました。

その中で、

18歳になって、車の免許を取ろう、というときに、「どうせ取るなら準中型を」ということで、何も知らずに合宿免許を申込み、現地の教習所で深視力検査に通らず帰される、というパターンも出てくるかもしれません。
(その場合、普通免許の教習に切り替えてもらえるのならよいのですが、その辺の対応は調べていないので不明です)

と記したのですが、これについて教習上に確認することにしました。

が、合宿での免許取得に対応している教習所に数か所電話をしてみたところ、「まだ、準中型の教習に対応できていない」とのことでした。
つまり、制度はスタートしたものの、申込み自体ができないということです。

なので、答えようがないとは思いますが、

「もし、準中型で申し込みをされた人が、入校時の深視力検査で不合格だった場合、その場で普通免許の申し込みに変更ができそうですか」

と尋ねたところ、

「おそらく無理だと思います。」

とのことでした。
深視力検査に合格できなければ、帰されるということです。
合宿の場合、人数が限られているようですから、教習車の手配ができないからということなのでしょうか。


では、合宿ではなく、「通い」での準中型免許取得をしたい人も、まだ申し込みができないのか?
神奈川県の教習所に確認したところ、大型・中型の教習ができる学校でも、現時点手はすべてが対応できるわけではないようです。

順次対応が変わってくると思いますので、お手数ですが、各自、ご確認ください。



  1. 2017/03/20(月) 23:50:02|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出前の食器

ネットの記事の中に、「出前してもらった寿司桶を洗って返却するか否か」といった趣旨のものがありました。

寿司桶に限らず、丼だったりお皿だったり、出前されてくるものはいろいろあると思いますが、洗って返す派、洗わない派、それぞれの言い分がありますし、正解はないと思います。

「マナーとして洗う」というのは、一理あるかもしれません。
ですが、洗っている最中に食器を割ったり欠いたり傷つけたりしたらどうするのか、ということを考えると、洗わないという選択もあるとは思います。

ただ、食器の中に食べ残しを入れたままだったり、ごみを入れたままだったりというのは、やはり、どうなのかなと思います。
洗わないまでも「空にして返す」ほうがスマートではないでしょうかね。

ちなみに私は洗って返します。
もしかしたら、お店にとっては何らかの事情で、洗うのは迷惑なことかもしれませんが、自分で洗おうと思えば洗える環境にあるにもかかわらず洗わないで返すというのは、気分的に受け入れられません。


  1. 2017/03/19(日) 23:42:22|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひとまず使ってみていただけますか

度数を決めるときには「これで大丈夫」という手ごたえがあったものの、いざ納品すると「何かおかしい」と言われることが稀にあります。

前のメガネと度数が大きく変わった場合、初めて眼鏡を掛ける場合、玉型の大きなフレームを選ばれた場合、その他さまざまな条件で、度数決定時とは感覚が違うことはあり得ます。

たとえば、過矯正の近視メガネをかけていたかたが、完全矯正値のメガネにパッと変えたら、「遠くがぼやける」と言われる可能性はあります。
時間を掛けてプリズム量を決定したかたが、いきなりパッとそのメガネを掛けたら、空間の感じかたが変であってもおかしくはありません。
主訴の解決のために「チャレンジ」すればするほど、そういうリスクは上がります。

慣れるか慣れないかは、その場での判断がつきにくいことはあります。
「どれくらいで慣れますか」と問われても、個人差がありますので、お答えはしにくいです。

もちろん、決定した度数そのものが不適当ということもあるでしょうが、再度チェックをした結果、度数そのものは間違っているとはいえない場合、どうするか。

私は、無責任に「慣れます」とは言いたくないので、その場で度数交換に応じたいタイプのため、即再作することもありますが、主訴の如何によっては、しばらく使っていただくようにお伝えすることがあります。

使っていただいたうえで、良い点・悪い点をお知らせいただいたほうが、解決の糸口がつかみやすいこともあります。
たとえば、下手に度数をいじると主訴の解決ができないため、「こういう時に、使ってください」という限定用法をご提案せざるを得ない場合もあるわけです。
「最初は変な感じがしましたが、今は全く問題ありません」というご報告をいただくこともあります。

「そのうち慣れます」と言っているのではありません。
「ひとまず、使ってみてください。お気づきの点があれば遠慮なくおっしゃってください」ということです。

決して、あとのフォローをしないという意味ではありませんので、その点は誤解なきようお願いいたします。






  1. 2017/03/18(土) 23:50:40|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相模川

昨日は久しぶりの陸上ウォーキングを敢行したわけですが、目的は既報の通り、新しい偏光レンズカラーを通しての写真を撮りに行くこと。

相模川へ行ってみようと思い立ったはいいものの、どの辺に行こうか迷った挙句、磯部~下溝あたりのコースを取ることにしました。
小学生の遠足コースとも言えます。

まずは、「八景の棚」へ。

ixy_20170316_17.jpg

山がガスってしまっていたのと、新緑の時期でなかったこともあり、写真を撮るには物足りないですが、まぁ仕方ありません。

黙々とカメラレンズの前に偏光レンズを当ててシャッターを押す「赤い男」。
他に人がいなくて、よかったです。

続いて、相模川の川辺に向かいます。

「三段の滝展望広場」の入り口から下へ降ります。

ixy_20170316_18.jpg
ixy_20170316_19.jpg

「三段の滝」と聞くと、どんなすごい滝かと思われるのですが・・・

「新・三段の滝」

ixy_20170316_20.jpg

「旧・三段の滝」は、別の場所ですが、今はほとんど水が流れていないとか。

相模川は、シーズンだと釣り人でにぎわいますが、釣り人は数人だけでした。
邪魔にならない場所見つけ、黙々とカメラレンズの前に偏光レンズを当ててシャッターを押す「赤い男」。
怪しい、怪しすぎる。

納得のいくイメージ写真ではありませんが、一応仕事を終えたので、帰路につきます。

磯部の頭首工。

ixy_20170316_21.jpg

新戸からトンネルを抜けて相武台へ向かいます。

ixy_20170316_22.jpg

現在は拡張工事中で、歩行者と自転車のみが通行可能です。

ixy_20170316_23.jpg
ixy_20170316_24.jpg
ixy_20170316_25.jpg

工事前は、何度となく車で通りましたが、ここを歩いたのは、小学校の遠足以来かもしれません。
フェンスの外は米軍キャンプです。

ixy_20170316_26.jpg

このまま直進すれば、相武台前駅です。

ixy_20170316_27.jpg
ixy_20170316_28.jpg

工事が完了すると、車の往来が増えると思いますが、増えた車を捌けるだけのキャパが駅前に通ずる道路にはありません。
下手すると渋滞道路になります。
それを一体どうやって解決するつもりなのか、行政のお手並み拝見です。


つごう12kmほどのコースでしたが、今日は筋肉痛です。
久しぶりのウォーキングとはいえ、毎週の水中ウォーキングは何だったのだろうという気持ちになります。

もしかしたら、サポートタイツの性能が発揮できていなかったのかもしれません。
痩せる前に買ったもので、以前より労せずに履けるようになったのは事実です。
すなわち加圧効果が少ないと思われます。
ワンサイズ小さいものを買わないとダメか??








  1. 2017/03/17(金) 23:11:01|
  2. ウォーキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad