FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

2日目

認定補聴器技能者第2期養成課程の2日目がもうすぐ始まります。

講義は9時から18時15分まで。
会場はお台場で、遅刻ができないので、近隣に泊まったほうが肉体的にも精神的にも楽なのですが、夜は店に戻って加工やら何やらをしないといけませんので、通勤ラッシュに揉まれて通っています。
まぁ、一般的な社会人の皆さんのライフスタイルを体験しているだけなのですが。

通常、お台場までは新宿経由ですが、昨日は小田急線が人身事故で遅れたため、横浜線利用、東神奈川経由にしました。あまり早すぎてもしんどいので、8時10分~20分くらいに国際展示場駅に着くように狙っています。

あと4日、とにかく乗り切れるよう、頑張ります。

  1. 2018/11/13(火) 08:57:02|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

16日まで店長不在です。

認定補聴器技能者の第2期養成課程に出席のため、店長は明日12日(月)から16日(金)まで不在となります。

受験資格取得のため、最短4年を要する課程の2年目で、5日間の集中講義となります。
養成課程が新しい仕組みに変わってから、早い時期に受験をしたいとは思っていたのですが、受験資格を取得するために、私にとっては幾つか高いハードルがありまして、その一つがこの第2期養成課程でした。

息子が幼く、営業時間のすべてを妻に託すことを、5日間、実質4営業日、続けることが困難だったからです。

ここにきて息子も大きくなってきましたから、何とかなるだろうということと、私の記憶力が衰えてきていることから、これ以上先延ばしにすることは得策ではないと判断いたしました。
最短でも、最終試験の受験時は49歳ですから、今よりもさらに劣化しているわけで。
第1期修了試験の勉強をしているときですら「何で、この程度のことが覚えられないんだろう」と、唖然としたくらいですから。


ということで、不在の間は、私でないとできない業務に関しては、どうにもなりません。

具体的には、

・補聴器の販売・調整
・レンズを生かしてのフレーム交換即日仕上げ
・バネ丁番の修理
・跳ね上げフレーム跳ね上げ部のメンテナンス
・アーレンシンドローム関連のご相談

他にもあるとは思いますが。

レンズ加工については、メーカー在庫レンズであっても、日数に余裕をいただきます。
メールの返信についても、猶予をいただきます。

ご来店時、タイミングが悪いと、お待たせする時間が長くなることもありますので、ご了承ください。

その他、ご迷惑をお掛けすることがあるかもしれませんが、遊びに行くわけではありませんので、何卒ご容赦願います。



  1. 2018/11/11(日) 17:15:39|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インスタグラム その後

やってみようかどうしようか考えていたインスタグラムですが、お店の情報のみを流すために、プライベートとは違うアカウントを作ることに成功したので、とりあえず稼働させてみることにしました。

20181109.jpg


https://www.instagram.com/opt_isshindo/

どこまで使いこなせるかわかりませんが・・・

マメに投稿する自信はありませんが、無理のない範囲で努力したいと思います。





  1. 2018/11/09(金) 23:50:50|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カタログ

眼鏡関連小物・消耗品等のカタログです。

ixy_20181107_001.jpg

小売店向けのもので、年に一回ないし二年に一回送られてきます。

こういう冊子タイプだと、新商品が出たときは追補版(ペラペラの紙)が送られてくることになり、管理がちょっと面倒になったりもしますが、パソコンやタブレットでwebカタログを見るよりも、見やすいし、探しやすかったりします。
(私の場合)

一方、フレームの紙ベースのカタログというのは、最近はほとんど見なくなりました。
中には、送ってくださるところもありますが。

ixy_20181107_002.jpg

お客様から、フレームのカタログはないのですか、と聞かれることがありますが、ネットで見られるようになっているブランドが、今は多いです。

ネットの場合は、現行モデルのみを載せることができるので、ユーザーさんが閲覧するには具合がいいと思います。
保管する場所も取らず、印刷する経費も掛からず、メリットは多いと思います。

ですが、小売店が、昔のモデルを検索しようとしても(たとえば販売記録に品番は記載していても、どんなデザインだったかをおホセえていない場合)、ネットのカタログだと削除されてしまって分からないことが多いです。
もちろん、古いカタログを捨ててしまっていたら、紙ベースのカタログでも同じことですが。


紙・ネット、それぞれ一長一短あると思いますが、フレームの色味は、現物を見ないと正確にはわからないという点ではどちらも一緒かと思います。


  1. 2018/11/07(水) 23:40:50|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メールアドレス

私は自分で利用しているメールアドレスが10個以上あります。

1、メールのやり取り専用
2、店のHPや名刺に記載している、お客様からの問い合わせ向け
3、会員登録、通販などのうち、使用頻度・重要度が高いもの向け
4、会員登録、通販などのうち、重要度の低いもの向け
5、私が管理している会の連絡用
6、グーグルビジネス等、グーグルアカウント用(gmail)
7、ガラケー(@docomo)
8、iPad(@docomo)
9、iCloud
10~、危機管理用

頻繁に使うのは1~3です。

今朝、いきなり3のアドレスでの送受信ができなくなりました。
アウトルックからもiPadからもダメでした。

アメリカに行くことになって初めてメールを始めたときのアドレスなので、愛着があり捨てたくはないのですが、使えないのでは話になりません。
3のアドレスで登録しているものを他のアドレスに変更しようかと思ったものの、それぞれアドレスの目的が明確だったり、使い勝手を考えたりすると、振り分けるのに適切なアドレスがありません。

「そういえば、光回線にしたときにプロバイダーから割り当てられるアドレスがあったな。それを使えばいいか」と、今日になって初めて設定をしたのですが、@以下が長いため、入力が面倒で使いにくいことに気が付きました。

仕方ないので、私が管理している短いドメインで、もう1個アドレスを作ろうかと考え始めたころ、使えなかったアドレスが復旧しました。

原因がわからないのですが、また同じことがあったときに焦らないよう、特に重要度の高いものについては、やはり登録アドレスを変えたほうがいいかなと思い始めました。
どのアドレスを使えばいいか、結局また悩むことになるのですが・・・


  1. 2018/11/06(火) 23:50:45|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またまたハズキの話

大々的なテレビコマーシャルが止まらない「ハズキルーペ」。

このブログでも、何度かネタにしていますが

その①

その②

その③

合う人にしか合わない商品です。

コマーシャルでは相変わらず裸眼で使われているし、とうとう「ブルーライトがカットされている」などと言わせるようになったしで(注・ブルーライトカット性能に疑義を呈しているわけではなく、そこまで敏感に感じ取れる人はとても少ないはずだということです。)、誤解を生まないよう店頭での説明が必須ですし、カラーバリエーションが増えて店在庫はかさむしで、マジメに売ろうとすると結構大変です。

だったら売らなきゃいいのに、と言われそうですが、なんだかんだ言いつつも、店頭にポスター貼ったりして、

ixy_20181031_005aa.jpg

一応売っております。


今日は「ハズキは何時間掛けていても疲れないのか」と尋ねられました。

これだけ宣伝をして販売もされているのだから何らかのエビデンスがあるだろう、と思われる気持ちはわかります。

ですが、ハズキ自体は既成の老眼鏡と同じようなものです。
拡大効果を生むために、ベースインプリズムを組み込んでいる点は異なりますが。

近見で外斜位が大きくて、ベースインプリズムが功を奏するようなタイプのかただと、既成の老眼鏡よりは疲れにくいかもしれません。
無論、ハズキの度数が、その人にとって適切であるというのが大前提なわけで、既成の老眼鏡では役に立たないという人がハズキを掛けても、やはり役には立ちませんし、近見が内斜位系のかたであれば、既成の老眼鏡より具合が悪くなることも考えられます。

ですので、何時間かけても疲れないかと聞かれても、「人によります」としかお答えのしようがありません。

ハズキを老眼鏡代わりに使うとして、真に自分に合うか合わないかを確認しようとしたら、きちんと度数や眼位を調べてもらう必要があると思います。
そこまでするなら、普通に老眼鏡を作ったほうがいいような気もしますけれど・・・


すっかり裸眼で使うことを前提にした商品のようになってしまっていますが、本来は「ルーペ」ですので、老眼鏡でピントを合わせた上から使うのが本流とは思います。
ですが、そのようにご案内しても「見にくい」と言われることはあります。
見ている距離が遠すぎるので、ピントが合わないのです。

そんなこと、コマーシャルだけでは、わかりっこありません。

どんな人にでも合う、どんな距離にでも合う、魔法のルーペではないことは、改めてお伝えしておきます。
詳しくは店頭でお試しくださいませ。









  1. 2018/11/05(月) 23:50:23|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不覚

当店の深視力計の作動スイッチボックスですが、

ixy_20181102_002.jpg

普通は私がスイッチを操作してお客様に練習をしてもらいます。

で、一旦動かすのをやめるときに、何気なく深視力計の上や脇にボックスを置くわけです。
過日、置き場所が悪くて、ボックスを落っことしました。

パソコンのように落っことしたら重篤なダメージが起きるほど、繊細な中身ではないと思うのですが、壊してしまうと大変なので、反射的に足を出して、靴の脇にボックスを当てることで衝撃を和らげようと思ったものの、

↓イメージ

ixy_20181102_003.jpg

狙いが外れて、くるぶしの上に落っこちました。

野球選手が自打球を足に当てて悶絶しているシーンがありますが、あんな感じで思わずしゃがみ込みました。
目の前にお客様がいますので、素知らぬ顔でボックスを拾い、立ち上がろうとしたのですが、痛くて痺れてしまい、すぐに立てません。

しゃがんだまま、話をしたりして何とかごまかしつつ、少し経ったら立てるようになりました。

でも、くるぶしの痛みが引きません。

ixy_20181102_004.jpg

歩くのには支障ないですが、まだ痛いです。

また同じ個所に落っことしたら、どうなるか想像がつかないので、気をつけたいと思います。






  1. 2018/11/04(日) 23:40:23|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad