FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

不同視の場合によくあるパターン

たとえば、50歳くらいのかたと仮定して、「左右で度数差があり、普段は裸眼なのだけれど、合うメガネが作れるか」ということで、検査をしてみたら、完全矯正値が度数になったとします。(眼位については考えないものとします。)

右 S-1.50
左 S+1.25 C-0.75 AX90
40cmを見るための加入度1.75

このかたは裸眼の時、遠くは左眼、近くは右眼で見ている可能性が高いです。

そしてこのかたが完全矯正値を装用した場合、不同視を矯正したことによる違和感はないとして、何が問題になるかというと、遠くは見えるけれど近くが見にくいということです。

また、このかたに完全矯正値に加入度を付加した度数で40cmを見てもらうと、近くは見えるが遠くは見にくい、ということになります。

今までは裸眼で遠くも近くも見えていたものが、見えなくなるわけです。

一本のメガネで、遠くも近くも見たいとなると、遠近両用になりますが、このような不同視のかたは、単焦点なら大丈夫でも遠近両用になると違和感が大きくて、装用がしんどいということが起こり得ます。
(そもそも、単焦点ですらしんどいかたもいるでしょうが。)

そうしますと、近用鏡を作ったとして、遠くを見るときはメガネを外さないといけなくなります。
遠用鏡を作ったとして、近くを見るときはメガネを外さないといけなくなります。
(もしくは、遠用鏡ないし近用鏡にかけかえる必要があります)

今まで裸眼でよかった人にとって、これは非常に面倒くさいです。
結局、今のまま裸眼でいいということになりやすいわけです。

もう少し年齢を重ねると、裸眼でも近くが見にくくなりますから、その時は諦めて近用鏡を作る気になるかもしれません。
それまでは、メガネを掛ける(使いかたに慣れる)ためのモチベーションが上がりません。

また、モチベーションが上がるころには、左眼の遠視が加齢によって増えていたり、加入度が増えていたり、体の適応力が低下していたりして、不同視眼鏡そのものに慣れにくくなってしまう可能性もあります。

「裸眼では不自由だ」という明確なものがない限り、この手の不同視の人に早くからメガネをお勧めするのは、なかなか難しいという話でした。






  1. 2018/09/19(水) 23:40:31|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HPの不具合

当店のHP、検索順位が下がったまま浮上せず、右肩下がりで下降している感じで、不安な日々を過ごしています。

何をどうすればいいのかわかりませんが、HPの構造そのものに問題があるようで、「モバイルフレンドリーテスト」をしてみると、読み込みエラーが出るページがほとんどです。

中には、スマホではちゃんと見られるのに、「モバイルフレンドリーではありません」と診断されてしまうページもあります。

sdf.jpg

グーグルサーチコンソールにおいては、軽微なエラーの場合は、一応「モバイルフレンドリー」とみなされてはいるようなのですが、フレンドリーテストで読み込みエラーが出ないのが完璧なサイトなわけで、エラーの許容値がさらに厳しくなったら、もっと順位が下がってしまうことになりそうです。

画像のないページだと、エラーが出ないことが多いので、画像がよくないのかと、サイズを縮小したりいろいろやってみても、改善しません。

「ここを直せばいいんだよ」と教えてくれればいいのですが、そんな気の利いたことをしてくれるはずもなく、一から作り直さないといけないのかとか考えていたら、疲れてしまいました。

ユーザーさんが普通に閲覧できればいいとは思うのですが、検索に引っかかってのHPですから、これからどうしたらいいか、考えないといけません。



  1. 2018/09/17(月) 23:45:30|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何曜日が空いていますか?

当店は予約制にしていないので、何曜日・何時ごろが空いていますか?と聞かれることがあるのですが、お答えのしようがないのですよね。
空いているときは一日中空いていますし、混んでいるときは開店前から途切れないこともあるので・・・
まぁ、一日途切れないような大ブレイクの日は、そうそうあることではありません。

先日来られたお客様は、すんなり応対を開始できたのですが、「次から次へとお客さんが来るんだと思ってた」と言われました。
毎日、次から次へと来られるようになったら、今のように時間をかけた応対がやりにくくりますから、そのときは予約制もアリだとは思いますが、利便性を損なうというマイナス要因も大きいので、私の性格ではなかなか難しい問題です。


ご商売をやられているかたはわかると思うのですが、さっきまで暇だったのに急に立て込んで、また暇になり、「ばらけて来てくれれば全く問題なかったのに」と思うというのはよくある話です。
お客様の動向は、予測がつきません。

当店の傾向で申し上げますと、平日は当店で過去にご購入いただいたことのあるかたが多いです。
地元のご年配のかたは、ほとんど平日に来られます。
過去の履歴があると、検査・レンズ選び等に費やす時間を短縮できることが多いです。
したがって、お客様が重なってしまっても、お待たせする時間が少なくて済みます。

日曜・祝日は、当店を初めてご利用になるかたが多くなります。
この場合、一人一人のお客様に要する時間は長くなります。
地元のご年配のかたの来店確率が下がるので、お客様が重なる可能性も下がりますが、重なってしまったときはお待たせする時間が長くなります。

土曜は平日と日曜・祝日の中間くらいです。
全く読めません。

じゃあ、いつなら空いているのさ、という問いに対しては結局お答えができないことになりますが、私と妻のどちらかが完全に不在の日(HPに記載しています)は避けていただいて、あとは「運」だと思います。

いつ来られてもお待たせしてしまうかた(いつも混んでますね、と言われます)がおられる一方、
いつ来られてもお待たせしないかた(ここは静かね、と言われます)もおられます。

空いてたら「ラッキー」と思ってください。

お待たせしてしまったら、ごめんなさい、です。

予約制にせざるを得ないくらい、次から次へとお客様が来てくださる店になるよう頑張ります。


  1. 2018/09/15(土) 23:50:15|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テンプルワッシャー

メガネフレームを耳に掛けるための横棒を「テンプル」と総称します。

そのテンプルと、レンズの入っているフロント部分とをつないでいる蝶番のような場所に

06162.jpg

ワッシャーが入っていることが多いです。

06161.jpg

このワッシャーが擦り減ってしまっていたり、ネジが抜けてテンプルが外れた拍子にワッシャーもなくなってしまったりして、テンプルがパタパタ・グラグラするようなときには、新しいワッシャーをはめる必要が出てきます。

たいていの場合は厚さ0.1mmのもので間に合うのですが、微妙に厚い0.15mmのタイプのほうがグラグラしないこともありますし、内径が小さくないとはまらないことがあったりと、サイズが幾つかあるわけです。

たまに0.1mmでは厚くてはまらない、ということがあります。
ですが、汎用パーツを扱う会社のラインナップには、それがありません。
なので、そういう場合は、結構難儀してしまうのですが、薄いワッシャーを使うフレームを作っているメーカーに頼んで手配しました。

ixy_20180914_001.jpg

なぜ今ごろ?
もっと早くから、こうすればよかったのに、と思うのですが、あえて責任を転嫁しますと、「鯖江産」をうたうのなら、テンプルワッシャーの規格くらいは統一してくれてもいいんでないの?
ということでありまして。

まぁ、仮に今から統一したところで、すでに流通している非統一規格のものはあるわけですから、結局複数のタイプのワッシャーを用意しないといけないことには変わりはないのですが。

メンテナンスに関わるネジとかワッシャーとか鼻パッドとかは、通常の眼鏡店であれば備蓄しているであろう汎用品で賄える規格にしてもらえると、ユーザーにご迷惑をかけることが減るのではないかとは感じます。






  1. 2018/09/14(金) 23:57:08|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お振込み

当店の口座に、「箱根の山の神様」からお振り込みがありました。

IMG_1257_20180912223911dbd.jpg

箱根駅伝5区のコース沿いにあるホテルで働いている当店のお客様からです。
気を利かせて、お振込み名に手を加えてくださったわけです。
(事情によるお振込みであり、当店では通信販売は行なっておりませんので誤解なきようお願いします。)

箱根駅伝予選会まで、あと1ヶ月。
激戦必至です。

中大の通過を願ってやみません。

ixy_20180614_073.jpg



  1. 2018/09/12(水) 23:45:32|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鼻に跡のつかないフレーム

「鼻あてのないフレームを扱っていると、ネットで見たのですが」といったお電話をいただくことがたまにあります。

この場合の「鼻あてのないフレーム」というのは、いわゆる「一山フレーム」のことではありません。

ixy_20180911_004.jpg

正しく言うと「鼻パッドの跡が、鼻につかないフレーム」です。
「一山フレーム」だと、鼻あてはないのですが、鼻にブリッジの跡がついてしまうので、ご希望に添えません。

頬骨付近でフレームを支えて、ブリッジを鼻から浮かせるような仕組みのフレームがあります。
その仕組みについては、幾つかあるのですが、当店では、2タイプのフレームを置いております。


Aタイプ

ixy_20180911_003.jpg

Bタイプ
ixy_20180911_001.jpg

ixy_20180911_002.jpg


Aタイプの公式ホームページに当店が取扱店として掲載されているので、それをご覧になってお電話をくださるようです。

通常ですと、当店のホームページで詳しく取り上げるのですが、これについてはまだホームページで全く触れていません。
理由は二つ。

まず、取扱店としてご紹介いただいているものの、在庫が女性向けデザインの数本しかないため。
「だったら、取扱店を名乗るなよ」という話ですが、ごめんなさい。

もう一つ、私自身、このフレームをどこまで推していいのか、はかりかねているからです。

というのは、「常用すること」を念頭にお求めに購入されたかたがいらしたのですが、数時間で頭が痛くなるということで、何度かフィッティングしたのですが、結局解決することかできず、鼻パッドのあるフレームに交換したことがあったからです。
(当店で以前にも鼻パッドのあるフレームをおつくりいただいているかたですので、頭痛の原因は、レンズや度数ではないと、ほぼ言い切れます。)

私のフィッティングに問題があるのなら、そもそもこのフレームを扱う技量がないということになりますし、そうでなく「個人の感覚」によるものであれば、納品してみないとわからないという点でリスクが大きいです。

ですので、どちらかというと、常用したり、激しく動いたりするのではなく、短時間チョコっと掛けたい、というときにお勧めしたいのですが、それにしてはコストが高いので、結果として、あまり積極的にお勧めしていないということになります。

ある程度、骨格にも影響を受けますし、いずれにしても一度お顔に乗せてみないとイメージができないと思いますので、よろしければお掛けになってみてください。



  1. 2018/09/11(火) 23:50:25|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太り始めました

一時期、70kgを切ることもあったのですが、それを維持するのはかなり難しく、71±1kgに収めるのが現実的かなということで日々過ごしていたのでありますが。

私は夕食後(一番重たい時)に体重を測ることにしておりまして、初夏を過ぎてから増え始めたかと思うと、とうとう先月74.3kgになりました。

通常、夕食後から起床時までの間に、800g~1kgは減るのですが、これでは起床時に測っても73kgを越えてしまいます。

妻からは遠回しに「必死に仕事をしていないからだ」という主旨のことを言われ、私自身このままだとズルズルいってしまいそうな危機感がありましたので、節制を始めました。

いつも2kgくらいまでなら簡単に落とせるのですが、夏場は接取水分量も増えるし、なかなか落ちないんですよね。
今は、夕食後で73kg代前半です。

道は険しい・・・






  1. 2018/09/10(月) 23:50:50|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad